Android版 連絡帳とGoogle連絡先(コンタクト)


Googleコンタクトは、Androidで「連絡帳」、PC版では「Google連絡先」という表記になっており、Googleアカウントに紐付けられ、データはGoogleのサーバに保存されているため、デバイスを変更してもGoogleアカウントでログインすることでアクセスが可能になる。

以前は各キャリアやデバイス毎に独自の「連絡帳」があり、Googleコンタクトは使用できなかったが、現バージョン2.1.3.165574432ではAndroid5.0以降のデバイスにインストールが可能になった。

システム要件

Android 5.0(Lollipop) 以降

Googleコンタクトに登録できる連絡先は最大25,000件で、容量は20MB(写真は含まず)。
連絡先に登録できるフィールドは最大で500個、「メモ」を除く各フィールドの最大文字数は1024になっている。

アクセス権限

ID

  • この端末上のアカウントの検索
  • アカウントの追加と削除
  • 自分の連絡先カードの読み取り
  • 自分の連絡先カードの変更

カレンダー

  • カレンダーの予定と機密情報の読み取り

連絡先

  • この端末上のアカウントの検索
  • 連絡先の読み取り
  • 連絡先の変更

SMS

  • テキスト メッセージ(SMS または MMS)の読み取り

電話

  • 電話番号発信
  • 通話履歴の読み取り
  • 端末のステータスと ID の読み取り

画像/メディア/ファイル

  • USB ストレージのコンテンツの読み取り
  • ストレージ
  • USB ストレージのコンテンツの読み取り

端末 ID と通話情報

  • 端末のステータスと ID の読み取り

その他

  • 同期統計の読み取り
  • ボイスメールの読み取り
  • インターネットからデータを受信する
  • 設定したアカウントを表示する
  • ネットワーク接続の表示
  • ネットワークへのフルアクセス
  • NFC の管理
  • 同期設定の読み取り
  • 起動時の実行
  • この端末上のアカウントの使用
  • バイブレーションの制御
  • 端末のスリープの無効化
  • システム設定の変更
  • 同期の ON/OFF の切り替え
  • ショートカットのインストール
  • Google サービス設定の読み取り

アプリの入手先

Googleプレイ 連絡先アプリダウンロードページ



連絡先のセットアップ

Googleの「連絡先」を使用する場合はAndroidデバイスがGoogleアカウントでログインしていることが前提。

Android版 Googleアカウント取得と設定

GoogleアカウントはGoogleが提供している、GmailやGoogleカレンダー、Googleドライブ、Googleフォトなどの各サービスを利用する際に必要なアカウントで、PC版であれば既存のメールアドレスでもGo … 続きを読む

Googleアカウントにログインしていないと、Googleプレイストアが利用できないので、Googleプレイストアにアクセスして「連絡帳」がダウンロードできたらログイン済み。

インストールした「連絡帳」を開くと、「連絡先」へのアクセス許可を求めてくるので「許可」。

連絡先やら連絡帳やらで少々ややこしいが、Google連絡帳がアクセス許可を求めている「連絡帳」とは、Androidデバイス本体に保存されている連絡帳のことで、Googleアカウントと同期していない電話帳アプリのデータが保存されている。

連絡先から直接電話がかけられるように「電話の発信と管理」も「許可」。

連絡先が開いて「自動同期がOFF」になっているとメッセージが出たら、メッセージをタップ。

自動同期を「ONにする」をタップしてセットアップは完了。

Googleアカウントでログインしていれば、連絡先を起動した時点でアカウントを認識しているので、単体でのログインは不要。

使用方法

PCでGmailやGoogleコンタクト(Google連絡先)を使用している場合、初期設定では登録されているラベルも含め、「すべての連絡先」がAndroidの「連絡先」に同期される。
そのためPCで使用しているGoogleコンタクトの整理状況によっては連絡先が煩雑になるので、事前に整理をしておくことを推奨。

Google 連絡先(コンタクト)の設定と使い方

Googleコンタクト(連絡先)はGmailに付随していたアドレス帳が進化したもので、Googleアカウントで紐付けされた各サービスで共用できる。 Androidを搭載したスマホでは電話帳として利用でき、クラウド型のメリ … 続きを読む

インストールした「連絡帳」を開くと、同一アカウントでGoogleコンタクトを使用していなければ、空の状態で「連絡帳」が起動する。

メニューを表示するには上部の「三」をタップ。

複数のアカウントを使用している場合は、上図赤枠部分をクリックしてアカウントの切り替えを行う。

すでにGoogleコンタクトを使用しているアカウントでは、登録されている連絡先が表示される。

連絡先のインポートやエクスポート、連絡先登録時のデフォルトアカウントなどはメニューの「設定」から行う。

 

自分の情報

氏名や電話番号、メールアドレスなど自分の連絡先を登録できる。

アカウント

Googleのアカウント設定。
アカウントに紐付けられている各サービスの同期設定が可能なので、Googleコンタクトを使用しないアカウントは同期をオフにしておく。

連絡先の編集

新しい連絡先を登録する際に、登録するデフォルトアカウントを設定する。
デフォルト設定しても登録時にアカウントの選択は可能。ただし、一旦設定するとデバイスをリセットするか、アプリを削除して再インストールするまで「デフォルト設定なし」の状態には戻せない。

表示する連絡先

Android6.0では「表示する連絡先」という項目があり、Android7.0以降では連絡帳の右上にある「︙」メニューの「ビューをカスタマイズ」に変更されている。

