Androidデバイス購入時の注意点


Androidのバージョンにはお菓子にちなんだコードネームがアルファベット順で付けられている。
バージョン1.0と2.0は非公開なので、ApplepieとBananabreadについては公式ではなく、バージョン1.5のCupcakeから公開アナウンスされている。



バージョン コードネーム リリース日
Android1.0 Applepie 2008年9月
Android1.1 Bananabread 2009年2月
Android1.5 Cupcake 2009年4月
Android1.6 Donuts 2009年9月
Android2.0 Ekrea 2009年10月
Android2.2 Froyo(FrozenYogurt) 2010年5月
Android2.3 Gingerbread 2010年12月
Android3.0 HoneyComb 2011年5月
Android4.0 Ice Cream Sandwich 2011年10月
Android4.1 Jelly Bean 2012年7月
Android4.4 KitKat 2013年7月
Android5.0 Lolipop 2014年7月
Android6.0 Marshmallow 2015年10月
Android7.0 Nougat 2016年8月
Android8.0 Oreo 2017年8月

Googleが保証しているサポート期間は、OSのバージョンアップがデバイスの発売日から最低2年間、セキュリティアップデートは発売日から3年になっており、各キャリアのサポートもおおよそ3年。

Androidのセキュリティとサポート

Androidはオープンソースで提供されているので、デバイスの製造メーカーやキャリア各社がカスタマイズしており、アップデートは製造メーカーによって実施されている。 開発元のGoogleが提供しているアップデートは、Goo … 続きを読む

Windowsは新しいOSがリリースされてから2年間は、旧バージョンがプレインストールされたPCの販売をOEMに許可しており、販売店では新バージョンの発売日から1年間 旧バージョンの販売が許可されている。
比較的、息の長いWindowsでさえ通常は新バージョンリリースから最長で2年、販売店には1年しか旧バージョンの継続販売が認められていない。

Androidを搭載したスマホの場合、各キャリアで販売されているデバイスは、1年前に発売されたものが格安になっており、2018年1月現在では搭載しているAndroidのバージョンも、OSのバージョンアップが保証されているAndroid6.0(Marshmallow)が最も古く、docomoのAQUOSやARROWSではセキュリティレベルが2017年11月になっている。

厄介なのは「SIMフリー」として販売されている安価なAndroidデバイス。
現行モデルが3万円~8万円することを考えれば本体価格は激安なのだが、実装しているAndroidのバージョンがAndroid4.4(KitKat)のものが多く、すでにサポート期間が終了しているため無防備に等しい。

セキュリティパッチレベルの確認が可能になったのはAndroid6.0(Marshmallow)からなので、Android4.4(KitKat)では端末番号から最終アップデートをネットで検索するしか手はないのだが、Android4.4を実装しているデバイスのサポートは2017年にほぼ終了しているはず。

Windowsで例えるなら、2017年4月にサポートが終了したVista搭載の格安PCを購入するのと同じ。

サポート切れのデバイスを販売しているのは日本だけでなく、海外でも同様に販売が継続されており、サポートについての注意書きなどはない。

Androidデバイスを標的にしたマルウェアが増加する傾向にある中で、セキュリティアップデートのないデバイスを普通にメインのスマホとして使用すると、アドレス帳・端末内の画像・クラウドストレージに保存されているデータ・暗証番号などの入力情報流出や、端末の遠隔操作、第三者による成りすましなどのリスクが高くなる。

これらのリスクを回避するため、サポートの切れた端末を使用する場合は、アドレス帳など個人情報は一切登録せず、当然ながらクレジットカード決済は行わず、Googleアカウントを使用するなら「捨て垢」で、更に通常は「オフライン」が原則。
この状態で利用できるのはオフラインに対応したゲームかミュージックプレイヤー、メモ帳くらいで、スマホの利便性は著しく損なわれるが、それくらいセキュリティリスクがあるということ。

MVNOの格安SIMと安価なSIMフリー端末の組み合わせは、三大キャリアで契約するよりも割安になるが、使用するSIMフリー端末によっては大きなリスクを背負うことになるので、SIMフリー端末を購入する場合は、Androidのバージョンと端末の発売日の確認は必須。

Androidはベンダーやキャリア主体のセキュリティアップデートに大きな問題を抱えているが、注意喚起のないサポート切れ端末の販売も大きな問題。
使用しているスマホに搭載されているAndroidのバージョンや、最新のバージョンが何かなど、興味も関心もない人がほとんどで、一般的な感覚で言えば「新しく購入=最新」であって、いくら安いからと言っても、賞味期限切れの物が販売されているとは思っていない
Androidの性質上、このあたりは規制が難しいところだが、せめてサポート切れの注意喚起くらいは欲しいところ。






Androidのセットアップ