AMD RYZEN搭載PCにWindows7をインストール


 

マイクロソフトは「Intel 第7世代」「AMD 第7世代」「Qualcomm “8996″」 以降の最新のCPUは、Windows10しかサポートしないとアナウンスしており、AMDの最新CPU「RYZEN」も同様にWindows10のみのサポートになる。

RYZEN搭載のPCでもWindows7が更新できたという情報も散見されるが、結論から言うとWindows Updateは使えないため、RYZENでのWindows7使用はセキュリティリスクが非常に高い。
また、Windows7のインストールに際しては、USB機器が使用できないため、SATA接続の光学ドライブとPS/2接続のマウスまたはキーボードが必要になる。





 

Windows7にはxHCIが入っていない

「xHCI(Extensible Host Controller Interface)」はUSB3.0で使用されているUSBコントローラーの規格で、USB2.0の規格は「EHCI( Enhanced Host Controller Interface)」、USB1.0には「OHCI 」と「UHCI」がある。

普段は何も気にせず使用しているUSB機器だが、規格が異なると当然のように使用しているドライバも違ってくる。
USB3.0は2008年に仕様が策定されており、2009年にリリースされたWindows7にはUSB3.0のドライバは入っていない。
そのためUEFIには「USB Configuration」という項目に「Legacy USB Support」という機能がある。

使用したASRockのマザーボード「AB350 PRO4」のマニュアルにも「USB Configuration」と「Legacy USB Support」についての記載がある。

ところがRYZENを使用した場合、「Advance」の項目に「USB Configuration」は存在せず、代わりに「AMD CBS」があるのだが、USB2.0を有効にする項目はない。

UEFIはUSB3.0のデバイスドライバを実装しているので、普通にUSB接続のキーボードやマウスが操作できるのだが、Windows7のインストールディスクにはUSB3.0のドライバが入っていないため、インストールディスクを読み込んだ時点でUSB機器が一切使用できなくなる。

SATAは使えるので光学ドライブは生きており、インストールディスクは正常に読み込まれるのだが、いかんせんUSB接続のマウスとキーボードが死んでいるため、まるでフリーズしたような状態になってしまう。

USB3.0のインターフェイスでもUSB2.0は使用できるので、普通に使えそうなものだが、前述の通りコントローラーの規格が異なり、xHCIがUSB2.0も制御しているらしいので、xHCIを呼び出す鍵を持っていないWindows7には為す術がない。

取り敢えずRYZEN環境というか、UEFIの「USB Configuration」で「Legacy USB Support」を「有効」にできない限り、USB機器は使用できない。

ただ、同じLegacyでも、USB1.0よりも古い「PS/2」は使用可能。

数年前までUSBのマウスやキーボードではPC自作時の通電テストでBIOSが操作できなかったため、PS/2接続のマウスとキーボードは必須だったのだが、USBデバイスがBIOSでも普通に使えるようになったので、いつの間にか処分したらしい。。。
手元にPS/2のマウスもキーボードもない。

仕方ないのでPS/2マウスを購入。
マザーボードにはPS/2コネクタが1つしかないので、取り敢えずマウスのみで対応することにした。

接続して再挑戦するとマウスポインターが。。。
まさに「こいつ・・・動くぞ!」状態。

キーボードしかない場合はショートカットとTABキーで操作することになる。

マウスしかないのでスクリーンキーボードで対応する。

無事にWindows7のインストールは完了するが、それでもドライバがないのでUSB機器は動かない。

ここからが本当の試練。
そこまでしてWindows7を使う必要があるのか?と自問自答を繰り返し、さっさと諦めてWindows10をインストールしたら?という悪魔の囁きと戦いながら、セットアップを継続することになる。

Windows7用のチップセットドライバとWindows Update

Windows7のインストールが完了したら、マザーボードに付属のDVDからLANドライバをインストールして、取り敢えずオンラインにする。

PCがオンラインになったら次にWindows Updateを実行。
更新プログラムインストールに失敗する場合は、原因と思われるプログラムを一旦リストから除外し、他の更新プログラムのインストールが成功した後で再実行。

