ARMもHuaweiと取引停止を発表

スポンサーリンク
Apps-File-News-icon

アメリカの禁輸措置に従い 英国のARM もHuaweiと取引停止

2019/05/23
ソフトバンクグループが買収した英国「ARM」が、Googleに続きアメリカの禁輸措置に従い、Huaweiとの取引を停止したと報じられた。

アームが開発したARMアーキテクチャは、現行のスマホやタブレットなどのモバイルデバイスに使用されているSoCで使用されており、SoCを開発しているQualcommなどは、ARMアーキテクチャのライセンス契約を結んでいる。

半導体設計大手のアーム、ファーウェイとの取引を停止へlink

Huaweiが使用しているHiSilicon製のSoC「Kirin」もARMアーキテクチャを使用しているが、締結済みのライセンス契約についてはサポートが継続されるようなので、すぐにARMアーキテクチャが使えないというわけではないが、今回の報道によるインパクトは大きい。



すでに東南アジアではHuaweiデバイスの下取りを拒否する店舗が増えてきているらしい。

ファーウェイ製スマホ、アジアで下取り拒否の動きlink

日本ではまだ普通に下取りできるようだが、アメリカの禁輸措置が長期化すれば、Huawei製デバイスの価値下落は必至。

パナソニックが米ファーウェイとの該当取引中止、米政府規制受けlink

ただ、一時的な政治圧力とは言え、コンシューマに対する信用度が失墜してしまったHuaweiは、禁輸措置が解除されたとしても前途多難。





関連記事

Apps-File-News-icon

Essential Products が廃業

Essential Phone のセキュリティパッチ配信も停止 ついに Essential Phone をリリースした Essential Products が 廃業することが発表された。 廃業は 2020年2月12日。 […]

Apps-File-News-icon

トレンドマイクロから個人情報流出

ウイルスバスターを開発しているトレンドマイクロから流出した個人情報が詐欺犯罪に利用 国内のセキュリティソフトで大きなシェアを持っているウイルスバスターを開発しているトレンドマイクロが、2019年11月6日 元従業員の不正 […]

Apps-File-News-icon

Dropbox Plusが値上げ

Dropboxの有料プランが機能を強化して値上げ 1週間前ほど前にアナウンスされていた気もするが、Dropboxから有料プラン「Dropbox Plus」の値上げに関するメールが届いた。 これまで月払いで月額1,200円 […]

Apps-File-News-icon

AdSenseの広告ユニットが変わるらしい

AdSense ディスプレイ広告デザインを変更 広告デザイン変更については2018年8月に告知されていたが、ようやくGoogleから「Google AdSense の広告ユニットに対する重要な変更について」のタイトルで、 […]

Apps-File-News-icon

ARMもHuaweiと取引停止を発表

アメリカの禁輸措置に従い 英国のARM もHuaweiと取引停止 2019/05/23 ソフトバンクグループが買収した英国「ARM」が、Googleに続きアメリカの禁輸措置に従い、Huaweiとの取引を停止したと報じられ […]