組立に必要な工具

パソコンを自作するには様々な工具が必要な気もするが、不可欠なのは「プラスドライバー」のみ。もちろん100円ショップで販売している物でもOK。
ただ、工具の良し悪しで作業効率が大きく変わるのも事実なので、他の工具はともかく、自作する際のプラスドライバーだけは、それなりに良い工具の使用をオススメ。




必須の工具

一口にプラスドライバーと言っても、先端の細さや強度、グリップの形状・素材など種類は色々。
PCの自作にはドライバーの先端がマグネット付きで、少々長め、更に手元で力の入りやすいボールグリップがお勧め。

プラスドライバー

マザーボードを固定する際など、短いドライバーでは力が入りにくく、作業もしづらい。また、ケー スファンを増設するなら、力が入りやすいドライバーは必須。

ドライバーの長さは好みもあるが個人的に100mmが使いやすい。
実際の制作ではNo1かNo2のドライバー1本で良いが、2本揃っていると更に使い勝手が良くなる。

あると便利な工具

必須ではないが、揃えておくと重宝する工具。
通常なら下記の道具がなくても自作パソコンは何の問題もなく組み立てられる。ただ、配線などで指先が届かない場合など、行き詰まったときに活躍するケースが多いので、揃えていても損はない。

ラジオペンチ・リードペンチ

ラジオペンチとリードペンチを両方揃えるのは贅沢だが、道具にこだわるなら両方欲しいところ。ラジオペンチが一般的だが、自作パソコンではリードペンチの方が使いやすい。

リードペンチはラジオペンチの先にギザがないものなので、その名の通り、リード線などを挟むのに 適している。同じ作業をラジオペンチで行うと、ギザの跡が付いてしまうが、リードペンチだと傷をつけることがない。
自作PCで使用する際は、ペンチで挟む対象物が小さい場合が多いため、先端の細いペンチが良い。

エンジニアのミニチュアラジオペンチとリードペンチはパソコンのパーツにとって天敵とも言える静電気を放電するESD工具。

ピンセット・ネジザウルス

ラジオペンチやリードペンチに比べると、ピンセットは使用頻度が落ちるものの、あると何かと便利。
ネジ山が潰れたネジを外すときに登場するのがネジザウルス。それ以外の用途ではほとんど使用しな い、ネジ外しに特化したツールなので結構微妙だが、外せなくなったネジを外せたときは爽快。
このネジザウルスもESD(静電気放電)工具。

マイナスドライバー・帯電防止手袋

ベッセル No220 マイナス6 100mm
パソコンの組立にはプラスドライバーがあれば事足りるが、マイナスドライバーはネジを回すだけでなく、色々な用途に使えて非常に便利。

パソコンを自作する際は、作業前に必ず金属に触れて静電気を放電しなければならないが、静電気が気になるなら帯電防止手袋がお勧め。
また、パソコン内のパーツは鋭利なものが多く、擦り傷や切り傷を作ることが多いため、この手袋は静電気対策と手の保護で一挙両得。

精密ドライバー

精密ドライバーはデスクトップPCの組み立てにはほとんど使用しないが、SSDを3.5インチ変換マウンタに固定する際など、2.5インチドライブやスリムDVDドライブなどの固定、ラップトップPCの裏蓋を外したりする場合などには必須。

精密ドライバーは小型のものが多いが、図のタイプは柄の部分が長くて使いやすい。

ケース

tools001

ケース に収めると結構立派なツールセットになる。
ただ、実際にパソコンを組み立てる際には、プラスドライバー1本とリードペンチ程度しか使用していない。

取り敢えず、道具が好きで、何事も形から入りたいなら、一通り揃えておくのもあり。

あると便利なサプライ製品

無くても全く問題はないが、あると便利なサプライ製品。

結束バンド

ケーブルをまとめるためには必須のアイテム。
裏配線にしない場合は、ケース内部のエアフローも考慮して、ケーブルはきれいに束ねておく。
セロテープや輪ゴムでは劣化が早く、またケーブルを汚すので使用は避けた方が良い。

ネジ

インチネジは3.5インチのドライブを固定の他、ケースの固定などに使用されている汎用性なるネ ジ。
PCケースに付属しているが、潤沢に用意されているわけではないので、予備として持っていると安心。

