Chrome リモートデスクトップのインストールと使い方


Chromeアプリとして提供されている「Chromeリモートデスクトップ」は、GoogleアカウントとGoogle Chromeでリモート環境を実現する。
WindowsのリモートアシスタンスやSplashTopの有料版と同様、ブラウザにリモート接続したPCのデスクトップが表示され、マウスやキーボードを使用しての操作が可能になる。

Chromeリモートデスクトップはクロスプラットフォームで提供されており、Windows・Mac・Linuxのほか、Android、Chromebookで利用できる。
ただし、ChromebookとAndroidアプリはクライアントのみで、ホストでの利用はできない。

また、、PCでリモート操作する分にはSplashTopのほうが操作性は良く、カーソンが消えたり、クリック時に反応速度が遅いなど、微妙な部分もあるものの、SplashTopだと有料になる同一ネットワーク外からの接続も可能で、設定も簡単、しかも無料で利用できるので、リモートデスクトップ環境が手軽に実現できる。

システム要件

Google Chromeが動作する環境

ソフトの入手先

Chromeウェブストア




 

Chromeリモートデスクトップのインストール

パソコンでChromeリモートデスクトップを利用する場合は、まずChromeブラウザがインストールされている事が大前提。

Google Chromeのインストールと使い方

Google Chrome(グーグル クローム)はGoogleが開発した、シンプルに徹したタブブラウザ。 コンセプトは「スピード、シンプル、セキュリティ」。 後発のブラウザながら、軽快な動作とシンプルなインター フェイス … 続きを読む

Chromeブラウザをインストールしたら、Googleアカウントでログイン後、「Chromeウェブストア」を開いて「リモートデスクトップ」で検索。

右上にある「Chromeに追加」をクリック。

アクセス権限が標示されるので「アプリを追加」をクリック。

Chromeアプリに追加されたら完了。

使用方法

Chromeリモートデスクトップには、SplashTopのように「リモートされる側(ホスト)」と「リモートする側(クライアント)」の区別はなく、ホストにもクライアントにも同様にChromeブラウザをインストールして、Chromeリモートデスクトップのアプリを追加。
ホスト・クライアントともに同じGoogleアカウントでログインすれば下準備は完了。

リモートアクセスはホストが起動していないと利用できないので、ホストになるPCは常時起動させておくか、Wake On Lanを設定して外部からの起動を可能にしておく必要がある。

Android版 Wake On Lanの設定と使い方

Wake On Lan(WOL)はスリープ状態にあるパソコンに対して、マジックパケットと呼ばれる信号を送信して起動させる仕組みのこと。 同一ネットワーク上にあるPCを遠隔操作で起動させたり、遠隔地にあるPCを起動させるこ … 続きを読む

Chromeブラウザの「アプリ」から「Chromeリモートデスクトップ」を起動して、「マイコンピュータ」の「利用開始」をクリック。

「Chromeリモートデスクトップを使用してこのパソコンにアクセスするには、リモート接続を有効にする必要があります。」と表示されている箇所で「リモート接続を有効にする」をクリック。

「Chromeリモートデスクトップ ホストインストーラーのダウンロード」のウインドウが開くので、利用規約を確認後、「同意してインストール」をクリック。

アクセスする際に必要なPINの設定。
任意の6桁の数字を入力して「OK」。

これでリモート接続が有効になる。
同様の操作をホスト・クライアントに実行。

利用可能なホストが表示されるので、リモート操作するPCをクリック。
設定したPINを入力して「接続」。

「このデバイスからこのホストに接続するときにPINの再入力を求めない。」のチェックボックスにチェックを入れると、次回の接続からPINの入力が省略される。

接続が確立されると全画面でホストのデスクトップが表示されるので、後は普通にマウスとキーボードで操作するだけ。

ホストがツインディスプレイの場合は、ディスプレイを配置している側の端に持っていくと画面がスライドする。
メイン画面に戻す場合も、カーソルを逆の端に持っていく。

Chromeリモートデスクトップ本体の操作はシンプルで、右上にカーソルを持っていくと、格納されているメニューが表示される。
左から「オプション」「切断」「最小化」「全画面終了」「閉じる」。

 

「オプション」も特に設定するところもなく、利用するのはホストを強制終了する「Ctrl + Alt + Del」と、スクリーンショットを撮る「PrtScn」のコマンドくらい。

ホストを操作中はキーボードで入力でき、コピー・アンド・ペーストや全選択などのショートカットキーも有効だが、「Ctrl + Alt + Del」と「PrtScn」キーは無効なので、オプションからコマンドを送信する必要がある。






リモートデスクトップ

Chrome リモートデスクトップのインストールと使い方

Chromeアプリとして提供されている「Chromeリモートデスクトップ」は、GoogleアカウントとGoogle Chromeでリモート環境を実現する。 WindowsのリモートアシスタンスやSplashTopの有料版 … 続きを読む

Splashtopのインストールと使い方

SplashtopはPCをリモート操作するアプリで、母艦となるサーバまたはパソコンには「Streamer」というプログラムをインストールし、クライアント端末にはSplashtop2というプログラムをインストールして使用す … 続きを読む