アップグレード後のWindows10 クリーンインストール


Windows10を無償アップグレードした場合、手元にはUSBフラッシュメモリやDVD-Rなどの外部メディアがないので、アップグレード後にクリーンインストールが必要になった際は、まず外部メディアを作成する必要がある。

システム要件

CPU:1GHz以上
RAM:2GB以上
HDD:20GB以上の空き容量
グラフィックカード:DirectX 9 以上
ディスプレイ:800 x 600 以上

システム要件はWindows7と同じだが、このスペックは「取り敢えず動く」ための必須条件。

ツールの入手先

Microsoft 公式ダウンロードページ



クリーンインストールの手順

すでにwindows10へアップグレードしたPCに、Windows10をクリーンインストールする場合は、プロダクトキーの入力は必要ないが、消失してしまうと厄介なので念のためにプロダクトキーを確認しておくことを推奨。

ProduKeyのインストールと使い方

NirSoftのProduKeyは文字通りプロダクトキーを取得するユーティリティソフトで、WindowsのほかにもMS Office、Adobe製品、Visual Studio、Autodesk製品のプロダクトキーも取得 … 続きを読む

ProduKeyなどのアプリを使用してプロダクトキーを確認し、メモするなどして保管。
復活の呪文と同じでメモを間違えると水泡に帰すので、ProduKeyなどのソフトで表示されたものをコピーし、Evernoteに保存したり、自分宛てにメールするのがオススメ。

win10-cleaninst001

Windows10のクリーンインストール用メディアを作成するため、Microsoftのウェブサイトから外部メディアの作成ツールをダウンロードする。
ダウンロードページにある「ツールを今すぐダウンロード」をクリック。

win10-cleaninst002

「MediaCreationTool」というアプリケーションをダウンロードするので、ダブルクリックで実行。

win10-cleaninst003

「ライセンス条項」が表示されるので、内容を確認してから「同意する」をクリック。

win10-cleaninst004

「他のPC用にインストールメディアを作る」を選択。
使用しているPCをクリーンインストールする場合でも「他のPC用に・・・」を選択する。

win10-cleaninst005

「このPCにオススメのオプションを使う」のチェックを外す。

win10-cleaninst008

「このPCにオススメのオプションを使う」のチェックを外すと、各項目の変更が可能になるので、クリーンインストールするPCが現在使用しているWindowsと同じ「アーキテクチャ」を選択する。

win10-cleaninst007

メッセージが出るので「OK」をクリック。

win10-cleaninst009

「USBフラッシュ ドライブ」と「ISOファイル」の選択画面になる。

お手軽なのはUSBフラッシュ ドライブだが、これが曲者で認識しないデバイスがある。
ちなみにUSBフラッシュ ドライブは、一般的にUSBメモリとかUSBフラッシュなどと呼ばれているもので、特別なデバイスがあるわけではない。

win10-cleaninst010

8GBのUSBメモリを挿しても「USBフラッシュドライブが見つかりません」の表示。

win10-cleaninst011

PCの方ではしっかりと認識されているので、USBドライブが悪いわけではなく、MediaCreationToolの問題。

ちなみに使用したUSBフラッシュメモリはシリコンパワーのSP008GBUF2U03V1W。

win10-cleaninst012

USBメモリを認識しない場合は「戻る」で、メディアの選択画面に戻って「ISOファイル」を選択して「次へ」。

win10-cleaninst013

ISOファイルの保存先を指定したらWindows10のISOファイルがダウンロードされるので、DVDにコピーせずに「完了」でツールを終了。

DVD-Rのブランクメディアがあり、素直にISOファイルをDVD-Rに書き込んでセットアップする場合は、ImgBurnなどのライティングソフトを使用。

ImgBurn のインストールと使い方

ImgBurnはCD / DVD / Blu-ray / HD DVD に対応している定番のライティングソフト。 メディアへの書込だけでなく、ISOファイルへの出力もできる。 最終のバージョンは2013年6月のリリースの … 続きを読む

