Appleを騙ったフィッシングメール


2017/08/23

フィッシングメールと思われるAppleサポートを騙ったメールが届いた。

リマインダ:チームサポートからの購入詳細

Gmailを利用しているので該当のメールは「迷惑メール」に振り分けられていたのだが、差出人は「Appleサポート」。



以下のサブスクリプションをご購入いただきありがとうございます。 22/08/2017 01:04:55 AM
サブスクリプションの名前:ギフトカードiTunesの
注文番号:424564687455
受領日:22/08/2017 01:04:55 PM

注文総額:99.99米ドル

どうやら99.99ドルのiTunesギフトカードを購入したらしい。
1ドル110円換算で10,998円。

中国あたりから送られてくるスパムメールは、日本語がかなり不自然で、漢字が中華フォントだったりするので、一目瞭然で判別できるが、このメールは一見すると普通っぽい。

ただ、よく見ると機械翻訳でありがちな単語の並びがおかしな箇所がある。
「ギフトカードiTunesの」
「この購入を承認していない場合は、をご覧ください。iTunes支払いキャンセルフォーム  」

iTunesギフトカードを購入した経験があれば、メールの体裁そのものに違和感を覚えたりするかもしれないが、購入した経験がなければ分かりにくい。

詳細を見ると、メールアドレスが笑ってしまう。
<japane@sup-aplee.com>

「e」が余分だったり「p」が足りなかったり。。。

しかも「To」ではなく「Bcc」で送信されている。

「iTunes支払いキャンセルフォーム  」のリンク先を「aguse」で確認。
aguseは調査したいサイトのURLや受信したメールのメールヘッダーを分析する無料のサービス。

aguse

米国の「GoDaddy」というホスティング会社がヒット。

「VirusTotal」でも調べたが、確認した時点ではすでにステータスコード「404」が返されており、該当ページは見当たらない状態だった。

単なる愉快犯なのか、逃走した後なのか不明だが、「10万円受け取って下さい」とか「◯◯に当選しました!」といったフィッシングメールより、身に覚えのない購入確認メールでキャンセルフォームへの誘導はうまくできている。

触らぬ神に祟りなし。
いろいろと巧妙化しているのでメールの取扱は慎重に。





レポート

Oculus Goを使ってみた。

Oculus Goはスマホを使用しないスタンドアローンのHMDなのだが、セッティングにはAndroid 6.0( Mar … “Oculus Goを使ってみた。” の続きを読む

リッピングソフトの比較検証

DVDやBlu-rayの保護解除は違法行為になるが、保護解除に対応したリッピングソフトは、DVDFabからリリースされて … “リッピングソフトの比較検証” の続きを読む

識別されていないネットワーク・デフォルトゲートウェイがない場合の対処法

PCケースを換装した際にネットワーク設定でトラブルが発生した。 症状はポピュラーな「識別されていないネットワーク」で、タ … “識別されていないネットワーク・デフォルトゲートウェイがない場合の対処法” の続きを読む

Apple IDがロックされたというフィッシングメール

2019/01/20 以前にAppleを騙ったフィッシングメールという記事をアップしたのだが、その後もApple系のフィ … “Apple IDがロックされたというフィッシングメール” の続きを読む

Defencebyteというローグウェア

2019/01/15 ときどき海外からアプリのレビュー依頼が来る。 基本的に「来るもの拒まず」の精神で依頼されたアプリを … “Defencebyteというローグウェア” の続きを読む