Amazon Echo Show 5 のレビュー

スポンサーリンク
amazom_icon

5インチ ディスプレイ 付きの スマート スピーカー Amazon Echo Show 5

先月くらいから何となく気になっていた「 Amazon Echo Show 5 」。
2019年7月のプライムデーで安くなったら買ってみようと思っていたら案の定、半額近くになったので購入してみた。



当初は7月31日の配送予定だったのだが、2度ほど配送が早まるというメールが届き、商品は本日(7月20日)到着。

Amazon Echo Show 5 003

Amazon Echo Show 5 は、5インチ ディスプレイ を搭載した スマート スピーカー 。
内容物は スマート スピーカー 本体とアダプターのみ。

背面には電源ポート・Micro USB-Type B・オーディオ出力(3.5mm)があり、上部にはカメラとマイクのオン・オフボタン、ボリュームボタン、カメラカバーが備わっている。
ちなみにMicro USBからの給電は不可。

個人的に気に入ったのがカメラカバー。
常にオンライン状態の デバイス に搭載されているカメラは危険なので、使用しない時はカバーで塞いでしまうことができる。

Amazon Echo Show 5 004

本体に電源を繋げると自動的に Echo Show 5 が起動。
Alexa が「 こんにちは、それではセットアップを始めましょう 」と流暢な日本語で挨拶をしてくる。

セットアップは Fire タブレット や Android デバイス と同じで、 ディスプレイ があるため スマート スピーカー といっても違和感はない。

Amazon Echo Show 5 005

言語選択のあとで WiFi に接続。

Amazon Echo Show 5 006

Amazon アカウントでサインイン。

Amazon Echo Show 5 008

タイムゾーンは日本になっているので、そのまま「 続行 」。

Amazon Echo Show 5 009

Echo を複数利用している場合は、 Echo 同士で会話ができたり、操作ができるらしく、設置場所を訊いてくるが、1台しか無いので「 スキップ 」。

Amazon Echo Show 5 010

デバイス 名を決めて「 続行 」。

Amazon Echo Show 5 011

ここでスマホやタブレットを用意して Alexa アプリの起動が必要。

Amazon Echo Show 5 017

Fire HD8 で Alexa を起動。
よく分からなかったので取り敢えず「 Amazon Echo をセットアップ 」をタップ。

デバイス タイプが表示されるものの Echo Show が見当たらないため「 セットアップをスキップ 」。
その後、電話番号の入力を求められるが、これもスキップすると Alexa のアクティビティが表示された。

Amazon Echo Show 5 012

同一アカウントでの Alexa の起動を確認すると Echo Show の表示が変わるので「 続行 」。

amazon-echo-show013

「 アップデートをインストールすると、この デバイス は2回再起動します。 」と Alexa が声をかけてくるので「 インストール 」をタップ。

amazon-echo-show014

「 デバイス の準備ができました。 」と Alexa が言ったらセットアップは完了。
後はチュートリアルで Echo Show 5 の基本操作が表示されるだけ。

amazon-echo-show015

NHKニュースを表示させると映像付き。

amazon-echo-show016

Echo Show 5 を購入した一番の目的が Prime Music の利用。
なんと「 アレクサ、 SOILWORK を再生 」と言ったら 本当に SOILWORK を引っ張ってきたのには驚いた。
音質もそれなりに良いほうだと思う。

ただ、 WITHIN TEMPTATION は Music Unlimited のみ、 ARCH ENEMY や W.A.S.P. なんかはメタルではない何者かの曲が再生された。

リクエストによっては「 どう聞き間違えたらそれになる? 」と思うような楽曲を再生することもあれば、「 ツァラトゥストラはかく語りきを再生 」は滑舌が悪いにも関わらず2度目で理解してくれたりと反応はまちまち。

Prime Music のみの利用だと楽曲は限られるが「 洋楽のヒット曲 」などであれば、それっぽいのが再生される。
ウイ・アー・ザ・ワールド が再生された時は、あまりの懐かしさに脳が震えた。

Alexa アプリでは外部アプリを「 スキル 」というらしく、有効にすると「 アレクサ、○○○○○ 」という フレーズ が使用できるようになる。
試しに AWA を有効にしてみたが リクエスト しても的はずれな曲が再生され、2~ 3 度やり直して上手くいかないと「 アレクサ、、、 」と呼ぶのが面倒になってしまう。
場合によっては 「 ごめんなさい。 わかりません 」を繰り返され、 デバイスに理解してもらおうと何度も声をかけているシュールな現状に嫌気がさして 使用を諦めることもあったりする。

あくまで Alexa に口頭で頼むことになるため、命令を Alexa が理解してくれないと何もできない ただのデジタル時計。
パソコン であれば マウス が操作できなくても、 キーボード でなんとかなるが、 スマート スピーカー は Alexa が聞き取れなかったら何もできない。
音楽の再生にしてもアーティスト名だけでなくアルバムや曲名を覚えていないと ピンポイントで聴きたい曲やアルバムが再生できないという不便さがあり、しかも Prime Music だと洋楽のシャッフル再生をしている最中に、間の抜けた邦楽が再生されるような問題もある。

また、 Echo dot など他の Echo デバイス が同一ネットワーク上にあると、会話や遠隔操作ができるのは良いのだが、 Prime Music は複数 デバイス での同時再生ができない。
Amazon Music Unlimited も ファミリープラン にしないと同時再生はサポートしておらず、音楽系のスキルも微妙なものが多いので、 Prime Music を聴くだけなら1台あれば十分かも。

更に一月ほど使用して  Echo Show のモニタ部分が異常な熱を持っていることに気がついた。
触ると「 熱い 」と感じるほどで、スマホのバッテリーが高温になっているような状態が続いている感じだが、半年を過ぎても特段の不具合も出ないまま使用できている。





関連記事

bag-icon

Google Pixel 4 のレビュー

基本スペックもカメラの性能も高い ハイエンドモデル 2019 年 10 月にリリースされてから すでに 4 ヶ月。 購入するつもりはなかったが Essential が残念なことになったので 予定を変更して Pixel 4 […]

Import-Stamp

Essential Phone – ハイエンドモデル Essential Phoneの沿革

流星のごとく現れて 消えていった ハイエンド Androidスマホ Essential Phone のまとめ Essential Phone は Android の生みの親 とされる Andy Rubin 氏が 2017 […]

amazom_icon

Amazon Fire HD 10 – 第9世代Fireタブレットのレビュー

コストパフォーマンス抜群の10.1インチ タブレット Amazon Fire HD 10 2019年も実施されたAmazon 恒例  Cyber Monday。 踊らされているのは百も承知で、今回は 9,980 円 にな […]

amazom_icon

Amazon Echo Show 5 のレビュー

5インチ ディスプレイ 付きの スマート スピーカー Amazon Echo Show 5 先月くらいから何となく気になっていた「 Amazon Echo Show 5 」。 2019年7月のプライムデーで安くなったら買 […]

bag-icon

Oculus Go を個人輸入

「Oculus Go」をOculusの公式サイトで購入 スマホやPCが不要なスタンドアローンのヘッドマウントディスプレイ(HMD)「Oculus Go」。 Gear VR+Galaxy S8の組み合わせでも十分に楽しめて […]