DVDFabの最新セール情報と購入方法

DVDFabは中国のFengtao Software が開発した著名なリッピングソフトで、リッピングのほかエンコード、オーサリングなどの統合アプリの名称にもなっている。
DVDFabの特徴は、日本国内では違法になるDVDやBlu-rayの保護解除機能と、新しい保護技術への対応の速さにあり、それが15年以上も世界中のユーザーから支持されている最大の理由。

日本では著作権法で「技術的保護手段の回避」が禁じられており、国内でプロテクトを解除する機器やソフトは販売できない。
そのためAmazonやヨドバシオンラインで販売されている「Jungle」が販売元の「DVDFab」は保護解除機能が封じられているが、本家サイトから購入するとフル機能が利用できる状態で入手できる。

本家サイトが提供しているDVDFabでは、ライセンスを購入した時点でアカウントが発行され、ライセンス認証の管理が可能なため、PCを買い換える際などは既存PCで認証を解除し、新規PCで再認証することでライセンスを継続使用できる。
ただし、ライセンス管理にはメンバー登録が必須なので、購入時には必ずメンバー登録してパスワードを設定しておく



現在の開催中のセール(2019年5月24日更新)

タイトル:父の日セール
期間:2019年5月23日(午後)~

オールインワンライフタイムギフトを購入すると抽選で10名にELEPHAS プロジェクターが当たる!

セール内容

父の日セール特設ページ

DVDFab 公式 購入ページ

購入手順

DVDFabは必要な機能のみ単体で購入することも、オールインワンですべての機能を購入することもできる。
製品は「ライセンスの購入」という形になっており、ライセンスの有効期限には「1年」「2年」「無期限」があり、期間中は最新プロテクトへの対応などのアップデートが適用される。

現在利用できる支払い方法はクレジットカードとペイパル、Bitcoin。

購入方法はDVDFabの単機能ページの「すぐ購入」ボタンをクリックするか「ストア」ページから行う。

ストアページではトップに「オススメ」のバンドル製品が表示されるが、単品ページで「すぐ購入」をクリックしている場合は、すでに該当機能にチェックが入った状態になっている。

ページをスクロールして「DVDFab単品」のところで、購入する製品のWindows版にチェックが入っていることを確認し、「申し込み」の箇所で「1年・2年・無期限」からライセンスの有効期限を選択。

チェックを外すと取り消すことができる。

ストアページの単品一覧で複数の製品を同時購入することも可能だが、開催されているセールやストアページのトップに掲載されているバンドル、ストアページにある「ほかの特別オファー」などから選択したほうがお得だったりする。

単品一覧で購入する製品とライセンスの期限を選択した場合は、ページ最下部に合計金額が表示されているので、購入する場合は「安全購入」をというボタンをクリック。

セールやバンドルなどのセット製品の「すぐ購入」をクリックすると、すぐに「カート」へ移行するが、複数ライセンスや旧バージョンのダウンロード権など、購入目的以外の製品も含まれているので、不要であればゴミ箱アイコンをクリックして除外する。

セール品を購入するとクーポンコードが入力された状態になることもあるが、未入力であればサイトに表示されているクーポンコードを探して入力すれば更に割引される。
クーポンコードを入力したら「適用」をクリック。

支払いはクレジットカードかビットコインなので、VISA・MASTER・Bitcoinの三択から任意にチェックを入れる。

※裏技的だがペイパルも利用できる。(後述)

メールアドレスのほか氏名・住所・電話番号などを入力して「購入」をクリック。

メールアドレスは後からライセンス管理のためのURLが送信されてくるため、使い捨てのメアドではなく、必ず受信できるアドレスを使用する。

クレジットカード情報を入力して「今すぐ支払う」をクリック。

この決済画面でカード情報を入力せずに「今すぐ支払う」をクリックするとペイパルでの支払いが可能になる。(次項参照

うまく決済完了すると「お支払完了!」のページが表示される。

ページに記載がある通り、24時間以内に登録メールが届かない場合に備え、注文番号ほかの情報はスクリーンショットやメモなどで保管しておく

クレジットカードの利用明細にはDVDFabではなく「PASSPAY / TSIM SHA TSUI」という利用店名で記載される。

購入後の流れとメンバー登録・ライセンス認証

DVDFabのライセンス認証はレジストリキーを使用するのではなく、会員登録したメールアドレスとパスワードで「使用するPCの認証」を行い、PCの認証解除や再認証でも必須のため、製品購入時に登録したメールアドレスとパスワードは紛失しないよう保管しておく。

初めてDVDFabの製品を購入した場合は、購入時に「Registration information for DVDFab」という件名の登録案内メールと、「onlinetopay.com」から決済確認メール(2018年12月現在)が届き、メール本文に会員登録用のURLが記載されている。

DVDFabでは製品購入時に入力したメールアドレスが自動登録され、この時点でユーザーには公開されない初期設定のパスワードが生成されているため、実際には「パスワード」の再設定を行い、会員ページへログインできる状態にすることになる。

ライセンスを購入したら「Registration information for DVDFab(Registered to:ユーザー名)」というタイトルのメールが届く。

このメール一般的な「サンクスメール」や「セール情報を受け取るための会員登録」ではなく、購入した製品をアクティベートするために必要な登録案内なのでスルーしないよう要注意

メールに記載されているリンクには登録したメールアドレスが含まれており、リンク先の「ユーザー登録」ページではパスワードを設定するだけ。

任意のパスワードを設定したら「送信」をクリック。

メンバーログインページに切り替わるので「ログイン」。

「DVDFab 新規アカウントの作成」という確認メールも届くが、こちらのメールはスルーして問題ない。

会員ページにログイン完了。
このページはDVDFabのサイトの「メンバー」から閲覧可能。

会員ページでは購入した製品の確認や最新のセール情報、登録したメールアドレスの変更、パスワードの変更などが行える。

製品購入時に入力したメールアドレスで会員・非会員が識別され、会員(メールアドレスが過去に登録されている)場合は、製品は自動的に追加登録され、製品のアクティベーションには登録したアドレスとパスワードが必要になる。

DVDFabをインストール後、体験版の状態で起動すると体験版と製品版の違いが表示されるので、この時点で製品を購入している場合は「認証」をクリック。

すでに体験版を利用している場合は、ウインドウ右上のコントロールボックスのメニューから「認証」をクリック。

会員登録したメールアドレスとパスワードを入力して「認証」をクリック。

メールアドレスとパスワードが正しければPCが認証される。

「登録情報」が表示され、購入した製品に「アクティベーション済み」と表示される。

ライセンス認証解除と再認証については下記参照。

DVDFabのライセンス認証解除と再認証

DVDFabは製品を個別に購入できるが、使用できるのは製品購入時に登録したメールアドレスで認証したPCのみ。 そのため複 … “DVDFabのライセンス認証解除と再認証” の続きを読む

DVDFabで決済ができない場合

使用環境によって異なるのかもしれないが、個人的にDVDFabでの製品購入時に決済エラーが頻発して難儀したことがある。

クレジットカードの限度額オーバーや支払い滞納などによる利用停止なら理解もできるのだが、普通に利用できるクレジットカードを使用しても支払いに失敗する事がある。

決済エラー時に複数のクレジットカードで試してみたものの、全てエラーで弾かれたので、おそらくカード情報を処理するサーバ側の問題かと思われる。
無論、最も疑うべきは入力ミスなので、その点を再確認して間違いがないというのが大前提なのだが、決済エラー発生時の対処法にはいくつかある。

  • ブラウザを変更する
    使用しているブラウザがChromeであれば、FirefoxやIE、Edgeなど他のブラウザで試してみる。
  • 別のカードを使用する
    もしかしたら決済できるかも。
  • 時間を空けてみる
    サーバの処理問題が原因であれば、タイミングさえ合えば決済できるはず。

上記いずれの方法でも決済ができない場合は、ペイパルを利用して送金することになる。

PayPal利用の薦め

PayPalは米国発祥の決済代行サービスで、国際部門はシンガポール法人が拠点になっている。 最近は様々な決済手段が横行し … “PayPal利用の薦め” の続きを読む

ペイパルでの送金

PayPalでの送金はPayPalのアカウントを取得してことが前提で、PayPalに登録しているクレジットカードで決済できる。

「お支払いが失敗しました!」ページに表示されている「PayPalで支払って」のリンクをクリック。

「注文情報」と「取引ID」の入力ページが開くので、このページを残したまま、別タブや別ウインドウでPayPalのサイトを開く。

PayPalにログイン後、上部メニューの「ツール」→「支払う」を選択。

「商品またはサービスの代金を支払う」をクリック。

メールアドレスの箇所に、DVDFabの注文情報ページに表示されている「payment@dvdfab.cn」というアドレスを入力して「次へ」。

支払額を入力して「続行」。

支払い方法と支払額が表示されるので確認して「今すぐ支払う」をクリック。

支払い完了。

支払い後、PayPalに登録しているアドレス宛に取引明細が届くので、メールに記載されている「取引ID」を、DVDFabの購入ページに戻り、「取引IDを入力」の箇所に入力して「送信」。

リアルタイムで取引情報の照会が実行され、確認が取れると登録メールが送信される。

PayPalの取引IDを送信した際にも「支払い状況の確認が失敗しました!」とエラーが発生することがある。

その場合、記載されている service-jp@dvdfab.cn まで、支払い状況の確認に失敗したことと下記項目を記載の上、メールを送信する必要がある。

  • 登録したメールアドレス
  • 氏名
  • 購入製品名
  • PayPalでの決済金額
  • PayPalの取引ID

メールは日本語で問題なく、DVDFabのサポートはしっかりしているので、その点は安心。

DVDFab公式サイト





DVDFab関連アプリ

DVDFabの最新セール情報と購入方法

DVDFabは中国のFengtao Software が開発した著名なリッピングソフトで、リッピングのほかエンコード、オ … “DVDFabの最新セール情報と購入方法” の続きを読む

DVDFab11 Blu-ray コピーのインストールと使い方

「DVDFab11 Blu-ray コピー(DVDFab Blu-ray Copy)」は、Blu-rayディスクの複製、 … “DVDFab11 Blu-ray コピーのインストールと使い方” の続きを読む

DVDFab11 DVDコピーのインストールと使い方

「DVDFab DVDコピー(DVDFab DVD Copy)」は、DVDディスクの複製、ISOイメージファイルやDVD … “DVDFab11 DVDコピーのインストールと使い方” の続きを読む

DVDFab DVDコピー 無料版のインストールと使い方

DVDFab DVDコピー 無料版は、無料で利用できる「DVDFab HD Decrypter」に含まれ、「DVDFab … “DVDFab DVDコピー 無料版のインストールと使い方” の続きを読む

DVDFab11 Blu-rayリッピングのインストールと使い方

「DVDFab11 Blu-rayリッピング(DVDFab Blu-ray Ripper)」は、Blu-rayディスクの … “DVDFab11 Blu-rayリッピングのインストールと使い方” の続きを読む





DVDFab11 Blu-ray コピーのインストールと使い方

「DVDFab11 Blu-ray コピー(DVDFab Blu-ray Copy)」は、Blu-rayディスクの複製、ISOイメージファイルへの出力、Blu-rayフォルダへの出力のほか、Blu-ray-R DL(BD50)に収録されたデータをBlu-ray-R(BD25)に圧縮(トランスコード)することもできる。

強力な保護解除機能を実装したDVD / Blu-ray/ 4K UHD BDのリッピング統合ソフト「DVDFab11オールインワン」に含まれているアプリで、Blu-rayの保護技術であるAACSやBD+ protectionの解除をサポートしており、設定が簡素化されているため、ビギナーでも簡単にBlu-rayから動画ファイルを作成できるのが大きな特徴。

「DVDFab Blu-rayリッピング」は無料でインストールができ、試用期間(30日)もしくは試用制限(3枚)内はフル機能が利用可能。
また、試用期間・試用制限のいずれかを超えてしまうと、無料で利用できるDVDFab HD Decrypterへと自動的に移行する。
有料版・無料版ともにリッピング可能枚数は、1週間で70枚の制限があるため、1ヶ月280枚が上限になる。

製品版の価格は1年間有効なライセンスは約7,500円だが、常に割引が実施されているので実質的に5,500円前後で購入可能。

姉妹品の「DVDFab11 Blu-ray リッピング」はBlu-rayディスクのコンテンツを動画ファイルとして出力する機能だが、HandBrakeなどサードパーティー製のフリーソフトを使用すると「DVDFabコピー」で出力したISOファイルなどから動画ファイルを作成することもできる。

Caution
このアプリケーションはBlu-rayに使用されているプロテクトの解除機能を有しており、その機能を使用すると著作権法に定める「技術的保護手段の回避」に抵触するため、個人で作成したものなど、コピーガードのかかっていないBlu-ray限定で使用してください。

著作権法と違法行為

システム要件

バージョン11.0.2.6

OS:Windows Vista / 7 / 8 / 8.1 /10(32bit & 64bit)
CPU:Intel Core 2 Quad以上(PC/AT互換 2GHz以上)
RAM:2GB以上
HDD:100GB以上の空き容量

※Blu-rayドライブ

ソフトの入手先

DVDFab 公式ダウンロードページ



DVDFab11 Blu-rayコピーのインストール

DVDFab Blu-rayコピーは、DVDFab11の一機能になるため、DVDFab11をインストールして該当機能だけを使用することになる。

DVDFab11 オールインワンのインストールと使い方

「DVDFab オールインワン」は強力な保護技術解除機能を実装したDVD / Blu-rayのリッピング統合ソフトで、D … “DVDFab11 オールインワンのインストールと使い方” の続きを読む

※インストールの手順は「DVDFab11 オールインワンのインストールと使い方」を参照

使用方法

「Blu-rayコピー」は「DVDコピー」と同じメニューを使用し、「Blu-rayフォルダの作成」「ISOイメージファイルの作成」「Blu-rayブランクメディアへコピー」が主な機能で、コピーの種類として「フルディスク」「メインムービー」「分割」「結合」「カスタム」が用意されている。

メインウインドウの左端にある「コピー」が「DVDコピー・Blu-rayコピー」のメニュー。

Blu-rayディスクをドライブに挿入、もしくはISOファイルをマウント(DVDFabへドラッグアンドドロップも可能)するとディスクの解析が開始する。

ディスクを認識すると初期設定では「フルディスク」で出力できる状態になる。

複数のディスクを1つのディスクにまとめる「結合」の利用や、複数のディスクを連続して複製する場合は、ISOファイルやBDフォルダをメインウィンドウにドラッグ・アンド・ドロップするか、上部にある「+追加」をクリックしてISOファイルやBlu-rayフォルダを指定する。

「フルディスク」以外のメニューを選択する場合は、上部の「フルディスク」と表示されている部分をクリックし、「コピーモード」のメニューを展開する。

「DVD変換」「Blu-ray変換」「UHDをブルーレイに変換」は別機能のため、試用版としては利用できるが、試用制限に達すると使えなくなる。

Cinavia

音声にウォーターマーク(電子透かし)を埋め込む保護技術「Cinavia(シナビ)」で保護されているディスクは、「DVDFab Blu-ray Cinavia 除去」がなければ保護の解除ができない。

DVDFab Blu-ray(DVD)Cinavia 除去のインストールと使い方

DVDFab Blu-ray(DVD)Cinavia 除去はスタンドアローン(単体)で動作するアプリではなく、DVDFa … “DVDFab Blu-ray(DVD)Cinavia 除去のインストールと使い方” の続きを読む

「DVDFab Blu-ray Cinavia 除去」が有効になっているとCinaviaで保護されたディスクも自動的に分析するようになる。

分析したメディアからCinaviaが検出されたら、Cinaviaのアイコンが表示される。エンコードの処理や設定は通常のディスクと同じ。

フルディスク

「Blu-rayコピー」の最も一般的な処理で、Blu-rayディスクの内容を全てコピーして、ISOイメージファイルやBlu-rayフォルダとして出力する。

「クローン」がディスクの内容を一切変更せずコピーするのに比べ、「フルディスク」はBD50をBD25に圧縮したり、メニューの操作、ボリュームラベルの変更が行える。

Blu-rayディスクで圧縮などの編集を行う場合は、読み込んだタイトルに表示されているスパナアイコンをクリック。

スパナアイコン以外のメニューは、プレビューが「▶」アイコン、メタタグ編集が「M」、タイトルの情報確認が「i」、「X」はタイトルを削除できる。

「ボリュームラベル」はファイル名ではなく、メディアに付けられた名前で、文字化けする可能性があるため、半角英数字のみを使用する。
デフォルトではソースと同じボリュームラベルになっている。

「出力」では圧縮設定が可能で「BD25」に設定すると、25GBを超えたコンテンツはBlu-ray-Rに収まるサイズに圧縮される。

通常、圧縮はビデオビットレートを下げるため画質が犠牲になるが、コンテンツに含める音声を絞り込むことで空き容量を増やし、画質の劣化を最小限に留めるのが「優れたビデオ品質を出力するためにターゲットオーディオのみ選択」の項目。

