AMD FX-8350 ~ PCケース交換


Ryzen7 1700Xの制作に伴い、4年間稼働してきたFX-8350を、CorsairのフルタワーケースObsidian 800D(CC800DW)から、CorsairのミドルタワーケースObsidian 650D(CC650DW)へ移動させ、ついでにCPUのグリスを塗り直すことにした。



CPUのグリスを塗り直す際、CPUクーラーの取り外し作業でボルトがなめてしまったため、保管してあったENERMAXのCPUクーラーと交換。
そのほか、電源ユニットとサウンドカード、光学ドライブを換装している。

使用パーツ

CPU AMD AMD FX-8350(定格4.0GHz)
マザーボード ASUS M5A99FX PRO R2.0
メモリ CFD W3U1600HQ-4G  4096MB x 4
グラフィック・カード SAPPHIRE SAHD777-1GD5R0
サウンド・カード Creative Sound Blaster X-Fi Titanium
電源ユニット SilverStone SST-ST85F-P
ケース CORSAIR Obsidian650D CC650DW
補助記憶装置(C:) SAMSUNG SSD120GB MZ-7TD120B
補助記憶装置(D:) Western Digital WD5000AALS  7200rpm
光学ドライブ Pioneer DVR217JBK
CPUクーラー ENERMAX ETS-T40-TB

ケースと電源ユニットを変えるだけなので、作業そのものは簡単だが、ケースファンなどの掃除が大変。

既存パーツの撤去と組立

既存パーツはケースファンを含めて全て転用。

引越し先のCorsair のミドルタワーケース「Obsidian CC650DW」の掃除が終わったところ。

引越し元のフルタワーケース「CC800DW」。
すでに7年以上使用しているお気に入りだが、単体で16Kgある超重量級のケース。

最初に増設カード、次にマザーボード、最後にケースファンの順序で取り外していく。

ZALMANのCPUクーラー「CNPS9900 MAXB」を取り外す際にネジ穴が完全になめてしまったため、Engineerの「ネジザウルス」で取り除くことになった。

CPUクーラーの転用ができなくなったため、マザーボード裏面の裏面の固定具も撤去。
両面テープで固定してあるので、取り外した後が残念な感じに。。。

マザーボードのホコリをエアーダスターで吹き飛ばし、OA用のウェットクリーナーで汚れた箇所を掃除。
CPUのグリスを取り除き、新しく塗り直してから、ENERMAXのCPUクーラーを取り付ける。

CorsairのメモリクーラーはCPUクーラーと干渉するので撤去。

CPUを取り外し、CPUファンも変えたので、念のため最小構成で通電テストを実施。

通電テストで問題がなかったので、マザーボードをケースに固定したら、パーツを取り付けて配線。

裏側は結構いい加減だが、これでもきれいに収まる。

Obsidian 650Dはフロントとトップに巨大なファンが1個設置されているので、フロントはそのままにして、トップは120mm 2個を吸気で取り付け。
ボトムには吸気口がなく、排気はリアのみ。

ホコリ防止のためにトップのファンには、100均の換気扇用フィルターと、シルバーストーンの140mm用ファンフィルタを設置。

シルバーストーンのファンフィルタはマグネット付きで便利なのだが、帯に短し襷に長しで、使い方には工夫が必要かも。

完成。

Spec

CPU:AMD FX-8350 4.6GHz(OC)
チップセット:AMD 990FX + SB950
メモリ:DDR3 PC3-12800 16384MB Dual Channels
グラフィック:AMD Radeon HD 7770
ストレージ:SSD SATA 6Gb/s SATA3Gb/s 500GB
電源:850W

制作日:2017年6月30日

マザーボードごと載せ替えたので、CPUはオーバークロックしたままの状態。

室温28℃の状態での温度だが、負荷の低い状態なのでCPUの温度も低め。

ベンチマーク

当たり前だが4年前の数値とほぼ変わらず。

あと数年は現役で稼働できる感じだが、さすがにケースファンはそろそろ交換時期かも。






自作PCの基本

組立に必要な工具

パソコンを自作するには様々な工具が必要な気もするが、不可欠なのは「プラスドライバー」のみ。もちろん100円ショップで販売している物でもOK。 ただ、工具の良し悪しで作業効率が大きく変わるのも事実なので、他の工具はともかく … 続きを読む

自作パソコンの基礎知識

自作パソコンの醍醐味は使用環境によってパソコンのスペックを自在に変更できるところにあり、性能、省電力、静音性、見た目、コストなどなど、市販のPCよりも、より目的に特化した仕様のモデルを構成できる。 また、CPUやメモリな … 続きを読む

自作パソコンの基本的な組立て方

自作PCはパーツの構成さえ押さえておけば、組立そのものは意外と簡単。 特に基本構成でノーマルなPCを組み立てる場合は、小難しい専門知識がなくてもできる。 どうしても先入観で難しく考えがちだが、要は所定の場所にケーブルを差 … 続きを読む

RAIDの設定

RAID(Redundant Arrays of Inexpensive Disks)は「レイド」と読み、直訳すると「安価なディスクの冗長配置」。 冗長とは良く言えば「余裕」、悪く言えば「無駄」のことで、「システム障害に … 続きを読む

ベーシックディスクとパーティション

ハードディスクのディスク管理には、ベーシックディスクとダイナミックディスクがあるが、パソコンを購入した時点、もしくは普通にWindowsをクリーンインストールした場合、ハードディスクやSSDは「ベーシックディスク」になっ … 続きを読む

自作PCの製作記録

AMD RYZEN7 1700X ~ RYZEN7 1700Xを使用した自作PC

AMDの最新CPU 「Zen」アーキテクチャを採用したRyzenが発売されてから3ヶ月。 発売当初は完売続出で入手困難だったが、いまは落ち着いて普通に購入できる。 Ryzen7はインテルのハイエンドCPU Core i7 … 続きを読む

AMD FX-8350 ~ PCケース交換

Ryzen7 1700Xの制作に伴い、4年間稼働してきたFX-8350を、CorsairのフルタワーケースObsidian 800D(CC800DW)から、CorsairのミドルタワーケースObsidian 650D(C … 続きを読む

AMD FX-6200 ~ MBの換装

サブマシンとして稼働していたFX-6200を、テスト用のPCとして別のケースに移植する際、電源ユニットがHECの「WIN+550W」だったため、PhenomⅡx4 965のMB換装時に、700Wのサイズ「剛力短2」と入れ … 続きを読む

AMD PhenomⅡ x4 965BE ~ MBの換装

2017/06/28 IOデータのTVキャプチャーカードを積んで、TVに接続してあったPCが異常発熱を起こして事切れた。 使用していたCPUはAMD PhenomⅡx4 965BEで、7年前にメインPCで使用していたもの … 続きを読む

レゴのPCケース

サイトのリニューアルに伴い、フリーソフトのページを刷新するため、テスト用のPCとして2010年に組み立てたAMD Athlon II X4 635 搭載のデスクトップを蘇らせることにした。 使用パーツ CPU AMD A … 続きを読む