AMD PhenomⅡ x4 965BE ~ MBの換装


2017/06/28

IOデータのTVキャプチャーカードを積んで、TVに接続してあったPCが異常発熱を起こして事切れた。
使用していたCPUはAMD PhenomⅡx4 965BEで、7年前にメインPCで使用していたもの。当時はOCしていたが、TV用になってからは定格で動作中だった。

ケース内を正圧にしていても、3年間ほぼ毎日稼働していれば塵も積る。
反省しつつパーツを外して、OA用のウエットティッシュとエアークリーナーで各部を掃除。



Windows10にしてからテスト用のPCも調子が悪いため、使用していたCORSAIRのケースと、サイズの電源ユニットをテスト用のPCに回し、余っていたCoolerMasterの初代 CM690とHECの電源ユニットを再利用。

使用パーツ

CPU AMD AMD PhenomⅡx4 965BE
マザーボード GIGABYTE GA-78LMT-USB3 REV6.X
メモリ Corsair Vengeance  DDR3 4GB x 2
グラフィック・カード SAPPHIRE ULTIMATE HD 4670
サウンド・カード Onkyo SE-200PCI
電源ユニット HEC WIN+550W
ケース CoolerMaster CM690
補助記憶装置(C:) CFD SSD120GB
補助記憶装置(D:) Western Digital HDD Green 3TB
光学ドライブ BUFFALO BR-H1016FBS-BK
CPUクーラー ZALMAN CNPS14X
ケースファン いろいろ 有り物いろいろ

マザーボード以外は全て既存パーツか有り物で、この他にIOデータのTVキャプチャーボードを追加。

AMDのPhenomⅡ965はSocket AM3用のCPUで、2010年の初めに購入したもの。
すでに7年もの歳月が流れており、AM3対応のマザーボードを探すのは困難だが、AMDのソケットは下位互換に対応しているものが多く、ソケットAM3のPhenomⅡはAM3+のソケットでも動作する。

組立

マザーボードの換装なので、一旦すべてのパーツを外してからの組立になり、新しく組み立てるよりも一手間増える。

既存パーツの撤去と組立

パーツの取り外しで面倒だったのがZALMANのCPUクーラー「CNPS9900」。
外した後はネジ穴がなめてしまい、再利用は難しく廃棄処分に。。

剥き出しになったPhenomⅡ。
グリースはほぼ乾燥していて粘り気もほとんどない。

専用のクリーナーで磨き上げる。

グリースで再び化粧をしてマザーボードに固定。

CPUクーラーを固定。
同じZALMANだが、CNPS14Xはナットで固定するタイプ。

OSは32bitのWindows7にする予定なので、メモリは4GBで十分なのだが、手持ちのメモリがCorsairの4GBx2だったので、そのまま使用する事にした。

ただ、先に固定したZALMANのCPUにメモリのヒートシンクが干渉したので、1枚だけ殻を取り除く。

微妙だがきれいに収まった。

SapphireのグラボをPCIeに差し、12Vの主電源、9V田型、パワースイッチのケーブルを挿して通電テスト。
特に問題はなくBIOSが走ったので、次はケースにパーツを固定。

背面パネルを忘れずにケースへはめ込む。

裏配線する際、24PIN主電源と田型のケーブルが短かったので延長ケーブルを使用。

CM690は中途半端に裏配線ができるケースで、24pinの主電源を裏から回す際、ケース底面付近にそれっぽい切れ込みがあるものの、ケーブルが微妙に通らないため、ペンチで強引に開いている。

ケースファンはトップに120mmを排気で1個、ボトムに吸気で140mmが1個、フロントに吸気で120mmが2個、リアに120mmが排気で1個という配置で、ケース内部は正圧(だと思う)。

完成。

Spec

CPU:AMD PhenomⅡ x4 Black Edition 3.4GHz(定格)
チップセット:AMD 760G + SB710
メモリ:DDR3 PC3-12800 8GHz Dual Channels(利用可能サイズ4GHz)
グラフィック:AMD Radeon HD 4670
ストレージ:SSD SATA 6Gb/s  HDD SATA3Gb/s 3TB
電源:550W

