SERFASとSCHWALBEのタイヤ

LINEで送る
Pocket

2015/06/10

ブルホーン化する前に、見た目重視でGLIDEのタイヤをオリジナルの700×32からSERFASのセカ(700x25C)に変更した。
初めは見た目も乗り心地も上々だったので気に入っていたのだが、履き換えてから一ヶ月も経たないある日、職場から帰ろうとしてタイヤを確認すると完全に空気が抜けていた。

フロントタイヤを外して確認すると、5mmほどのアルミ片が突き刺さっていた。そのアルミ片を抜き取り、試しに空気を入れてみると、やはりアルミ片が刺さっていたあたりからシュゥゥゥーッと空気漏れの音がする。
タイヤを交換したばかりとは言え、これは運の問題だと、その時は思っていた。取り敢えず、パンク修理キットで応急処置をして、後日チューブのみ交換。
ところが、それからもスローパンクが毎月のように発生するようになった。
出勤時には何事もないが、帰りには空気が抜けていたり、前日の帰りには問題なかったものが、翌日になると空気が抜けていたり。
ブルホーン化した後もスローパンクは頻発した。パンクするのは常にフロントタイヤ。
通勤距離が長くなっただけに、この現象には不安を抱いていたのだが、ついに通勤途中でパンクしてしまった。

cross_begin13

タイヤには上図のような傷が至るところにある。
交換してからすでに1年経過しているので交換時期が来ていると思われるが、それにしてもSERFASのセカに履き替えてからパンクが増加した印象が強い。
SERFASのセカはトレーニングタイヤで、耐パンク性、耐久性を謳っているのだが、交換当初からのパンクを考えると微妙。

休日にツーリングへ行っているならともかく、チャリ通にとってパンクは致命的。
特に通勤時は時間の余裕を見ているものの、応急処置にもそれなりに時間が掛かるし、チャリを放置して職場に向かうとしても、近くに交通機関があるとは限らない。
通勤時にパンクした時は、職場の2kmほど手前だったので、そのまま押していったのだが、その頃からパンクへの懸念でチャリ通が億劫になり、フェードアウトする要因になった。

cross_begin12

で、チャリ通をしなくなったのは良いが、体重と体脂肪率は容赦なく増加し、体型も弛みまくってきたので、タイヤをSCHWALBEのロングセラータイヤ「マラソン」に変更することにした。

セカとの違いは一目瞭然、トレッド面が全く異なり、重量も1.65倍ある。
まるでママチャリ用タイヤのようなトレッドパターンを持っており、軽快だったSECAと比較すると走りが鈍重になったのだが、ウソのようにパンクしなくなった。
ロングセラーは伊達じゃない。
スローパンクもなくなり、空気の減りも劇的に変わったので、セカを履いていた時はチューブにダメージを受けたいたものが、シュワルベのマラソンではなくなったらしい。

marathon

軽快さよりも安定性、耐久性が求められるチャリ通にはシュワルベのマラソンはオススメ!















自転車のメンテナンスツールとグッズいろいろ

自転車 メンテナンスの基本ツール

電車と自転車を併用しているためか、我ながら長続きしているチャリ通。 一般のママチャリについては定かではないが、クロスバイクやマウンテンバイクは予想以上にタイヤの空気が減る。 タイヤの他にも自転車はワイヤーなどむき出しのパ … 続きを読む

自転車グッズいろいろ

たかがチャリ通とはいえ、やはり快適さは重要。 便利さや安全性が付加されれば、乗るのも楽しくなるし、カスタマイズすれば愛着も湧いてくる。 見た目と機能性、実用性を備えたアイテムを探すのも意外と楽しかったりする。 手頃な自転 … 続きを読む

メンテナンスとカスタマイズ

タイヤ交換 Vol.2

SERFASのタイヤSECAに履き替えてからパンクが頻発するようになり、パンクのたびにチューブ交換をする羽目になったので、我ながらタイヤ交換が早くなった。 マニュアル通りのタイヤ交換の手順で、最も手を焼いていたのがチュー … 続きを読む

チェーン交換

GLIDEに乗り始めて早2年。 相変わらず自分でチョコチョコとメンテしているので、調整は良かったり残念だったりと微妙だが、走り出しや走行中にチェーンが歯飛びするようになった。 難しい理屈は抜きにして、チェーンの歯飛びはス … 続きを読む

