Windows10のリフレッシュ(簡易クリーンインストール)


Windows10には簡易的なクリーンインストールのツールが提供されており、ツールの名称がRefreshとなっているように、PCを初期化してWindows10が単体でインストールされた状態になる。
インストールされていたサードパーティ製のアプリは全て削除されるので、通常のクリーンインストールと同様に、OSをインストールした後はアプリケーションのインストールが必要。
ただ、アプリを削除してもドライバは引き継がれているっぽいので、チップセットやグラフィック、LANなどのドライバのインストールはしなくても良い感じ。

また、インストール作業はプログラムのダウンロードのみで実行されるため、USBメモリもDVD-Rも必要ないが、CドライブにはWindows10のイメージデータを格納している「ESDフォルダ」が生成され、インストール時にSSD・HDDのフォーマットや、パーテーション設定もできない。

システム要件

CPU:1GHz以上
RAM:2GB以上
HDD:20GB以上の空き容量
グラフィックカード:DirectX 9 以上
ディスプレイ:800 x 600 以上

システム要件はWindows7と同じだが、このスペックは「取り敢えず動く」ための必須条件。

ツールの入手先

Microsoft 公式ダウンロードページ




 

クリーンインストールの手順

クリーンインストールといっても、Windows10のイメージデータをダウンロードしてインストールするので、普通のフリーソフトをインストールするのと手順的には大差はない。
また、セットアップで個人ファイルの引き継ぎを選択する項目はあるが、必要なファイルは事前にバックアップしておいた方が無難。

win10-install001

クリーンインストール用のプログラムは「スタート」→「設定」→「回復」を開き、「その他の回復オプション」の「Windowsのクリーンインストールで新たに開始する方法」をクリック。

win10-install002

「Windows10のクリーンインストールでフレッシュに始める」というウェブページが開く。

win10-install003

内容を確認しながらスクロールすると、ページの最下部に「今すぐツールをダウンロード」というボタンがあるのでクリックしてプログラムをダウンロードする。

win10-install004

「RefreshWindownTool」というファイルをダウンロードするので、ダウンロードが完了したらダブルクリックで「実行」。

win10-install005

「セキュリティ警告」には「実行」、「変更の許可」を求めるメッセージには「はい」を選択すると「ライセンス条項」が表示されるので、内容を確認後に「同意する」をクリック。

win10-install006

現在パソコンに保存されている個人ファイルを引き継ぐか、削除してしまうかを選択して「開始」をクリック。

win10-install008

プログラムのダウンロードが始まり、しばらくはそのままPCも使用可能。
3GB近いファイルをダウンロードするので結構時間がかかる。

win10-install010

「メディアを作成しています」と表示され、進行状況まで出ているが、USBメモリやDVD-Rなどのメディアは作成せず、HDD上で作業が実行される。

win10-install012

一瞬だけ更新プログラムをダウンロードしたと思ったら、PCをチェックし始めた。

win10-install011

PCのチェックが終わったと思ったら、再び更新プログラムのダウンロード。

更新プログラムのチェックだけでも相当時間がかかる。

win10-install013

ここにきてインストール作業の確認。

実際の仕事なら「資料を集める前に作業内容は確認しろ!」って怒られる場面。

win10-install014

そして今頃になって容量の確認。
もし、ここで容量不足になったら今までの数十分が無駄になるので、空き容量は十分に確保しておいたほうが無難。

win10-install009

セットアップ中ばウインドウを「X」で閉じることでセットアップを中断できる。

win10-install015

インストールが開始。
ここがインストールを中止できる最終点で、中断する場合は「キャンセル」をクリック。

win10-install007

自動的に再起動を何度か繰り返し、インストールが完了すると言語やキーボードの選択画面になり、次へ進むと「すぐに使い始めることができます」という画面になる。

この画面、何気にマイクロソフトが個人情報を収集することが記載してあり、「簡単設定を使う」という悪意のあるボタンまで用意されている。

当然ながら「簡単設定」を使ったら、キー入力の情報からアドレス帳、位置情報、広告識別子(追跡型広告で使用)など、全てのプライバシー設定が「オン」になるので、必ず「カスタマイズ」をクリック。

win10-install016

「カスタマイズ」をクリックすると、個人情報に関する項目が「オン」「オフ」で設定でき、決して複雑でも難しくもない。

「タイピングと手書きのデータを・・・」というのは、マルウェア(悪意のあるソフトウェア)でもお馴染の「キーロガー」というもので、パソコンでのキー入力を監視し、記録・送信するため、クレジットカードの番号やログインID、パスワードなどを入手することも可能になる。

「アプリ間のエクスペリエンス・・・」にある広告識別子とは、ユーザーの行動を監視して、ユーザーの興味があると思われる広告を表示させるためのもの。
当サイトのバナー広告に、最近閲覧したページに関連した広告が表示されていれば、広告識別子が有効になっている証左。
実害はあまりないが、行動を追跡されていることに変わりはない。

「アドレス帳に登録されている・・・」は、iOSやAndroidのアプリでも多く利用されているが、Skypeが他のアドレス帳を読み込むための許可。

「位置情報」もスマホやタブレットではお馴染みの機能で、GPS機能を使用して現在地の情報を提供するもの。

位置情報などは使用するアプリや環境によっては、有効にしていないと役に立たないが、キー入力の情報などは送信する必要は全く無い。
基本的に全て「オフ」にして、後は利便性とプライバシーを天秤にかけることになる。

