KickstarterでバックしたSuperScreenは詐欺だった模様


2017/12/21
2018/01/05更新

ちょうど買って2ヶ月のZenFone3 Deluxeを保護ケースなしの状態で落としたとき、グッドタイミングでKickstarterに掲載されていたのが、スマホと無線接続するタブレットサイズのタッチスクリーン「Super Screen」。

これがあれば液晶にヒビが入ったZenFoneでも快適に操作できる、はずだった。。。。



この製品、予定では2017年12月に出荷だった。
まだ12月中旬なので月末までに発送される可能性もゼロではないが、限りなくゼロに近い。。

開発者が最後に進捗をアップデートしたのは2017年10月初旬。
「Pilot Update」というタイトルで、ユーチューブにアップされたスマホと連動するSuperScreenのデモ動画のリンクが付いていた。

プロジェクトが何らかのトラブルで開発が遅れ、進捗状況のアップデートが遅れることもあるが、それでもバッカーが騒がないよう、少なくても月に1度くらいのアップデートはある。

で、案の定、世界中のバッカーが騒いでいた。(笑)
まぁ、すでに支払い済みなので笑っている場合ではないのだが。。。

バッカーのコメントで目立つのが「2012年10月の利用規約に記されているバッカーの権利」を主張するもので、「開発者がバッカーの要求を満たしていない場合は返金する必要がある」と記されてるが、残念ながら現行の利用規約には該当項目はない。

現行の利用規約には、開発者がプロジェクトを完成できなかった場合、バッカーに対してプロジェクト未完の原因、資金の使途、残資金の按分などが義務付けられており、契約に違反するとバッカーから法的責任の追求をうけることがある、となっている。

更に、Kickstarterは出資金の返金は行わないことも明記されている。

つまり、開発者がトンズラした場合、バッカーは自ら開発者を訴える必要があり、それに関してKickstarterは一切関与しないということ。

Kickstarterは買い物ではなく、あくまで投資なので、失敗したら資金は消える。
株式を購入して値下がりするのと同じ。
だからバックする場合は慎重に選ぶか、届いたらラッキー的な心構えが必要。

ただ、今回のSuperScreenに関しては対応が不味すぎる。
それなりに見栄えのするサイトも作成されているものの、こちらのコミュニティも最後の更新は数ヶ月前。

本当にプロジェクトが存在し、10月くらいまでは進行していたが、何らかの問題があってバックレたのか、はじめから計画的な詐欺だったのかは不明。

プロジェクトが頓挫して資金が戻ってこないのは仕方ないが、この製品は欲しかったなぁ。。。

と、思っていたら、なんと年明けに進捗が更新された!

出荷は2018年12月を予定しているらしい。。。
完全にバッカーをナメてる。

これでSuperScreenが詐欺だったことは明白になった。

プロジェクトが頓挫するのは仕方がないと思うが、詐欺に引っかかったと思うと非常に腹立たしい。
年明け早々、ちょっと不愉快だったりする。






トピックス & コラム

YouTubeからの絶縁状

2018/01/20 富士の樹海で自殺者の遺体をネットにアップしたユーチューバーに世界中から非難が殺到し、YouTubeがそのユーチューバーと提携を解除したのが1月10日。 あまりYouTubeは見ないのだが、日本でもユ … 続きを読む

Huawei・ZTEの使用禁止法案が米議会に提出

2018/01/14 アメリカで中華メーカーの締め出しが加速している。 過去にはLenovoのPCにはバックドアが仕組まれている可能性が指摘され、実際に一部のモデルではプリインストールされたアプリの脆弱性で、個人情報の流 … 続きを読む

CPUの脆弱性 MeltdownとSpecter

2018/01/11 新年早々、世間を騒がせているのが「メルトダウン」と「スペクター」。 「炉心溶融」と「幽霊」という物騒な名前が付けられたのはCPUの脆弱性で、これらを悪用されると通常はアクセスできないメモリ領域から、 … 続きを読む

KickstarterでバックしたSuperScreenは詐欺だった模様

2017/12/21 2018/01/05更新 ちょうど買って2ヶ月のZenFone3 Deluxeを保護ケースなしの状態で落としたとき、グッドタイミングでKickstarterに掲載されていたのが、スマホと無線接続する … 続きを読む

国内のAmazon Drive 容量無制限が終了

2017/11/22 日本に先駆けてAmazon Driveの容量無制限プランを展開していた米国Amazonが、要領無制限プランを終了したのは2017年6月。 それから約半年、ついにとう言うか、やはりというか、日本の容量 … 続きを読む