音楽MP3を激安ダウンロード


国内で販売されているMP3は何故かCDとほとんど同じ価格。
同じデジタルでもCDは無圧縮のリニアPCM音源なのに比べ、当初販売されていたMP3は198kbps~256kbpsが主流の圧縮音源で、中には128kbpsと音質が微妙なものもあったりした。

Amazonを見てみると国内と海外では同じアルバムでも価格設定が異なり、国内で1曲250円のものが米国では1.29ドル。レートにもよるが半額まではいかないものの、2曲分の価格でで3曲ダウンロードできる感じ。
解説書も和訳した歌詞カードもないのに、ダウンロードする場所が異なるだけで同じファイ ルの価格が跳ね上がる。
米国Amazonから直接MP3をダウンロード購入することはできず、ダウンロードするためにはIPアドレスや言語設定、タイムゾーンなど地域の偽装が必要になって非常に面倒。

MP3のみならず海外と比較すると、JA◯◯ACがいい仕事をしているためか、国内の楽曲は異常なほど高い。
そんな理不尽さを感じていた時に見つけたのが海外激安サイト。

邦楽は調べたことがないので分からないが、洋楽であれば国内の販売サイトよりもラインナップが豊富で、HRやメタルに関して言えば国内の販売サイトとは比較にならないほど楽曲が多い。
また、ダウンロードしたファイルにはDRM(デジタル著作権管理)が付いていないため、無制限にコピーが可能だったりする。



この手のダウンロードサイトは、予め指定した金額をチャージして、チャージした金額分だけファイルをダウンロードできるという仕組みになっており、チャージする金額が多いほどボーナスが加算され、ダウンロードできるファイル数が増加する。

仕組みを見れば分かる通り、事前にチャージするので、サイトが閉鎖すれば泣き寝入りするしか無い。また、決済にPayPalが使用できればよいのだが、中にはクレジットカードのみのサイトもあり、利用する際のリスクもある。

クオリティの高いGolden MP3

もともとロシアのサイトで「GoMusicNow」と「Legal Sounds」をメインに利用していたのだが、「Legal Sounds」は2009年に閉鎖し、「GoMusicNow」も2013年に閉鎖した。

在りし日のGoMusicNow。サイトの閉鎖は突然やってくる。
どちらのサイトもMP3のクオリティは特に問題なく、普通に利用していたのだが、サイトが閉鎖した際にはチャージしていた分の残金を損失している。
ただ、閉鎖までにダウンロードしたファイルを国内サイトで購入したと考えれば、不思議と腹も立たなかったりする。

「GoMusicNow」のサーバが突然ダウンした際には、全世界のユーザーがざわついて、掲示板などに悲痛な書き込みが溢れたのだが、その中に「Go Music Now はGolden MP3として再起している」という情報があった。

早速確認してみると、サイトのデザインは異なるものの、何となく似ている気もするサイトで、GoMusicNowと大きく異なるのは、ほとんどのMP3のビットレートが320kbpsになっていること。

支払いにはPayPalが利用できるので比較的安心。

MP3のダウンロードサイトでは老舗の「MP3 EAGLE.COM」のほか、「MP3 VA.com」や「MP3 Fiesta.com」などあるが、この3サイトは見た目こそ違うものの、共通点が多く見受けられるので、元は同じなのかも。
これらのサイトのうち「MP3 EAGLE.COM」を利用しているが、ビットレートが198kbpsを下回るものもあれば、曲が終わっても無録音部分が1分程度続いたり、アルバムと無関係の曲が続けて入っていたり、曲にノイズが入っていたりと、しばしば残念な感じのファイルを掴まされる。

それに比べGolden MP3のクオリティは非常に高い。
ニューアルバムのアップも比較的早く、メタルに関してはデビューしたばかりのバンドまでアップされているので、いわゆる「ジャケ買い」で新しいバンドを発掘する楽しみもある。
1枚2000円ほどのアルバムならジャケ買いも慎重になるが、1枚200円以下なら気になったバンドを臆すること無くダウンロードできたりする。

ただ、「Goldenmp3」が今後も安全だという保証はどこにもなく、実際にアクセスした際に「502 Bad Gateway」と表示されることがある。

「502 Bad Gateway」とは、サーバ間のネットワークエラーで、ユーザーは回復を祈ることしか出来ない。

GoMusicNowと同様、Golden MP3もロシアのサイトで、その合法性は現在でも議論されているものの、「ロシア国内であれば合法」という建前で、ロシア国外での合法性には触れていない。
国内向けの合法サービスを提供していたら、海外から勝手にやってきて利用するユーザーがいる、というのが表向きの主張らしい。

ただ、過去にはIFPI(国際レコード・ビデオ製作者連盟)が著作権侵害をモスクワ当局に訴え、当局の圧力によりAllOfMP3というダウンロードサイトが閉鎖に追い込まれている。

国内での利用に関しては「違法ダウンロード」に抵触するのか微妙なところ。
アップされているファイルが合法であれば、「違法ダウンロード」の対象にはならないので、ロシア国内でサイトの合法性に決着が付くまではグレーゾーン。

利用する場合はリスクが高いことを認識の上、自己責任でどうぞ。






レポート

悪質なリダイレクト広告

2017/11/29 先日、GoogleはChromeでリダイレクトを規制する機能の追加を発表したが、当サイトも一時、悪質なサイトへリダイレクトされる現象に悩まされた。 リダイレクトの原因は掲載している広告。 最近、当サ … 続きを読む

NetDrive2がVer2.6.19でDropboxの接続問題を解消

2017/10/19 2017年9月末頃に発生したNetDrive2のDropbox接続問題は、10月12日にリリースされたバージョン2.6.19で解消した。 NetDrive2がインストールされた環境であれば、自動アッ … 続きを読む

Synergy2.0 Betaのスニークピーク

1組のキーボードとマウスを、複数台のOSの異なるパソコンで共有できる優れたユーティリティソフト「Synergy」が更なる進化を遂げようとしている。 と、言っても現在はテスト段階で、ベータ版の状態。 先日、Synergyの … 続きを読む

NetDrive2でDropboxが接続できない現象が発生中

2017/09/29 2017/10/02 2017年10月2日現在、NetDrive側のコメントではDropboxのAPIに関する問題らしく、解決には時間が掛かるとのことで、NetDrive3トライアルバージョンの試用 … 続きを読む

さくらインターネットからXServerへお引越し

2017/09/24 9月11日から「Service Temporarily Unavailable」が表示される503エラーが頻発するようになった。 11日は「Kaspersky Freeのインストールと使い方」をアッ … 続きを読む