設定したら「次へ」。

win10-install017

「接続エラーと報告」「有料ネットワーク・・・」はWindowsフォンやモバイルPCを使用している際、無料の無線LANスポットに自動接続するというもの。
一見便利そうだが、無料のホットスポットはセキュリティ的にかなりやばく、自動接続はハイリスクになるので非推奨。

「すべての診断と使用状況のデータをMicrosoftに送信・・・」は、使用しているパソコンをMicrosoftの監視下に置くようなもの。
「オフ」にしても基本データが送信されるので、必ず「オフ」にしておく。

win10-install019

Microsoftアカウントの入力、取得していない場合は作成を求められる。

MicrosoftアカウントはMicrosoftが提供しているOutlookやOneDriveを使用する際に必要で、これらのサービスを使用しているとWindows10を紐付けすることにより利便性は向上する。
ただし、Androidで使用しているGoogleアカウントと同様、紐付けすることでより多くの個人情報を提供することにもなる。

Microsoftアカウントでのログインはセットアップ終了後でも切り替えできるので、ここではひとまず「この手順をスキップする」をクリック。

win10-install020

ローカルアカウントの設定入力をになるので、ユーザー名と必要に応じてパスワードを入力。

win10-install021

Google NowやAppleのSiriに相当するのがCortana。
プログラム的にはキーロガーの性質をもっており、Cortanaとのやり取りはMicrosoftに送信される。

Cortanaもセットアップ後に設定できるので取り敢えず「後で設定する」を選択。

win10-install022

これで初期設定は終了。

Windows7からアップグレードしてライセンス認証が完了しているので、プロダクトキーの入力を求められることもない。

win10-install026

 

インストールが終了してWindows10が起動すると、「後から設定する」にしていたCortanaがちゃっかりとタスクバーに居座っている。

Cortanaの設定は検索ボックスをクリックした際に表示されるメニューから、Microsoftフラッグの真上にある「◯」のアイコンをクリック。
Cortanaを使用するか否かを選択し、使用しない場合はCortanaではなく通常の検索ボックスになる。
使用する場合は、位置情報や音声入力をオンに変更し、Microsoftアカウントも必要。

一旦、白紙に戻してからセットアップするUSBメモリやDVD-Rなどを使用したクリーンインストールと異なり、セットアップされた状態に戻すようなものなので、手軽な反面、中途半端さは否めないので、クリーンインストールが不可避な状態であれば、はじめから外部メディアを使用してインストールしたほうが良いかも。





windowsのセットアップと設定

ダイナミックディスクとRAID

ダイナミックディスクはWindows2000から実装されたWindows独自のディスク管理形式で、パーティションの制限を受けず、複数のドライブをまたいだスパンボリュームや、RAID 0のストライプボリューム、RAID 1 … 続きを読む

ベーシックディスクとパーティション

ハードディスクのディスク管理には、ベーシックディスクとダイナミックディスクがあるが、パソコンを購入した時点、もしくは普通にWindowsをクリーンインストールした場合、ハードディスクやSSDは「ベーシックディスク」になっ … 続きを読む

Remix OSのインストールと設定

Androidをパソコン用にした「Android-x86」を進化させ、よりパソコンに適した仕様にしたものがRemix OSで、マルチウインドウでAndroid用のアプリが動作する。 GoogleのChrome Bookに … 続きを読む

RAIDの設定

RAID(Redundant Arrays of Inexpensive Disks)は「レイド」と読み、直訳すると「安価なディスクの冗長配置」。 冗長とは良く言えば「余裕」、悪く言えば「無駄」のことで、「システム障害に … 続きを読む

Amazon Fire のホームアプリを変更する

Amazon Fireはローコストで、パフォーマンスは大したことがないものの、Google Playストアを利用できるようにすれば、それなりに使えるタブレットになる。 ただ、何よりもいただけないのは「Fire Launc … 続きを読む

Windows関連のレポート

Windows7のプロダクトキーが無効になった

2017/03/29 使用頻度が結構高いHPの15インチ ノートPC ProBook455G2は、購入したのが2014年11月。 CPUにAMDのA10-7300を搭載しており、HDDをSSDに換装していることもあって、 … 続きを読む

Windows10が起動しない。

2016/9/30 先般、「障碍者向け支援技術製品をご利用のお客様向け Windows 10 無償アップグレード」というサービスで、Windows7以降のOSであれば無償アップグレードできるという記事をアップしたのだが、 … 続きを読む

Windows10のアップグレード回避法

2016/02/04 2016/05/28更新 5月に入ってからWindows10へのアップグレードが、Windows Updateに統合され、自動更新にしていると期限内に解除しなければ、突然Windows10の起動画面 … 続きを読む

Windows10から元のWindowsに戻す手順

2016/05/17 凶悪なアドウェアに近いWindows10へのアップグレードが、ついにWindows Updateに統合され、期限内に解除しなければ自動的にインストールされてしまう仕様になった。 まるで時限爆弾。 す … 続きを読む

ゾンビのようなWindows10アップグレード広告

2016/03/12 一月ほど前にWindows10のアップグレード回避法を実施してから、メインマシン他のPCからは鬱陶しいWindows10へのアップグレード広告が消えていたのだが、サブマシンにのみ相変わらずウザいメッ … 続きを読む