HTC Android One X2に機種変更

LINEで送る
Pocket

2018/03/01

Yモバイルで取り扱っているHTCのAndroid One「X2」。
Android Oneなのに6万円オーバーの価格で、スペックもハイミドルレンジなどと取り沙汰されたモデル。
指紋認証やエッジセンス、ハイレゾも実装していて、機能面ではかなり充実している。



スペック

SoC Snapdragon 630
RAM 4GB
ストレージ 64GB
ディスプレイ 1920 x 1080
バッテリー 2600mAh
大きさ 149mm x 73mm(5.2inch)
重さ 142g
SIM NanoSIM x 1
OS Android 8.0

防水防塵はIP67なので、完全な防塵と、一定時間(30分)水深1mのに水没しても浸水しない程度の防水。

良くも悪くもHTCのフラッグシップモデル「U11」の廉価版的なモデルだが、ハイミドルとは言え、上位機種でも対応しているモデルが少ないハイレゾをサポートしているのは特徴的。

主な用途が通話とミュージックプレイヤーなので必要十分かと思いきや、予想以上にサクサク動く。
購入当初は電波状態に関係なく、通話中に音声が聞こえなくなったり、相手に届いていない事があったものの、3月1日の更新で不具合は解消されている。

Androidのバージョンは8.0の「Oreo」。
デフォルトのランチャーは「Launcher3」で、Google Nowランチャーは未対応。

エッジセンスは使用頻度の高い操作やアプリを登録できて便利なのだが、ハードケースを付けると、結構な力で握らないと反応せず、握りすぎて長押し状態になってしまったり、慣れるまでが微妙だったりする。

ベンチマーク

Geekbenchでおもしろい結果がでた。

シングルコアのスコアは下位モデルのSnapdragon617と僅差なのに、マルチコアのスコアはSnapdragon820を上回っている。

Android Oneはもともと低価格で純粋なAndroidと同様なサポートを受けられるというコンセプトだったはずだが、Pixel2が国内未発売の中、「X3」や「X2」などのハイスペックなAndroid Oneは貴重なモデルだったりする。





買い物ノート

Oculus Go を個人輸入

スマホやPCが不要なスタンドアローンのヘッドマウントディスプレイ(HMD)「Oculus Go」。 Gear VR+Ga … “Oculus Go を個人輸入” の続きを読む

ソケットAM3+のMBを個人輸入

AMDはRyzenでソケットAM4へ移行し、すでに過去の製品になってしまったソケットAM3+。 未だにAMD FX-83 … “ソケットAM3+のMBを個人輸入” の続きを読む

Cooler Master Mastercaseのオプションを輸入

2019/02/16 Cooler MasterのPCケース「Mastercase 5」シリーズは、カスタマイズできるの … “Cooler Master Mastercaseのオプションを輸入” の続きを読む

低周波治療器 エレパルスと薬湯

2019/02/13 寄る年波には勝てないのか、「ぎっくり腰」の一歩手前といった感じで腰を痛めてしまった。 とりあえず前 … “低周波治療器 エレパルスと薬湯” の続きを読む

スマートウォッチ Withings Steel HRのレビュー

2018/11/26 以前から気にはなっていたものの、今ひとつ物欲が掻き立てられなかったのがスマートウォッチ。 日常的に … “スマートウォッチ Withings Steel HRのレビュー” の続きを読む





LINEで送る
Pocket