AMD FX-6200 ~ PhenomⅡx4 965BEからの換装

2012/04/22

待望のBulldozerアーキテクチャの8コアCPUは、最上位モデルが欠品状態な上に既存のベンチマークソフトでは結果が出ず、あまつさえ45nm K10アーキテクチャのPhenomⅡ6コアCPUにも負けてしまう始末。
Bulldozerは最先端を行き過ぎて時代がついてきておらず、現状ではその性能を発揮できないらしい。。。

ただ、FXシリーズも4GHzオーバーの域に達し、AMDらしいコストパフォーマンスに優れた6コアCPUが発表された為、さすがに食指が動いてしまった。

と、言う訳で現在使用しているOC済みのPhenomⅡx4 965BEに全く不満はないが、2年ぶりにメインPCを刷新。





使用パーツ

CPU AMD AMD FX-6200(定格3.8GHz)
マザーボード ASRock 990FX Extreme4
メモリ CORSAIR DDR3 PC3-10700 Non-ECC 4096MB x 2
グラフィック・カード SAPPHIRE SAHD777-1GD5R0
サウンド・カード Onkyo SE-90PCI
電源ユニット CORSAIR CMPSU-850HXJP HX850W
ケース CORSAIR CC800DW
補助記憶装置(C:) OCZ Technology AGT3-25SAT3-60G
補助記憶装置(D:) Western Digital WD5000AALS  7200rpm
光学ドライブ BUFFALO BR-H1016FBS-BK
CPUクーラー ZALMAN CNPS9900 MAXB

PCケース・電源ユニット・メインメモリ・ハードディスク・サウンドカード・CPU水冷クーラー・ケースファンは現在のものをそのまま使用。
CPUとマザーボードの他、グラフィックカードはRadeon7000シリーズのミドルレンジモデル、価格がこなれてきたSSD、そして特にこだわりもな くBDドライブを追加し、OSは現在のWindows7 64Bitをそのまま使用。

組立

今回は取り付け方が特殊なZALMANのCPUクーラー設置に少し手を焼いたくらいで、後の作業は基本通り。

既存パーツの撤去

CPUクーラーの水冷キットはラジエーター部分を少々改造してファンで挟み、背面から吸気でケース内部に空気を送り込むようにしている。
更にボトム部分には吸気の140mmのファン、トップに2個排気ファンがあり、それぞれ回転数を調整してケース内部は正圧にしてある。そのためケース内部は大してホコリもなく、比較的綺麗な状態になっている。

このケースはフロントに吸気口がなく、ボトム部分に140mmファンが1つ、リアに140mmまたは120mmファンが1つ、トップに120mmファンが3つと、吸気よりも排気に重点が置かれている感が強い作りになっている。

水冷キットはできる限り効果的にラジエーターへ外部の新鮮な空気を当てるため、使わなくなった120mmのケースファンの羽根を取り除いたものがラジエーターとファンの間に入れてある。
これでファンを直接ラジエーターに取り付けるよりも、風がラジエーターに万遍無くあたる(はず)。
更にラジエーターに当たった風をもう一つのファンが吸い出すことでより効果的にラジエーターを冷やすことができる(と思っている)。

Corsairのメモリクーラー。
ファンはさすがに細かなホコリが付着している。

ファンを取り外したところ。
2GBの4枚刺し。

水冷のポンプ部分。
取り外すときは初めに4箇所のボルトをゆるめる。

ポンプ部分を捻ると簡単に取り外せる。

後はマザーボードをケースから取り外すだけ。

パーツの取付

今回はZALMANのCPUクーラーを使用するため、CPUを固定する前にリテール用の固定パーツをマザーボードから撤去して、CPUクーラーのバックプレートを取り付ける。

バックプレートの準備。
ナットを取り付けて、ナットキャップを差し込んで固定する。

ローディングブロックを取り付け、両面テープを貼る。

クーラー側にAMD用のクリップを取り付ける。

設置時のイメージを確認。

CPUにグリスを塗布する。

ZALMANのクーラーにはグリスが付属しており、それを使用する場合は上図のように米粒大ではなく、直線に塗布するのが良いらしい。

実際にグリスの量は米粒大よりも多くて問題はない。
要はCPUからはみ出ないように全体的に塗布出来ればOK。

塗布が完了したらCPUを設置。

クーラーを設置。。。。と思ったら、バックプレートのナットとクーラーに取り付けたクリップの間に予想以上の隙間がある。

さすがに取り付け方を間違えたかと少々狼狽えた。

AMD用のボルト。ゲタをはいているがポイント。

 

付属の六角ボールレンチを使用してボルトを押しこむようにはめる。
ボールレンチは通常のドライバやレンチと異なり、ボルトに対して直角でなく、斜めからでも固定できるのが特徴。