5.1chの音声があれば2chの音声は基本的に不要で、音声よりも画質を重視するなら可逆圧縮のTrue HDなど「HDオーディオ」を外せば更に空き容量が増加する。

メインムービー

ディスクに収録されているメニューや特典映像、宣伝などを除外し、本編のみをコピーするのが「メインムービー」。

基本的な操作は「フルディスク」と同じ。

「他のタイトルを選択」をクリックすると、現在選択されているコンテンツの確認ができる。

初期状態でディスクに収録されている「本編」が選択されているが、Blu-rayディスクは多言語が収録されている事が多く、デフォルトで指定されているコンテンツに「日本語(JA)」が含まれていないこともあるので、本編コンテンツの再生時間を参考に日本語字幕が含まれているタイトルにチェックを入れる。

「タイトル」部分にカーソルを合わせると「」の再生アイコンを現れるので、クリックしてプレビューで正しく日本語字幕が表示されるか確認。

クローン/ライティング

「フルディスク」がBlu-rayディスクに収録されている全ての内容をコピーし、ボリュームラベルや圧縮設定が可能なのに対し、ソースと全く同じものを生成するのが「クローン」。

操作は「フルディスク」と同じだが、出力はISOファイルかブランクメディアへの直接書き込みのみになる。

分割

「分割」は片面2層(DVD9)のDVDディスクに収録されているデータを、片面1層(DVD5)のDVDディスク2枚に分けて出力する機能で、Blu-rayディスクはサポートされていない。

結合

複数のディスクを1つディスクにまとめるのが「結合」。

片面2層のBlu-ray-R DL(BD50)に収まる50GBが上限で、指定した出力メディアを上回るサイズの結合を行うと圧縮されてしまう。

結合できるのはBlu-rayディスクのみで、複数のDVDをBlu-rayとして結合するのは不可能。

「結合」選択時に表示されるタイトル「My Blu-ray」のスパナアイコンをクリックすると、出力メディア(サイズ)の選択やメニューの設定が可能になっている。

保存先の指定とタスク

ファイルの出力は、「保存先」の右横にある「フォルダ」または「ISOイメージファイル」アイコンで出力形式を選択し、保存先を指定する。

ドライブを2台以上搭載した状態で、直接ブランクメディアへ書き込みを行う場合は、「保存先」の▼をクリックしてブランクメディアが挿入されたドライブを選択。
※ブランクメディアへの書き込みはドライブが、使用するメディアへの書き込みをサポートしている事が前提。

「DVDFab MovieServer」はDVDFabが販売しているメディアサーバで、同一ネットワーク上に存在すれば選択が可能になる。

「保存先」を指定したら処理を実行する前に「タスクリスト」を開き、「現在のタスク」で実行する内容を確認してから「開始」をクリック。

「現在のタスク」に追加されているタスクは、チェックボックスにチェックが入っていなくても、「開始」をクリックすると全て実行されるので要注意。

コピー処理を実行する前は、必ず「タスクリスト」を確認し、不要なタスクが登録されている場合はチェックボックスをクリックし「削除」しておく。

削除したタスクは「ゴミ箱」をクリックすると下ペインにリストが表示され、タスクの右端にカーソルを合わせて出現する矢印をクリックすると復元できる。

タスクは削除だけでなく、「アーカイブ(保存)」することも可能で、後から同じタスクを実行する場合などには便利かも。

「アーカイブ」したタスクは「アーカイブタスク」で確認でき、タスクの右端にある矢印アイコンをクリックするか、チェックを入れてから下部にある「再読込み」をクリックすると、タスクの再読込みが実行され、該当のタスクが「現在のタスク」へ移動する。

「アーカイブタスク」のアクセス時に説明が表示されるとおり、「アーカイブタスク」にはユーザーがアーカイブしたタスクのほかに、コピー処理実行時にエラーやクラッシュになったタスクも追加されるので、必要に応じて「再読込み」もしくは「削除」しておく。
ちなみに「レポート」はバグ報告の送信ウインドウが開く。

処理時間は環境によって異なってくるが、Blu-rayディスクはデータ量が多いため、コピーするだけでも数十分から1時間程度、ISOファイルにする場合は更に20~30分ほどの時間を要する。

DVDFab Mini

DVDFab Miniは「コピー」と「リッピング」に特化したアプリで、付加機能が削除されているので、操作がシンプルで使いやすい。

起動時に説明が表示されるので「再表示しない」にチェックを入れて「OK」。

Blu-rayコピーで使用できるのは「Copy」のみ。
「MP4」は「Blu-rayリッピング」を購入する必要がある。

選択できるのは「フルディスク」「メインムービー」のコピーモードと、「BD25」「BD50」の出力サイズのみ。

後は出力する保存先に書き込み可能なBlu-rayドライブを選択すれば直接書き込み、フォルダアイコンからハードディスクを選択すれば「Blu-rayフォルダ」、ISOをクリックして保存場所を指定すれば「ISOファイル」で保存される。

購入手順

購入ページから「DVDFab Blu-ray Copy」を選択し、クレジットカードまたはビットコインで支払い後、DVDFabの会員登録を行い、登録したメールアドレスとパスワードで製品をアクティブ化する。

詳細な購入方法とメンバー登録やライセンス認証など購入後の流れ、最新のセール情報は下記ページを参照。

DVDFabの最新セール情報と購入方法

DVDFabは中国のFengtao Software が開発した著名なリッピングソフトで、リッピングのほかエンコード、オ … “DVDFabの最新セール情報と購入方法” の続きを読む





DVDFab関連アプリ

DVDFab Passkey for DVD / Blu-rayのインストールと使い方

DVDFab Passkeyはタスクトレイに常駐し、ドライブに挿入されたDVDやBlu-ray、UHD Blu-rayデ … “DVDFab Passkey for DVD / Blu-rayのインストールと使い方” の続きを読む

DVDFab11 Video Converter(動画変換)のインストールと使い方

DVDFab11 動画変換(DVDFab Video Converter)は、動画ファイルを任意のファイル形式に変換でき … “DVDFab11 Video Converter(動画変換)のインストールと使い方” の続きを読む

DVDFab Virtual Driveのインストールと使い方

DVDFab Virtual Drive(仮想ドライブ)はISOイメージファイルを再生するエミュレーター。 DVDやBD … “DVDFab Virtual Driveのインストールと使い方” の続きを読む

DVDFab Blu-ray(DVD)Cinavia 除去のインストールと使い方

DVDFab Blu-ray(DVD)Cinavia 除去はスタンドアローン(単体)で動作するアプリではなく、DVDFa … “DVDFab Blu-ray(DVD)Cinavia 除去のインストールと使い方” の続きを読む




DVDFab11 DVDコピーのインストールと使い方

「DVDFab DVDコピー(DVDFab DVD Copy)」は、DVDディスクの複製、ISOイメージファイルやDVDフォルダへの出力のほか、DVD-DL(DVD9)に収録されたデータをDVD-R(DVD5)に圧縮(トランスコード)することもできる。

強力な保護解除機能を実装したDVD / Blu-ray/ 4K UHD BDのリッピング統合ソフト「DVDFab11オールインワン」に含まれているアプリで、DVDのアクセスコントロールやコピープロテクトの解除をサポートしており、設定が簡素化されているため、ビギナーでも簡単にDVDを複製できるのが大きな特徴。

「DVDFab DVDコピー」は無料でインストールができ、試用期間(30日)もしくは試用制限(3枚)内はフル機能が利用可能。
また、試用期間・試用制限のいずれかを超えてしまうと、無料で利用できるDVDFab HD Decrypterへと自動的に移行する。

有料版・無料版ともにリッピング可能枚数は、1週間で70枚の制限があるため、1ヶ月280枚が上限になる。

製品版の価格は1年間有効なライセンスで約6,300円だが、常に割引が実施されているので、実質的に4,000円以下で購入可能。

姉妹品の「DVDFab11 DVD リッピング」はDVDディスクのコンテンツを動画ファイルとして出力する機能だが、HandBrakeなどサードパーティー製のフリーソフトを使用すると、「DVDFabコピー」で出力したISOファイルなどから動画ファイルを作成することもできる。

Caution
このアプリケーションはDVDに使用されているアクセスコントロールやプロテクトの解除機能を有しており、その機能を使用すると著作権法に定める「技術的保護手段の回避」に抵触するため、個人で作成したものなど、コピーガードのかかっていないDVD限定で使用してください。

著作権法と違法行為

システム要件

バージョン11.0.2.8

OS:Windows Vista / 7 / 8 / 8.1 /10(32bit & 64bit)
CPU:Pentium II 500 MHz(PC/AT互換 1GHz以上)
RAM:512MB(2GB以上)
HDD:20GB以上の空き容量

※DVDドライブ

※公式記載のシステム要件は上記のとおりだが、OSのシステム要件を下回っているので、使用するOSの推奨最小要件(カッコ内のスペック)を満たしている必要がある。

ソフトの入手先

DVDFab 公式ダウンロードページ

※DVDFab10の既存ユーザーは「DVDFab11がリリース」を参照。



DVDFab11 DVDコピーのインストール

DVDFab DVDコピーはDVDFab11の一機能になるため、DVDFab11をインストールして該当機能だけを使用することになる。

DVDFab11 オールインワンのインストールと使い方

「DVDFab オールインワン」は強力な保護技術解除機能を実装したDVD / Blu-rayのリッピング統合ソフトで、D … “DVDFab11 オールインワンのインストールと使い方” の続きを読む

※インストールの手順は「DVDFab11 オールインワンのインストールと使い方」を参照

使用方法

DVDFab DVDコピーの基本機能は、「DVDフォルダの作成」「ISOイメージファイルの作成」「DVDブランクメディアへの書き込み」で、コピーの種類として「フルディスク」「メインムービー」「分割」「結合」「カスタム」が用意されている。

メインウインドウの左端にある「コピー」が「DVDコピー」のメニュー。

DVDディスクをドライブに挿入、もしくはISOファイルをマウント(DVDFabへドラッグアンドドロップも可能)するとディスクの解析が開始する。

DVDディスクを認識すると、初期設定では「フルディスク」で出力できる状態になる。

複数のディスクを1つのディスクにまとめる「結合」の利用や、複数のディスクを連続して複製する場合は、ISOファイルやDVDフォルダをメインウィンドウにドラッグ・アンド・ドロップするか、上部にある「+追加」をクリックしてISOファイルやDVDフォルダを指定する。

「フルディスク」以外のメニューを選択する場合は、上部の「フルディスク」と表示されている部分をクリックし、「コピーモード」のメニューを展開する。

「DVD変換」「Blu-ray変換」「UHDをブルーレイに変換」は別機能のため、試用版としては利用できるが、試用制限に達すると使えなくなる。

フルディスク

DVDコピーの最も一般的な処理で、DVDディスクの内容を全てコピーして、ISOイメージファイルやDVDフォルダとして出力する。

「クローン」がDVDディスクの内容を一切変更せずコピーするのに比べ、「フルディスク」はDVD9をDVD5に圧縮したり、メニューの操作、ボリュームラベルの変更が行える。

圧縮などの編集を行う場合は、読み込んだタイトルに表示されているスパナアイコンをクリック。

スパナアイコン以外のメニューは、プレビューが「▶」アイコン、タイトルの情報確認が「i」アイコン、「X」アイコンはタイトルを削除できる。

「ボリュームラベル」はファイル名ではなく、メディアに付けられた名前で、文字化けする可能性があるため、半角英数字のみを使用する。
デフォルトではソースと同じボリュームラベルになっている。

「出力」では圧縮設定が可能で、「DVD5」にすることで4.7GBのDVD-Rに収まるサイズに圧縮される。
ちなみに「DVD9」は片面2層のDVD-DL(8.54GB)のことで、「DVD5」は片面1層のDVD-R(4.7GB)のこと。

「ナビゲーション」は、DVDのメニュー操作を変更するもので、「ディスク挿入時にトップメニューへジャンプ」「ディスク挿入時に本編映像へジャンプ」などに変更できる。
変更する場合は「共通設定>DVD>PathPlayer」のリンクをクリック。

PathPlayerとはDVDFabが実装している、実際にプレーヤーで再生する際に必要なファイルのみをコピーする機能。

DVDFab10では初期状態で有効になっていたが、PathPlayerが原因でディスクの読み込みに失敗することがあった為か、DVDFab11では「必要に応じてPathPlayerを有効にする」がデフォルトになっており、使用する場合は「常にPathPlayerを有効にする」に変更する必要がある。

PathPlayerを有効にすると「DVDの再生順序変更」や「不要なPGCを除去」などが選択可能になるので、任意の項目を選択して「確認」をクリック。

設定変更後は再起動が必要になるため「はい」でDVDFab11を再起動する。

ただ、前述のようにPathPlayerを有効にした場合、ディスクの読み込みに失敗するケースがあるため、エラー発生時はPathPlayerを無効化してみると良いかも。

メインムービー

DVDディスクに収録されているメニューや特典映像、宣伝などを除外し、本編のみをコピーするのが「メインムービー」。

基本的な操作は「フルディスク」と同じ。

「他のタイトルを選択」をクリックすると、現在選択されているコンテンツの確認ができる。

初期状態でDVDディスクに収録されている「本編」が選択されており、複数のコンテンツを選択することはできないが、チェックを変更することで本編以外の出力も可能。

各タイトルの内容を確認するには、「タイトル」部分にカーソルを合わせて表示される「▶」の再生アイコンをクリック。

プレビューが表示される。

フルムービーは音声・字幕なども全てコピーされるが、「メインムービー」は収録する字幕と音声を選択できる。

チェックボックスの前にある「▶」はデフォルトの音声になるため、字幕との組み合わせを考慮して指定する。
変更する場合は、デフォルトに指定する音声・字幕の先頭部分をクリック。

カスタマイズ

「フルディスク」は圧縮設定は可能だが格納する音声や字幕の指定ができず、「メインムービー」は圧縮設定も音声や字幕の指定も可能だが、収録するタイトルは1つに限定されている。
これら「フルディスク」や「メインムービー」の制限を無くし、自由に設定できるモードが「カスタマイズ」。

「カスタマイズ」を使用する場合はコピーモードを「カスタマイズ」に変更。

収録されている全てのタイトルをコピーしつつ、音声や字幕を1つに絞ったり、各タイトル毎に字幕や音声の設定を変更できるため、自分好みのコピーが可能になる。

タイトルや字幕、音声の選択やタスクの実行、圧縮設定などは「フルディスク」や「メインムービー」と同じ。

クローン/ライティング

「フルディスク」がDVDディスクに収録されている全ての内容をコピーし、ボリュームラベルや圧縮設定が可能なのに対し、ソースと全く同じものを生成するのが「クローン」。

操作は「フルディスク」と同じだが、出力はISOファイルかブランクメディアへの直接書き込みのみになる。

分割

「分割」は片面2層(DVD9)のDVDディスクに収録されているデータを、片面1層(DVD5)のDVDディスク2枚に分けて出力する機能。

DVD9は8.54GBで、DVD5は4.7GBなので、理屈では2枚に分割して出力すれば「無圧縮=無劣化」でできそうな感じだが、残念ながらDVD9に収録されている本編は、ほぼ4.7GBを超えているため、分割にしても本編が収録されているディスクは圧縮される。

上図ではフルディスクで5853MBあるディスクを分割し、本編ディスクが74%に圧縮され、ディスク2はわずか81MBのムービーが収録されているだけ。

分割を実行する際は、収録される内容をしっかり確認したほうが良いかも。

結合

複数のディスクを1つディスクにまとめるのが「結合」。

「DVD9(8.54GB)」に収まる8100MBが上限で、それを上回るサイズの結合を行うと圧縮されてしまう。

2枚のDVD5のディスクを1枚のDVD9に収めたり、画質は劣化するが2枚のDVD5ディスクを1枚のDVD5に収めたい場合などに利用できる。

保存先の指定とタスク

ファイルの出力は、「保存先」の右横にある「DVDフォルダ」または「ISOイメージファイル」アイコンで出力形式を選択し、保存先を指定する。

ドライブを2台以上搭載した状態で、直接ブランクメディアへ書き込みを行う場合は、「保存先」の▼をクリックしてブランクメディアが挿入されたドライブを選択。

「DVDFab MovieServer」はDVDFabが販売しているメディアサーバで、同一ネットワーク上に存在すれば選択が可能になる。

「保存先」を指定したら処理を実行する前に「タスクリスト」を開き、「現在のタスク」で実行する内容を確認してから「開始」をクリック。

「現在のタスク」に追加されているタスクは、チェックボックスにチェックが入っていなくても、「開始」をクリックすると全て実行されるので要注意。

不要なタスクが登録されている場合はチェックボックスをクリックし「削除」しておく。

削除したタスクは「ゴミ箱」をクリックすると下ペインにリストが表示され、タスクの右端にカーソルを合わせて出現する矢印をクリックすると復元できる。

タスクは削除だけでなく、「アーカイブ(保存)」することも可能で、後から同じタスクを実行する場合などには便利かも。

「アーカイブ」したタスクは「アーカイブタスク」で確認でき、タスクの右端にある矢印アイコンをクリックするか、チェックを入れてから下部にある「再読込み」をクリックすると、タスクの再読込みが実行され、該当のタスクが「現在のタスク」へ移動する。

