DropboxとGmailの統合

LINEで送る
Pocket

ブラウザにGoogle Chromeを使用しているユーザー限定になるが、Chromeの拡張機能でDropboxをGmailに統合することができる。

Dropboxでは「統合」という表現を使用しているが、要はGmailのプラグインのようなもので、GmailからDropboxフォルダ内のファイルへリンクが作成できるというもの。
この機能を利用すれば、メールに添付できないサイズのファイルを、「宅ふぁいる便」や「firestorage」などのサービスを利用せず、直接相手に送信することができるので、ファイルをアップロードしてメールアドレスを入力したり、ファイルリンクを取得したりする手間が省ける。

拡張機能を有効にするには、Dropboxの該当ページより行う方法と、Chromeの「アプリ」から「Gmail版Dropbox」という機能拡張をChromeに追加する方法がある。

dropGmail001

DropboxとGmailの統合ページlink

Dropboxのウェブページからでは該当ページへのリンクが探しにくいので、Chromeのアプリから機能拡張をインストールしたほうが手っ取り早い。

dropGmail006

Chromeのアプリからインストールする場合は、「Chromeウェブストア」を開き、「機能拡張」のラジオボタンにチェックを入れて「Dropbox」を検索し、「Gmail版Dropbox」という機能拡張をChromeに追加する。

dropGmail002

拡張機能を追加すると、GmailからDropboxへのアクセスが可能になる。

dropGmail003

プラグインの追加が完了するとGmailの送信ボタンの横にDropboxのアイコンが表示されるようになる。

dropGmail004

GmailのDropboxアイコンをクリックすると上図のようなDropboxのウエブページが開くので、先方に送信するファイルを選択して「リンクを挿入する」をクリック。

dropGmail007

選択したファイルをはメール本文にDropboxのアイコンとファイル名が表示される。
ただし、プレーンテキストモードでは送信時にリンクが失われるため、HTMLモードで送信する必要がある

dropGmail009

GmailのプレーンテキストモードとHTMLモードの切替は、右下にある▼をクリックして出現するメニューで行い、「プレーンテキストモード」のチェックを外した状態がHTMLモード。

dropGmail008

Dropboxのアカウント取得に関係なく、メールの受信者はが本文のリンクをクリックすると、WordやExcel、PDFや画像ファイルなど、ブラウザで表示可能なファイルはファイルが閲覧でき、右上の「ダウンロード」をクリックするとファイルをダウンロードできる。
dropGmail010

Gmail版Dropboxの機能拡張をインストールすると、Chromeの右上にアイコンが追加されるので、追加した機能を削除する場合はアイコンをクリックして、メニューから「Chromeから削除」を選択すればOK。












Dropbox

DropboxとGmailの統合

ブラウザにGoogle Chromeを使用しているユーザー限定になるが、Chromeの拡張機能でDropboxをGmailに統合することができる。 Dropboxでは「統合」という表現を使用しているが、要はGmailのプ … 続きを読む