地デジ録画の基礎知識


地上波のデジタル化により、放送されるコンテンツが無劣化で複製可能になったことから、著作権を保護するため、放送されるコンテンツにはコピー制御信号が付加され、更に暗号化(スクランブル)されて配信されている。

地デジ放送がテレビやチューナーに「B-CASカード」を挿入しないと視聴できないのは、B-CASカードが暗号の解除キーになっているからで、B-CASカードでスクランブルを解除しても、コピー制御信号はしっかりとコンテンツに残っているので、録画したコンテンツの取り扱いは結構、面倒だったりする。



コピーワンスとダビング10

地デジには著作権保護対策として、「コピーワンス」というコピー制御方式(CCI)が採用されており、地デジを録画した時点で1回のコピーとカウントし、そのコピーした内容をDVDやBlu-rayなどに書き込むと、元のデー タが消失する仕組みになっていた。
コピーワンスではコンテンツの複製物は常に1つしか作られず、当然ながら孫コピーはできない。
また、書き込みの成否に関係なく、1回のムーブとしてカウントするため、書き込みに失敗すると元データが消失するので、あまりにも使い勝手が悪く、その後に暫定措置として規制を緩和したものがダビング10。

ダビング10は9回までのコピーと1回のムーブが可能で、録画した時点ではカウントされず、録画した元ファイルをコピーした時点で初めてカウントされる。
つまり録画した番組をDVDに書き込もうとして9回失敗してもファイルは残っているが、10回目で元データが消失して移動(ムーブ)する仕組みになっている。

多くの地デジ放送はダビング10で保護されているが、中にはコピーワンスで保護されたものや、録画そのものが禁止された番組もあるので、録画予約したはずなのに録画されなかったり、書き込みに失敗して元データが消失する可能性もある。

地デジ放送を録画したファイルは、別の保護技術で守られる場合に限って、移動させたりコピーが可能になっているが、機器によって対応範囲が異なっているため、取説の確認は必須。
コンテンツのコピーは、DVDやBlue-rayディスクへの出力が一般的だが、SeeQVaultやEMPRなどの保護技術に対応したデバイスであれば、互換性の問題はあるもののSDカードやHDDなどへのコピーが可能になっており、以前に比べれば録画したコンテンツは扱いやすくなっている。

CPRM・AACS

CPRM(Content Protection for Recordable Media)はコピーワンスの制御信号を持つコピーガード で、DVDに採用されている日本独自の規格。
地デジ番組の録画データをDVD-Rへ書き出すには、CPRMに対応しているドライブとCPRMに対応しているメディアが必須で、再生する場合もCPRMに対応しているプレーヤーが必要になる。
また、CPRMはコピーワンスの制御信号をもっているため、CPRMで保護されたDVDの内容をコピーすることは基本的にできない。

違法行為になるが「CPRM Decrypter」「relCPRM」などのCPRMの解除ツールを使用すれば、CPRMで保護されたDVDの保護を解除して、編集可能なMPEG2ファイルにすることが可能。
ただ、改正著作権法が施行された2012年10月以降、解除ツールを公開していたサイトの閉鎖が相次ぎ、今では入手困難で仮に入手できたとしてもマルウェアに感染している可能性が非常に高い。

CPRM Decrypterの使い方

地デジを録画してDVDにコピーすると、CPRM(Content Protection for Recordable Media)という日本独自の保護がかかる仕組みになっている。 CPRM Decrypterは著作権法が改 … 続きを読む

Blu-rayの場合はCPRMに代わってAACS(Advanced Access Content System)によって保護されており、DVD同様に通常であればBlue-rayに記録された内容はコピーできない。

Blu-rayリッピングの基礎知識

Blu-rayはDVDの後継となるメディアで、DVDと同じ大きさのディスクにDVDの5倍超になる25GBの容量を記録することができる。 もともとDVDはアナログからデジタルの過渡期に誕生した規格なので、画素数が720 x … 続きを読む

CPRMは日本独自のガラパゴス仕様なので、CPRMの解除に対応しているリッピングソフトの入手は困難だが、AACSは現在進行系の世界的に使用されている規格のため、「RedFox AnyDVD HD」や「Leawo Blu-ray変換」、「DVDFab10」など有料のAACS解除ソフトが存在している。
当然だが、保護がかかっている以上、それを解除する行為は著作権法30条2項の「技術的保護手段の回避」に抵触するので違法。

著作権法と違法行為

違法ファイルとは著作権法に抵触しているファイルで、俗に「割れ(Warez)」と呼ばれる不正コピーしたものを指す。 著作権法では「私的利用での複製」は認められているが、複製したものをファイル共有ソフトやオンラインストレージ … 続きを読む

メディアの録画用とデータ用
DVD-Rには「データ用」と「録画用」の2種類あり、いつの間にかCPRMに対応しているものが「録画用」になっているが、もともとは違っていた。
まだアナログ全盛だった1992年の著作権法改正によって導入された「私的録音録画補償金制度」は、デジタルで録音や録画する場合に一定の補償金を徴収し、著作物の権利者へ還元するというもので、デジタルの録画機器を始め、1998年にはCD-R、RWで「データ用」と「音楽用」が、2000年にはDVD-R、RWも「データ用」と「録画用」が販売されるようになった。
データ用も録画用も実質的には同じもので、補償金が上乗せされている分だけ録画用のほうが価格が高くなっていた。
その後、地デジへ以降しデジタル全盛の時代に突入すると、コピーワンスやダビング10によって私的複製が制限されることになり、東芝が私的録音録画補償金の支払いを拒否。
訴訟は最高裁までもつれ込んだものの、2012年11月に東芝の勝訴が確定し、各メーカーがこぞって補償金の支払いを止め、これを機にDVDなどのメディアに上乗せされていた私的録音録画補償金もなくなった。