この項目は「連絡帳」に表示するカテゴリを指定できるもので、使用しないアドレスを割愛できるため効率的。
ただし、アドレスの整理が必要になる。

デフォルトで「すべての連絡先」にチェックが入っているので、「カスタマイズ」をタップ。

「カスタマイズ」ではデフォルトで「My Contacts」と「Starred in Android」の2項目にチェックが入っているので、必要に応じてその他のラベルにもチェックを入れる。
ただしラベルの場合は、My Contactsに登録されていないアドレスがあれば有効だが、My Contactsに登録されているアドレスであればラベルの選択は不要。

「Starred in Android」はAndroidデバイスに登録されているスター付きのアドレスで、「Google連絡帳」以外の電話帳を使用していた場合はチェックを入れておく。

新規登録と編集

連絡帳に登録する際、最も多いのは着信履歴からの登録かと思われるが、その場合は使用しているスマホの機種によって「電話」アプリが異なるため、アドレスの登録フォームも電話アプリに準じたものになり、「Google連絡帳」本来の仕様とはわずかに異なってくる。

ZenFone3 DXの電話アプリの画面。

Google謹製 Nexus6の電話アプリの画面。

使用するデバイスによってデザインは異なるものの、操作方法はほとんど同じ。
通話履歴から連絡先を登録する場合は、先頭にあるアイコンをタップ。

通話履歴の詳細が表示されるので、右下にある連絡先追加のアイコンをタップ。

新規登録の場合は「連絡先を作成」をタップ。
既存の連絡先に追加する場合は、該当の連絡先をタップ。

連絡先の編集画面になるので必要事項を入力して「保存」。

画像を追加する場合は、カメラのアイコンをタップして、写真を取るか、デバイス内の画像を選択し、アイコンにする範囲を指定する。

連絡先を編集する場合は、任意の連絡先を開き、右下に表示される「ペンアイコン」をタップすると、編集画面になる。

連絡先の一覧から先頭のアイコンをタップし、連絡先の詳細画面を開き、右上の「︙」メニューでは「ラベルに追加」「削除」「共有」などが選択可能。

「ホーム画面に追加」は連絡先のショートカットをホーム画面に作成するもので、ワンタップでコールすることができる。
「着信音を設定」はガラケー時代から存在していた、相手によって着信音を変更する機能。
「移動」はマルチアカウントで利用している場合、別アカウントのGoogleコンタクトへ該当の連絡先を移動させるメニュー。

また、連絡先に電話番号が複数登録されている場合は、「デフォルトに設定」というメニューが表示され、アイコンをタップした際にコールする電話番号を指定できる。

ラベル

登録した連絡先は任意に作成した「ラベル」をつけることでカテゴリー分けが可能。

ラベルを作成するには「+ラベルを作成」をクリックして任意の名称を入力する。
任意の並び順にしたい場合は、先頭に番号やアルファベットを振ればOK。

連絡先には複数のラベルを追加できるので、用途に応じてラベルを使用すると連絡先の管理がしやすくなる。

My Contacts

PCでブラウザ版の「Google連絡先」では「連絡先」という表記になった「Myコンタクト」だが、「Google連絡先」では連絡先の「削除」とは別に「除外」というメニューがあり、Myコンタクトから外すことができるのだが、Androidアプリ版では「除外」に該当するメニューがないため、登録した連絡先は常に表示されることになる。

手元にPCがなく、Google連絡先を編集したい場合は、スマホやタブレットのブラウザからアクセスすることになる。

「Chrome」などのブラウザを起動して「gmail」で検索するか、下記URLにアクセスしてブックマークをつけておく。

https://www.google.com/gmail

ブラウザ版のGoogleアプリが表示されるので、Gmailが選択されている状態で右上の三点アイコンをタップしてメニューを表示する。

一覧の中にある「PC版サイトを見る」を有効にして、ページをリロード(更新)する。

「簡易HTML形式のGmail使用」を訊いてくるので「最新Gmailを使用」をタップ。

はじめてPC版のGmailにアクセスした場合はプロモーションが表示されるので「次へ」。

PC版のGmailが開くので右上にある「ギアアイコン」をクリックして各種設定を行う。

「PC版サイトを見る」を有効後、リロードしてもPC版が表示されない場合は、左上の「三」をタップしてメニューを表示。

メニュー最下部にある「デスクトップ」をタップ。

懐かしいBETA時代のGmailが表示されるので、スレッド下の「Gmai 表示」の「標準」をタップすれば、最新のPC版Gmailへアクセスできる。

Gmailが開いたら「連絡先」に切り替えると「Google連絡先」へアクセスできる。

「Google連絡先」の編集については下記を参照。

Android版 Googleアカウント取得と設定

GoogleアカウントはGoogleが提供している、GmailやGoogleカレンダー、Googleドライブ、Googleフォトなどの各サービスを利用する際に必要なアカウントで、PC版であれば既存のメールアドレスでもGo … 続きを読む






Android版 Google関連サービス

Android版 連絡帳とGoogle連絡先(コンタクト)

Googleコンタクトは、Androidで「連絡帳」、PC版では「Google連絡先」という表記になっており、Googleアカウントに紐付けられ、データはGoogleのサーバに保存されているため、デバイスを変更してもGo … 続きを読む

Android版 Gmailの設定と使い方

もともとGmailはパソコンで操作するWebメールだったのだが、Androidの普及とともに、現在ではAndroidデバイスの主要なメールアプリになった。 現バージョン7.8.13.16xxxでは、ブラウザ版のGmail … 続きを読む

Android版 Googleアカウント取得と設定

GoogleアカウントはGoogleが提供している、GmailやGoogleカレンダー、Googleドライブ、Googleフォトなどの各サービスを利用する際に必要なアカウントで、PC版であれば既存のメールアドレスでもGo … 続きを読む