「アーカイブタスク」のアクセス時に説明が表示されるとおり、「アーカイブタスク」にはユーザーがアーカイブしたタスクのほかに、コピー処理実行時にエラーやクラッシュになったタスクも追加されるので、必要に応じて「再読込み」もしくは「削除」しておく。
ちなみに「レポート」はバグ報告の送信ウインドウが開く。

DVDFab Mini

DVDFab Miniは「コピー」と「リッピング」に特化したアプリで、付加機能が削除されているので、操作がシンプルで使いやすい。

起動時に説明が表示されるので「再表示しない」にチェックを入れて「OK」。

DVDコピーで使用できるのは「Copy」のみ。
「MP4」は「DVDリッピング」を購入する必要がある。

選択できるのは「フルディスク」「メインムービー」のコピーモードと、「DVD9」「DVD5」の出力サイズのみ。

後は出力する保存先にDVDドライブを選択すれば直接書き込み、フォルダアイコンからハードディスクを選択すれば「DVDフォルダ」、ISOをクリックして保存場所を指定すれば「ISOファイル」で保存される。

購入手順

購入ページから「DVDFab DVD Copy」を選択し、クレジットカードまたはビットコインで支払い後、DVDFabの会員登録を行い、登録したメールアドレスとパスワードで製品をアクティブ化する。

購入方法とメンバー登録やライセンス認証など購入後の流れ、最新のセール情報は下記ページを参照。

DVDFabの最新セール情報と購入方法

DVDFabは中国のFengtao Software が開発した著名なリッピングソフトで、リッピングのほかエンコード、オ … “DVDFabの最新セール情報と購入方法” の続きを読む





DVDFab関連アプリ

DVDFab Passkey for DVD / Blu-rayのインストールと使い方

DVDFab Passkeyはタスクトレイに常駐し、ドライブに挿入されたDVDやBlu-ray、UHD Blu-rayデ … “DVDFab Passkey for DVD / Blu-rayのインストールと使い方” の続きを読む

DVDFab11 Blu-ray コピーのインストールと使い方

「DVDFab11 Blu-ray コピー(DVDFab Blu-ray Copy)」は、Blu-rayディスクの複製、 … “DVDFab11 Blu-ray コピーのインストールと使い方” の続きを読む

DVDFab11 DVDコピーのインストールと使い方

「DVDFab DVDコピー(DVDFab DVD Copy)」は、DVDディスクの複製、ISOイメージファイルやDVD … “DVDFab11 DVDコピーのインストールと使い方” の続きを読む

DVDFab Virtual Driveのインストールと使い方

DVDFab Virtual Drive(仮想ドライブ)はISOイメージファイルを再生するエミュレーター。 DVDやBD … “DVDFab Virtual Driveのインストールと使い方” の続きを読む





DVDFab DVDコピー 無料版のインストールと使い方

DVDFab DVDコピー 無料版は、無料で利用できる「DVDFab HD Decrypter」に含まれ、「DVDFab DVDコピー」の試用期間(30日)もしくは試用制限(3枚)を超えると、「DVDFab DVDコピー」から自動的に切り替わる。
※現在(バージョン11.0.2.8)のところ「DVDFab DVDコピー」「DVDFab DVDリッピング」のいずれかの試用期間や試用制限を超えると、双方とも試用できなくなるので要注意。

有料版の「DVDFab DVDコピー」は非常に優秀なリッピングソフトなのだが、無料版ではアダルトDVD*・Fake vts protectionで保護されたディスク・直近1年以内にリリースされたディスクの保護は解除できない。
*テスト環境では旧作のアダルトDVDはコピー可能だったが、今後のバージョンで制限される可能性がある。

また、無料版で利用できる機能は、「DVDコピー」の「フルディスク」と「メインムービー」で、いずれも片面2層のDVDディスク(DVD-9)を片面1層(DVD-5)に圧縮することはできない。

Caution
このアプリケーションはDVDに使用されているアクセスコントロールやプロテクトの解除機能を有しており、その機能を使用すると著作権法に定める「技術的保護手段の回避」に抵触するため、個人で作成したものなど、コピーガードのかかっていないDVD限定で使用してください。

著作権法と違法行為

システム要件

バージョン11.0.2.8

OS:Windows Vista / 7 / 8 / 8.1 /10(64ビットのみ)
RAM:4GB以上
HDD:200GB以上の空き容量

ソフトの入手先

DVDFab 公式ダウンロードページ



DVDFab11 コピー無料版のインストール

DVDFab DVDコピー無料版はDVDFab HD Decrypterの一機能になるため、DVDFab11をインストールして該当機能だけを使用することになる。

DVDFab HD Decrypterのインストールと使い方

DVDFab HD Decrypterは、これまでリッピング統合ソフトDVDFabの試用期間終了後、機能制限された「DV … “DVDFab HD Decrypterのインストールと使い方” の続きを読む

※インストールの手順は「DVDFab HD Decrypterンのインストールと使い方」を参照

使用方法

基本操作は有料版の「DVDコピー」と同じため、試用期間中は「DVDFab11 DVDコピーのインストールと使い方」を参照。

リッピング可能枚数も有料版と同様、1週間で70枚が上限。

DVDFab11 DVDコピーのインストールと使い方

「DVDFab DVDコピー(DVDFab DVD Copy)」は、DVDディスクの複製、ISOイメージファイルやDVD … “DVDFab11 DVDコピーのインストールと使い方” の続きを読む

DVDFabを起動したら上部メニューから「コピー」を選択して、DVDディスクをドライブにセットする。

DVDディスクをドライブに挿入、もしくはISOファイルをマウント(DVDFabへドラッグアンドドロップも可能)すると解析が開始する。

ディスク解析後に「このディスクを読み込みたい場合、有料版を注文する必要があります」というメッセージが出た場合、対象ディスクの保護技術はサポートされていないため使用不可。

保護の解除に成功するとディスクのタイトルが表示され、「DVDコピー 無料版」と表示され、初期設定では「フルディスク」で出力できる状態になる。

「メインムービー」を選択する場合は、上部の「フルディスク」と表示されている部分をクリックし、「DVDコピー」のメニューを展開する。

フルディスク

「DVDコピー」の最も一般的な処理で、DVDディスクの内容を全てコピーして、ISOイメージファイルやDVDフォルダとして出力する。

 

「DVDFab DVDコピー 無料版」では圧縮機能が制限されているため、ソースと出力ファイルのサイズが同じ(100%)になっていることを確認。

 

圧縮設定になっている場合はタイトル横にあるスパナアイコンをクリック。

出力の項目を「DVD5」から「DVD9」に変更する。

ファイルの出力は、「保存先」の右横にある「DVDフォルダ」または「ISOイメージファイル」アイコンで出力形式を選択し、保存先を指定する。

ImgBurnをインストールして設定した環境であれば、ISOファイルへの出力やブランクメディアへの書き込みが可能。

※ブランクメディアへの書き込みはドライブが、使用するメディアへの書き込みをサポートしている事が前提。

準備ができたら誤操作を回避するため、「タスクリスト」の「現在のタスク」で実行する内容を確認してから、「開始」をクリック。

「現在のタスク」に追加されているタスクは、チェックボックスにチェックが入っていなくても、「開始」をクリックすると全て実行されるので要注意。

出力でISOイメージファイルを選択すると、DVDフォルダへ出力後に自動でImgBurnが起動し、コンテンツが4GBを超える場合はレイヤーブレークポイントの指定画面が表示される。

レイヤーブレイクポイントとは、片面2層のDVD-DLに書き込みを行う際の一層目と2層目の区切りのこと。
層が切り替わる時に一瞬間 映像と音声が止まるため、台詞の途中や動きの激しいシーンで区切ってしまうと視聴の際に違和感がでるため、ImgBurnはシーンの切り替え部分など、切替時に違和感の少ない部分を4段階評価で表示するので、基本的には最も評価の高い部分を選択する。
また、DVDディスクへ書き込みを行わない場合は、「シームレス」にチェックを入れる。

メインムービー

DVDディスクに収録されているメニューや特典映像、宣伝などを除外し、本編のみをコピーするのが「メインムービー」。

基本的な操作は「フルディスク」と同じ。

「他のタイトルを選択」をクリックすると、現在選択されているコンテンツの確認ができる。

初期状態でDVDディスクに収録されている「本編」が選択されており、複数のコンテンツを選択することはできないが、チェックを変更することで本編以外の出力も可能。

各タイトルの内容を確認するには、「タイトル」部分にカーソルを合わせて表示される「▶」の再生アイコンをクリック。

プレビューが表示される。

タイトルを指定したら出力はフルディスクと同じ。

データの圧縮

「DVDFab DVDコピー無料版」で出力したデータの圧縮が必要な場合は、DVD ShrinkやAmok DVD Shrinkerが便利。

DVD Shrinkのインストールと使い方

DVD Shrinkは完成度の高さと操作性の良さで、リッピングの定番ソフトとして人気を博したが、日本語版は2004年7月 … “DVD Shrinkのインストールと使い方” の続きを読む

AmoK DVD Shrinkerのインストールと使い方

AmoK DVD Shrinkerは圧縮に優れたリッピングソフトで、DVD Shrinkが苦手なリニアPCM音源を収録し … “AmoK DVD Shrinkerのインストールと使い方” の続きを読む

動画ファイルへの変換

ISOイメージファイルやDVDフォルダでコピーすると、HandBrakeやXMedia Recodeなどのエンコーダーで動画ファイルへの変換も可能。

HandBrakeのインストールと使い方

HandBrakeは手軽にMP4またはMKVファイルに変換できるエンコーダーで、保護のかかっていないDVDやBlu-ra … “HandBrakeのインストールと使い方” の続きを読む

XMedia Recode のインストールと使い方

XMedia Recodeは多形式のフォーマットに対応したドイツ製のエンコーダーソフトで、シンプルで使いやすく日本語にも … “XMedia Recode のインストールと使い方” の続きを読む





DVDFab関連アプリ

DVDFabの最新セール情報と購入方法

DVDFabは中国のFengtao Software が開発した著名なリッピングソフトで、リッピングのほかエンコード、オ … “DVDFabの最新セール情報と購入方法” の続きを読む

DVDFab11 Blu-ray コピーのインストールと使い方

「DVDFab11 Blu-ray コピー(DVDFab Blu-ray Copy)」は、Blu-rayディスクの複製、 … “DVDFab11 Blu-ray コピーのインストールと使い方” の続きを読む

DVDFab11 DVDコピーのインストールと使い方

「DVDFab DVDコピー(DVDFab DVD Copy)」は、DVDディスクの複製、ISOイメージファイルやDVD … “DVDFab11 DVDコピーのインストールと使い方” の続きを読む

DVDFab DVDコピー 無料版のインストールと使い方

DVDFab DVDコピー 無料版は、無料で利用できる「DVDFab HD Decrypter」に含まれ、「DVDFab … “DVDFab DVDコピー 無料版のインストールと使い方” の続きを読む

DVDFab11 Blu-rayリッピングのインストールと使い方

「DVDFab11 Blu-rayリッピング(DVDFab Blu-ray Ripper)」は、Blu-rayディスクの … “DVDFab11 Blu-rayリッピングのインストールと使い方” の続きを読む





DVDFab11 Blu-rayリッピングのインストールと使い方

「DVDFab11 Blu-rayリッピング(DVDFab Blu-ray Ripper)」は、Blu-rayディスクのコンテンツをMP4・MKV・AVIなどの動画ファイルに変換することができる。

強力な保護解除機能を実装したDVD / Blu-ray/ 4K UHD BDのリッピング統合ソフト「DVDFab11オールインワン」に含まれているアプリで、Blu-rayの保護技術であるAACSやBD+ protectionの解除をサポートしており、設定が簡素化されているため、ビギナーでも簡単にBlu-rayから動画ファイルを作成できるのが大きな特徴。

「DVDFab Blu-rayリッピング」は無料でインストールができ、試用期間(30日)もしくは試用制限(3枚)内はフル機能が利用可能。
また、試用期間・試用制限のいずれかを超えてしまうと、無料で利用できるDVDFab HD Decrypterへと自動的に移行する。
有料版・無料版ともにリッピング可能枚数は、1週間で70枚の制限があるため、1ヶ月280枚が上限になる。

製品版の価格は1年間有効なライセンスで約7,500円だが、常に割引が実施されているので、実質的に4,000円以下で購入可能。

DVDFab Blu-rayリッピング 無料版のインストールと使い方

DVDFab Blu-rayリッピング 無料版は、無料で利用できる「DVDFab HD Decrypter」に含まれ、「 … “DVDFab Blu-rayリッピング 無料版のインストールと使い方” の続きを読む

Caution
このアプリケーションはDVDに使用されているアクセスコントロールやプロテクトの解除機能を有しており、その機能を使用すると著作権法に定める「技術的保護手段の回避」に抵触するため、個人で作成したものなど、コピーガードのかかっていないDVD限定で使用してください。

著作権法と違法行為

システム要件

バージョン11.0.2.6

OS:Windows Vista / 7 / 8 / 8.1 /10(32bit & 64bit)
CPU:Intel Core 2 Quad以上(PC/AT互換 2GHz以上)
RAM:2GB以上
HDD:100GB以上の空き容量

※Blu-rayドライブ

ソフトの入手先

DVDFab 公式ダウンロードページ



DVDFab11 Blu-rayリッピングのインストール

DVDFab Blu-rayリッピングはDVDFab11の一機能になるため、DVDFab11をインストールして該当機能だけを使用することになる。

DVDFab11 オールインワンのインストールと使い方

「DVDFab オールインワン」は強力な保護技術解除機能を実装したDVD / Blu-rayのリッピング統合ソフトで、D … “DVDFab11 オールインワンのインストールと使い方” の続きを読む

※インストールの手順は「DVDFab11 オールインワンのインストールと使い方」を参照

使用方法

動画ファイルに変換する場合、最も重要なのは動画ファイルの用途。
使用するファイル形式はファイルを再生する環境によって選択するのがベターだが、よく分からない場合はMP4の利用を推奨。

エンコード(変換)の設定に関しては、ファイル形式を選択後に画質やファイルサイズをリストから選択するだけで良く、ビットレートなどを変更したい場合は詳細設定も可能。

エンコードの所要時間は使用してる環境に依存するが、GPUがH.264やH.265のエンコードに対応していれば、ハードウェアアクセラレーションにより、エンコード処理が高速化する。

DVDFabを起動したら上部メニューから「リッピング」を選択。

Blu-rayディスクをドライブにセットすると自動的に分析が開始する。

ISOファイルやBDフォルダはメイン画面中央にドラッグ・アンド・ドロップで取り込むことができる。

取り込んだディスクやファイルが表示される。

Cinavia

音声にウォーターマーク(電子透かし)を埋め込む保護技術「Cinavia(シナビ)」で保護されているディスクは、「DVDFab Blu-ray Cinavia 除去」がなければ保護の解除ができない。

DVDFab Blu-ray(DVD)Cinavia 除去のインストールと使い方

DVDFab Blu-ray(DVD)Cinavia 除去はスタンドアローン(単体)で動作するアプリではなく、DVDFa … “DVDFab Blu-ray(DVD)Cinavia 除去のインストールと使い方” の続きを読む

「DVDFab Blu-ray Cinavia 除去」が有効になっているとCinaviaで保護されたディスクも自動的に分析するようになる。

分析したメディアからCinaviaが検出されたら、Cinaviaのアイコンが表示される。エンコードの処理や設定は通常のディスクと同じ。

出力ファイル形式の選択

出力するファイル形式はデフォルトでビデオコーデックに「H.264」を使用した「MP4」が設定されている。

現在選択されているファイル形式はタイトルの上に表示されており、クリックするとメニューが表示される。

Blu-rayで使用するフォーマットは主に「MP4」「MKV」「M2TS」で、汎用性が高いのは初期設定のビデオコーデックに「H.264」を使用した「MP4」。
ただ、ソース(コピー元)に字幕があり、字幕をファイルに格納する場合、MP4の字幕ファイルは「IDX+SUB(VobSub)」に変換され、Blu-rayで使用されている「PGS」に比べてフォントのジャギーが目立ってしまうため、字幕をファイルに格納する際は「H.264」を使用したMKV形式を推奨。

Blu-rayディスクのコンテンツを無劣化(ロスレス)で動画ファイルに変換する場合は「パススルー」にチェックを入れ、「MP4」「MKV」「M2TS」のいずれかを選択する。

パススルーはBlu-rayディスクに格納されているM2TSファイルを抽出し、指定したファイルへ格納するもので、再エンコードされないため画質・音質の劣化がない反面、圧縮されないのでファイルサイズはソースと同じになる。

「H.265 / HEVC」はビデオコーデック「H.264/AVC」の後継で、UHD Blu-rayでも採用されている次世代規格。
同画質であればH.264よりもビデオのビットレートが半分程度になるため、ファイルサイズを抑えることができるなどのメリットがあり、VLCMPCなどサポートしているメディアプレーヤーも増えてきている。