何度か再起動した後、Windows Updateで「更新プログラムの確認」を実行すると、「ハードウェアがサポートされていません」というエラーメッセージが出るようになるが、更新可能なプログラムはダウンロードするらしく、Windows Updateそのものが全く使えないというわけではない。

可能な限りの更新プログラムをインストールしたら、ようやくチップセットドライバのインストール。

RYZENに対応したWindows7向けのチップセットドライバはAMDのサイトから入手する必要がある。

AMD Chipset Drivers ダウンロードページ

厄介なのはマウスとスクリーンキーボードのみで、チップセットドライバをダウンロードしなければならないこと。
ホットスワップの環境があるなら、別のPCでHDDにドライバをダウンロードし、そのHDDをRYZEN搭載のPCに接続することで可能だが、それはそれで面倒臭い。

手っ取り早いのは事前にGmailなどのウェブメールにダウンロードページのURLを送信してブラウザでアクセスするか、ChromeやFirefoxなど同期機能があるブラウザで予めブックマークに追加して、ブラウザをインストールして同期するという方法。

入手方法はともかく、無事にWindows7用のチップセットドライバをダウンロードしたらアプリケーションを起動。

ローカルドライバーを選択。

続いてカスタムインストールを選択。

欲しいのはUSB3.1のホストコントローラーだが、その他のドライバも合わせてインストール。

「インストール」と「クリーンインストール」の選択は「インストール」でOK。

グラフィックボードにRADEONを使用しているなら、そのまま「推奨ドライバー」をクリックしてグラフィックス用のドライバもインストール。

PCを再起動したらようやくUSB機器が使用可能になる。

確認したところ、PC背面コンパネのUSB、フロントパネルのUSB、増設したフロントのUSB3.0、すべて正常に動作した。

ただ、やはり気になるのはWindows Update。
一通り落ち着いてから、手動でWindows Updateを実行してみたら、エラーになって実行不能。
何度か試したが同じ現象が発生するため、やはりアップデートは使えないらしい。

マイクロソフトの術中に陥り、その思惑通りWindows10を使用するのは非常に不本意で癪なのだが、セキュリティリスクを負ってまでWindows7を継続利用するのも微妙。

結局、悩んだ末にWindows10へアップグレードすることにした。

Windows10への無償アップグレード方法

2017/07/12 2016年7月29日に終了したWindows7・Windows8(8.1)ユーザーに対する無償アップグレードは、その後「「障碍者向け支援技術製品をご利用のお客様向け Windows 10 無償アップ … 続きを読む









Windows関連のレポート

Windows10への無償アップグレード方法

2017/07/12 2016年7月29日に終了したWindows7・Windows8(8.1)ユーザーに対する無償アップグレードは、その後「「障碍者向け支援技術製品をご利用のお客様向け Windows 10 無償アップ … 続きを読む

無償期間終了後のWindows10無償アップグレード

2016/08/13 2017/07/11更新 Windows10の無償アップグレード期間終了後も、倫理観は別として、Windows10へアップグレードできる手段になっていた「障碍者向け支援技術製品をご利用のお客様向け … 続きを読む

AMD RYZEN搭載PCにWindows7をインストール

  マイクロソフトは「Intel 第7世代」「AMD 第7世代」「Qualcomm “8996″」 以降の最新のCPUは、Windows10しかサポートしないとアナウンスしており、AMDの最新CPU … 続きを読む

Cortanaを停止させる方法

Wikndows10の新機能コルタナは便利なのだが、個人的には秘書が必要なほどスケジュールが詰まっているわけでもなく、暇だからといってCortanaと会話する気など毛頭ないので、入力した情報をせっせとMicrosoftに … 続きを読む

Windows7のプロダクトキーが無効になった

2017/03/29 使用頻度が結構高いHPの15インチ ノートPC ProBook455G2は、購入したのが2014年11月。 CPUにAMDのA10-7300を搭載しており、HDDをSSDに換装していることもあって、 … 続きを読む