HP Pavilion x2 10-j000のリカバリー


HP Pavilion x2 10-j021TUに不具合が発生し、HPへ返送してマザーボードを交換。
戻ってきたマシンは当然ながら初期化されており、HPというアカウントが作成されていたので、取り敢えず初期化してみた。

HP Pavilion x2 10-j000は、わずか32GBしか記憶領域がないにも関わらず、10GB近くのリカバリー用の記憶域を保持している。

pavilion01そのためシステム領域を差し引くと、実際に使用できる空き領域は14GB程度になっている。
リカバリー用の領域(HP Recovery Partition )は非表示になっており、Recovery Managerという専用ソフトを使用してアクセスする。

工場出荷状態へリストアするには、HP Pavilion x2 10-j000の状態によって方法が異なってくる。



正常に動作する場合

HP Pavilion x2 10-j000にはHP Utility Centerというユーティリティソフトがプリインストールされており、タスクバーにピン止めされているHPのアイコンをクリックすると起動する。

pavilion02

Utility Centerの「HP Recovery Manager」をクリック。

Pavilion12

Utility Centerをアンインストールしている場合は、メトロデザインの「アプリ」から「HP Recovery Manager」を選択。

pavilion03

Recovery Managerのメニューが開くので、「HP回復環境」をクリック。

pavilion04

「OK」をクリックすると再起動してリカバリーモードに入る。

Recovery Managerでの手順

1.メニューの選択 → 「システムの復元」を選択

2.バックアップの選択 → 「ファイルをバックアップしないで復元する」にチェックを入れて「次へ」をクリックすると、リカバリー処理が開始する。
一応、バックアップすべきファイルが無いか、確認するためにも推奨の「最初にファイルをバックアップする」を選択したほうが無難。

3.バックアップの「自動選択」と「ユーザー選択」を選択。
「自動選択」の場合は、画像ファイル、音楽ファイル、動画ファイル、Office系ファイル、メールや「お気に入り」などがバックアップされるが、ディスク内をスキャンしてバックアップファイルを作成するので結構時間がかかるので、ファイルが整理されているなら「ユーザー選択」で必要なファイルのみを選択したほうが良いかも。

4.「ユーザー選択」の場合は圧縮するかしないかを選択

5.「ユーザー選択」の場合は「ファイルを参照」をクリックしてバックアップする任意のフォルダやファイルを選択。
ファイル選択はツリー階層で表示されているフォルダやファイルにチェックを入れて「OK」をクリックするだけ。

6.「自動選択」「ユーザー選択」ともバックアップの保存場所の選択。
USBフラッシュメモリなどを接続すると、自動認識して表示されるので、メディアを選択して次へをクリックし、バックアップする。

7.バックアップが完了したら初めの画面に戻るので、「ファイルをバックアップしないで復元する」にチェックを入れて「次へ」。
OSが工場出荷状態にリセットされる旨の注意画面が表示され「次へ」をクリックするとリカバリー作業が開始する。

8.完了したらWindows8の初期設定画面が表示されるので、言語やPC名、ユーザー名などを入力して終了。

OSが起動しない場合

初期化しようと思う場合は何らかの不具合が発生している場合がほとんど。
ただ、HP Recovery ManagerはOSが起動していなくても、タブレット起動時に直接立ち上げることが可能になっている。

HP Pavilion x2 10は起動時に「HP」のロゴが表示されるので、その数秒間に「F11」キーを押す。Recovery Managerがうまく起動しない場合は、再起動を選択し、シャットダウンしたと思ったらHPのロゴが出るまでF11を連打。

Recovery Managerが起動したら、後は前述の手順通り作業を進めていくだけ。

OSもRecovery Managerも起動しない場合

この状態はハードウェアに不具合が発生している可能性が高いが、Pavilion x2 10の電源を入れた直後にF10を連打し、BIOSが起動したらリカバリメディアを使用してブートして、リカバリパーテーションを再構築後にリストアという手順になる。
ただし、この操作は事前にリカバリメディアを作成していることが大前提となる。

リカバリメディアは4GB以上のUSBフラッシュメモリなどのリムーバブルメディアを用意し、正常動作時にRecovery Managerを使用して作成する。

BIOSが起動しない場合はCPU、メモリ、マザーボードなどの不具合が考えられるが、Pavilion x2 10は自力で修理するよりもHPのサポートに連絡したほうが賢明。





買い物レビュー

HP Pavilion x2 10-j021TUを購入(Atom Z3745D)

2015/2/15 タブレットの手軽さ、ノートPCの使い勝手を合わせ持つ 2in1 PCの理想はASUS TransBookT100TAの厚かろう、重かろう、で見事に裏切られた。 が、性懲りもなく、再び食指が動いてしまっ … 続きを読む

Windowsのセットアップと設定

Windows10への無償アップグレード方法

2017/07/12 2017/11/28更新 2016年7月29日に終了したWindows7・Windows8(8.1)ユーザーに対する無償アップグレードは、その後「「障碍者向け支援技術製品をご利用のお客様向け Win … 続きを読む

ダイナミックディスクとRAID

ダイナミックディスクはWindows2000から実装されたWindows独自のディスク管理形式で、パーティションの制限を受けず、複数のドライブをまたいだスパンボリュームや、RAID 0のストライプボリューム、RAID 1 … 続きを読む

ベーシックディスクとパーティション

ハードディスクのディスク管理には、ベーシックディスクとダイナミックディスクがあるが、パソコンを購入した時点、もしくは普通にWindowsをクリーンインストールした場合、ハードディスクやSSDは「ベーシックディスク」になっ … 続きを読む

Remix OSのインストールと設定

Androidをパソコン用にした「Android-x86」を進化させ、よりパソコンに適した仕様にしたものがRemix OSで、マルチウインドウでAndroid用のアプリが動作する。 GoogleのChrome Bookに … 続きを読む

RAIDの設定

RAID(Redundant Arrays of Inexpensive Disks)は「レイド」と読み、直訳すると「安価なディスクの冗長配置」。 冗長とは良く言えば「余裕」、悪く言えば「無駄」のことで、「システム障害に … 続きを読む