制作日:2017年6月28日

PhnomⅡx4 965はTDPが125Wの大食漢のため、今回の構成では650W~700Wの電源が理想。
増設カードのことを何も考えずにマザーボードを購入したので、空きスロットが足りず、スロットを2つ潰してしまうMSIのグラボR5770 Stom1Gを、ファンレスのSapphire ULTIMATE HD 4670にグレードダウン。
マザーボードがM-ATXになったので、全体的にこじんまりとした感じになった。

気になる温度は、室温28℃の状態でCPUが38℃とちょっと高め。

CrystalMark

2009年からリリースされたPhenomⅡは未だ現役で活躍できる。

テレビ用としては十分なスペックというか、CPUの数値だけで見ると後継のFX-6200よりも優秀。

今回の制作で大きな落ち度は、異常発熱後にBIOSが起動しなくなった際、大して調べもせずMBの不具合だと決めてしまったこと。
電源を入れるとケースファンがフル回転するものの、BIOSが起動しなかったので、てっきりMBが原因だと思ったのだが然にあらず、別のPCで使用するつもりで今回構成から外した、サイズの電源ユニット「剛力短」が不具合の原因だった。

おそらく剛力短からの電源供給に問題が有り、マザーボードが逝ってしまい、使用不能に陥ったと思われる。
そのことに気付くため、更に別のMBが犠牲になってしまった。。。






自作PCの基本

組立に必要な工具

パソコンを自作するには様々な工具が必要な気もするが、不可欠なのは「プラスドライバー」のみ。もちろん100円ショップで販売している物でもOK。 ただ、工具の良し悪しで作業効率が大きく変わるのも事実なので、他の工具はともかく … 続きを読む

自作パソコンの基礎知識

自作パソコンの醍醐味は使用環境によってパソコンのスペックを自在に変更できるところにあり、性能、省電力、静音性、見た目、コストなどなど、市販のPCよりも、より目的に特化した仕様のモデルを構成できる。 また、CPUやメモリな … 続きを読む

自作パソコンの基本的な組立て方

自作PCはパーツの構成さえ押さえておけば、組立そのものは意外と簡単。 特に基本構成でノーマルなPCを組み立てる場合は、小難しい専門知識がなくてもできる。 どうしても先入観で難しく考えがちだが、要は所定の場所にケーブルを差 … 続きを読む

RAIDの設定

RAID(Redundant Arrays of Inexpensive Disks)は「レイド」と読み、直訳すると「安価なディスクの冗長配置」。 冗長とは良く言えば「余裕」、悪く言えば「無駄」のことで、「システム障害に … 続きを読む

ベーシックディスクとパーティション

ハードディスクのディスク管理には、ベーシックディスクとダイナミックディスクがあるが、パソコンを購入した時点、もしくは普通にWindowsをクリーンインストールした場合、ハードディスクやSSDは「ベーシックディスク」になっ … 続きを読む

自作PCの製作記録

Commodore64のベアボーンで自作(未完)

事の発端は2011年4月に掲載されたITmedia NEWSの「あの8ビット機「Commodore 64」が復活」という記事。 あの8ビット機「Commodore 64」が復活 1982年に発売されたCommodore … 続きを読む

AMD RYZEN7 1700X ~ RYZEN7 1700Xを使用した自作PC

AMDの最新CPU 「Zen」アーキテクチャを採用したRyzenが発売されてから3ヶ月。 発売当初は完売続出で入手困難だったが、いまは落ち着いて普通に購入できる。 Ryzen7はインテルのハイエンドCPU Core i7 … 続きを読む

AMD FX-8350 ~ PCケース交換

Ryzen7 1700Xの制作に伴い、4年間稼働してきたFX-8350を、CorsairのフルタワーケースObsidian 800D(CC800DW)から、CorsairのミドルタワーケースObsidian 650D(C … 続きを読む

AMD FX-6200 ~ MBの換装

サブマシンとして稼働していたFX-6200を、テスト用のPCとして別のケースに移植する際、電源ユニットがHECの「WIN+550W」だったため、PhenomⅡx4 965のMB換装時に、700Wのサイズ「剛力短2」と入れ … 続きを読む

AMD PhenomⅡ x4 965BE ~ MBの換装

2017/06/28 IOデータのTVキャプチャーカードを積んで、TVに接続してあったPCが異常発熱を起こして事切れた。 使用していたCPUはAMD PhenomⅡx4 965BEで、7年前にメインPCで使用していたもの … 続きを読む