完全ブルホーン化

なんちゃってブルホーンにしたらブレーキに不安が残ったため、フラット側でもバーエンド側でもブレーキをかけることができる、そんな便利で都合の良いブレーキレバーはないものか、と、 ネットで検索していると、意外と簡単に見つかった … 続きを読む

なんちゃってブルホーン化

フラットハンドルは力が入りやすく、ドロップハンドルやブルホーンはロングライドやスピードの点で優っているらしいので、通勤距離が19kmになるのを機に、フラットハンドルからブルホーンバーにしようと思い立ったのだが、いろいろと … 続きを読む

シフト交換

ブレーキを交換したま では良かったのだが、交換したブレーキレバーが短く、ほんの少しブレーキがかけにくい。 「ほんの少し」なので我慢しようかとも思ったが、意外とこの「ほんの少し」は普通に乗っているとストレスになるので、思い … 続きを読む

ブレーキ交換

フロントタイヤを交換する際、本来はブレーキワイヤーを外すだけで良かったところを、不用意にブレーキ本体を外したのが運の尽き。 ブレーキの取り付け時にインナーワイヤープライヤーでブレーキワイヤーを引っ張ったら、ワイヤーが数本 … 続きを読む

タイヤ交換

タイヤが15年前の代物だったので、パンクを機に修理ではなく交換することにした。 ちなみにタイヤの交換時期は3000kmか1年が目安らしい。 いくら日の当たらない駐車場に置いていたとはいえ、15年前のタイヤで走れていたのが … 続きを読む

チャリをカスタマイズ

カスタマイズする際のパーツはピンきり。しかもステムやハンドルにはサイズもあり、通販で適当に買うとリスクが高い。ペダルなど専用工具が必要なパーツもある。 アーレンキー(六角レンチ)で簡単に交換できるのはサドルくらい。グリッ … 続きを読む

普段のメンテナンス

自転車に限らず、メンテナンスというのは結構クセモノで、どこまでするのか微妙なところもあるが、取り敢えず自分の身を守るためにも、安全に走行するできる最低限度の整備は行うべき。 普段のお手入れ 手入れと言っても大層なものでは … 続きを読む

チャリ通な日々

SERFASとSCHWALBEのタイヤ

2015/06/10 ブルホーン化する前に、見た目重視でGLIDEのタイヤをオリジナルの700×32からSERFASのセカ(700x25C)に変更した。 初めは見た目も乗り心地も上々だったので気に入っていたのだ … 続きを読む

半年ぶりのチャリ

2015/03/28 仕事の都合で昨年の11月くらいからチャリ通が止まっている。 不思議なことにチャリ通をしているときは頻繁に体重や体脂肪率をチェックするのに、チャリ通をしなくなった途端、チェックもしなくなる。 そして久 … 続きを読む

燃え尽き症候群とチャリ通再開

2013/12/06 無謀なツーリングから帰ってきて燃え尽き症候群のような状態の中、今度は通勤途中にパンクした。 空気圧などはマメに点検しているのだが、それでも起こるときは起こる。 ただ、帰りと違って出社時のパンクは洒落 … 続きを読む

調子に乗ってツーリング

2012/08/10 チャリ通を初めてから9ヶ月経ったが、雨やら会議やらでチャリ通をしているのは期間の半分くらい。 ハンドルを下げ前傾姿勢で乗っているためか、肩や腕に若干筋肉が付き、下っ腹もある程度は減っこみ、15kmと … 続きを読む

新車購入

2012/02/25 それまで全く気にしたこともなかったが、世の中、意外とクロスバイクに乗っている人が多く、他にミニベロもよく見かける。 ミニベロはともかく、クロスバイクの走りはさすがに軽快。 マッドロックに大きな不満は … 続きを読む

自転車の交通ルール

自転車の交通ルールと自転車事故

夜間の無灯火が義務とは知らず、自転車の走行路が車道だったことも知らなかったので、個人的に非常識なだけかと思ったら、そうでもなかった。 2005年の記事だが、自転車の走行路が道交法で規定されていることを知っていると答えた人 … 続きを読む