Loakeのカントリーブーツを輸入


2015/11/06

英国の中堅靴メーカー Loakeの靴が輸入できなくなるらしい、ということで、以前から目をつけていたカントリーブーツを購入。
今回も英国のHERRING SHOESを利用したのだが、珍しくグダグダな感じになった。
まず当初に注文した物に在庫がなく、3週間待ちだという内容のメールが届いたので、別のカラーで代替を依頼。
ここまではよくあるケースなので特に問題はないのだが、注文内容が変更された後、変更したカラーの靴が4週間待ちというメールが届き、その翌日に商品出荷メールが届いた。
HERRING SHOESは注文履歴で出荷状況を確認できるので、該当の注文を見てみると2足とも出荷済みになっている。
以前も宛名違いのメールが届いたくらいなので、今回も誤送信かと思っていたが、届いた商品は1足だけ。
結局、代替え品は在庫切れだったのでキャンセルし、改めて当初注文していた商品と値下げされていたスエードのカントリーブーツを注文。同時発送でお願いしたのだが、スエードのブーツだけが先行して出荷される始末。
こちらの問い合わせに対してのレスポンスが早く、キャンセルも迅速に処理されるので、ヘリンシューズ自体は信頼しているのだが、今回に関しては随分と残念な感じ。
Loake002
今回購入したのはLoakeの最上位モデル 1882Anniversary のLoake Burford  brogue。
カントリーブーツの定番 TrickersのStowやMaltonと比較すると、クオリティは断然Trickersの方が上だが、価格はTrickersの6割り程度なので、良くも悪くも価格相応といった感じ。
ちなみに普段履きなのでソールは革ではなくダイナイトソール(Dainite)を選択。
Loake001
意外と良かったのがセールで30%OFFになっていたスエードのブーツ。
カラーが掲載されていた写真よりもやや薄めだが、Burfordよりも高級感があったりする。
こちらもソールはダイナイト。



 購入価格と輸入コスト

HERRING SHOESのサイトでは日本円での価格表示がされているので、ある程度の目安になるものの、あくまで「approx(およそ)」の価格なので、実際に支払う金額とは大きく異なってくる。
Loake2
今回のBurford brogueは購入時の表記が日本円で「36,322円」。
GBP(英ポンド)では商品が£195.83、送料£20で、合計£215.83。
購入時の取引実勢レートの終値は£1=185.83円なので、代金の目安は40,107円。

関税と消費税

個人輸入の場合、課税標準価格は小売価格の60%なので、£195.83 x 0.6 = £117.498
レートは財務省の課税価格の換算linkに記載がある。
サイトに記載がある通り、関税のレートは「輸入申告日が属する週の前々週の実勢取引の平均値なので、商品の到着時期によりわずかだが数字が振れる。

申告日のレートは£1=183.77円。
課税標準価格は117.498 x 183.77 = 21,592円。
課税標準価格は1000円未満切り捨てなので21,000円。
革靴の関税率は30%。
21,000 x 0.3 = 6,300円。
課税標準価格が10,000円を超えているので、内国消費税と地方消費税が加算される。
消費税は課税標準価格に関税を加算した合計金額から1000円未満を切り捨てた値の8%で、内訳は内国消費税6.3%、地方消費税1.7%。

内国消費税は27,000 x 0.063 = 1,701円
地方消費税は27,000 x 0.017 = 459円
合計2,160円。

消費税は100円未満切り捨てなので2,100円。
革靴の関税は課税標準価格の30%か4300円の高い方がかかってくるため、今回の関税額は6300円。
消費税が2100円で、DHLの立替納税手数料が1,080円加算されるので、商品代金と送料以外のコストは9,480円。
Loake003
実際に自宅へ商品を届けに来たのは佐川急便で、荷物の受け取り時に関税+消費税+立替手数料の合計9,480円を支払うことになる。

Loake004
購入当日の仲値(TTM)は1£=184.14円だったが、今回はPayPalで支払いをしたのでレートは手数料などが含まれるため1£=192.17円になり、請求金額は41,476円。
結局、 Loake Burford brogueの費用は総額で税込50,956円。
スエードのLoake Winchesterの費用は総額で税込34,557円。

さすがに30%OFFになっていたLoake Winchesterはお得感があるものの、Burfordはプロパーなだけに少々微妙。
ただ、11月1日以降にLoakeの靴を購入しようとすると、「Loake Shoes Ltd no longer allow us to sell Loake shoes to Japan.」と表示されるようになったので、個人輸入ではこれが最後のLoakeになった。





個人輸入の手引き

米国Amazonで購入

国内のAmazonと同様で、米国のAmazonもAmazonが直接販売している商品と、Amazonに出店している店舗がある。 Amazonで個人輸入する際にネックなのが現地法人の存在。基本的に現地法人が存在する企業の商品 … 続きを読む

英国製の高級靴を直輸入

チャーチ(Church’s)、チーニー(Cheney)、トリッカーズ(Trickers)など、クラシカルで頑強な英国靴は日本でもかなり人気。 個人的にはデザインを優先させたものより、作りがしっかりしているもの … 続きを読む

Rockyのワークブーツを直輸入

以前、米AmazonでRockyのタクティカルブーツを購入した際、Rockyも公式サイトでも海外発送を行っていることを知ったので、今回は直輸入してみた。 Rocky 公式サイト Rocky Brands株式会社は米オハイ … 続きを読む

KICKSTARTERで製品開発を支援

Kickstarterは近頃よく耳にするようになったクラウドファンディングサイトで、開発者が資金調達するための手段で、「投資型」「寄付型」「購入型」の3タイプが存在する。 「投資型」は出資に対して金銭によるリターンを目的 … 続きを読む

個人輸入の基礎知識

個人輸入に抵抗がある人にその理由を聞くと、「注文した商品が届かなかったら」「注文した商品が破損していたら」などの回答が多い。 当然と言えば当然の回答で、同様に国内外を問わずクレジットカードの使用にも躊躇する傾向があり、言 … 続きを読む

個人輸入レポート

Essential Phoneを輸入

2017/10/17 期待していたPixel2が日本未発売のため、良くも悪くも話題になったEssentialPhoneを入手することにした。 Pixel2の発表直前に顧客情報が漏洩し、ただでさえ微妙な評価が多いEssen … 続きを読む

ZenFone 3 Deluxe を輸入

2017/02/01 2017/04/01更新 Google謹製 ハイエンドスマホ「Pixel」の国内販売に淡い期待を持ちながら待っていたものの、有力視されていた年末商戦も見送られ。 海外からの入手も考えたが、品薄のため … 続きを読む

KickstarterでRemix OS 搭載のHybrxを支援

2016/12/28 2016年7月初めにKickstarterでRemix OSを搭載した11.6インチのモバイルPC 「HYBRX」が話題になり、好奇心でポチってしまった。 中国の半導体メーカーAllwinnerの製 … 続きを読む

コマンドソールのTrickers Stowを輸入

2016/12/06 史上最低と言われた米国大統領選は、番狂わせでトランプ氏が勝利した。 市場は現金なもので、選挙中にトランプ氏が優勢になると下がっていたものが、選挙後の対応から期待感が高まり上昇に転じた。 と、いうわけ … 続きを読む

トリッカーズのカントリーブーツを輸入

2016/10/18 ポンドが安値で安定し始めているかと思ったら、10月7日に瞬間暴落(フラッシュ・クラッシュ)が起きた。 結局、当日は1ポンド129.798円で始まり、一時117.821円の安値を付け、終値は少し戻して … 続きを読む