AMD FX-6200 ~ MBの換装


サブマシンとして稼働していたFX-6200を、テスト用のPCとして別のケースに移植する際、電源ユニットがHECの「WIN+550W」だったため、PhenomⅡx4 965のMB換装時に、700Wのサイズ「剛力短2」と入れ替えた。

PhenomⅡx4 965を搭載していたPCは異常発熱を起こしてから、電源は入るもののBIOSが起動しなくなり、マザーボードを交換することにしたのだが、マザーボードを破損させた原因が「剛力短2」だったらしい。

電源ユニットを入れ替えたため、PhenomⅡx4 965を積んだ新しいマザーボードは問題なく動作したのだが、FX-6200の移植時に通電テストをすると、瞬間的に動作したかと思ったら電源が落ち、そこからBIOSが全く起動せず、CMOSをクリアしてみたも効果なし。
電源を入れるとCPUファンと背面ファン、グラフィックボードのファンは動作するが、電源ユニットから直接電力供給しているフロントとトップに設置しているファンは無反応で、モニタには何も映らない状態。

剛力短2を設置した別のケースにマザーボードを移植するだけの簡単な作業のはずが、予想外のトラブルで、マザーボードと電源ユニットを新調し、初めから組み立てることになってしまった。



使用するケースはPhenom2 x4 965を積んでいたCorsairの「Obsidian 550D」。
不本意ながらマザーボードと電源ユニットが新品になったが、その他のパーツは全て転用。

使用パーツ

CPU AMD FX-6200
マザーボード ASRock 970 Pro3 R2.0
メモリ Corsair DOMINATOR GT  DDR3 2GB x 4
グラフィック・カード SAPPHIRE SAHD7770-1GD5R0
サウンド・カード
電源ユニット Corsair CX650M
ケース Corsair Obsidian550D CC-9011015-WW
補助記憶装置(C:) SAMSUNG SSD120GB MZ-7TD120B
補助記憶装置(D:) Western Digital HDD  500GB
光学ドライブ 東芝サムスン SH-224DB+S DVDマルチ
CPUクーラー ZALMAN CNPS9900 MAXB
ケースファン いろいろ 有り物いろいろ

新調したCorsairのCX650Mは1万円を切る価格ながら、12V x 54Aという抜群の出力。

既存パーツの撤去と組立

既存パーツを転用するので取り敢えず掃除。

ZALMANのCPUクーラー「CNPS9900」は排気側のフィンに微粒なホコリが付着しているので歯ブラシで根気よく取り除いていく。

Obsidian 550Dは排気と静音性を両立したケースで、使用期間は5年になるのだが、ゴムやスポンジの一部に経年劣化が見られる。

この後、通電テストで逝ってしまったASRockのマザーボード「990FX Extreme4」。

結局、CPUを載せ替えることになってしまった。

急遽 調達することになったASRockのマザーボード「970 PRO3」に、CPU・CPUクーラー・メモリ・グラフィックボードを載せ替え、Corsairの電源ユニット「CX650M」を使用して通電テスト。

通電テストが終わったら、後はケースに固定して配線。

ケースファンはトップに120mmを1個(排気)、リアに120mm x 1個(排気)、フロントに120mm x 2(吸気)、ボトムに120mm x 1個(吸気)という構成。

Corsairのケースや電源ユニットは裏配線仕様で作られているので、非常に使い勝手が良い。

トップにケースファンをつけたので、上蓋は浮かした状態にしてある。

完成。

Spec

CPU:AMD FX-6200 4.1GHz(OC)
チップセット:AMD 970 + SB950
メモリ:DDR3 PC3-14900 8GHz Dual Channels
グラフィック:AMD Radeon HD 7770
ストレージ:SSD SATA 6Gb/s  HDD SATA3Gb/s 500GB
電源:650W

制作日:2017年6月29日

もともと残念な感じのFX-6200なので、ASRockのマザーボードに実装されている、お手軽オーバークロックを実行。

室温28℃の状態でCPUが30℃前後なので、ZALMANのCPUクーラーがいい仕事をしているらしい。
ただ、マザーボードとSSDが35℃と微妙に高めなのが少々気になるところ。

CrystalMark

以前、4.2GHzにオーバークロックした状態で実行したときよりも、CPUの数値が大幅に低下していた。
パーツの構成はほぼ同じなので、マザーボードが関係しているのか、Windows10にしているからか。。。

OCしているのに前世代で定格動作のPhenomⅡx4 965に完敗。
Windows10の標準ドライバを使用しているためか、グラフィックも下位モデルのHD4670より数値が悪い。






自作PCの基本

組立に必要な工具

パソコンを自作するには様々な工具が必要な気もするが、不可欠なのは「プラスドライバー」のみ。もちろん100円ショップで販売している物でもOK。 ただ、工具の良し悪しで作業効率が大きく変わるのも事実なので、他の工具はともかく … 続きを読む

自作パソコンの基礎知識

自作パソコンの醍醐味は使用環境によってパソコンのスペックを自在に変更できるところにあり、性能、省電力、静音性、見た目、コストなどなど、市販のPCよりも、より目的に特化した仕様のモデルを構成できる。 また、CPUやメモリな … 続きを読む

自作パソコンの基本的な組立て方

自作PCはパーツの構成さえ押さえておけば、組立そのものは意外と簡単。 特に基本構成でノーマルなPCを組み立てる場合は、小難しい専門知識がなくてもできる。 どうしても先入観で難しく考えがちだが、要は所定の場所にケーブルを差 … 続きを読む

RAIDの設定

RAID(Redundant Arrays of Inexpensive Disks)は「レイド」と読み、直訳すると「安価なディスクの冗長配置」。 冗長とは良く言えば「余裕」、悪く言えば「無駄」のことで、「システム障害に … 続きを読む

ベーシックディスクとパーティション

ハードディスクのディスク管理には、ベーシックディスクとダイナミックディスクがあるが、パソコンを購入した時点、もしくは普通にWindowsをクリーンインストールした場合、ハードディスクやSSDは「ベーシックディスク」になっ … 続きを読む

自作PCの製作記録

Commodore64のベアボーンで自作(未完)

事の発端は2011年4月に掲載されたITmedia NEWSの「あの8ビット機「Commodore 64」が復活」という記事。 あの8ビット機「Commodore 64」が復活 1982年に発売されたCommodore … 続きを読む

AMD RYZEN7 1700X ~ RYZEN7 1700Xを使用した自作PC

AMDの最新CPU 「Zen」アーキテクチャを採用したRyzenが発売されてから3ヶ月。 発売当初は完売続出で入手困難だったが、いまは落ち着いて普通に購入できる。 Ryzen7はインテルのハイエンドCPU Core i7 … 続きを読む

AMD FX-8350 ~ PCケース交換

Ryzen7 1700Xの制作に伴い、4年間稼働してきたFX-8350を、CorsairのフルタワーケースObsidian 800D(CC800DW)から、CorsairのミドルタワーケースObsidian 650D(C … 続きを読む

AMD FX-6200 ~ MBの換装

サブマシンとして稼働していたFX-6200を、テスト用のPCとして別のケースに移植する際、電源ユニットがHECの「WIN+550W」だったため、PhenomⅡx4 965のMB換装時に、700Wのサイズ「剛力短2」と入れ … 続きを読む

AMD PhenomⅡ x4 965BE ~ MBの換装

2017/06/28 IOデータのTVキャプチャーカードを積んで、TVに接続してあったPCが異常発熱を起こして事切れた。 使用していたCPUはAMD PhenomⅡx4 965BEで、7年前にメインPCで使用していたもの … 続きを読む