Appleを騙ったフィッシングメール


2017/08/23

フィッシングメールと思われるAppleサポートを騙ったメールが届いた。

リマインダ:チームサポートからの購入詳細

Gmailを利用しているので該当のメールは「迷惑メール」に振り分けられていたのだが、差出人は「Appleサポート」。




 

以下のサブスクリプションをご購入いただきありがとうございます。 22/08/2017 01:04:55 AM
サブスクリプションの名前:ギフトカードiTunesの
注文番号:424564687455
受領日:22/08/2017 01:04:55 PM

注文総額:99.99米ドル

どうやら99.99ドルのiTunesギフトカードを購入したらしい。
1ドル110円換算で10,998円。

中国あたりから送られてくるスパムメールは、日本語がかなり不自然で、漢字が中華フォントだったりするので、一目瞭然で判別できるが、このメールは一見すると普通っぽい。

ただ、よく見ると機械翻訳でありがちな単語の並びがおかしな箇所がある。
「ギフトカードiTunesの」
「この購入を承認していない場合は、をご覧ください。iTunes支払いキャンセルフォーム  」

iTunesギフトカードを購入した経験があれば、メールの体裁そのものに違和感を覚えたりするかもしれないが、購入した経験がなければ分かりにくい。

詳細を見ると、メールアドレスが笑ってしまう。
<japane@sup-aplee.com>

「e」が余分だったり「p」が足りなかったり。。。

しかも「To」ではなく「Bcc」で送信されている。

「iTunes支払いキャンセルフォーム  」のリンク先を「aguse」で確認。
aguseは調査したいサイトのURLや受信したメールのメールヘッダーを分析する無料のサービス。

aguse

米国の「GoDaddy」というホスティング会社がヒット。

「VirusTotal」でも調べたが、確認した時点ではすでにステータスコード「404」が返されており、該当ページは見当たらない状態だった。

単なる愉快犯なのか、逃走した後なのか不明だが、「10万円受け取って下さい」とか「◯◯に当選しました!」といったフィッシングメールより、身に覚えのない購入確認メールでキャンセルフォームへの誘導はうまくできている。

触らぬ神に祟りなし。
いろいろと巧妙化しているのでメールの取扱は慎重に。






レポート

Pixela PIX-DT460で地デジ受信できない時の対処法

2017/09/04 Windows7がリリースされた頃、世の中はPCのエンターテイメント化が進み、市販のパソコンはTVキャプチャが実装されているモデルが多かった。 それも今は昔の話で、PCのテレビ化ブームは呆気なく終焉 … 続きを読む

Appleを騙ったフィッシングメール

2017/08/23 フィッシングメールと思われるAppleサポートを騙ったメールが届いた。 リマインダ:チームサポートからの購入詳細 Gmailを利用しているので該当のメールは「迷惑メール」に振り分けられていたのだが、 … 続きを読む

Amazon Publisher Studioが機能しなくなった

2017/07/27 当サイトはWordPressを使用しており、自作パソコンやクロスバイクの改造など1部のページには、使用している工具やパーツなどの画像に、Amazon Publisherを利用して商品リンクを張ってい … 続きを読む

音楽MP3を激安ダウンロード

国内で販売されているMP3は何故かCDとほとんど同じ価格。 同じデジタルでもCDは無圧縮のリニアPCM音源なのに比べ、当初販売されていたMP3は198kbps~256kbpsが主流の圧縮音源で、中には128kbpsと音質 … 続きを読む

Evernoteの整理術

Evernoteは強力な検索機能があり、有料プランであれば画像内の文字やPDFファイル内の文字も検索対象になるので、取り敢えずEvernoteに保存しておくだけでも、非常に有用なデータベースになる。 ただし、無造作に蓄積 … 続きを読む