クーラーの形状から六角ボールレンチは斜めからでなければボルトを回せない。

CPUクーラーを固定後、メモリのクーラーも設置。
メモリのクーラーは最大限CPUクーラーから離した状態で固定して、何とか干渉せずに済んだ。

ひと通りマザーボードへの搭載が完了したので、電源ユニットから主電源(24pin)、12V田型(4pin)、フロントパネル(PowerLED・Power SW・Reset SW・HDD LED)、モニタ、キーボードを接続し、通電テストを実行。

CPUクーラーとメモリクーラーのファンが回転し、モニタにはBIOSが表示される。
これで通電テスト終了。

通電テストが無事終了したため、後はマザーボードをケースに固定し、エアーフローを考慮してケースファンを設置。
SSD、ハードディスク、光学ドライブなどを固定し、マザーボードに接続して完了。

エアーフローの効率を向上させるため当然ながら裏配線。

ボトムとトップから外気を取り込み、CPUクーラーからリアファンに向けて排気する。

ケース内部は正圧にしてあるが、このケースはフロントファンが搭載できず、本来ならボトムも140mmファンが1基しか搭載できないが、少々強引に120mmファンを底面に固定し、その上に140mmファンを搭載してみた。

イメージ的に上下から入ってきた外気を横から排気するので、空気の流れはさほどよくはないが、ケースそのものが大きいため、ケース内部に熱はこもりにくい。

Spec

CPU:AMD FX-6200 4.2GHz(OC)
ソケット:AM3+
チップセット:AMD 990FX + SB950
メインメモリ:DDR3 PC3-10700 8192MB Dual Channels
グラフィック:AMD Radeon HD7770
ストレージ:SSD SATA 6Gb/s SATA3Gb/s 500GB
電源:850W

fx6200_25

FX-6200はヘキサコア(6コア) 定格3.8GHz、Turbo Core時 4.1GHz、TDP125Wで、Bulldozerアーキテクチャ採用。
※上図は4.2GHzにOC済
AMDのハイエンドCPUとは言え、TDP125Wと結構な大食漢。
ヘキサコアとはいえ、Intelのようなハイパースレッディングのようなものはないので、6コア6スレッド。

CrystalMark

Bulldozerアーキテクチャは既存のベンチマークソフトと相性が悪いらしく(言い訳にしか聞こえないが。。)、前世代の45nm K10アーキテクチャを採用したPhenomⅡ6コアCPUにも負けてしまう始末。

FX6200_bm

ベンチマークでは少々残念な感じのCPUだが、当然ながら実際の使用感では全く問題はなく、エンコードなどの高負荷な作業も十分こなせるレベルになっている。


自作PCの基本

自作パソコンの基本的な組立て方

自作PCはパーツの構成さえ押さえておけば、組立そのものは意外と簡単。 特に基本構成でノーマルなPCを組み立てる場合は、小難しい専門知識がなくてもできる。 どうしても先入観で難しく考えがちだが、要は所定の場所にケーブルを差 … 続きを読む

自作パソコンの基礎知識

自作パソコンの醍醐味は使用環境によってパソコンのスペックを自在に変更できるところにあり、性能、省電力、静音性、見た目、コストなどなど、市販のPCよりも、より目的に特化した仕様のモデルを構成できる。 また、CPUやメモリな … 続きを読む

組立に必要な工具

パソコンを自作するには様々な工具が必要な気もするが、不可欠なのは「プラスドライバー」のみ。もちろん100円ショップで販売している物でもOK。 ただ、工具の良し悪しで作業効率が大きく変わるのも事実なので、他の工具はともかく … 続きを読む

自作PCの製作記録

レゴのPCケース

2015/05/07 サイトのリニューアルに伴い、フリーソフトのページを刷新するため、テスト用のPCとして2010年に組み立てたAMD Athlon II X4 635 搭載のデスクトップを蘇らせることにした。 使用パー … 続きを読む

AMD FX-8350 ~ FX-6200からの換装

2013/10/19 2012年10月にリリースされた8コアCPUのFX-8350。 消費電力は高いがコンシューマ向けの8コアCPUは非常に魅力的。 なので、FX-6200に換装してから1年ほどしか経っていないがメインマ … 続きを読む

AMD FX-6200 ~ PhenomⅡx4 965BEからの換装

2012/04/22 待望のBulldozerアーキテクチャの8コアCPUは、最上位モデルが欠品状態な上に既存のベンチマークソフトでは結果が出ず、あまつさえ45nm K10アーキテクチャのPhenomⅡ6コアCPUにも負 … 続きを読む

AMD Athlonll x2 245 ~ Endevor pro2500を改造

2010/07/25 2003年に購入したEpson DirectのEndeavor Pro2500が、辛うじて起動するはするものの使いものにならないくらい動作が鈍くなった。 原因は明らかにハードディスク。 ハードディス … 続きを読む