「4K」や「10bit」「12bit」はUHD BDの規格で、従来のBDは解像度が1920 x 1080(2K)、8bitのため、「4K」を使用するとアップスケーリング、「10bit」や「12bit」を使用すると色深度の変換が行われるが、変換したからと言って高画質になるわけではない。

また、4K解像度や10bitの色深度を表示するには、それらをサポートしたモニタやデバイスが必要で、更に色深度10bit(約10億6433万色)は人の目で認識できる色数を遥かに超えており、スーパービジョンと呼ばれる四色型色覚者でも約1億色、一般人は好条件下でも1000万色未満、通常は200万色程度して識別できていない。

39 Colors In This Chart

上記ページのカラーチャートを表示して、33~39色を見分けられたら四色型色覚者、20~32色を見分けられたら三色型色覚者、20色未満は二色型色覚で、四色型・二色型が25%、三色型が全体の50%を占めているらしい。

デバイス

デバイスではメーカーの機種別にプロファイルが用意されており、指定したデバイスの解像度に合わせた設定に変更される。
ただ、設定に微妙な違いがあるもののデフォルトの「H.264」を使用した「MP4」と大差はない。

動画の再生環境が決まっている場合は、「デバイス」から使用する機種のメーカー名を左ナビゲートバーから選択し、右ペインで使用機種を指定。

WEB最適化

「Web最適化」はYouTubeへのアップロードに連動したプロファイル。

「Web最適化」を利用する場合は、ファイルの保存先でYouTubeにサインインしておく。

「フォーマット」の「Web最適化」から「MP4 4K」または「MP4」を選択。

サインインしたYouTubeを「保存先」に選択すると、タイトルに「YouTube」アイコンが表示され、アイコンをクリックするとアップロードする動画の「タイトル」「説明」「タグ」「公開設定」などが指定できる詳細設定画面が開く。

オーディオ・Hi-Fi音声

オーディオ・Hi-Fi音声ではソースから音声を抽出し、指定したファイル形式で出力する。

「オーディオ」と「Hi-Fi音声」では設定項目が異なり、「Hi-Fi音声」は可逆圧縮の「Flac」と無圧縮の「Wav」が選択でき、ファイルサイズや汎用性を気にせず、ソースの音源をそのまま出力したい場合に最適。

タイトルの選択

多言語に対応したBlu-rayディスクでは日本語がサポートされていない事があり、その場合は日本語音声と日本語字幕をサポートしたタイトルが別に収録されている。
DVDFabは自動的にディスクを分析し、本編タイトルを選択するが、日本語バージョンが別に収録されているディスクだと、かなりの確率で多言語バージョンのタイトルが選定される。

認識したタイトルの「オーディオ」や「字幕」を確認し、オーディオであれば「Japanese」、字幕であれば「JA」と表示されていない場合は、他国向けのタイトルが選択されているので、「他のタイトルを選択」をクリック。

再生時間とオーディオ、字幕の項目を参考にして任意のタイトルにチェックを入れる。

「タイトル」部分にマウスオーバーすると表示される再生ボタン「▶」をクリックするとプレビュー画面が開き、内容を確認できるが、音声や字幕は選択したタイトルのものではないので、プレビューは本編か否かの判断くらいにしか使用できない。

音声と字幕の設定

音声や字幕はドロップダウンリストから選択する。

音声はドロップダウンリストを展開して、収録する音声にチェックを入れる。

チェックボックスの前にある「▶」はデフォルトの音声になるため、字幕との組み合わせを考慮して指定する。
変更する場合は、デフォルトに指定する音声の先頭部分をクリック。

字幕も基本的には音声と同じだが、字幕には「格納タイプ」と「焼付けタイプ」があり、格納タイプに場合は複数の字幕を収録できるが、プレーヤーによっては表示できないケースがある一方、焼付けタイプは収録する字幕は1つになるが、直接動画に書き込むため汎用性が高くなる。

上図のように複数の字幕が選択できるのは「格納タイプ」で、1つしか選択できないものは「焼付けタイプ」。
MKV・MP4・M2TSのファイル形式は「格納タイプ」と「焼付けタイプ」いずれもサポートしており、「詳細設定」の「字幕」の項目で選択が可能。
「字幕モード」を変更する場合は、スパナアイコンをクリックして「詳細設定」画面を開く。

「詳細設定」の「字幕」の箇所で格納タイプなら「ファイルに追加する」、焼き付けるなら「直接動画にレンダリングする」を選択。
ただし「動画にレンダリングする」を選択するとエンコードの処理時間が大幅に伸び、処理中のエラー発生率も高くなるので注意が必要。

前述のようにファイル形式がMP4だと字幕はVobSubに変換されてしまうが、MKVの場合は「PGS字幕」を格納できるため、字幕をきれいに表示できる。

チャプターの指定

チャプター番号を指定することで、任意のチャプターのみファイルに出力することも可能。

チャプターのドロップダウンリストから出力するチャプターの範囲を指定。

1つのチャプターのみ出力する場合は、開始・終了に同じチャプターを指定する。

開始チャプターは終了チャプターよりも大きな数値が選択できないので、チャプター「5」を指定後に「7」へ変更するなら、終了チャプターを7にしてからでないと開始チャプターを7には変更できない。

ソースの結合

短編やシリーズ物を1つのファイルにまとめる場合は「追加」と「結合」を使用する。
使用できるファイルフォーマットは「MP4」「MKV」「AVI」「FLV」で、「M2TS」「TS」「WMV」は使用不可。
また、DVDFab DVDリッピングのライセンスを取得していても、Blu-rayとDVDを混在させることもできない。

結合するソースを追加したら「結合」をクリック。

追加したソースのサムネイルが表示されるので問題なければ「確認」をクリック。

サムネイルにマウスオーバーすると再生ボタンが表示され、ソースの内容を確認することが可能で、サムネイルはドラッグで順序を入れ替えることができる。

結合を実行したソースは非アクティブ化され、新たに「Merge1」として指定したソース含んだタイトルが追加される。

ソースの削除と非アクティブ化

追加したソースをリッピング対象から外す場合は、非アクティブ化と削除の2通りある。

タイトル横にある「X」アイコンはソースの削除、字幕の右にあるボタンで「アクティブ/非アクティブ」の切り替えができる。

画質の設定

画質はドロップダウンリストからサイズを指定するだけで、ビットレートなどが自動的に設定されるが、「高品質」でも若干ビットレートは低め。

画質はタイトル部分のドロップダウンリストから選択する。

デフォルトの「標準」は画質よりもファイルサイズ優先で、「高品質」が画質を優先した標準、リストから「高品質」よりも大きなファイルサイズが選択可能であれば、そのサイズがHandBrakeのHQ相当になる。

「高品質」より大きなファイルサイズが選択できない場合は、スパナアイコンをクリックして詳細設定を開き、「ビットピクセル」のスライダーを動かして「0.17」に設定すると、おおよそHandBrakeのHQ相当のビットレートになる。

ビットレートをダイレクトに指定しても良いのだが、ソースによってターゲットビットレートは変化するため、ビギナーには「ビットピクセル」での調整を推奨。

ハードウェアアクセラレータの無効化

使用環境によって異なると思われるが、テスト環境では一部のタイトルでハードウェアアクセラレータを有効にしているとブロックノイズが発生した。

上図はソースが「羊たちの沈黙」なので元の画質も良くないが、HMDなどで視聴するとブロックノイズがモザイク状態になって見れたものではない。
この現象はビデオビットレートを上げても改善せず、他のタイトルでも同じ現象を確認している。

ハードウェアアクセラレータはGPUを使用することでエンコードの処理速度を高速化できるのだが、テスト環境ではハードウェアアクセラレータを無効にすることでブロックノイズがなくなり、ビットレートに比例して画質も向上した。

ハードウェアアクセラレータを無効にするには、メイン画面の右上にあるメニューリストから「共通設定」を開き、「一般」の「AVコーデック」で「エンコード・デコードに対し、GPUコーデックを全て無効にします」にチェックを入れ、「必要に応じてLightning-Recodingを有効にする」もチェックを外して無効にする。

ブロックノイズが消えて画質が改善した。
ただし、エンコードの処理時間は長くなる。

保存先の指定とタスク

通常はメインウインドウ下の「保存先」の右にある「フォルダアイコン」をクリックして、ファイルの保存先を指定する。

「フォルダアイコン」ではなく「保存先」のテキストボックスをクリックすると、ローカルの保存先のほかに「携帯機器」「DVDFab MovieServer(見つかりません)」と表示される。

「DVDFab MovieServer」はDVDFabが販売しているメディアサーバで、同一ネットワーク上に存在すれば選択が可能になる。

「携帯機器」に関しては現段階では使用できず、将来的にはスマホなどのモバイルデバイスへ直接ファイル転送が行えるようになるものと思われる。
現状では保存先に「携帯機器」を選択してエンコードすると「¥Documents¥DVDFab11¥Temp¥Video」にファイルが保存されるだけで、転送は実行されない。

「保存先」を指定したら処理を実行する前に「タスクリスト」を開き、「現在のタスク」で実行する内容を確認してから「開始」をクリック。

「現在のタスク」に追加されているタスクは、チェックボックスにチェックが入っていなくても、「開始」をクリックすると全て実行されるので要注意。

不要なタスクが登録されている場合はチェックボックスをクリックし「削除」しておく。

削除したタスクは「ゴミ箱」をクリックすると下ペインにリストが表示され、タスクの右端にカーソルを合わせて出現する矢印をクリックすると復元できる。

タスクは削除だけでなく、「アーカイブ(保存)」することも可能で、後から同じタスクを実行する場合などには便利かも。

「アーカイブ」したタスクは「アーカイブタスク」で確認でき、タスクの右端にある矢印アイコンをクリックするか、チェックを入れてから下部にある「再読込み」をクリックすると、タスクの再読込みが実行され、該当のタスクが「現在のタスク」へ移動する。

「アーカイブタスク」のアクセス時に説明が表示されるとおり、「アーカイブタスク」にはユーザーがアーカイブしたタスクのほかに、コピー処理実行時にエラーやクラッシュになったタスクも追加されるので、必要に応じて「再読込み」もしくは「削除」しておく。
ちなみに「レポート」はバグ報告の送信ウインドウが開く。

ファイル転送

DVDFab11から追加された無料で利用できる新機能が「ファイル転送」。
スマホやタブレットなどモバイルデバイスに「DVDFabリモート」をインストールすることで、PCのDVDFab11からMP4とMP3ファイルをモバイルデバイスに送信できる。

Android版 DVDFab Remoteの使い方

DVDFabにはDVDFabから発売されているハードウェア「ムービーサーバー」用の「DVDFab MS Remote」と … “Android版 DVDFab Remoteの使い方” の続きを読む

「ファイル転送」を使用する場合は、予めモバイルデバイスに「DVDFabリモート」をインストールしておく必要がある。

モバイルへ転送する場合は上部メニューの「ユーティリティ」から「ファイル転送」を選択。

モバイルデバイスで「DVDFabリモート」が起動していないか、接続が確率されていないと「DVDFabリモート」のダウンロード用QRコードが表示されるので、モバイルデバイスのアプリを再起動させた後、「再スキャン」または「手動接続」で接続する。

接続されるとアプリ側で「ビデオ転送サービスが起動しました。」と通知が出る。

「ファイル転送」側では上部に接続しているモバイルデバイスのモデル名が表示される。

モバイルデバイスの接続が確認できたら「追加」をクリックして、転送するMP4ファイル、またはMP3ファイルを選択する。

ファイルは複数追加でき、転送するファイルを追加したら「転送」をクリック。

ファイル転送の進捗状況はモバイルの「DVDFabリモート」に進捗は表示されず、PCのDVDFab11でのみ確認可能。

転送中にモバイルデバイスをネットワーク外に持ち出したり、スマホを操作してDVDFabリモートの接続が途切れてしまうと、転送に失敗するので要注意。

転送の時間は1.5GBのファイルで数分。

DVDFab Mini

DVDFab Miniは「コピー」と「リッピング」に特化したアプリで、付加機能が削除されているので、操作がシンプルで使いやすい。

起動時に説明が表示されるので「再表示しない」にチェックを入れて「OK」。

「リッピング」で使用できるファイルフォーマットは「MP4」のみで、タイトルや音声、字幕の選択は可能だが、画質などの設定はできない。

設定ができたら保存先を指定して「開始」をクリックするだけで処理が開始する。

エラー

リッピングソフトにエラーは付き物だが、「DVDFab Blu-rayリッピング」はエラーが発生しても強制終了したり、エラーメッセージが出ず、「仕事をしている振り」をする傾向がある。

処理が継続されているのか、すでに停止している常態かの判定は、進捗の指数ではなく、「タスクキューマネージャ」で表示されている「エンコードFPS」で行う。

エンコードFPSは、字幕をファイルに格納する場合は通常60.0~90.0前後、字幕をレンダリングする場合は1.0以下で推移するが、エラーが発生すると上図のように「エンコードFPS」が表示されなくなる。

この状態になってしまうと、いくら待っても処理は完了しないが、逆に進捗状況が止まっているように見えても、エンコードFPSの数値が動いていれば処理は継続中だと判断できる。

エラーが発生した場合は「キャンセル」をクリック後、「キューにあるすべてのタスクをキャンセルする」というメッセージで「はい」を選択すると、しばらく時間はかかるが処理が中断されるので、DVFabを一旦終了させる。

キャンセルで終了できない場合は、タスクバーのコンテキストメニュー(右クリックメニュー)から「タスクマネージャー」を起動して、DVDFabを選択して「タスクの終了」。

保存先には「Video」フォルダが生成されており、Videoフォルダ内にエラーになったコンテンツのタイトルフォルダがあるので削除する。

購入手順

購入ページから「DVDFab Blu-ray Ripper」を選択し、クレジットカードまたはビットコインで支払い後、DVDFabの会員登録を行い、登録したメールアドレスとパスワードで製品をアクティブ化する。

購入方法とメンバー登録やライセンス認証など購入後の流れ、最新のセール情報は下記ページを参照。

DVDFabの最新セール情報と購入方法

DVDFabは中国のFengtao Software が開発した著名なリッピングソフトで、リッピングのほかエンコード、オ … “DVDFabの最新セール情報と購入方法” の続きを読む





DVDFab関連アプリ

DVDFab Passkey for DVD / Blu-rayのインストールと使い方

DVDFab Passkeyはタスクトレイに常駐し、ドライブに挿入されたDVDやBlu-ray、UHD Blu-rayデ … “DVDFab Passkey for DVD / Blu-rayのインストールと使い方” の続きを読む

DVDFab11 Blu-ray コピーのインストールと使い方

「DVDFab11 Blu-ray コピー(DVDFab Blu-ray Copy)」は、Blu-rayディスクの複製、 … “DVDFab11 Blu-ray コピーのインストールと使い方” の続きを読む

DVDFab11 DVDコピーのインストールと使い方

「DVDFab DVDコピー(DVDFab DVD Copy)」は、DVDディスクの複製、ISOイメージファイルやDVD … “DVDFab11 DVDコピーのインストールと使い方” の続きを読む

DVDFab11 Video Converter(動画変換)のインストールと使い方

DVDFab11 動画変換(DVDFab Video Converter)は、動画ファイルを任意のファイル形式に変換でき … “DVDFab11 Video Converter(動画変換)のインストールと使い方” の続きを読む

DVDFab Virtual Driveのインストールと使い方

DVDFab Virtual Drive(仮想ドライブ)はISOイメージファイルを再生するエミュレーター。 DVDやBD … “DVDFab Virtual Driveのインストールと使い方” の続きを読む




DVDFab HD Decrypterのインストールと使い方

DVDFab HD Decrypterは、これまでリッピング統合ソフトDVDFabの試用期間終了後、機能制限された「DVDFab DVDコピー」の呼称だったが、2019年4月の改定により「DVDFab DVDリッピング」「DVDFab Blu-rayコピー」「DVDFab Blu-rayリッピング」が追加され、試用期間終了後も機能制限された状態で継続利用できるようになった。

現在「DVDFab HD Decrypter」は名称のみが使用されているため紛らわしいのだが、もともと「DVDFab HD Decrypter」はスタンドアローン(単体アプリ)としてリリースされており、それがリッピング統合アプリ「DVDFab」に吸収され、一時はDVDFabの起動時に「DVDFab HD Decrypter」を選択する形になった。
ただ、その後のバージョンで「DVDFab」の「体験版 期限切れ」として「DVDコピー」のみが利用できるようになり、実質的に「DVDFab HD Decrypter」は「DVDコピー(体験版 期限切れ)」と同化してしまった。

そのため現在は「DVDFab」の試用期限後に継続利用できる「無料版」の総称として「DVDFab HD Decrypter」という呼称が使用されている。

Caution
このアプリケーションはDVDに使用されているアクセスコントロールやプロテクトの解除機能を有しており、その機能を使用すると著作権法に定める「技術的保護手段の回避」に抵触するため、個人で作成したものなど、コピーガードのかかっていないDVD限定で使用してください。

著作権法と違法行為

システム要件

バージョン11.0.2.8

OS:Windows Vista / 7 / 8 / 8.1 /10
CPU:Intel Core 2 Quad以上(PC/AT互換 2GHz以上)
RAM:512MB(2GB以上)
HDD:20GB以上の空き容量