ツールが認識しなかったUSBメモリを使用する場合は、Rufusというフリーソフトを使用する。

Rufusのダウンロードと使い方

Rufusは起動ディスクのISOイメージファイルからUSB起動メディアを作成するフリーソフト。 セットアップ作業がなく、日本語に対応しており、シンプルで使いやすい優れもの。 システム要件 バージョン2.18現在 OS:W … 続きを読む

win10-cleaninst030

Windows10をインストールするパソコンで、BIOSまたはUEFIの設定を変更し、USBメモリから起動するよう設定が必要。

USBドライブはハードディスクと同様に取り扱われているので、「Boot」設定画面の「Hard Disk Drives」の項目を開き、USBメモリが認識されていることを確認。

win10-cleaninst031

「1st Drive」を選択してEnterキーでオプションを表示し、USBメモリを選択してEnterキーで確定。

win10-cleaninst032

「Boot Device Priority」の設定で「1st Boot Device」にUSBメモリを指定して、「F10」を押して設定を保存&再起動で設定完了。

win10-cleaninst033

UEFIの場合も同じで、「Boot」メニューの「Hard Drive BBS Priorities」を開く。

win10-cleaninst034

「Boot option #1」をUSBメモリに変更。

win10-cleaninst035

「Boot option Priorities」の設定で「Boot Option #1」にUSBメモリを指定して、「F10」を押して設定を保存&再起動で設定完了。

※BIOSもUEFIもメーカーによって仕様が異なるので、詳細はPCやマザーボードに付属の説明書を参照。

win10-cleaninst022

起動設定が正しくできていれば、起動時に「Press any Key boot From USB・・・」と表示されるので、素早くキーボードの任意のキーを押すと、Windowsのセットアップが開始する。

win10-cleaninst023

「今すぐインストール」をクリック。

win10-cleaninst024

ライセンス認証でプロダクトキーの入力を求められるが、Windows10を再インストールする場合は「プロダクトキーがありません」をクリック。

win10-cleaninst025

インストールするOSを選択。

当然だがアップグレードした際のOSと同じものを選ばないとライセンス認証でエラーがでる。

win10-cleaninst026

「ライセンス条項」に同意して「次へ」。

win10-cleaninst027

「カスタム:Windowsのみをインストールする」をクリック。

win10-cleaninst028

既存のパーテーションが表示されるので、Windowsをインストールするプライマリドライブを選択。

パーテーションを変更する場合は、既存のパーテーションを選択して「削除」して「未割り当ての領域」にしてから、「新規」でパーテーションのサイズを割り当てる。

パーテーションを削除した時点で、保存されていたデータは全て消失するので、データの保存用に使用していたドライブや、市販のPCでリカバリ用のデータが保存してあるドライブなど、誤って削除すると残念な感じになってしまうので、パーテーションを削除する時は要注意。

今回のインストール時には、既存のパーテーションを全て削除してからインストールを行ったが、ライセンス認証されているので、パーテーションを削除してフォーマットをかけても、おそらく問題はないと思われる。

win10-cleaninst029

Windowsのインストールが進行。

win10-install007

インストールが完了すると、再起動後に「すぐに使い始めることができます」という画面になるので、必ず「カスタマイズ」を選択。

win10-install016

「タイピングと手書きのデータを・・・」というのは、マルウェア(悪意のあるソフトウェア)でもお馴染の「キーロガー」というもので、パソコンでのキー入力を監視し、記録・送信するため、クレジットカードの番号やログインID、パスワードなどを入手することも可能になる。

「アプリ間のエクスペリエンス・・・」にある広告識別子とは、ユーザーの行動を監視して、ユーザーの興味があると思われる広告を表示させるためのもの。
当サイトのバナー広告に、最近閲覧したページに関連した広告が表示されていれば、広告識別子が有効になっている証左。
実害はあまりないが、行動を追跡されていることに変わりはない。

