Cortanaを停止させる方法

Wikndows10の新機能コルタナは便利なのだが、個人的には秘書が必要なほどスケジュールが詰まっているわけでもなく、暇だからといってCortanaと会話する気など毛頭ないので、入力した情報をせっせとMicrosoftに送信するコルタナに出番はない。

cortana001

入力した情報を送信するキーロガーの性質を持っているCortanaは、Microsoftにとってユーザーの個人情報を取得する重要なツールで、GoogleのGoogle NowやAppleのSiriに対抗するパーソナルアシスタント機能。

cortana002

Anniversaryアップデート以前は、「ノートブック」の「設定」からコルタナをOFFにすることができたのだが、Microsoftの予想以上にコルタナがオフにされたのか、現在はCortanaの「設定」からCortanaそのものをオフにすることができなくなっている。

cortana003

タスクバーに居座るコルタナを非表示にするだけなら、タスクバーからコンテキストメニュー(右クリックメニュー)を出して、「Cortana」→「表示しない」で済むのだが、バックグラウンドではメモリリソースを消費して動作している。

cortana004

Cortanaは常時起動しており、アイドル時で約25MBのメモリを消費している。
現在のPCなら25MB程度のメモリリソースは目くじらを立てるほどでもないが、使わないのであれば無駄であることに変わりはない。

厄介なのことにCortanaのプロセスはゾンビ化しており、タスクマネージャーからタスクを終了しても瞬時に復活してくる。




Cortanaの停止方法

正攻法でCortanaを停止させる有効な手段はないので、Cortanaのフォルダ名を変更してアクセスできないようにしてしまうという単純な方法。
無論、Cortanaのプロセスが動作しているとフォルダ名を変更することはできないので、一瞬の隙きが勝負になる。

cortana006

管理者権限のアカウントでログイン後、「タスクマネージャー」を開く。
タスクマネージャーは「スタートメニュー」を右クリックして「タスクマネージャー」を選択。

cortana007

タスクマネージャーは初期状態で簡易表示になっているので「詳細」をクリック。

 

cortana005

「プロセス」タブで表示された一覧から「Cortana」を選択してコンテキストメニュー(右クリックメニュー)から「詳細の表示」を選択。

cortana008

「詳細」タブで「SearchUI.exe」が選択された状態になるので、コンテキストメニューから「タスクの終了」を選択。

cortana009

「プロセスの終了」をクリック。

cortana010

再度タスクマネージャーの「プロセス」タブに戻り、「Cortana」を選択後にコンテキストメニューから「ファイルの場所を開く」を選択。

cortana011

フォルダが開いて「Microsoft.Windows.Cortana_cw5n1h2txyewy」という名前のフォルダが選択された状態になる。

cortana013

 

キーボードの「F2」を押してフォルダ名を編集状態にして、フォルダ名の最後に「.bak」を追加。

cortana014

管理者権限のメッセージが出るので「続行」。

cortana015

当たり前だが動作中のCortanaによってロックされているので編集はできない。

メッセージを消さずに、「再試行」をクリックしやすい位置に置いておく。

cortana016

タスクマネージャーに戻り、「プロセス」タブから「Cortana」を選択後、コンテキストメニューの「タスクを終了」をクリック後、素早く先程のメッセージの「再試行」をクリック。

cortana017

タイミングが良ければフォルダ名が変更され、ゾンビ化しているCortanaを封印。
PCを再起動してタスクマネージャーにCortanaがないことを確認して完了。

ただし、この作業はCortanaを封印しただけで、タスクバーやスタートメニューのCortanaは消えないため、タスクバーのCortanaは「タスクバー」のコンテキストメニューから「表示しない」で非表示にしておく。

ちなみに「すべてのプログラム」にあるCortanaをクリックしてもCortanaは起動しない。
Cortanaを使用する場合は、「Cドライブ」→「Windows」フォルダ→「SystemApps」フォルダを開き、「Microsoft.Windows.Cortana_cw5n1h2txyewy.bak」の「.bak」を削除して元のフォルダ名に戻せばOK。

コマンドプロンプトを使用した方法

タイミングが合わない時はコマンドプロンプトの名称変更を使用するのもあり。
タスクマネージャーの「Cortana」のコンテキストメニューから「フォルダの場所」を開くところまでの手順は全く同じ。

