Amazon Fire HD 8のレビュー

スポンサーリンク
amazom_icon

8インチのローエンド タブレット Amazon Fire HD 8

2017/07/13
先日のAmazonプライムデーでAmaozn Fire HD 8が5,980円になっていたので衝動買いしてしまった。

プライム会員ならクーポンコードで4000円引きになるらしい。



2年前に購入したAmazon Fire 7と比較するのもおかしいが、OSはどちらもAndroid LollipopがベースのFire OS 5。
2年前のデバイスが第5世代で、今回のデバイスは第7世代になる。

fireHD8-001

シンプルなオレンジの箱には本体とUSB充電アダプタが入っている。

価格が価格なのでスペックは一般的なローエンドモデルと同等。
1280×800のIPSディスプレイ(189ppi)は、スマホで有機EL(AMOLED)を見慣れていると、どうしても精彩さに欠けた印象を受ける。

fireHD8011

FireはAmazonを楽しむことに特化したエンターテイメント向けのデバイスのため、Amazonでの買い物をはじめKindleやAmazonビデオ、Amazonミュージックなどを利用する分には非常に便利。

ただ、普通にAndroidタブレットとして使用する場合は、いろいろと手を加えないと使い物にならない。

fireHD8012

使用されているCPUはRaspberry Pi 3でも使用されている「Cortex-A53」。
主にミドルレンジからローエンドモデルで採用されており、ミドルレンジモデルでは「Cortex-A53」と「Cortex-A72」を使用して6コアや8コアの構成が多く、ローエンドモデルが「Cortex-A53」単体で4コアになっている。

fireHD8013

メモリは1.5GBで、CPU-Zが認識したのは1373MB。

Google Playストアを利用できるようにしたり、ホームアプリを変更したりして、メモリの使用率はアイドル状態で25%前後。

fireHD8001

2年前に購入した第5世代のFire 7のCPUには「Cortex-A7」が使用されており、メモリは1GB。

単純にCPUの性能向上とメモリが増加しているので、おもちゃレベルだった第5世代 Fire 7と比べると、Fire HD8の処理速度は飛躍的と言えるレベルで改善している。

fireHD8003

第7世代 Fire HD 8のGeekbench CPUスコア。

fireHD8002

第5世代 Fire7のGeekbench CPUスコア。

COMPUTEのスコアはFire HD 8が「1051」で、Fire7が「793」。
順当に性能は向上しており、第7世代のFire HD 8はそれなりに使えるレベル。

ただ、2013年にリリースされたNexus5は、CPUスコアが「Single 978」「Multi 2277」、COMPUTEスコアは「2608」なので、4年前のハイエンドモデルよりも処理速度は劣っており、使えると言っても最低限度の話になるが、Googleストアを導入したりいろいろ遊べて6千円くらいならコストパフォーマンスは高いかも。

google-play-icon

第7世代 Amazon Fire HD 8 でPlayストアを利用する

Amazon FireでGoogle Play ストアを利用する方法 プライムデーで購入したAmazon Fire HD 8 は「第7世代」でFire OS 5.4.0.0。 Androidのバージョンでは「5.1.1」 […]





関連記事

bag-icon

Google Pixel 4 のレビュー

基本スペックもカメラの性能も高い ハイエンドモデル 2019 年 10 月にリリースされてから すでに 4 ヶ月。 購入するつもりはなかったが Essential が残念なことになったので 予定を変更して Pixel 4 […]

amazom_icon

Amazon Fire HD 10 – 第9世代Fireタブレットのレビュー

コストパフォーマンス抜群の10.1インチ タブレット Amazon Fire HD 10 2019年も実施されたAmazon 恒例  Cyber Monday。 踊らされているのは百も承知で、今回は 9,980 円 にな […]

amazom_icon

Amazon Echo Show 5 のレビュー

5インチ ディスプレイ 付きの スマート スピーカー Amazon Echo Show 5 先月くらいから何となく気になっていた「 Amazon Echo Show 5 」。 2019年7月のプライムデーで安くなったら買 […]

bag-icon

Oculus Go を個人輸入

「Oculus Go」をOculusの公式サイトで購入 スマホやPCが不要なスタンドアローンのヘッドマウントディスプレイ(HMD)「Oculus Go」。 Gear VR+Galaxy S8の組み合わせでも十分に楽しめて […]

Import-Stamp

ソケットAM3+のMBを個人輸入

国内での入手が厳しくなったマザーボードを米国Amazonで購入 2019/04/21 未だにAMD FX-8350、FX-6200、PhenomⅡ x4などが可動しているので、そろそろ故障時に対応できるよう予備のパーツを […]