DVD-Rへ書き込む場合はDVD-RWに対応した光学ドライブ。
BD-Rへ書き込む場合はBD-RWに対応した光学ドライブ。

※公式記載のシステム要件は上記のとおりだが、OSのシステム要件を下回っているので、使用するOSの推奨最小要件(カッコ内のスペック)を満たしている必要がある。

ソフトの入手先

DVDFab11公式ダウンロードページ

ダウンロードするのは「DVDFab11」の無料体験版。。



DVDFab HD Decrypterのインストール

DVDFab HD DecrypterはDVDFab11の試用期限切れ後、自動的に利用可能になるため、DVDFab11をインストールして該当機能だけを使用することになる。

DVDFab11のセットアップは簡略化されており、アドウェアやサードパーティ製アプリのバンドルなどもない。

ダウンロードページの「無料ダウンロード」のボタンをクリックしてインストーラーをダウンロードする。

使用しているPCの環境に合わせて64bit版と32bit版のいずれかがダウンロードされる。

ダウンロードしたインストーラーを起動し、ユーザーアカウント制御のメッセージが出たら「はい」で許可。

セットアップ画面の「カスタム」をクリックすると、インストール先の指定や、デスクトップへのショートカット作成が選択可能になる。

「ユーザーエクスペリエンスプログラム」はDVDFab11をインストールしたPCのハードウェア情報、DVDFab11の使用状況やエラーなどの情報を、匿名でDVDFabへ送信するもので、データは製品の改善などに使用される。

デフォルトでは「ユーザーエクスペリエンスプログラム」に参加するようになっているため、不要であればチェックを外しておく。

使用許諾書も確認し、問題なければ「クイックインストール」をクリック。

インストールが完了したら、事前にライセンスを購入している場合も「今すぐ体験」をクリック。

とりあえず「体験」をクリック。

ライセンス状況が表示されるので「体験」をクリック。

少々分かりづらいチュートリアルが強制的に始まるので、上部メニューを適当にクリック。

選択したメニューの説明が表示されたら明るい部分をクリック。

メイン画面が表示されたら使用準備完了。

試用期間終了後

試用期間もしくは試用枚数の上限を超えた状態で、継続して「DVDコピー」「DVDリッピング」「Blu-rayコピー」「Blu-rayリッピング」の機能を利用すると、アカウントの作成画面が表示される。

DVDFab HD Decrypterの利用にはDVDFabのアカウントが必要なので、メールアドレスとパスワードを設定して「無料アカウントを新規作成」をクリック。

入力したメールアドレスに「DVDFab Create Account」というメールが届くので、「Your verification link:」のリンクをクリックするとアドレスが認証され、DVDFabのメンバーページへログインが可能になるが、アドレスの認証をしなくてもDVDFab HD Decrypterは利用できる。

試用期間中は「体験ユーザー」だったライセンシーが登録したメールアドレスに変わり、試用期間が過ぎて継続利用できる機能は「無料版」と表示される。

無料版の説明と有料版の特徴が表示されるので「続ける」をクリック。

DVDFab HD Decrypterが使用可能になる。

ImgBurnの設定

「DVDFab DVDコピー」はISOイメージファイルへの変換やDVDブランクメディアへの書き込みもサポートしているが、無料版でいずれも制限されており、ISO出力やブランクメディアへの書き込みはImgBurnが必要になる。

ImgBurn のインストールと使い方

ImgBurnはCD / DVD / Blu-ray / HD DVD に対応している定番のライティングソフト。 メディ … “ImgBurn のインストールと使い方” の続きを読む

DVDFab HD Decrypterから直接、ISOイメージファイル出力に対応しているのはImgBurnのみ。
ただし、DVDフォルダで出力すれば他のライティングソフトも使用できる。

ImgBurnがインストールされている環境で、DVDFab HD Decrypterの右上のメニューから「共通設定」を選択。

「ドライブ」の「DVD書き込み」を選択し、「書き込みエンジン」の項目を「DVDFab書き込みエンジン」から「ImgBurn」へ変更して「確認」をクリック。

使用方法

DVDFab HD Decrypterとして利用できるのは「DVDコピー」「DVDリッピング」「Blu-rayコピー」「Blu-rayリッピング」で、基本的な使用方法は有料版のDVDFabと同じ。

また有料版と同様、リッピング可能枚数は1週間で70枚が上限。

「コピー」は、DVDの場合はDVDフォルダ、Blu-rayはBlu-rayフォルダとして、ディスクのコンテンツをパソコンに保存できる。

有料版ではISOイメージファイルでの保存、ブランクメディアへの書き込みも可能だが、DVDFab HD DecrypterではImgBurnのインストールと設定を行う必要がある。

DVD・Blu-rayともに圧縮(トランスコード)はサポートしておらず、ソース(コピー元)をフルサイズ(無劣化)で出力することになる。

DVDの保護解除機能に関しては、アダルトDVD・Fake vts protectionで保護されたディスク・直近1年以内にリリースされたディスクはサポート外
*テスト環境では旧作のアダルトDVDはコピー可能だったが、今後のバージョンで制限される可能性がある。

Blu-rayも一部のMKB(Media Key Block)がサポートから外されており、北米版のBlu-rayも未サポート。

DVDFab DVDコピー 無料版のインストールと使い方

DVDFab DVDコピー 無料版は、無料で利用できる「DVDFab HD Decrypter」に含まれ、「DVDFab … “DVDFab DVDコピー 無料版のインストールと使い方” の続きを読む

リッピングではDVDやBlu-rayのコンテンツを動画ファイルとして出力できる。

DVDFab HD Decrypterで使用できるファイル形式はDVD・Blu-rayともに「MP4」と「MKV」のみで、MP4は解像度が720 x 480以下に限定され、MKVはエンコード処理をしない(ロスレス)出力のみに限定される。

Blu-rayをMP4の解像度720 x 480で出力すると、Blu-rayの良さが台無しになってしまうが、DVDの解像度は同じ720 x 480のため、DVDをリッピングするならMp4でも全く問題はない。
ただ、DVDには「DVDコピー」と同様に、アダルトDVD*・Fake vts protectionで保護されたディスク・直近1年以内にリリースされたディスクはサポート外という制限がある。
*テスト環境では旧作のアダルトDVDはリッピング可能だったが、今後のバージョンで制限される可能性がある。

DVDFab Blu-rayリッピング 無料版のインストールと使い方

DVDFab Blu-rayリッピング 無料版は、無料で利用できる「DVDFab HD Decrypter」に含まれ、「 … “DVDFab Blu-rayリッピング 無料版のインストールと使い方” の続きを読む





DVDFab関連アプリ

DVDFabの最新セール情報と購入方法

DVDFabは中国のFengtao Software が開発した著名なリッピングソフトで、リッピングのほかエンコード、オ … “DVDFabの最新セール情報と購入方法” の続きを読む

DVDFab11 Blu-ray コピーのインストールと使い方

「DVDFab11 Blu-ray コピー(DVDFab Blu-ray Copy)」は、Blu-rayディスクの複製、 … “DVDFab11 Blu-ray コピーのインストールと使い方” の続きを読む

DVDFab11 DVDコピーのインストールと使い方

「DVDFab DVDコピー(DVDFab DVD Copy)」は、DVDディスクの複製、ISOイメージファイルやDVD … “DVDFab11 DVDコピーのインストールと使い方” の続きを読む

DVDFab DVDコピー 無料版のインストールと使い方

DVDFab DVDコピー 無料版は、無料で利用できる「DVDFab HD Decrypter」に含まれ、「DVDFab … “DVDFab DVDコピー 無料版のインストールと使い方” の続きを読む

DVDFab11 Blu-rayリッピングのインストールと使い方

「DVDFab11 Blu-rayリッピング(DVDFab Blu-ray Ripper)」は、Blu-rayディスクの … “DVDFab11 Blu-rayリッピングのインストールと使い方” の続きを読む





DVDFab11 DVDリッピングのインストールと使い方

「DVDFab DVDリッピング(DVDFab DVD Ripper)」は、DVDディスクのコンテンツをMP4・MKV・AVIなどの動画ファイルに変換することができる。

強力な保護解除機能を実装したDVD / Blu-ray/ 4K UHD BDのリッピング統合ソフト「DVDFab11オールインワン」に含まれているアプリで、DVDのアクセスコントロールやコピープロテクトの解除をサポートしており、設定が簡素化されているため、ビギナーでも簡単にDVDから動画ファイルを作成できるのが大きな特徴。

「DVDFab DVDリッピング」は無料でインストールができ、試用期間(30日)もしくは試用制限(3枚)内はフル機能が利用可能。
また、試用期間・試用制限のいずれかを超えてしまうと、無料で利用できるDVDFab HD Decrypterへと自動的に移行する。

有料版・無料版ともにリッピング可能枚数は、1週間で70枚の制限があるため、1ヶ月280枚が上限になる。

製品版の価格は1年間有効なライセンスで約6,300円だが、常に割引が実施されているので、実質的に4,000円以下で購入可能。

Caution
このアプリケーションはDVDに使用されているアクセスコントロールやプロテクトの解除機能を有しており、その機能を使用すると著作権法に定める「技術的保護手段の回避」に抵触するため、個人で作成したものなど、コピーガードのかかっていないDVD限定で使用してください。

著作権法と違法行為

システム要件

バージョン11.0.0.4

OS:Windows Vista / 7 / 8 / 8.1 /10
CPU:Pentium II 500 MHz(PC/AT互換 1GHz以上)
RAM:512MB(2GB以上)
HDD:20GB以上の空き容量

※公式記載のシステム要件は上記のとおりだが、OSのシステム要件を下回っているので、使用するOSの推奨最小要件(カッコ内のスペック)を満たしている必要がある。

ソフトの入手先

DVDFab 公式ダウンロードページ

※DVDFab10の既存ユーザーは「DVDFab11がリリース」を参照。



DVDFab11 DVDリッピングのインストール

DVDFab Blu-rayリッピングはDVDFab11の一機能になるため、DVDFab11をインストールして該当機能だけを使用することになる。

DVDFab11 オールインワンのインストールと使い方

「DVDFab オールインワン」は強力な保護技術解除機能を実装したDVD / Blu-rayのリッピング統合ソフトで、D … “DVDFab11 オールインワンのインストールと使い方” の続きを読む

※インストールの手順は「DVDFab11 オールインワンのインストールと使い方」を参照

使用方法

動画ファイルに変換する場合、最も重要なのは動画ファイルの用途。
使用するファイル形式はファイルを再生する環境によって選択するのがベターだが、よく分からない場合はMP4を利用を推奨。

エンコード(変換)の設定に関しては、ファイル形式を選択後に画質やファイルサイズをリストから選択するだけで良く、ビットレートなどを変更したい場合は詳細設定も可能。

エンコードの所要時間は使用してる環境に依存するが、GPUがH.264やH.265のエンコードに対応していれば、ハードウェアアクセラレーションにより、エンコード処理が高速化する。

メインウインドウの左端にある「リッピング」が「DVDリッピング」のメニュー。

DVDドライブにディスクを挿入するとDVD Fab11が自動的に認識して取り込みを実行する。

ISOファイルやDVDフォルダはメイン画面中央にドラッグ・アンド・ドロップで取り込むことができる。

取り込んだディスクやファイルが表示される。

出力ファイル形式の選択

出力するファイル形式はデフォルトで、ビデオコーデックに「H.264」を使用した「MP4」が設定されており、画質についてはHandBrakeのHQ相当で、音声のビットレートも高く、標準的というより高画質・高音質になっているため、特段のこだわりがなければ変更する必要はない。

出力するファイル形式を指定する場合は、上図赤枠部分をクリックしてメニューを表示。

「フォーマット」には「一般」と「フィルター」があり、「フィルター」は「3D・パススルー・4K・H.265・10ビット」から選択可能だが、4Kや10ビットは姉妹品の「Blu-rayリッピング」用なので選択しても画質が向上するわけではない。

動画の再生環境が決まっている場合は、「デバイス」から使用する機種のメーカー名を左ナビゲートバーから選択し、右ペインで使用機種を選択すると、指定したデバイスの解像度に合わせた設定に変更されるが、設定に微妙な違いがあるものの、デフォルトのMP4と大差はない。

ビデオコーデックに「H.265」を使用する場合は、フィルターで「H.265」にチェックを入れると、利用可能なファイルフォーマットが表示されるので任意で選択する。

4Kや10bitに関しては、SD画質のDVDには無関係と言ってよく、4K10bitを選択すると解像度は4000×2000になるものの、720×480または640×480のDVDの解像度を強引に引き伸ばすため、ファイルサイズは肥大化するが画質は向上しない。
10bitは色深度のことで、従来の8ビットが約1677万色表示なのに対して、10ビットは約10億7374色の表示が可能になる。
ただし10ビットを表示するには、10ビット出力に対応したグラフィック機能とモニタが必要で、そもそもDVDは8ビットなので10ビットにしても意味がない。

H.265を使用する場合は、解像度がソースと同じになる「MKV H.265 HEVC」「MP4 H.265 HEVC」の二択で、いずれもH.264の使用時よりもビデオのビットレートが半分程度になるので、ファイルサイズを抑えることができる。
ただし、音声ビットレートは変更できないため、単純にH.264で出力したファイルサイズが半分になるわけではない。

DVD-VideoのデータをそのままMKVに格納する荒業が「パススルー」。
エンコード処理がないため無劣化でMKVに変換できるが、ファイルサイズも圧縮されないので、スマホやタブレットでの再生には不向き。

DVDFab11から追加されたプロファイルで、YouTubeなどの動画サイトへの投稿に最適化されたもので、おそらくネットワーク上で動画の再生がすぐに実行できるHandBrakeの「Web Optimized」と同機能と思われる。

DVDから音声のみを出力する場合は、「Audio」から任意の音声コーデックを選択する。
汎用性があるのは「AAC」「MP3」で、「AudioCopy」はDVDの音声データを無圧縮出力するため、DVDの音声がドルビーデジタルの場合は「AC-3」で出力される。

字幕・音声の設定

ファイルに格納する字幕や音声は、ドロップダウンリストから選択可能。
MP4とMKVは複数の音声・字幕データを格納できるが、追加するとファイルサイズも大きくなる。

DVDの音声が表示されるので、ファイルに格納する音声にチェックを入れる。
チェックボックスの前にある「▶」はデフォルトの音声になるため、字幕との組み合わせを考慮して指定する。
変更する場合は、デフォルトに指定する音声の先頭部分をクリック。

字幕も音声と同様、ファイルに格納する字幕にチェックを入れる。
「強制字幕」は「吹替版」でも表示される字幕のことで、音声が原語の場合は一般的に「強制字幕のみ表示」「通常と強制のみ」「Japanese」の3箇所にチェックを入れる。
複数の字幕が格納されている場合は全て選択することも可能。

チャプターの指定

DVDから任意のチャプターのみファイルに出力することも可能。

チャプターのドロップダウンリストから出力するチャプターの範囲を指定。

1つのチャプターのみ出力する場合は、開始・終了に同じチャプターを指定する。

開始チャプターは終了チャプターよりも大きな数値が選択できないので、チャプター「5」を指定後に「7」へ変更するなら、終了チャプターを7にしてからでないと開始チャプターを7に変更できない。

ソースの結合

短編やシリーズ物を1つのファイルにまとめる場合は「追加」と「結合」を使用する。

DVDドライブが複数ある場合は、各ドライブにDVDディスクを挿入することでDVDFab11が自動的に読む込を開始する。
ISOファイルやDVDフォルダを追加する場合は、上部の「+追加」をクリックするとファイルエクスプローラーが開くが、ドラッグ・アンド・ドロップでも追加が可能。

結合するソースを追加したら「結合」をクリック。

追加したソースのサムネイルが表示されるので問題なければ「確認」をクリック。

サムネイルにマウスオーバーすると再生ボタンが表示され、ソースの内容を確認することが可能で、サムネイルはドラッグで順序を入れ替えることができる。

結合を実行したソースは非アクティブ化され、新たに「Merge1」として指定したソース含んだタイトルが追加される。

ソースの削除と非アクティブ化

追加したソースをリッピング対象から外す場合は、非アクティブ化と削除の2通りある。

タイトル横にある「X」アイコンはソースの削除、字幕の右にあるボタンで「アクティブ/非アクティブ」の切り替えができる。

保存先の指定とタスク

通常はメインウインドウ下の「保存先」の右にある「フォルダアイコン」をクリックして、ファイルの保存先を指定する。

「フォルダアイコン」ではなく「保存先」のテキストボックスをクリックすると、ローカルの保存先のほかに「携帯機器」「DVDFab MovieServer(見つかりません)」と表示される。

「DVDFab MovieServer」はDVDFabが販売しているメディアサーバで、同一ネットワーク上に存在すれば選択が可能になる。

「携帯機器」に関しては現段階では使用できず、将来的にはスマホなどのモバイルデバイスへ直接ファイル転送が行えるようになるものと思われる。
現状では保存先に「携帯機器」を選択してエンコードすると「¥Documents¥DVDFab11¥Temp¥Video」にファイルが保存されるだけで、転送は実行されない。

