Galaxy S8とGear VRを輸入


2018/01/16

Samsungのデバイスは個性が強すぎてあまり好きではないが、Gear VRを利用するためにはGalaxy S6・S7・S8のいずれかが必要なので、Gear VR欲しさにGalaxyを購入することにした。



2月末にはS9のリリースがアナウンスされているので、後2~3ヶ月待てばS8が値崩れするのだが、やはり「欲しい時が買い時」。

Galaxy S8はSIMロックを解除したauの白ロム版が出回っており、価格はおよそ8万円前後。
Gear VRはコントローラーセットのものはAmazonで15,000円程度なので、合わせて95,000円くらい。

米国のB&HではGalaxy S8が624.99ドル。
購入した当日の実勢レートは110円だったため、クレジットカードの手数料などを含め1ドル=115円で換算すると約70,000円。

ただし、国内版とグローバル版ではスペックが異なっており、国内版のSoCはSnapdragon835を搭載しているのに対し、グローバル版は Exynos8895を搭載しており、更にグローバル版の「SM-G950F」は技適を取得していない。

電波法と技適マーク~海外スマホの利用

SIMフリースマホを購入する際、MVNOでSIMとセット販売されているようなモデルや、家電量販店で販売されているモデルは、ほぼ日本仕様になっており、国内での利用に問題はないが、AmazonなどのECサイトや一部の専門店で … 続きを読む

携帯電話の通信規格と周波数帯の基礎知識

SIMフリーのスマートフォンを購入する際、まず確認が必要なのが使用しているSIMに対応しているか否か。 3GとかLTEとか、それが回線を意味していることくらいは分かっても、普通に使用する際にそれほど意識することはないし、 … 続きを読む

Gear VRは69.99ドルなので115円換算で8,000円。
こちらは国内の半額ほどと圧倒的に安い。

輸入した場合、送料込みで724.57ドル。
115円換算にすると83,000円くらいで、別途で課税標準額に対して消費税が加算される。
デジタル機器は関税がかからないので、多めに見積もって総額90,000円くらいになる試算で購入。

で、実際に支払った金額は、商品代金と送料で82,689円(1ドル=114.122円)
消費税3,600円
立替手数料1,080円
合計:87,369円

1月12日に購入し、翌13日出荷通知メールが届いて、「スプリングフィールド」→「ニューヨーク」→「シンシナティ」→「成田」のルートで輸送され、15日に関空へ到着して翌16日に手元へ届いた。

早速、高いオモチャの動作チェック。

Gear VRを使ってみた

2018/01/18 ゲーム用にしていたNexus6のバッテリーがヘタレてきて、充電状態でないと電源が落ちるようになったので、以前から気になっていたGear VRを使用するため、SIMフリーのGalaxy S8とコントロ … 続きを読む

スペック

SoC Samsung Exynos Octa 8895
RAM 4GB
ストレージ 64GB
ディスプレイ 2960 x 1440 QHD
バッテリー 3000mAh
大きさ 148.9mm x 68.1mm (5.8inch)
重さ 155g
SIM NanoSIM x 1
OS Android

防水防塵はIP68なので、水没しても浸水しない、いわゆる完全防水。

そしてグローバル版を選択した理由の1つがSnapdragon835と同等の性能と言われているSamsung製のオクタコア SoC「Exynos 8895」。

ベンチマーク

SoCに「Snapdragon835」を搭載しているEssential Phoneのベンチマークとの比較になるが、Geekbenchでは「CPU」のシングルコア・マルチコアと「COMPUTE」全てでEssential Phoneをわずかに上回る結果を出した。

Essential Phoneのシングルコアのスコアは1911、マルチコアは6585。

「COMPUTE」の数値はEssential Phoneが8022。

いずれも誤差の範囲に近いものだが「Exynos 8895」の実力は本物らしい。

ナビゲーションボタンとBixby

Galaxyが嫌いなのは、まずナビゲーションボタンが「履歴・ホーム・戻る」の順に並んでおり、履歴と戻るが逆になっているので非常に使いづらい。
使用しているデバイスが全てGalaxyなら良いのかもしれないが、他のデバイスと併用する場合にGalaxyだけ異なっているのは地味にストレスが溜まる。

これまではアプリを利用して「履歴」と「戻る」の位置を変更するしかなかったものが、S8はようやく設定で変更が可能になった。

「設定」→「ディスプレイ」→「ナビゲーションバー」→「ボタンのレイアウト」で、「戻る・ホーム・履歴」をタップすれば設定完了。

Galaxy S8でもう1つ厄介なのがボリュームボタンの下にある「Bixby」用のボタン。
Bixby自体が使い物にならない上、無効にすることもできないので、仕方なく「Bixby Remapper」というアプリで再設定。

カメラ起動など他の操作にハードボタンを割り当てることができるアプリで、単に無効化することも可能。

NexusやEssential Phone、Android Oneなどと比較すると、プリインストールされているアプリが多いのも難点だが、外部メモリも利用できるので、Gear VRとゲーム専用機としては、なかなか良いデバイスだと思う。






買い物ノート

Essential Phoneを輸入

2017/10/17 2018/03/15更新 期待していたPixel2が日本未発売のため、良くも悪くも話題になったEssentialPhoneを入手することにした。 Pixel2の発表直前に顧客情報が漏洩し、ただでさえ … 続きを読む

HTC Android One X2に機種変更

2018/03/01 Yモバイルで取り扱っているHTCのAndroid One「X2」。 Android Oneなのに6万円オーバーの価格で、スペックもハイミドルレンジなどと取り沙汰されたモデル。 指紋認証やエッジセンス … 続きを読む

HP ENVY 13-ad000 (Core i3 7100U)を購入

2018/02/28 鞄の中に放り込んでおける薄型・軽量のモバイルPCが突然欲しくなったので、13インチ以下のモデルを物色したら、ASUSのZENBOOK、HPのENVY、EliteBook Folio、EPSONのEn … 続きを読む

Galaxy S8とGear VRを輸入

2018/01/16 Samsungのデバイスは個性が強すぎてあまり好きではないが、Gear VRを利用するためにはGalaxy S6・S7・S8のいずれかが必要なので、Gear VR欲しさにGalaxyを購入することに … 続きを読む

Amazon Fire HD 8を購入

2017/07/13 7月10日に実施されたAmazonのセール「プライムデー」で、Amaozn Fire HD 8が5,980円になっていたので衝動買い。 プライム会員ならクーポンコードで常時4000円引きらしい。 2 … 続きを読む