Android版 ネットワークプリントサービスのインストールと使い方


DropboxやGoogle Driveなどのオンラインストレージを利用すると、スマホ1つあれば外出先でも書類の確認はできるものの、ノートPCを所持していても出来ないのが印刷。

世の中ペーパレス化が進み、プリンタを使用する機会も減ってはいるが、印刷が必要なときに限ってインクが切れていたり、プリンタが不調だったり、出先で急に印刷が必要になったりする。

そんなときに便利なのがネットワークプリントサービス。
印刷するファイルをクラウド上にアップし、最寄りの指定コンビニにあるコピーでファイルを取得してプリントする仕組み。
当たり前だが印刷時に文書プリントはA4モノクロで20円、カラーは60円など所定の料金が発生する。

ネットワークプリントサービスはシャープのマルチコピー機の付加サービスで、シャープのコピー機を設置している「ローソン」「ファミリーマート」「サークルK・サンクス」と、北海道であれば「セイコーマート」と、群馬県なら「セーブオン」でも印刷可能。
ちなみに「セブンイレブン」には富士ゼロックスが提供している同様のアプリがある。

仕様や料金はこちらを参照

システム要件

Android4.3以上

必要権限

USB ストレージのコンテンツの読み取り
USB ストレージのコンテンツの変更または削除
ネットワーク接続の表示
ネットワークへのフルアクセス

ソフトの入手先

Google Playストアlink



ネットワークプリントサービスのインストール

Playストアから「インストール」をタップするだけ。

似た名称のアプリが多いので、アプリの提供元が「SHARP CORPORATION」であることを確認。

「インストール」をタップするとアクセス権限の情報が表示されるので、「同意する」をタップすると、インストールが開始する。

使用方法

「ネットワークプリント」を利用するには、まず無料の会員登録が必要。
会員登録すると「ユーザー番号」が付与され、コンビニのコピー機でユーザー番号を入力すると、サーバ上に保存されたファイルにアクセスすることが可能になる。

PCの場合はアプリを使用せず、ブラウザで利用可能。
Web版 ネットワークプリントサービス

インストールした「ネットワークプリント」を開くとログイン画面になるので、「会員登録はこちら」をタップ。

「アカウント」の画面では「新規会員登録(無料)を行う」をタップ。

会員規約ほかのリンクを確認後、問題なければ「下記に同意する」にチェックを入れた後、「メールアドレスで登録」をタップ。

ログインIDになるメールアドレスを入力。

仮会員登録が完了したので、登録したメールアドレスを確認する。

「ネットワークプリントサービス」から「仮会員登録のお知らせ」というタイトルのメールが届いているので、本文のURLをタップして本登録を行う。

任意でニックネームとパスワードを設定。

マルチコピー機のログイン設定についてはデフォルトの「ユーザー番号のみ」がお手軽だが、セキュリティを強化したい場合は「ログイン名とパスワード」に変更して「次へ」。

本登録が完了し、「ユーザー番号」が発行され、本登録が完了。

印刷可能なファイル

印刷が可能なファイル形式はMS OfficeのWord(.docx)、Excel(.xlsx)、PowerPoint(.pptx)と、PDF、JPEG、PNGで、1ファイルのサイズ上限は10MBで、合計60MBまで登録可能。

文書ファイルの場合、出力用紙がB5/B4/A4だと1ファイルのページ上限は50ページ。A3は1ファイル30ページ。

ファイル保管期限は8日間になっている。

本体からの印刷

スマホ本体(SDカードを含む)に印刷するファイルが保存されている場合は、印刷するファイル形式に合わせて「ネットワークプリントサービス」の「画像を登録する」または「文書を登録する」をタップすると、デバイス内で印刷可能なファイルが一覧表示される。

一覧から印刷するファイルをタップすると登録画面になるので、下部の「+登録」ボタンをタップしてファイルをアップロードする。

文書ファイルの場合は用紙を選択してから登録。

アップロードが完了すると「登録受け付け」画面になり、「展開中」から「印刷できます」になればコンビニのコピー機で印刷可能。

オンラインストレージからの印刷

DropboxやGoogle Driveに保存しているファイルは、ローカル保存しなくても直接ネットワークプリントサービスへ送信できる。

各オンラインストレージのアプリを開き、印刷する書類の「︙」をタップしてメニューを開く。

Dropboxの場合は「エクスポート」、Google Driveは「コピーの送信」、OneDriveは「共有」→「ファイルの送信」をタップ。

展開されるアプリの候補に「ネットワークプリント」があるのでタップして選択。

文書ファイルの場合は、印刷する用紙サイズを選択し、必要に応じてオプションを指定したら「+登録」をタップしてファイルをアップロードする。

画像ファイルはそのまま登録。

「登録受け付け」画面で「印刷できます」になれば、コピー機で印刷可能。

コンビニでの印刷

ファイルを登録したら後は最寄りのコンビニに行き、コピー機を操作するだけ。
ちなみにコンビニに設置してあるマルチメディア端末「ロッピー」や「ファミポート」ではなく、使用するのはあくまでコピー機。

コピー機のメニュー画面には「ネットワークプリントサービス」の表示があるので選択。

次にスマホに表示されている「ユーザー番号」をコピー機に入力。

マイボックスの内容が表示されるので、出力するファイルとモノクロ・カラー、枚数などを指定して印刷。

枚数についてはネットワークプリントサービスで同じものを複数枚印刷するとコストが上がるので、取り敢えず全て1枚で出力し、後から出力したものをコピーしたほうが経済的。






クラウドプリント

Android版 ネットワークプリントサービスのインストールと使い方

DropboxやGoogle Driveなどのオンラインストレージを利用すると、スマホ1つあれば外出先でも書類の確認はできるものの、ノートPCを所持していても出来ないのが印刷。 世の中ペーパレス化が進み、プリンタを使用す … 続きを読む

Google クラウド プリントの設定と使い方

Googleクラウドプリントは、Googleが提供している印刷サービスで、印刷データをインターネット経由でプリンタに送信するため、さまざまデバイスで1台のプリンタを使用できる。 会社ならともなく、個人で紙に出力する機会は … 続きを読む