ChromeOSが起動しない時の対処法

最近はちょっとした旅行に行くときはWindowsではなく、Chromebookを持っていくのだが、先日、久しぶりにChromebookを開いたら見慣れぬ画面が表示されていた。

Chrome OS is missing or damaged.
Please insert a recovery USB stick or SD card.

見た目はシンプルで緊張感の欠片もないが、WindowsならBIOSの画面で「BOOTING is missing」と無慈悲に表示されている感じ。
調子にのってDevモードにしていたのが悪かったか。。。

表示されている内容を読むと、どうやら「ChromeOSが見つからないか破損しているので、リカバリ用のUSBメモリかSDカードを挿入しろ」ということらしいが、Chromebookにはリカバリーメディアは付属していない。





リカバリーを実行する前に

エラー画面には詳細な情報が記載されていないが、ChromeOSが起動しなくなった場合は、リカバリーメディアを作成してから、リカバリーを実施することになる。
エラー画面に記載されているURLへアクセスすると、「Chromebookヘルプ」の「Chromebookを復元する」のページが開く。

Chromebookヘルプ「Chromebookを復元する」

「Chrome OS is missing or damaged. 」のエラーが出た場合、ヘルプに記載がある通り、まず電源を入れ直してみる
Windowsでいうところの再起動なのだが、運が良ければこれで回復する。

「Chrome OS is missing or damaged. 」ではなく、「Reset this Chrome device!」と表示されていたり、ログイン画面が表示された後でエラーが発生し、再起動しても修復しない場合などは、リカバリーではなくリセットで回復する可能性がある。

Chromebookヘルプ「Chromebookを初期状態にリセットする」

ChromeOSのリカバリーメディア作成

リセットすることもできず、電源を入れ直しても状況が改善されない場合、残された方法はリカバリーのみなので、はじめにリカバリーメディアを作成する。

リカバリーメディア作成に必要なもの

  • エラーが発生しているChromebook
  • Google Chromeがインストールされたパソコン
  • 4GB以上のUSBメモリまたはSDカード

リカバリアプリのインストール

はじめにWindowsやMac、Chromebookなど、Google Chromeがインストールされているパソコンに、リカバリアプリをインストールする。
ブラウザにGoogle Chromeが必要な理由は、インストールするアプリがGoogle Chromeの「機能拡張」だから。

Chromebookを使用しているくらいなら、ブラウザにGoogle Chromeを使用しているはずなので、Google Chromeのインストールは割愛。

Google Chrome用 機能拡張 「Chromebookリカバリーユーティリティ」

Google Chromeでリンク先を開き、「Chromebookリカバリユーティリティ」の機能拡張が表示されたら「Chromeに追加」をクリック。

メッセージが出るので「アプリを追加」をクリック。

Google Chromeのアプリに「リカバリ」が追加される。

アプリをクリックしたらリカバリメディア作成のウィザードが起動するので「開始」。

モデルナンバーの入力画面になるので、エラーが発生しているChromebookに表示されている「Model」の英数字で構成されている番号を入力。

 

モデル番号を全て入力すると「モデルが完全に一致するものが見つかりました」と表示される。

今回のChromebookはASUSのChromebook Flip C100A。

モデル番号ではなく「リストからモデルを選択」で「メーカー」と「機種」から選択することも可能。

4GB以上のUSBメモリかSDカードをパソコンに挿入。

当然ながらデバイスに保存されているデータは消去されるので事前に確認しておく。

使用するデバイスを選択して「次へ」。

「今すぐ作成」をクリックしてリカバリメディアを作成する。

リカバリメディア作成中。

ようやく完了。
所要時間はUSB2.0のメモリを使用して15分ほど。

「完了」をクリックするとChromebookリカバリユーティリティが閉じる。

Chromebookのリカバリ

リカバリメディアを作成したら、エラーが発生しているChromebookに接続されているマウスや外付けのドライブ、USDメモリやSDカードなどを全て取り除き、AC電源を接続する。

キーボードの「ESC」と「更新」キーを同時に押した状態で、電源ボタンを押す。

電源ボタンを押した瞬間に画面が黒くなり、離すと元の画面に戻るが、それまでは「ESC」と「更新」のキーを押し続けて、戻ってから離す。

リカバリメディアをChromebookに挿入すると自動的に認識してリカバリーが開始!

リカバリーが完了したら再起動するのだが、リカバリメディアが挿入された状態だと起動しないので、画面が黒くなったらリカバリメディアをChromebookから取り外す。

Chromebookが無事に起動。
しっかりと初期化されていた。(;´д`)トホホ…





ANDROID関連の記事

Chromebookの設定と使い方

2017年度に発売されるChromebookは、全機種がAndroidアプリをサポートしており、GooglePlayストアがデフォルトで使用可能になった。 2017年度以前のモデルでAndroidアプリをサポートしている … 続きを読む

ChromeOSが起動しない時の対処法

最近はちょっとした旅行に行くときはWindowsではなく、Chromebookを持っていくのだが、先日、久しぶりにChromebookを開いたら見慣れぬ画面が表示されていた。 見た目はシンプルで緊張感の欠片もないが、Wi … 続きを読む

ChromebookでPlayストアを利用

2016/06/18 ChromeOSのDevモード(開発者モード)でPlayストアが利用できるようになったようなので、一昨日届いたばかりのASUS Chromebook Flip C100PAで試してみた。 &nbsp … 続きを読む

Android版 CPU-Zの使い方

デバイス情報を表示する定番フリーソフトCPU-Z。 自作PCのユーザーにはお馴染みのアプリだが、Android版もリリースされている。 Android版も基本的に無料だが、広告が不定期に全画面で表示され、有料版(197円 … 続きを読む

Amazon Fireで Androidアプリを使用する

2015/11/5 AmazonのFire 第5世代はAndroid5.1 LolipopをベースにしたAmazonオリジナルのOSなので、Android用のアプリは動作するものの、アプリはAmazon のアプリストアか … 続きを読む

レポート

Windows7のプロダクトキーが無効になった

2017/03/29 使用頻度が結構高いHPの15インチ ノートPC ProBook455G2は、購入したのが2014年11月。 CPUにAMDのA10-7300を搭載しており、HDDをSSDに換装していることもあって、 … 続きを読む

ChromeOSが起動しない時の対処法

最近はちょっとした旅行に行くときはWindowsではなく、Chromebookを持っていくのだが、先日、久しぶりにChromebookを開いたら見慣れぬ画面が表示されていた。 見た目はシンプルで緊張感の欠片もないが、Wi … 続きを読む

Splashtopへのアクセスがブロックされた

2017/03/02 今日、Splashtopからメールが届いた。 Gmailの翻訳機能を使用してみると。。。 翻訳の精度はともかく、どうやらバージョン3.0.6.0以前のSplashtop Streamerにはバグがあ … 続きを読む

Unlockerのサイトがブロックされる

Windows XP環境ではプログラムがファイルをロックして削除できないことがあり、特定のアプリケーション使用時に発生頻度が高かった。 このようなファイルはセーフモードで起動してから削除すれば良いのだが、Unlocker … 続きを読む

Windows7のWindows Updateが終わらない時の対処法

HPの15インチのノートPC ProBook 450 G2を購入後、いそいそと別途購入した500GBのSSDへ換装し、Windows7 64 Proをインストールしたまでは良かったのだが、Windowsを更新するためにW … 続きを読む