補償金を管理していたSARVH(私的録音補償金管理協会)は財源を失い破綻、2015年3月末に解散している。

地デジの画質と録画サイズ

日本の地デジ放送は2003年に開始されているため、使用されているコーデックはDVDと同じMPEG2。
各メーカーから販売されているHDDレコーダーも基本的にMPEG2形式で保存されるが、用意されている各モードによって再エンコードされる。
MPEG2 やMPEG4は非可逆圧縮のため、再エンコードすることで画質はオリジナルに比べて理論的に劣化し、オリジナルの画質に復元することはできない。また、エンコード処理をせずにオリジナルのまま保存する場合、画質は維持されるが10分程度の録画に1GB以上の容量が必要になる。

高画質を謳う地デジの解像度は1440×1080、DVD-Videoは720×480。1秒間の最大データ転送レート(ビットレート)は、地デジが15Mbps、DVD-Videoは9.8Mbps。

同じMPEG2を使用していても、データ量そのものが異なるため、地デジの方がDVDよりも高画質になる反面、MPEG4などと比べるとMPEG2は圧縮率が低いので、保存時のファイルサイズが非常に大きくなってしまう。
この欠点を補うため、市販のレコーダーには録画時にMPEG2からMPEG4へエンコードして保存したり、Blu-rayへダイレクトに書き込むなどの機能を盛り込んだ機種がラインナップされている。

Windows Media Centerの録画ファイル

Microsoftが無責任に放り投げた、総合エンターテイメントアプリケーション「Windows Media Center(WMC)」は、TVキャプチャカードを使用して地デジを録画すると「.wtv」という独自ファイルで保存されるが、Media Centerはコピーワンスやダビング10などのコピー制御信号とは別に、録画したファイルの情報と再生する際に必要な暗号の復号化キーを保持しており、これらの情報が何らかの原因で書き換えられてしまうと、昨日まで再生できていた録画ファイルが突然視聴できないという事態に陥る。
更にWindowsご自慢のシステム復元機能を利用して視聴できていた日付に戻しても、Media Centerの暗号複合化キーは復元しない。

ただ、当初はWMCのデータが保存されている「eHome」「PlayReady」フォルダをバックアップすることで、別のPCで録画したファイルを再認識できたものの、バージョンアップされてDRMを更新するようになり、バックアップデータからの復元ができなくなった。

暗号複合化キーがバックアップされないことについて、マイクロソフトは「日本における放送コンテンツ保護規定に遵守するための仕様」だとしており、不具合の対処法としてOSの再インストールを推奨している。
当然OSを再インストールた時点で全ての録画ファイルは視聴できなくなる。

WMCで録画したコンテンツに保護がかかっている場合は、「コピー防止」と表示され、ファイルの編集や他のパソコンへのコピー(移動)はできない。
また、Media Centerのタスクには「CD DVDの書込」というメニューが存在するものの、Media CenterそのものがCPRMに対応していないため、CPRMに対応しているDVDとドライブを使用していても録画したデータの書込はできないので、TVキャプチャーボードに付属のソフトを利用する必要がある。

WMCのファイルがMicrosoftのビデオ編集ソフト「ムービーメーカー」で編集可能という情報もあるが、WMCのファイルをムービーメーカーでエンコードできるのは、コピー制御信号で保護のかかっていないファイルのみで、保護がかかっている場合はファイルをdvr-msに変換することもできない。

つまりWindows Media Centerで録画したコンテンツは、Windows10にアップグレードしたら視聴不能になるので、コンテンツの期限はWindows7のサポートが終了する2020年。
もし未だWMCで録画コンテンツが視聴可能なら、早めにDVDなどへのバックアップを推奨。






動画・音声の基礎知識

地デジ録画の基礎知識

地上波のデジタル化により、放送されるコンテンツが無劣化で複製可能になったことから、著作権を保護するため、放送されるコンテンツにはコピー制御信号が付加され、更に暗号化(スクランブル)されて配信されている。 地デジ放送がテレ … 続きを読む

動画編集の基礎知識

ビデオカメラやスマホの普及と、YouTubeなどの動画サイトやSNSへの投稿などで、動画編集は随分と身近なものになった。 少し前まではミドルレンジ以上のパソコンでないと編集処理が厳しかったのが、今ではスマホでもそれなりの … 続きを読む

Blu-rayリッピングの基礎知識

Blu-rayはDVDの後継となるメディアで、DVDと同じ大きさのディスクにDVDの5倍超になる25GBの容量を記録することができる。 もともとDVDはアナログからデジタルの過渡期に誕生した規格なので、画素数が720 x … 続きを読む

DVDを動画ファイルに変換する方法と基礎知識

DVDはアナログからデジタルへの過渡期に誕生した規格で、2000年頃から台頭し、ビデオテープのシェアを奪い、急速に普及したメディア。 DVDには複数の規格が存在するが、一般的にDVDという時は通常「DVD-Video」の … 続きを読む

DVDリッピングの基礎知識

リッピングとはDVDやCDに記録されているデータを、抽出・変換してパソコンに取り込むことで、バックアップやコピーなどと同義。 リッピングは個人で制作したものなど、暗号化されていないDVD-Videoであることが大前提。 … 続きを読む