ChromeOSが起動しない時の対処法


最近はちょっとした旅行に行くときはWindowsではなく、Chromebookを持っていくのだが、先日、久しぶりにChromebookを開いたら見慣れぬ画面が表示されていた。

Chrome OS is missing or damaged.
Please insert a recovery USB stick or SD card.

見た目はシンプルで緊張感の欠片もないが、WindowsならBIOSの画面で「BOOTING is missing」と無慈悲に表示されている感じ。
調子にのってDevモードにしていたのが悪かったか。。。

表示されている内容を読むと、どうやら「ChromeOSが見つからないか破損しているので、リカバリ用のUSBメモリかSDカードを挿入しろ」ということらしいが、Chromebookにはリカバリーメディアは付属していない。





リカバリーを実行する前に

エラー画面には詳細な情報が記載されていないが、ChromeOSが起動しなくなった場合は、リカバリーメディアを作成してから、リカバリーを実施することになる。
エラー画面に記載されているURLへアクセスすると、「Chromebookヘルプ」の「Chromebookを復元する」のページが開く。

Chromebookヘルプ「Chromebookを復元する」

「Chrome OS is missing or damaged. 」のエラーが出た場合、ヘルプに記載がある通り、まず電源を入れ直してみる
Windowsでいうところの再起動なのだが、運が良ければこれで回復する。

「Chrome OS is missing or damaged. 」ではなく、「Reset this Chrome device!」と表示されていたり、ログイン画面が表示された後でエラーが発生し、再起動しても修復しない場合などは、リカバリーではなくリセットで回復する可能性がある。

Chromebookヘルプ「Chromebookを初期状態にリセットする」

ChromeOSのリカバリーメディア作成

リセットすることもできず、電源を入れ直しても状況が改善されない場合、残された方法はリカバリーのみなので、はじめにリカバリーメディアを作成する。

リカバリーメディア作成に必要なもの

  • エラーが発生しているChromebook
  • Google Chromeがインストールされたパソコン
  • 4GB以上のUSBメモリまたはSDカード

リカバリアプリのインストール

はじめにWindowsやMac、Chromebookなど、Google Chromeがインストールされているパソコンに、リカバリアプリをインストールする。
ブラウザにGoogle Chromeが必要な理由は、インストールするアプリがGoogle Chromeの「アプリ」だから。

Chromebookを使用しているくらいなら、ブラウザにGoogle Chromeを使用しているはずなので、Google Chromeのインストールは割愛。

Google Chrome用 アプリ 「Chromebookリカバリーユーティリティ」

Google Chromeでリンク先を開き、「Chromebookリカバリユーティリティ」のアプリが表示されたら「Chromeに追加」をクリック。

メッセージが出るので「アプリを追加」をクリック。

Google Chromeのアプリに「リカバリ」が追加される。

アプリをクリックしたらリカバリメディア作成のウィザードが起動するので「開始」。

モデルナンバーの入力画面になるので、エラーが発生しているChromebookに表示されている「Model」の英数字で構成されている番号を入力。

 

モデル番号を全て入力すると「モデルが完全に一致するものが見つかりました」と表示される。

今回のChromebookはASUSのChromebook Flip C100A。

モデル番号ではなく「リストからモデルを選択」で「メーカー」と「機種」から選択することも可能。

4GB以上のUSBメモリかSDカードをパソコンに挿入。

当然ながらデバイスに保存されているデータは消去されるので事前に確認しておく。

使用するデバイスを選択して「次へ」。

「今すぐ作成」をクリックしてリカバリメディアを作成する。

リカバリメディア作成中。

ようやく完了。
所要時間はUSB2.0のメモリを使用して15分ほど。

「完了」をクリックするとChromebookリカバリユーティリティが閉じる。

Chromebookのリカバリ

リカバリメディアを作成したら、エラーが発生しているChromebookに接続されているマウスや外付けのドライブ、USDメモリやSDカードなどを全て取り除き、AC電源を接続する。

キーボードの「ESC」と「更新」キーを同時に押した状態で、電源ボタンを押す。

電源ボタンを押した瞬間に画面が黒くなり、離すと元の画面に戻るが、それまでは「ESC」と「更新」のキーを押し続けて、戻ってから離す。

リカバリメディアをChromebookに挿入すると自動的に認識してリカバリーが開始!

リカバリーが完了したら再起動するのだが、リカバリメディアが挿入された状態だと起動しないので、画面が黒くなったらリカバリメディアをChromebookから取り外す。

Chromebookが無事に起動。
しっかりと初期化されていた。(;´д`)トホホ…





ANDROID・CHROME OSのセットアップ

Androidアプリのアクセス権限と個人情報

Androidは利用者が多いだけに、悪意のある攻撃者から標的にされやすく、Googleプレイストアで公開されているアプリでさえ、マルウェアが紛れていたりする。 マルウェアとは「悪意のあるソフトウェア」のことで、ウイルス、 … 続きを読む

Androidのセキュリティとサポート

Androidはオープンソースで提供されているので、デバイスの製造メーカーやキャリア各社がカスタマイズしており、アップデートは製造メーカーによって実施されている。   開発元のGoogleが提供しているアップデ … 続きを読む

Remix OSのインストールと設定

Androidをパソコン用にした「Android-x86」を進化させ、よりパソコンに適した仕様にしたものがRemix OSで、マルチウインドウでAndroid用のアプリが動作する。 GoogleのChrome Bookに … 続きを読む

Android-x86の起動とインストール

Android-x86は、モバイル用のAndroidをx86系のコンピュータで使用できるようにしたOS。大雑把に言ってしまうと、Windowsが動作してるPCで、スマホやタブレットで使用しているAndroidが使えるよう … 続きを読む