「保存先」を指定したら処理を実行する前に「タスクリスト」を開き、「現在のタスク」で実行する内容を確認してから「開始」をクリック。

「現在のタスク」に追加されているタスクは、チェックボックスにチェックが入っていなくても、「開始」をクリックすると全て実行されるので要注意。

不要なタスクが登録されている場合はチェックボックスをクリックし「削除」しておく。

削除したタスクは「ゴミ箱」をクリックすると下ペインにリストが表示され、タスクの右端にカーソルを合わせて出現する矢印をクリックすると復元できる。

タスクは削除だけでなく、「アーカイブ(保存)」することも可能で、後から同じタスクを実行する場合などには便利かも。

「アーカイブ」したタスクは「アーカイブタスク」で確認でき、タスクの右端にある矢印アイコンをクリックするか、チェックを入れてから下部にある「再読込み」をクリックすると、タスクの再読込みが実行され、該当のタスクが「現在のタスク」へ移動する。

「アーカイブタスク」のアクセス時に説明が表示されるとおり、「アーカイブタスク」にはユーザーがアーカイブしたタスクのほかに、コピー処理実行時にエラーやクラッシュになったタスクも追加されるので、必要に応じて「再読込み」もしくは「削除」しておく。
ちなみに「レポート」はバグ報告の送信ウインドウが開く。

ファイル転送

DVDFab11から追加された無料で利用できる新機能が「ファイル転送」。
スマホやタブレットなどモバイルデバイスに「DVDFabリモート」をインストールすることで、PCのDVDFab11からMP4とMP3ファイルをモバイルデバイスに送信できる。

Android版 DVDFab Remoteの使い方

DVDFabにはDVDFabから発売されているハードウェア「ムービーサーバー」用の「DVDFab MS Remote」と … “Android版 DVDFab Remoteの使い方” の続きを読む

「ファイル転送」を使用する場合は、予めモバイルデバイスに「DVDFabリモート」をインストールしておく必要がある。

モバイルへ転送する場合は上部メニューの「ユーティリティ」から「ファイル転送」を選択。

モバイルデバイスで「DVDFabリモート」が起動していないか、接続が確率されていないと「DVDFabリモート」のダウンロード用QRコードが表示されるので、モバイルデバイスのアプリを再起動させた後、「再スキャン」または「手動接続」で接続する。

接続されるとアプリ側で「ビデオ転送サービスが起動しました。」と通知が出る。

「ファイル転送」側では上部に接続しているモバイルデバイスのモデル名が表示される。

モバイルデバイスの接続が確認できたら「追加」をクリックして、転送するMP4ファイル、またはMP3ファイルを選択する。

ファイルは複数追加でき、転送するファイルを追加したら「転送」をクリック。

ファイル転送の進捗状況はモバイルの「DVDFabリモート」に進捗は表示されず、PCのDVDFab11でのみ確認可能。

転送中にモバイルデバイスをネットワーク外に持ち出したり、スマホを操作してDVDFabリモートの接続が途切れてしまうと、転送に失敗するので要注意。

転送の時間は1.5GBのファイルで数分。

DVDFab Mini

DVDFab Miniは「DVDコピー」と「DVDリッピング」に特化したアプリで、付加機能が削除されているので、操作がシンプルで使いやすい。

起動時に説明が表示されるので「再表示しない」にチェックを入れて「OK」。

「DVDリッピング」で使用できるのは「MP4」のみ。
「Copy」は「DVDコピー」を購入する必要がある。

設定できるのは「オーディオ」と「字幕」の選択のみで、保存先を指定して「開始」をクリックするだけ。

購入手順

購入ページから「DVDFab DVD Ripper」を選択し、クレジットカードまたはビットコインで支払い後、DVDFabの会員登録を行い、登録したメールアドレスとパスワードで製品をアクティブ化する。

購入方法とメンバー登録やライセンス認証など購入後の流れ、最新のセール情報は下記ページを参照。

DVDFabの最新セール情報と購入方法

DVDFabは中国のFengtao Software が開発した著名なリッピングソフトで、リッピングのほかエンコード、オ … “DVDFabの最新セール情報と購入方法” の続きを読む





DVDFab関連アプリ

DVDFab Passkey for DVD / Blu-rayのインストールと使い方

DVDFab Passkeyはタスクトレイに常駐し、ドライブに挿入されたDVDやBlu-ray、UHD Blu-rayデ … “DVDFab Passkey for DVD / Blu-rayのインストールと使い方” の続きを読む

DVDFab11 Blu-ray コピーのインストールと使い方

「DVDFab11 Blu-ray コピー(DVDFab Blu-ray Copy)」は、Blu-rayディスクの複製、 … “DVDFab11 Blu-ray コピーのインストールと使い方” の続きを読む

DVDFab11 DVDコピーのインストールと使い方

「DVDFab DVDコピー(DVDFab DVD Copy)」は、DVDディスクの複製、ISOイメージファイルやDVD … “DVDFab11 DVDコピーのインストールと使い方” の続きを読む

DVDFab11 Video Converter(動画変換)のインストールと使い方

DVDFab11 動画変換(DVDFab Video Converter)は、動画ファイルを任意のファイル形式に変換でき … “DVDFab11 Video Converter(動画変換)のインストールと使い方” の続きを読む

DVDFab Virtual Driveのインストールと使い方

DVDFab Virtual Drive(仮想ドライブ)はISOイメージファイルを再生するエミュレーター。 DVDやBD … “DVDFab Virtual Driveのインストールと使い方” の続きを読む




DVDFab Blu-rayリッピング 無料版のインストールと使い方

DVDFab Blu-rayリッピング 無料版は、無料で利用できる「DVDFab HD Decrypter」に含まれ、「DVDFab Blu-rayリッピング」の試用期間(30日)もしくは試用制限(3枚)を超えると、「DVDFab Blu-rayリッピング」から自動的に切り替わる。
※現在(バージョン11.0.2.8)のところ「DVDFab Blu-rayコピー」「DVDFab Blu-rayリッピング」のいずれかの試用期間や試用制限を超えると、双方とも試用できなくなるので要注意。

有料版と比較すると大きな制限が入っており、出力できるのはエンコード処理をしない(ロスレス)のMKVファイルと、解像度がDVDと同じ720 x 480で出力されるMP4のみ。

また、北米版Blu-rayのほか、有料版ではサポートしているMKB(Media Key Block)のバージョンも、無料版では一部が未サポートになっており、テストで使用した10枚のレンタルBlu-rayは、Cinaviaで保護されていた1枚を含め、4枚が読み込みできなかった。
ちなみに有料版の「Blu-rayリッピング」は「Cinavia 除去」が有効になっている環境で、すべてリッピングが可能だった。

Caution
このアプリケーションはBlu-rayに使用されているプロテクトの解除機能を有しており、その機能を使用すると著作権法に定める「技術的保護手段の回避」に抵触するため、個人で作成したものなど、コピーガードのかかっていないBlu-ray限定で使用してください。

著作権法と違法行為

システム要件

バージョン11.0.2.8

OS:Windows Vista / 7 / 8 / 8.1 /10(32bit & 64bit)
CPU:Intel Core 2 Quad以上(PC/AT互換 2GHz以上)
RAM:2GB以上
HDD:100GB以上の空き容量

※Blu-rayドライブ

ソフトの入手先

DVDFab 公式ダウンロードページ

DVDFab11 Blu-rayリッピング無料版のインストール

DVDFab DVDコピー無料版はDVDFab HD Decrypterの一機能になるため、DVDFab11をインストールして該当機能だけを使用することになる。

DVDFab HD Decrypterのインストールと使い方

DVDFab HD Decrypterは、これまでリッピング統合ソフトDVDFabの試用期間終了後、機能制限された「DV … “DVDFab HD Decrypterのインストールと使い方” の続きを読む

※インストールの手順は「DVDFab HD Decrypterンのインストールと使い方」を参照

使用方法

基本操作は有料版の「Blu-rayリッピング」と同じため、試用期間中は「DVDFab11 Blu-rayリッピングのインストールと使い方」を参照。

リッピング可能枚数も有料版と同様、1週間で70枚が上限。

DVDFabを起動したら上部メニューから「リッピング」を選択して、Blu-rayディスクをドライブにセットする。

ディスク解析後に「このディスクを読み込みたい場合、有料版を注文する必要があります」というメッセージが出た場合、対象ディスクの保護技術(MKBのバージョン)はサポートされていないため使用不可。

ディスクを認識するとタイトルが表示され、タイトル横に「Blu-rayリッピング 無料版」の表示がでる。

選択できるフォーマットは「MP4 Free」と「MKV Passthrough」のみ。

「MKV Passthrough」を選択する場合は、「フィルター」の箇所で「パススルー」にチェックを入れると「MKV Passthrough」が表示される。

「MP4 Free」はビデオコーデックに「H.264/AVC」を使用してエンコードされ、「MKV Passthrough」はBlu-rayディスクのM2TSファイルを、そのまま抽出してMKVファイルに格納する。
そのため「MP4 Free」はエンコード時に画質の劣化が生じるが、ファイルサイズは縮小され、「MKV Passthrough」は画質の劣化は無いが、ファイルサイズはソースのBlu-rayディスクと同じサイズになる。

選択されているタイトルは「再生アイコン」をクリックするとプレビュー画面が開いて確認できる。
ただ、有料版では問題なく再生できたものが、無料版のテスト環境ではスムーズな再生ができなかった。

フォーマットに「MP4 Free」を選択した場合のみ画質をリストから選択する。

多重音声や字幕がある場合は、「オーディオ」と「字幕」を設定。
ファイルに格納する字幕や音声は、ドロップダウンリストから選択可能。

ファイルに格納する音声や字幕にチェックを入れる。
チェックボックスの前にある「▶」はデフォルトになるため、音声と字幕の組み合わせを考慮して指定する。
変更する場合は、デフォルトに指定する音声や字幕の先頭部分をクリック。

 

日本語字幕や音声が無い場合は、「他のタイトルを選択」をクリックして一覧表示されるタイトルから、再生時間や音声・字幕などを目安に別のタイトルを任意に選択。

DVDFabリッピングはデフォルトで字幕は「ファイルに格納」されるので、「焼付け」に変更したい場合は「スパナアイコン」をクリック。

「MKV Passthrough」では「ビデオ」も「オーディオ」も変更できる箇所は殆どないが、「MP4 Free」であれば「WEB最適化」や「ビデオ画質」「ビットレート」などを変更可能。

字幕を焼き付ける場合は「モード」のリストから「直接動画にレンダリングする」を選択。

設定が完了したらメインウインドウ下の「保存先」の右にある「フォルダアイコン」をクリックして、ファイルの保存先を指定する。

「フォルダアイコン」ではなく「保存先」のテキストボックスをクリックすると、ローカルの保存先のほかに「携帯機器」「DVDFab MovieServer(見つかりません)」と表示される。

「DVDFab MovieServer」はDVDFabが販売しているメディアサーバで、同一ネットワーク上に存在すれば選択が可能になる。

「携帯機器」は無料版では使用できない。

「保存先」を指定したら処理を実行する前に「タスクリスト」を開き、「現在のタスク」で実行する内容を確認してから「開始」をクリック。

「現在のタスク」に追加されているタスクは、チェックボックスにチェックが入っていなくても「開始」をクリックすると全て実行されるので要注意。

不要なタスクが登録されている場合はチェックボックスをクリックし「削除」しておく。

削除したタスクは「ゴミ箱」をクリックすると下ペインにリストが表示され、タスクの右端にカーソルを合わせて出現する矢印をクリックすると復元できる。

タスクは削除だけでなく、「アーカイブ(保存)」することも可能で、後から同じタスクを実行する場合などには便利かも。

「アーカイブ」したタスクは「アーカイブタスク」で確認でき、タスクの右端にある矢印アイコンをクリックするか、チェックを入れてから下部にある「再読込み」をクリックすると、タスクの再読込みが実行され、該当のタスクが「現在のタスク」へ移動する。

「アーカイブタスク」のアクセス時に説明が表示されるとおり、「アーカイブタスク」にはユーザーがアーカイブしたタスクのほかに、コピー処理実行時にエラーやクラッシュになったタスクも追加されるので、必要に応じて「再読込み」もしくは「削除」しておく。
ちなみに「レポート」はバグ報告の送信ウインドウが開く。

フォーマットを「MP4 Free」の「高画質」で出力した際の情報。
ファイルサイズは2.7GBになった。

解像度がSDなので良くも悪くも高画質なDVD。





DVDFab関連アプリ

DVDFab11 UHD コピーのインストールと使い方

「DVDFab11 UHD コピー(DVDFab UHD Copy)」は、4K・HDRをサポートしているUHD Blu- … “DVDFab11 UHD コピーのインストールと使い方” の続きを読む

DVDFab Passkey for DVD / Blu-rayのインストールと使い方

DVDFab Passkeyはタスクトレイに常駐し、ドライブに挿入されたDVDやBlu-ray、UHD Blu-rayデ … “DVDFab Passkey for DVD / Blu-rayのインストールと使い方” の続きを読む

DVDFab11 Video Converter(動画変換)のインストールと使い方

DVDFab11 動画変換(DVDFab Video Converter)は、動画ファイルを任意のファイル形式に変換でき … “DVDFab11 Video Converter(動画変換)のインストールと使い方” の続きを読む

DVDFab Virtual Driveのインストールと使い方

DVDFab Virtual Drive(仮想ドライブ)はISOイメージファイルを再生するエミュレーター。 DVDやBD … “DVDFab Virtual Driveのインストールと使い方” の続きを読む

DVDFab Blu-ray(DVD)Cinavia 除去のインストールと使い方

DVDFab Blu-ray(DVD)Cinavia 除去はスタンドアローン(単体)で動作するアプリではなく、DVDFa … “DVDFab Blu-ray(DVD)Cinavia 除去のインストールと使い方” の続きを読む




DVDFab11 オールインワンのインストールと使い方

「DVDFab オールインワン」は強力な保護技術解除機能を実装したDVD / Blu-rayのリッピング統合ソフトで、DVD・Blu-rayのコピー・リッピング・エンコード・オーサリングのほか、音声にウォーターマーク(電子透かし)を埋め込む保護技術「Cinavia(シナビ)」の解除、iTunesストアやApple Musicで提供されている動画や音楽コンテンツのDRM(Digital Rights Management)解除などが可能になる。

価格はライフタイム版(無期限版)で20万円を超えるが、常時大幅な値引きが実施されているため、実質的に3万円前後で購入できる。
単純にDVDコピー・リッピング・Blu-rayコピー・リッピングの4機能の無期限版を30%引きで購入するくらいの価格でCinaviaにも対応し、エンコードやオーサーリングまでサポートするので、DVDとBlu-rayのリッピングを長期的に行うなら、ライフタイム版は非常にお得な価格で提供されている。

DVDFab11はバージョン11.0.2.6で、「DVDコピー」「DVDリッピング」「Blu-rayコピー」「Blu-rayリッピング」の無料版が実装され、無料版・有料版ともに1週間でコピー・リッピングできる上限枚数が70枚になった。
また、試用期間は従来の30日間から、コピー・リッピングできる枚数が3枚という上限が設けられ、コピーとリッピングのいずれかが上限枚数に達した時点で試用期間は終了となる。

Caution
このアプリケーションはDVDやBlu-rayに使用されているプロテクトの解除機能のほか、iTunesストアやApple MusicのコンテンツにかかっているDRMを除去する機能を有しており、その機能を使用すると著作権法に定める「技術的保護手段の回避」に抵触するため、合法の範囲内で使用してください。

著作権法と違法行為

システム要件

バージョン11.0.2.8

OS:Windows Vista / 7 / 8 / 8.1 /10
CPU:Intel Core 2 Quad以上(PC/AT互換 2GHz以上)
RAM:512MB(2GB以上)
HDD:20GB以上の空き容量

※公式記載のシステム要件は上記のとおりだが、OSのシステム要件を下回っているので、使用するOSの推奨最小要件(カッコ内のスペック)を満たしている必要がある。

4K UHD BDを使用する場合は以下のスペックが必要

OS:Windows Vista / 7 / 8 / 8.1 /10(64ビットのみ)
RAM:4GB以上
HDD:200GB以上の空き容量

サポートされているUHD Friendly ドライブ
※HWアクセレーターを使用する場合はIntel Kaby Lake以上のCPU、NVIDIA GeForce GTX 1050以上のビデオカード

ソフトの入手先

DVDFab 公式ダウンロードページ

※DVDFab10の既存ユーザーは「DVDFab11がリリース」を参照。

DVDFab11 オールインワンのインストール

DVDFab11のセットアップは簡略化されており、アドウェアやサードパーティ製アプリのバンドルなどもない。

ダウンロードページの「無料ダウンロード」のボタンをクリックしてインストーラーをダウンロードする。

使用しているPCの環境に合わせて64bit版と32bit版のいずれかがダウンロードされる。

ダウンロードしたインストーラーを起動し、ユーザーアカウント制御のメッセージが出たら「はい」で許可。

セットアップ画面の「カスタム」をクリックすると、インストール先の指定や、デスクトップへのショートカット作成が選択可能になる。

「ユーザーエクスペリエンスプログラム」はDVDFab11をインストールしたPCのハードウェア情報、DVDFab11の使用状況やエラーなどの情報を、匿名でDVDFabへ送信するもので、データは製品の改善などに使用される。