「アドレス帳に登録されている・・・」は、iOSやAndroidのアプリでも多く利用されているが、Skypeが他のアドレス帳を読み込むための許可。

「位置情報」もスマホやタブレットではお馴染みの機能で、GPS機能を使用して現在地の情報を提供するもの。

位置情報などは使用するアプリや環境によっては、有効にしていないと役に立たないが、キー入力の情報などは送信する必要は全く無い。
基本的に全て「オフ」にして、後は利便性とプライバシーを天秤にかけることになる。

設定したら「次へ」。

win10-install017

「接続エラーと報告」「有料ネットワーク・・・」はWindowsフォンやモバイルPCを使用している際、無料の無線LANスポットに自動接続するというもの。
一見便利そうだが、無料のホットスポットはセキュリティ的にかなりやばく、自動接続はハイリスクになるので非推奨。

「すべての診断と使用状況のデータをMicrosoftに送信・・・」は、使用しているパソコンをMicrosoftの監視下に置くようなもの。
「オフ」にしても基本データが送信されるので、必ず「オフ」にしておく。

win10-install020

ユーザー名と必要に応じてパスワードを入力。

win10-install021

Google NowやAppleのSiriに相当するのがCortana。
プログラム的にはキーロガーの性質をもっており、Cortanaとのやり取りはMicrosoftに送信される。

Cortanaもセットアップ後に設定できるので取り敢えず「後で設定する」を選択。

win10-install022

これでセットアップ完了。

クリーンインストールで最も厄介なのは、インストール作業そのものではなく、USBメモリからの起動設定だったりする。
BIOSもUEFIも初期設定ではUSBメモリからブートするようにはなっていないので、Boot設定がビギナーにはハードルが高いかも。

ドライバに関しては、無線LAN子機のドライバをインストールしたのみで、マザーボードが古いこともあり、グラフィックのほか全てOSが実装している汎用ドライバで対応できた。
また、OSが実装していないドライバに関しても、メジャーなものであれば自動でDLしてくるので、インストールが落ち着いてからデバイスマネージャーを確認すればOK。

win10-cleaninst036

デバイスマネージャーは「設定」→「バージョン情報」の「関連設定」にリンクがある。
ドライバが不足しているデバイスには「?」が付くのだが、無線LAN子機のドライバをインストールしたら、全てのデバイスが認識されている。

ただ、グラフィックに関しては専用のドライバをインストールしたほうが詳細設定ができて便利なので、別途Windows10対応のドライバをインストールすることを推奨。
使用しているグラフィックが不明な場合は、CPU-Zで確認できる。

CPU-Zのインストールと使い方

CPU-Zはパソコンのハードウェア情報を表示する定番ソフト。 プロセッサのステッピングやリビジョンの他、メモリのCASやRASの情報なども表示可能。ただし、日本語には未対応。 Ver1.72.1でWindows10に対応 … 続きを読む






Windowsのセットアップ

Windows10への無償アップグレード方法

2017/07/12 2018/02/22更新 2016年7月29日に終了したWindows7・Windows8(8.1)ユーザーに対する無償アップグレードは、その後「障碍者向け支援技術製品をご利用のお客様向け Wind … 続きを読む

フォントの基礎知識

フォントとは書体のことで、Windows VistaやWindows7では「メイリオ」、Windows10では「游ゴシック」がシステムフォントとして使用されている。 フォントはデザインによって大きく印象が変わり、モニタで … 続きを読む

Windows oldフォルダの削除方法

Microsoftは2017年4月に「毎年3月と9月頃に機能更新プログラムをリリースする」と発表し、Windows10は年2回の大型アップデート(メジャーアップデート)を実施する予定になった。 大型アップデートすると、以 … 続きを読む

ダイナミックディスクとRAID

ダイナミックディスクはWindows2000から実装されたWindows独自のディスク管理形式で、パーティションの制限を受けず、複数のドライブをまたいだスパンボリュームや、RAID 0のストライプボリューム、RAID 1 … 続きを読む

ベーシックディスクとパーティション

ハードディスクのディスク管理には、ベーシックディスクとダイナミックディスクがあるが、パソコンを購入した時点、もしくは普通にWindowsをクリーンインストールした場合、ハードディスクやSSDは「ベーシックディスク」になっ … 続きを読む