フォルダ名が「「Microsoft.Windows.Cortana_cw5n1h2txyewy」になっていることを確認したら、管理者用のコマンドプロンプトを起動する。

cortana018

コマンドプロンプトは「スタートメニュー」を右クリックし、「コマンドプロンプト(管理者)」を選択。

cortana020

「C:¥Windows¥system32 >」になっているので、ディレクトリを移動して「SystemApps」フォルダに移動するため、「cd../SystemApps」と入力してエンター。

cortana021

フォルダ名を変更するリネームのコマンド「ren」を使用して「Microsoft.Windows.Cortana_cw5n1h2txyewy」を「Microsoft.Windows.Cortana_cw5n1h2txyewy.bak」に変更する。

コマンドは、「ren Microsoft.Windows.Cortana_cw5n1h2txyewy Microsoft.Windows.Cortana_cw5n1h2txyewy.bak」

フォルダ名が長いので、Cortanaのフォルダを確認した際にフォルダ名をコピーし、コマンドプロンプトで右クリックするとペーストできる。

注意が必要なのは、リネームのタイミングはCortanaのプロセスを終了後なので、入力後にエンターキーを押さないこと。

用意ができたらタスクマネージャーに戻り、「プロセス」タブの「Cortana」を選択後、コンテキストメニューの「タスクを終了」をクリック後、コマンドプロンプトでエンターキーを押す。

コマンドプロンプトを使用するとなんだか大層な感じがするのだが、やってることはフォルダ名の変更だけ。

cortana022

Windows10の怖いところは、アップデートが強制されるため、ユーザーにとって不利益な仕様変更でも拒否できないことにある。
今回の回避方法もCortanaが新たな仕様でアップデートされると全く意味をなさなくなるので、アップデート後にCortanaが復活する可能性は高い。
今後もMicrosoftの思い通りにならない時は、セキュリティパッチを適用するように、仕様変更が実施され、Microsoftに踊らされ続けるのかと思うとウンザリ。





Windows関連のレポート

Windows7のプロダクトキーが無効になった

2017/03/29 使用頻度が結構高いHPの15インチ ノートPC ProBook455G2は、購入したのが2014年11月。 CPUにAMDのA10-7300を搭載しており、HDDをSSDに換装していることもあって、 … 続きを読む

Windows10の初期設定

Windows10はデスクトップPCからタブレットやスマホなどのモバイル端末まで対応したオールマイティタイプのOSで、パーソナルアシスタントのCortanaをはじめ、PIM(個人情報管理)が強化されているものの、デスクト … 続きを読む

Windows7のWindows Updateが終わらない時の対処法

HPの15インチのノートPC ProBook 450 G2を購入後、いそいそと別途購入した500GBのSSDへ換装し、Windows7 64 Proをインストールしたまでは良かったのだが、Windowsを更新するためにW … 続きを読む

Cortanaを停止させる方法

Wikndows10の新機能コルタナは便利なのだが、個人的には秘書が必要なほどスケジュールが詰まっているわけでもなく、暇だからといってCortanaと会話する気など毛頭ないので、入力した情報をせっせとMicrosoftに … 続きを読む

Windows7の高速化と基礎知識

パソコンが遅いと作業効率は悪くなるし、イライラするし、精神衛生上よろしくない。 そこまで生き急いでどうする、と思ったりもするが、やはりPCは早いに越したことはない。 パソコンの処理速度は当然ながらパソコン本体のスペックに … 続きを読む

Windows10が起動しない。

2016/9/30 先般、「障碍者向け支援技術製品をご利用のお客様向け Windows 10 無償アップグレード」というサービスで、Windows7以降のOSであれば無償アップグレードできるという記事をアップしたのだが、 … 続きを読む

アップグレード後のWindows10 クリーンインストール

Windows10を無償アップグレードした場合、手元にはUSBフラッシュメモリやDVD-Rなどの外部メディアがないので、アップグレード後にクリーンインストールが必要になった際は、まず外部メディアを作成する必要がある。 シ … 続きを読む

Windows10のリフレッシュ(簡易クリーンインストール)

Windows10には簡易的なクリーンインストールのツールが提供されており、ツールの名称がRefreshとなっているように、PCを初期化してWindows10が単体でインストールされた状態になる。 インストールされていた … 続きを読む

無償期間終了後のWindows10無償アップグレード

2016/08/13 訴訟問題にまで発展したWindows10への強制アップデートも7月29日にようやく終了。結局、1年かけて強要してきたアップグレードも、Windows8&8.1のシェアを奪っただけで、Windows7 … 続きを読む

Windows10のアップグレード回避法

2016/02/04 2016/05/28更新 5月に入ってからWindows10へのアップグレードが、Windows Updateに統合され、自動更新にしていると期限内に解除しなければ、突然Windows10の起動画面 … 続きを読む