デフォルトでは「ユーザーエクスペリエンスプログラム」に参加するようになっているため、不要であればチェックを外しておく。

使用許諾書も確認し、問題なければ「クイックインストール」をクリック。

インストールが完了したら、事前にライセンスを購入している場合も「今すぐ体験」をクリック。

とりあえず「体験」をクリック。

ライセンス状況が表示されるので「体験」をクリック。

少々分かりづらいチュートリアルが強制的に始まるので、上部メニューを適当にクリック。

選択したメニューの説明が表示されたら明るい部分をクリック。

メイン画面が表示されたら使用準備完了。

スキンの変更

DVDFabはデフォルトのスキンが最近流行りのダークモードになっているが、他のスキンに変更できる。

スキンを変更する場合は、メインウインドウ右上のコントロールボックスにあるTシャツのアイコンをクリックすると、選択画面が表示される。

任意のスキンを選択すれば反映される。

DVDFab Mini

「DVDFab Mini」はDVDFab11の主要機能「コピー」と「リッピング」に特化したアプリで、DVDFab11と同時にインストールされ、スタンドアローン(単体)で動作する。

「共通設定」で「複数のインスタンスを実行」の項目を有効にしない限り、メインのDVDFab11と同時起動はできない。

細かな設定や他の機能が省略されているため動作が軽いのが特徴。

共通設定

「共通設定」は文字通り、DVDFabを使用する際、各機能に共通する設定を行う。
エンコードやデコードの設定は不要なのだが、エンコード時に作成される一時ファイルの保存先だけは要確認。

DVDFabはエンコード実行時にデータを「一時ファイル」フォルダに保存し、エンコードが完了すると初期設定では一時ファイルは自動的に削除される。
ただ、エラーなどでエンコードが異常終了すると、「一時ファイル」フォルダには処理中のデータが保存されたままになる事があり、フォルダサイズが肥大化する傾向があるため、十分なディスク容量があるドライブを指定し、定期的にフォルダ内のデータ削除を推奨。

メイン画面の右上にある▼をクリックしてメニューから「共通設定」を選択。

「一般」の「一般」にある「一時フォルダ」の項目で、フォルダアイコンをクリックして任意の保存先を指定。

デフォルトでは「C:\Users\ユーザー名\Documents\DVDFab11\Temp」になっており、Cドライブに十分な空き領域があれば問題ないが、Cドライブよりも容量の大きなドライブがあれば、変更しておいたほうが無難かも。
また、「一時ファイル」フォルダ内は基本的に空の状態で問題ないので、定期的にフォルダ内を確認してデータが残っているようなら手動で削除する。

使用方法

DVDFab11 オールインワンではDVD・Blu-rayを取り扱うことが可能で、DVD・Blu-rayのCinavia除去もサポートしている。
また、UHD Friendlyドライブを使用すれば4K UHD Blu-rayのコピーやリッピングも可能。

DVDFab11を起動すると自動的にBlu-ray/DVDドライブに入っているメディアを解析して取り込みを実行し、メインメニューに表示する。

メインメニューは「コピー」「リッピング」「変換」「作成」「ユーティリティ」「タスクリスト」に分けられている。

コピー

DVDFabコピーは単品で最も人気のある機能で、DVD・Blu-ray・UHD Blu-rayのコンテンツをパソコンに取り込んで複製をすることができる。

「コピーモード」に登録されているのは「DVDFab DVDコピー」「DVDFab Blu-rayコピー」「DVDFab UHD コピー」「ブルーレイDVD変換」「DVDブルーレイ変換」「UHDブルーレイ変換」の6機能。

「フルディスク」「メインムービー」「カスタマイズ」「分割」「結合」「クローン書き込み」はDVDコピー・Blu-rayコピー・UHDコピーの共通メニューで、使用するメディアによって自動的に認識される。
コピーではDVD・Blu-ray・UHD Blu-rayの複製が可能で、フォルダ形式でのコピー、ISOイメージファイルでのコピー、ブランクメディアへのコピーが可能で、それぞれ圧縮機能も備わっている。
また、音声にウォーターマーク(電子透かし)を埋め込むコピーガード「Cinavia(シナビ)」が検出された場合は、自動的にDVDFab Blu-ray(DVD)Cinavia 除去が適用される。

DVDFab11 DVDコピーのインストールと使い方

「DVDFab DVDコピー(DVDFab DVD Copy)」は、DVDディスクの複製、ISOイメージファイルやDVD … “DVDFab11 DVDコピーのインストールと使い方” の続きを読む

DVDFab11 Blu-ray コピーのインストールと使い方

「DVDFab11 Blu-ray コピー(DVDFab Blu-ray Copy)」は、Blu-rayディスクの複製、 … “DVDFab11 Blu-ray コピーのインストールと使い方” の続きを読む

DVDFab Blu-ray(DVD)Cinavia 除去のインストールと使い方

DVDFab Blu-ray(DVD)Cinavia 除去はスタンドアローン(単体)で動作するアプリではなく、DVDFa … “DVDFab Blu-ray(DVD)Cinavia 除去のインストールと使い方” の続きを読む

DVDFab11 UHD コピーのインストールと使い方

「DVDFab11 UHD コピー(DVDFab UHD Copy)」は、4K・HDRをサポートしているUHD Blu- … “DVDFab11 UHD コピーのインストールと使い方” の続きを読む

「ブルーレイDVD変換」「DVDブルーレイ変換」「UHDブルーレイ変換」はコピーというよりもオーサリングで、「ブルーレイDVD変換」はBlu-ray ディスクのコンテンツを圧縮してDVDの仕様に変換し、「DVDブルーレイ変換」はDVDディスクのコンテンツをBlu-rayディスクの仕様に変換、「UHDブルーレイ変換」はUHD Blu-ray ディスクのコンテンツを通常のBlu-rayの仕様に変換する。

リッピング

リッピングはコピーに似ているが、DVD・Blu-ray・UHD Blu-rayのコンテンツを動画ファイルとして出力することができる。

サポートしている動画フォーマットは、ビデオコーデックにH.264/AVCを使用したMP4・MKVのほか、M2TS・FLV・AVI・TS・VOB・WMVなどで、最新のビデオコーデックH.265の使用や解像度が4000×2000の4Kでの出力も可能。

デフォルトで高画質・高音質設定になっているため、動画に関する知識が無くても、デフォルト設定のままで出力すれば、現在もっとも汎用性のあるMP4ファイルに変換することができる。

DVDFab11 DVDリッピングのインストールと使い方

「DVDFab DVDリッピング(DVDFab DVD Ripper)」は、DVDディスクのコンテンツをMP4・MKV・ … “DVDFab11 DVDリッピングのインストールと使い方” の続きを読む

DVDFab11 UHDリッピングのインストールと使い方

「DVDFab11 UHD リッピング(DVDFab UHD Ripper)」は4K・HDRをサポートしているUHD B … “DVDFab11 UHDリッピングのインストールと使い方” の続きを読む

変換

「変換モード」では動画ファイルを他のフォーマットに変換するエンコード処理が可能。
用意されているプロファイルを選択するだけなので、専門知識がなくても手軽にエンコードができる。

操作画面は「リッピングモード」と全く同じ。

専門知識があれば使用しているコーデックやビットレート・フレームレート、エンコード方式などの変更もできる。

DVDFab11 Video Converter(動画変換)のインストールと使い方

DVDFab11 動画変換(DVDFab Video Converter)は、動画ファイルを任意のファイル形式に変換でき … “DVDFab11 Video Converter(動画変換)のインストールと使い方” の続きを読む

作成

「作成モード」ではDVD・Blu-ray・UHD Blu-rayのオーサリングが可能で、動画ファイルから任意のメディアを作成することができる。
メニューに少々クセがあるものの、他のモードと同様に最小限の設定でオーサリングできる。

「DVD作成」と「Blu-ray作成」では主要な動画フォーマットをサポートしているが、「UHD作成」には「処理モード」という項目があり、動画ファイルからロスレス(無劣化)でコンテンツを抽出する「パススルー」と、動画ファイルをUHDに適合したファイルに変換する「変換」がある。

「UHD作成」のデフォルト設定では処理モードが「パススルー」になっており、現在のところパススルーはH265のビデオコーデックでエンコードされた4K MKVファイルのみサポートしている。

DVDFab11 DVD作成のインストールと使い方

「DVDFab DVD作成(DVDFab DVD Creator)」は、動画ファイルをDVDプレーヤーで再生できるように … “DVDFab11 DVD作成のインストールと使い方” の続きを読む

ユーティリティ

「iOS画面録画」「DRM除去 for Apple」「YouTube MP3変換」「UHDドライブツール」「YouTube動画ダウンローダー」「ファイル転送」など様々な機能が集約されているが、「iOS画面録画」「YouTube動画ダウンローダー」はDVDFab11 32ビット版のみで動作するため、DVDFab11 64ビット版を使用している場合は、別途32ビット版のDVDFab11をインストールする必要がある。
※DVDFabは旧バージョンや32ビット版・64ビット版の共存が可能

「YouTube MP3変換」「UHDドライブツール」などはインストールされておらず、初回利用時に機能をダウンロードして使用可能になる。

「DRM除去 for Apple」はiTunesストアで購入した動画や音楽、Apple MusicのコンテンツにかかっているDRM(デジタル著作権管理)の保護解除が可能。

「ファイル転送」はAndroidやiOSのデバイスに専用アプリをインストールすることで、同一ネットワーク内にあるモバイルデバイスへパソコンから動画ファイルを送信したり、モバイルデバイスからパソコンに動画ファイルを取り込むことが可能になる。

Android版 DVDFab Remoteの使い方

DVDFabにはDVDFabから発売されているハードウェア「ムービーサーバー」用の「DVDFab MS Remote」と … “Android版 DVDFab Remoteの使い方” の続きを読む

「UHDドライブツール」はBlu-rayの保護技術AACSで実装されている、いわゆる「感染」に対する処方箋で、UHDに対応したドライブのファームウェア更新によって「DVDFab UHDコピー」や「DVDFab UHDリッピング」などが使用できなくなった場合、「UHDドライブツール」でファームウェアをダウングレードできる。

ただし、ダウングレード可能なドライブは増えているが、すべてのドライブをサポートしているわけではなく、更にファームウェアをダウングレードする際は、BIOS/ UEFIでSATAコントローラーを「IDEモード」に切り替える必要があるのだが、最新のマザーボードでは「IDEモード」をサポートしていないケースも多く、利用環境はある程度制限されてしまうので注意が必要。

購入手順

購入ページから「DVDFab オールインワン」を選択し、クレジットカードまたはビットコインで支払い後、DVDFabの会員登録を行い、登録したメールアドレスとパスワードで製品をアクティブ化する。

購入方法とメンバー登録やライセンス認証など購入後の流れ、最新のセール情報は下記ページを参照。

DVDFabの最新セール情報と購入方法

DVDFabは中国のFengtao Software が開発した著名なリッピングソフトで、リッピングのほかエンコード、オ … “DVDFabの最新セール情報と購入方法” の続きを読む





DVDFab関連アプリ

DVDFab Passkey for DVD / Blu-rayのインストールと使い方

DVDFab Passkeyはタスクトレイに常駐し、ドライブに挿入されたDVDやBlu-ray、UHD Blu-rayデ … “DVDFab Passkey for DVD / Blu-rayのインストールと使い方” の続きを読む

DVDFab11 Blu-ray コピーのインストールと使い方

「DVDFab11 Blu-ray コピー(DVDFab Blu-ray Copy)」は、Blu-rayディスクの複製、 … “DVDFab11 Blu-ray コピーのインストールと使い方” の続きを読む

DVDFab11 DVDコピーのインストールと使い方

「DVDFab DVDコピー(DVDFab DVD Copy)」は、DVDディスクの複製、ISOイメージファイルやDVD … “DVDFab11 DVDコピーのインストールと使い方” の続きを読む

DVDFab Virtual Driveのインストールと使い方

DVDFab Virtual Drive(仮想ドライブ)はISOイメージファイルを再生するエミュレーター。 DVDやBD … “DVDFab Virtual Driveのインストールと使い方” の続きを読む





DVDFab11 UHDリッピングのインストールと使い方

「DVDFab11 UHD リッピング(DVDFab UHD Ripper)」は4K・HDRをサポートしているUHD Blu-rayを動画ファイルに変換することができるリッピングソフト。
※従来のBlu-rayは「Blu-rayリッピング」が必要。

強力な保護解除機能を実装したDVD / Blu-ray/ 4K UHD BDのリッピング統合ソフト「DVDFab11オールインワン」に含まれているアプリで、UHD Friendly ドライブを使用することで、4K UHD BDの保護を回避することができる。

UHD Friendly ドライブとファームウェア ダウングレード方法

UHD Blu-ray ディスクをパソコンで視聴するには、UHD BDで採用されている保護技術AACS2.0によって、C … “UHD Friendly ドライブとファームウェア ダウングレード方法” の続きを読む

出力できる動画ファイルは、MKV・M2TS・MP4の3種類で、いずれもエンコードされずにロスレス(無劣化)のパススルーで出力されるため、ファイル形式は異なっていても、解像度やHDRなど全てUHD BDの規格のままなので、ファイルの再生にはUHD BDをサポートしているMPC-BEVLCなどのプレーヤーが必要になる。
また、パススルーのためファイルサイズもソースと同じになるため、ディスクの空き容量に注意が必要。

圧縮(トランスコード)する場合は「DVDFab UHDコピー」で出力後に「DVDFab UHDリッピング」を利用するのがベターだが、汎用性のある動画ファイルに変換するなら「DVDFab UHDリッピング」で出力後、「DVDFab11 動画変換」でエンコードすることになる。

Caution
このアプリケーションはUHD Blu-rayに使用されているプロテクトの解除機能を有しており、その機能を使用すると著作権法に定める「技術的保護手段の回避」に抵触します。

著作権法と違法行為



システム要件

バージョン11.0.2.7

OS:Windows Vista / 7 / 8 / 8.1 /10(64ビットのみ)
RAM:4GB以上
HDD:200GB以上の空き容量

※サポートされているUHD Friendly ドライブ。
※HWアクセレーターを使用する場合はIntel Kaby Lake以上のCPU、NVIDIA GeForce GTX 1050以上のビデオカード。

ソフトの入手先

DVDFab 公式ダウンロードページ

DVDFab11 UHDリッピングのインストール

DVDFab UHDリッピングはDVDFab11の一機能になるため、DVDFab11をインストールして該当機能だけを使用することになる。

DVDFab11 オールインワンのインストールと使い方

「DVDFab オールインワン」は強力な保護技術解除機能を実装したDVD / Blu-rayのリッピング統合ソフトで、D … “DVDFab11 オールインワンのインストールと使い方” の続きを読む

※インストールの手順は「DVDFab11 オールインワンのインストールと使い方」を参照

使用方法

変換するプロファイルがパススルーのみなので、出力するファイル形式を選択したら特に設定する項目はない。
ただし、バージョン11.0.2.7現在、MP4ファイルでの出力は字幕の表示位置にバグがあるため、実質的に使用できるファイル形式はMKVとM2TSになる。

UHDリッピングは「DVDリッピング」「Blu-rayリッピング」と同様、メインウィンドウの「リッピング」を使用する。

DVDFab11を起動した後、UHD BDをドライブに入れると自動的に分析が開始。

UHD BDを認識すると、選択しているリッピングのプロファイルがUHD BDでサポートしている「MKV passthrough」「M2TS passthrough」「MP4 passthrough」以外の場合はメッセージがでるので「OK」をクリック。

プロファイルは「MKV passthrough」が選択された状態になる。

上図赤枠部分をクリックすると「MKV passthrough」以外に選択可能なプロファイルが表示されるが、前述の通りバージョン11.0.2.7現在、MP4ファイルでの出力は字幕の表示位置にバグがあるため、実質的に選択できるのはMKVとM2TSのみ。

UHD BDを認識したらタイトルが表示されるので、選択されているタイトルを確認するため「他のタイトルを選択」をクリック。

ディスクに収録されているタイトルが一覧表示されるので、選択されているタイトルにマウスオーバーで表示される再生ボタンをクリック。

プレビュー画面が開き選択したタイトルが再生される。
再生されたタイトルが違う場合は、再生時間などを目安に別のタイトルを確認して任意に選択して「OK」をクリック。

タイトルに問題がなければ「オーディオ」と「字幕」を設定。
ファイルに格納する字幕や音声は、ドロップダウンリストから選択可能。

ファイルに格納する音声や字幕にチェックを入れる。
チェックボックスの前にある「▶」はデフォルトになるため、音声と字幕の組み合わせを考慮して指定する。
変更する場合は、デフォルトに指定する音声や字幕の先頭部分をクリック。