テーパーネジはケースファンの増設時に不可欠。ファン購入時に付属していることもあるが、ケース ファンを増設するなら同時購入した方が良い。

グリス

CPUからヒートシンクへ熱伝導を高めるために使用するが、最近のCPUクーラーにははとんど熱 伝導シートが貼ってあるため必要ないが、CPUの換装を行う際や熱伝導シート貼られていないクーラーを使用する場合には必要になる。
一回で米1粒程度しか使用しないため、1本あれば結構長持ちする。

CPUをグリスを塗布してCPUクーラーに押しつけ「グリグリ」するか、そのあたりの代用品を使 用すればヘラは必要ないが、一応シリコングリス用のヘラが存在する。

グリスクリーナー

CPUやCPUクーラーの換装時に使用するグリスクリーナー。
CPUの表面やクーラーのヒートシンク部分にこびりついているグリスを簡単に取り除くことができる優れもの。

自作をサポートするケーブル類

基本構成から卒業したら必要になってくるケーブル類。ケース内部の美しさにも拘りたい。

二股ケーブルはマザーボードのコネクタに差して使用するタイプなので、サイドフローの CPUファンをツインにする場合など、後1つという時にとても便利。

多めにケースファンを取り付けたいが、数千円するファンコントローラーは使用しない。それでいて回転数は少しでも制御したいというワガママをいうなら、PWM(パルス幅変調)制御付きの分岐ケーブルがオススメ。
接続するファンは全て同じ制御になるが、4ピン電源コネクタから直接電力を引くことに比べると効果的。

延長ケーブル

裏配線をする際、ケースの大きさやケーブルの取り回し方などによっては必要になってくる。

24pin主電力の延長ケーブルはほとんど使用しないが、12V4ピンケーブルは裏配線にすると必ず長さが足りないので延長ケーブルは必須。

SATA分岐ケーブル

ハードディスク1台、光学ドライブ1台という基本構成なら必要ないが、ドライブの数が増えてくると足りなくなるのがSATA電源。4ピン電源コネクタをSATAに変換してもよいのだが、手っ取り早いのがSATA電源の分岐。
特にHDDを複数台使用する際などには、SATA分岐ケーブルは非常に便利。
ただし、1本の電源ケーブルから多数の分岐を作るのは電力の安定供給に問題があるので注意が必要。

スリムラインSATAケーブル

Mini-ITXのマザーボードを使用して小型PCを作成する場合など、スリム光学ドライブを搭載する際に必要になるのがスリムラインSATAケーブル。
図は45cmだが、長すぎるとケーブルのやり場に困り、短いと使い物にならないので、マザーボードから光学ドライブまでの距離をしっかりと見極める必要がある。


自作PCの基本

自作パソコンの基本的な組立て方

自作PCはパーツの構成さえ押さえておけば、組立そのものは意外と簡単。 特に基本構成でノーマルなPCを組み立てる場合は、小難しい専門知識がなくてもできる。 どうしても先入観で難しく考えがちだが、要は所定の場所にケーブルを差 … 続きを読む

自作パソコンの基礎知識

自作パソコンの醍醐味は使用環境によってパソコンのスペックを自在に変更できるところにあり、性能、省電力、静音性、見た目、コストなどなど、市販のPCよりも、より目的に特化した仕様のモデルを構成できる。 また、CPUやメモリな … 続きを読む

組立に必要な工具

パソコンを自作するには様々な工具が必要な気もするが、不可欠なのは「プラスドライバー」のみ。もちろん100円ショップで販売している物でもOK。 ただ、工具の良し悪しで作業効率が大きく変わるのも事実なので、他の工具はともかく … 続きを読む

自作PCの製作記録

レゴのPCケース

2015/05/07 サイトのリニューアルに伴い、フリーソフトのページを刷新するため、テスト用のPCとして2010年に組み立てたAMD Athlon II X4 635 搭載のデスクトップを蘇らせることにした。 使用パー … 続きを読む

AMD Athlonll x2 245 ~ Endevor pro2500を改造

2010/07/25 2003年に購入したEpson DirectのEndeavor Pro2500が、辛うじて起動するはするものの使いものにならないくらい動作が鈍くなった。 原因は明らかにハードディスク。 ハードディス … 続きを読む