Huawei・ZTEの使用禁止法案が米議会に提出


2018/01/14

アメリカで中華メーカーの締め出しが加速している。

過去にはLenovoのPCにはバックドアが仕組まれている可能性が指摘され、実際に一部のモデルではプリインストールされたアプリの脆弱性で、個人情報の流出や遠隔操作が可能になっていたこともあったが、今回の標的はHuaweiとZTE。

政府契約企業のHuawei、ZTEの機器の使用禁止法案、米議会に上程



電話を発明したグラハム・ベルが立ち上げた会社が起源でもある、アメリカ電話会社最大のAT&TがHuaweiの端末発売をドタキャンしたのは、政府機関にHuaweiとZTEのテレコム機器を使用した企業の利用を禁止する法案が提出されたことと無関係ではないと思われる。

もともと中国製のデバイスからバックドアが発見されたニュースは枚挙に暇がなく、2015年には中国政府がGoogleやAppleなどのIT企業に対し「ソースコードの開示」「監査の受け入れ」「ハードウェア・ソフトウェア双方にバックドアの設置」を求めている。

貿易上の重大な障壁–米政権、中国政府の新サイバーセキュリティ規制を批判

2016年には更にハードルが上がり、利用者を監視するよう要求。

アップルに利用者監視義務 中国政府が新たなスマホ規制

ネットは検閲され、未だ天安門事件関連の記事にはアクセスできず、「ネット犯罪対策」という大義名分のもとでユーザーを監視している国なので、いくら使用しているのはGoogleが開発したAndroidだと力説したところで、全く説得力がない。

そもそもHuaweiもZTEもBLUも、バックドアを仕組んだ「Shanghai ADUPS Technology」のファームウェアを利用しており、端末の情報が中国に送信されていたことが2016年11月に発覚している。

Androidスマホの中国製ファームウェアにバックドア、中国サーバーに情報を送信

アメリカの対応は中国企業に限ったことではなく、2017年9月にはロシアのセキュリティベンダー「カスペルスキー」がアメリカ政府の槍玉に上がり、スパイ行為に使用された形跡も証拠なく、米政府での使用が禁止された。

疑心暗鬼なのか、転ばぬ先の杖なのか。。。

米政府のカスペルスキー製品使用禁止で、プーチンが反撃開始?

カスペルスキーはともかく、HuaweiもZTEもバックドアに関しては前科もあるので、今回の締め出しは理不尽というわけでもないが、中国だけでなく、アメリカもロシアも監視しまくっているようなので、ある意味で同族嫌悪なのかも。

その点、国内企業の情報漏洩には厳しく、海外、特に中国・韓国あたりのバックドアや情報漏洩に関しては、海のように広い寛大な対応をする日本では、UQ Mobile、楽天モバイルに続き、auがHuaweiの取扱を始めるらしい。






トピックス&コラム

キャッシュレス決済の普及と問題

2018/08/18 ここ数年でやたらと「キャッシュレス化」が話題になっている。 しかも、そのニュースの大半は「キャッシュレス化が普及していない日本が遅れている」と煽るような内容だったりするが、個人的には妙な違和感がある … 続きを読む

FacebookとGmailのプライバシー問題

2018/07/08 性格診断アプリで収集された個人情報が、英国の選挙コンサルティング会社「ケンブリッジ・アナリティカ」に横流しされていることがリークで発覚した事に端を発したFacebookの情報漏えい問題は、その後、A … 続きを読む

Coinhiveの問題

2018/06/15 いま話題のCoinhive。 16人が摘発、3人が逮捕されている。 他人PCで仮想通貨「採掘」=サイト閲覧者に無断で-16人を初摘発・警察当局 すでに賛否両輪、様々な意見が噴出しているが、家宅捜索を … 続きを読む

闇サイト(ダークウェブ)とは

2018/06/07 COINCHECKで発生した仮想通貨NEMの流出問題で、その流出NEMがダークウェブのサイトで全て他の仮想通貨に交換され、ダークウェブが注目されたと思ったら、今度はダークウェブ上に児童ポルノ画像を公 … 続きを読む

Synergy2がBeta版に引き戻し

2018/05/24 2018/06/01更新 Synergy1から大きく進化したSynergy2は、インストールするだけで複数のPCを1組のマウスとキーボードで操作が可能になる。 ただ、使い込むと少々難があり、日本語環 … 続きを読む