アルフレッド・サージェントのカントリーブーツを輸入


2016/02/18

今年に入って円高に振れたので、この機に以前から気になっていたAlfred Sargentのカントリーブーツを注文してみた。

クオリティに対してのコストパフォーマンスに定評のあるアルフレッド・サージェント。
目当てのカントリーブーツは「Hannover」。

お値段は£287.50。
購入した日の終値は1ポンド162.75円。
今回は「FREE worldwide delivery」なので、£250以上は送料が無料になり、商品代金の目安は46,790円。
で、決済はPayPalを利用したので実際の金額は49,494 円。



関税と消費税

課税標準価格は 287.50 x 60% = £172.5
申告日はDHLのトラッキング情報を2月17日なので、財務省の外国為替相場(課税価格の換算)のレートの2月14日~2月20日のところをチェックすると、英国は1ポンド=172.44円。
昨年の11月に輸入した際は1ポンド183.77円だったので11円ほど円が高くなっている。

hannover002

課税標準価格は1000円未満切り捨てなので £172.5 x 172.44円 ≒ 29,000円
革靴の関税は29,000円 x 30% = 8,700円

消費税は課税標準価格に関税を加算した合計金額から1000円未満を切り捨てた値の8%で100円未満切り捨て。
37,000円 x 8% ≒ 2,900円

これにDHLの立替手数料1080円が加算されるので、商品代金以外の費用は12,680円。
で、合計金額は62,174円。
国内では税込70,000円前後で販売されているので、だいたい1割引き程度で購入した感じ。

市価もある程度はレートに準じて価格が変動するので一概には言えないが、1ポンド160円を切ったら少しは値頃感が出てくるものの、170円前後では個人輸入の旨味はあまりない。

今回輸入したHannoverはコンバットソール仕様なので、ワークブーツっぽい感じかと思ったら、意外と見た目がすっきりしていて、いい感じになっている。
木型(ラスト)が足にあっているのか、足入れもよく、土踏まずの部分がしっかりしていて心地いい。
革や縫製などについては定評通りのクオリティで、上位ブランドのトリッカーズと比較しても全く遜色ないので、個人的には非常に満足度が高い買い物になった。




 

個人輸入の手引き

米国Amazonで購入

国内のAmazonと同様で、米国のAmazonもAmazonが直接販売している商品と、Amazonに出店している店舗がある。 Amazonで個人輸入する際にネックなのが現地法人の存在。基本的に現地法人が存在する企業の商品 … 続きを読む

英国製の高級靴を直輸入

チャーチ(Church’s)、チーニー(Cheney)、トリッカーズ(Trickers)など、クラシカルで頑強な英国靴は日本でもかなり人気。 個人的にはデザインを優先させたものより、作りがしっかりしているもの … 続きを読む

Rockyのワークブーツを直輸入

以前、米AmazonでRockyのタクティカルブーツを購入した際、Rockyの公式サイトでも海外発送を行っていることを知ったので、今回は直輸入してみた。 Rocky 公式サイト 実際の商品を取り上げて、機能性や実用性など … 続きを読む

KICKSTARTERで製品開発を支援

Kickstarterは近頃よく耳にするようになったクラウドファンディングサイトで、開発者が資金調達するための手段で、「投資型」「寄付型」「購入型」の3タイプが存在する。 「投資型」は出資に対して金銭によるリターンを目的 … 続きを読む

個人輸入の基礎知識

個人輸入に抵抗がある人にその理由を聞くと、「注文した商品が届かなかったら」「注文した商品が破損していたら」などの回答が多い。 当然と言えば当然の回答で、同様に国内外を問わずクレジットカードの使用にも躊躇する傾向があり、言 … 続きを読む