設定が完了したらメインウインドウ下の「保存先」の右にある「フォルダアイコン」をクリックして、ファイルの保存先を指定する。

「フォルダアイコン」ではなく「保存先」のテキストボックスをクリックすると、ローカルの保存先のほかに「携帯機器」「DVDFab MovieServer(見つかりません)」と表示される。

「DVDFab MovieServer」はDVDFabが販売しているメディアサーバで、同一ネットワーク上に存在すれば選択が可能になる。

「携帯機器」はMP4ファイルしかサポートしておらず、現段階では使用できない。

「保存先」を指定したら処理を実行する前に「タスクリスト」を開き、「現在のタスク」で実行する内容を確認してから「開始」をクリック。

「現在のタスク」に追加されているタスクは、チェックボックスにチェックが入っていなくても、「開始」をクリックすると全て実行されるので要注意。

不要なタスクが登録されている場合はチェックボックスをクリックし「削除」しておく。

削除したタスクは「ゴミ箱」をクリックすると下ペインにリストが表示され、タスクの右端にカーソルを合わせて出現する矢印をクリックすると復元できる。

タスクは削除だけでなく、「アーカイブ(保存)」することも可能で、後から同じタスクを実行する場合などには便利かも。

「アーカイブ」したタスクは「アーカイブタスク」で確認でき、タスクの右端にある矢印アイコンをクリックするか、チェックを入れてから下部にある「再読込み」をクリックすると、タスクの再読込みが実行され、該当のタスクが「現在のタスク」へ移動する。

「アーカイブタスク」のアクセス時に説明が表示されるとおり、「アーカイブタスク」にはユーザーがアーカイブしたタスクのほかに、コピー処理実行時にエラーやクラッシュになったタスクも追加されるので、必要に応じて「再読込み」もしくは「削除」しておく。
ちなみに「レポート」はバグ報告の送信ウインドウが開く。

編集

DVDFab DVDリッピングやDVDFab Blu-rayリッピングと同様、編集や詳細設定の画面は用意されているが、使用できるのはリッピングする範囲の指定と字幕ファイルの挿入くらいで、詳細設定に関してはプロファイルがパススルーのため変更は不可。

メイン画面でタイトルに表示されているスパナアイコンをクリックすると詳細画面が開くが、変更できる項目はほとんどない。

動画編集は上図赤枠部分のアイコンをクリック。

トリムは指定範囲を削除するもので、下部にある「トリムを反転」をクリックすると、選択範囲が出力範囲になる。

字幕は字幕アイコンをクリックし、Subtitle Editなどで予め作成した字幕ファイルを選択する。

Subtitle Editのインストールと使い方

Subtitle Editは日本語に対応した字幕を作成するフリーソフト。 Xmedia RecodeやAvidemux、 … “Subtitle Editのインストールと使い方” の続きを読む

ファイルの出力は環境に依存するが2時間のタイトルで1時間ほど。

出力が完了したらUHD BDをサポートしているメディアプレーヤーで再生して、問題なければ完了。

バージョン11.0.2.7現在、MP4ファイルで出力すると、字幕があらぬ所に表示されてしまうが、DVDFab.cnへはフィードバックしているので、近いうちに修正されるはず。

購入手順

購入ページから「DVDFab UHD Ripper」を選択し、クレジットカードまたはビットコインで支払い後、DVDFabの会員登録を行い、登録したメールアドレスとパスワードで製品をアクティブ化する。

詳細な購入方法とメンバー登録やライセンス認証など購入後の流れ、最新のセール情報は下記ページを参照。

DVDFabの最新セール情報と購入方法

DVDFabは中国のFengtao Software が開発した著名なリッピングソフトで、リッピングのほかエンコード、オ … “DVDFabの最新セール情報と購入方法” の続きを読む





DVDFab関連アプリ

DVDFab11 UHD コピーのインストールと使い方

「DVDFab11 UHD コピー(DVDFab UHD Copy)」は、4K・HDRをサポートしているUHD Blu- … “DVDFab11 UHD コピーのインストールと使い方” の続きを読む

DVDFab Passkey for DVD / Blu-rayのインストールと使い方

DVDFab Passkeyはタスクトレイに常駐し、ドライブに挿入されたDVDやBlu-ray、UHD Blu-rayデ … “DVDFab Passkey for DVD / Blu-rayのインストールと使い方” の続きを読む

DVDFab11 Video Converter(動画変換)のインストールと使い方

DVDFab11 動画変換(DVDFab Video Converter)は、動画ファイルを任意のファイル形式に変換でき … “DVDFab11 Video Converter(動画変換)のインストールと使い方” の続きを読む

DVDFab Virtual Driveのインストールと使い方

DVDFab Virtual Drive(仮想ドライブ)はISOイメージファイルを再生するエミュレーター。 DVDやBD … “DVDFab Virtual Driveのインストールと使い方” の続きを読む

DVDFab Blu-ray(DVD)Cinavia 除去のインストールと使い方

DVDFab Blu-ray(DVD)Cinavia 除去はスタンドアローン(単体)で動作するアプリではなく、DVDFa … “DVDFab Blu-ray(DVD)Cinavia 除去のインストールと使い方” の続きを読む




DVDFab Passkey for DVD / Blu-rayのインストールと使い方

DVDFab Passkeyはタスクトレイに常駐し、ドライブに挿入されたDVDやBlu-ray、UHD Blu-rayディスクを自動で認識してプロテクトを解除する、強力な保護解除に特化したユーティリティソフト。
※UHD Blu-rayはUHD Friendlyドライブでのみで解除可能。

通常のコピーガードのみならず「DVDFab Passkey for DVD」では日本独自のコピーガード「CPRM」をサポートしている。
※「DVDFab Passkey for Blu-ray」の現行バージョンは、音声にウォーターマークを入れる保護技術「Cinavia」はサポートされなくなった。

DVDFab11の「DVDリッピング」や「DVDコピー」は、DVDを動画ファイルに変換したり、DVDフォルダの作成やDVDブランクメディアへの書き込みが可能になっているが、DVDFab Passkeyのメイン機能はメディアのプロテクト解除で、ドライブに挿入されたDVDやBlu-rayは、保護されていないメディアとして利用できるため、HandBrakeXMedia Recodeなど、保護されたメディアが使用できないアプリで編集することが可能で、Blu-rayの場合はVLCMedia Player Classicなど保護されたメディアが再生できないプレーヤーでも視聴できるようになる。
また、DVDFab Passkeyは「DVDフォルダの作成」と「ISOイメージファイルの作成」機能も実装しているので、フルディスクのリッピングならDVDFab Passkeyから直接実行できる。

以前はのバージョンでは「DVDFab11 DVDコピー」で保護解除ができたアイポケやエスワンなど1部のアダルトDVDでプロテクトの解除ができなかったが、現バージョンでは全く問題なく使用できるようになっている。

DVDFab11と同様、「DVDFab Passkey」も基本的には有料で、試用期間終了後は解除できる保護機能が限定された「DVDFab Passkey Lite」として継続利用できものの、実用性を優先するなら有料化を推奨。
単体であれば2年間で6000円~8000円になるが、「For DVD」と「For Blu-ray」のお得なセット販売があるので、DVDとBlu-rayを併用する場合はセットがオススメ。

Caution
このアプリケーションはDVDに使用されているアクセスコントロールやプロテクトの解除機能を有しており、その機能を使用すると著作権法に定める「技術的保護手段の回避」に抵触するため、個人で作成したものなど、コピーガードのかかっていないDVD限定で使用してください。

著作権法と違法行為

システム要件

バージョン9.3.4.1現在

OS:Windows Vista / 7 / 8 / 8.1 /10
CPU:Pentium II 500 MHz
RAM:256MB

DVD・Blu-rayディスクドライブ
インターネット接続

※公式記載のシステム要件は上記のとおりだが、OSのシステム要件を下回っているので、使用するOSの推奨最小要件を満たしている必要がある。

ソフトの入手先

DVDFab Passkey for Blu-ray 公式ダウンロードページ



DVDFab Passkeyのインストール

DVDFab Passkeyには「DVDFab Passkey for DVD」と「DVDFab Passkey for Blu-ray」が提供されているが、アプリそのものは同じもので、いずれかがインストールされていれば、アクティベートするだけで利用可能になる。

ダウンロードページにある「無料体験」ボタンをクリック。

ダウンロードしたインストーラーを起動し、ユーザーアカウント制御のメッセージが出たら「はい」で許可。

セットアップウィザードの「カスタム」をクリックすると、インストール先の指定や、デスクトップへのショートカット作成が選択可能。

設定項目は「カスタム」の部分だけなので、設定したら中央の「インストール」をクリック。

インストール中。

インストールが完了したら「すぐ体験」をクリック。

タスクトレイの上にプログレスバーが表示される。

DVDFab PassKeyのウエルカム画面が表示される。

ライセンスの項目を見ても分かる通り、DVDFab Passkeyの試用期間中はダウンロードしたアプリが「For DVD」「For Blu-ray」に関係なく、双方の保護解除に対応している。

ウエルカム画面は自動的に閉じるが、表示が不要であれば「再表示しない」にチェックを入れ「DVDFab PassKeyを起動する」をクリック。

使用方法

DVDFabPassKeyはソフトウェアとハードウェアを結びつけるデバイスドライバなので、「有効」にしていれば操作することは特にない。

DVDFab PassKeyがタスクトレイに表示され、アイコンを右クリックするとコンテキストメニューが開く。

インストール後はデフォルトで「DVDFab PassKeyを有効にする」にチェックが入っており、この状態であればDVDFab PassKeyは光学ドライブの監視中。

DVD・Blu-rayドライブに保護されたメディアがセットされると、DVDFab PassKeyが自動的に解読を開始する。

解読はインターネットに接続している必要があり、回線速度が遅いと解読にも時間がかかる模様。

解読されたメディアを開いてみると、「FAB~」というフォルダがいくつか生成されており、この状態であれば保護されていないメディアとして取り扱うことができるため、Blu-rayディスクならVLCMPCなどでも視聴でき、HandBrakeやXMedia Recodeでリッピングすることも可能。

HandBrakeのインストールと使い方

HandBrakeは手軽にMP4またはMKVファイルに変換できるエンコーダーで、保護のかかっていないDVDやBlu-ra … “HandBrakeのインストールと使い方” の続きを読む

リッピング

DVDFab PassKeyは保護解除を目的としたドライバだが、DVD/Blu-rayフォルダとイメージファイルへのリッピング機能を実装している。

リッピングする場合はディスクの解析が終了した後、コンテキストメニューから「ハードディスクにリッピング」「イメージファイルにリッピング」のいずれかを選択。

「ターゲット」に保存先を指定して「リッピング」をクリックすると処理が開始する。

イメージファイルへのリッピングでは「プロテクトを除去しない」にチェックを入れることで、保護された状態のコピーが可能になっている。
ただし、保護された状態のファイルは、出力後にDVDFabコピーなどを使用しても保護の解除はできないので要注意。

「ハードディスクにリッピング」は保護を解除してフォルダの状態でリッピングするもので、「イメージファイルにリッピング」は保護を解除した状態でイメージファイルを作成する。

ただ、DVDFab PassKeyがプロテクトを解除した状態で、HandBrakeなど他のアプリで正常にリッピングできる状態でも、DVDFab PassKeyのリッピング機能を使用するとエラーが発生することがあるので、リッピングには他のアプリの利用を推奨。

CPRMの解除(Passkey for DVD)

録画した地デジをDVDにコピーする際にかかる日本独自のコピーガードがCPRM(Content Protection for Recordable Media)。
著作権法が改正される2012年以前はCPRM Decrypterなど、CPRMを解除するフリーソフトも手軽に入手できたが、現在はマルウェアの偽装に使用されているものが多く、入手が非常にリスキーになった。

「DVDFab PassKey for DVD」はCPRMの解除機能も実装しており、地デジをコピーしたDVDから簡単に動画ファイルを抽出できる。

地デジをコピーしたDVDのフォルダ内には複数のファイルがあり、その中で「VR_MOVIE.VRO」というファイルが録画された動画ファイル。

パソコンなどCPRMに未対応のデバイスで再生すると、CPRMが発動して再生画像が緑だったりグレーだったりと残念な感じになってしまう。

「DVDFab PassKey for DVD」が常駐して有効になっていると「VR_MOVIE.VRO」が普通に再生出来てしまう。

DVDディスク内の「VR_MOVIE.VRO」をデスクトップなどにコピーして、ファイルの拡張子を「.VRO」から「.mpg」に変更すれば、汎用性のあるMPEG2ファイルとして使用できる。

UHD Blu-ray の再生(Passkey for BD)

PCでUHD BDを再生する場合の必要スペックは、UHD BDに対応したモニタ・BDドライブのほか、Intel の第 7 世代 (Kaby Lake) Core i 5/7以上、Intel SGXテクノロジーのサポートが必要など、非常にハードルが高い。
もちろんAMDユーザーはCPUやマザーボードごと換装しないとUHD BDは視聴できない。

ただ、「UHD Friendly ドライブ」とDVDFab Passkey for Blu-rayを組み合わせることで、Intel SGXをサポートしていなくても、4K対応モニタでなくても、普通のBlu-rayと変わらず、PCで視聴できるようになる。

UHD Friendly ドライブとファームウェア ダウングレード方法

UHD Blu-ray ディスクをパソコンで視聴するには、UHD BDで採用されている保護技術AACS2.0によって、C … “UHD Friendly ドライブとファームウェア ダウングレード方法” の続きを読む

サポートしているドライブさえ使用していれば、動作はDVDやBlu-rayと全く変わらず、分析が完了したら普通にメディアプレーヤーで再生できる。
ただし、HandBrakeやXMedia Recodeでのリッピングは不可

Blu-ray Players Region(Passkey for BD)

DVDFab PassKeyが実装している付加機能でマニアックなのが、PowerDVDやWinDVDなど有料のメディアプレーヤーのリージョンコードをリセットして、マルチリージョン化する「Blu-ray Players Region」。

Blu-rayディスクのリージョンコードは「A・B・C」の三種類あり、北米・南米・日本などはリージョンA、ヨーロッパ・アフリカがリージョンB、中国・ロシアなどがリージョンCになっており、メディアとプレーヤーのリージョンコードが一致しないと再生できないが、DVDFab PassKeyをインストールすると、プレーヤーに設定されたリージョンコードをマルチ化して、他のリージョンコードが設定されているメディアを再生できるようになる

Blu-ray Players Regionは自動的に有効になっており、既存プレーヤーに対応しているのか確認するにはDVDFab PassKeyのコンテキストメニューから「Blu-ray Players Region」→「詳細設定」を選択。

検出されたプレーヤー名と、リセットされているリージョンが確認できる。

ただ、欧州や中国で流通しているBlu-rayディスクを輸入して再生したい場合などには有効だが、一般的には使用する機会はほとんどないかも。

エラー

不正な操作やプロテクト解除の失敗などでエラーが発生することがある。

エラー発生時には「バグレポート」のダイアログボックスが表示され、「send」をクリックすると、エラー発生時の情報が送信される。

個人的な感覚だが、DVDFab PassKeyのリッピング機能以外では、エラーはほとんど発生せず、使用感は至って快適。

購入手順

購入ページから「DVDFab Passkey」を選択し、クレジットカードまたはビットコインで支払い後、DVDFabの会員登録を行い、登録したメールアドレスとパスワードで製品をアクティブ化する。

詳細な購入方法とメンバー登録やライセンス認証など購入後の流れ、最新のセール情報は下記ページを参照。

DVDFabの最新セール情報と購入方法

DVDFabは中国のFengtao Software が開発した著名なリッピングソフトで、リッピングのほかエンコード、オ … “DVDFabの最新セール情報と購入方法” の続きを読む





DVDFab関連アプリ

DVDFab11 Blu-ray コピーのインストールと使い方

「DVDFab11 Blu-ray コピー(DVDFab Blu-ray Copy)」は、Blu-rayディスクの複製、 … “DVDFab11 Blu-ray コピーのインストールと使い方” の続きを読む

DVDFab11 Video Converter(動画変換)のインストールと使い方

DVDFab11 動画変換(DVDFab Video Converter)は、動画ファイルを任意のファイル形式に変換でき … “DVDFab11 Video Converter(動画変換)のインストールと使い方” の続きを読む

DVDFab Virtual Driveのインストールと使い方

DVDFab Virtual Drive(仮想ドライブ)はISOイメージファイルを再生するエミュレーター。 DVDやBD … “DVDFab Virtual Driveのインストールと使い方” の続きを読む

DVDFab Blu-ray(DVD)Cinavia 除去のインストールと使い方

DVDFab Blu-ray(DVD)Cinavia 除去はスタンドアローン(単体)で動作するアプリではなく、DVDFa … “DVDFab Blu-ray(DVD)Cinavia 除去のインストールと使い方” の続きを読む





DVDFab11 UHD コピーのインストールと使い方

「DVDFab11 UHD コピー(DVDFab UHD Copy)」は、4K・HDRをサポートしているUHD Blu-rayの複製、ISOイメージファイルへの出力、Blu-rayフォルダへの出力が可能。

強力な保護解除機能を実装したDVD / Blu-ray/ 4K UHD BDのリッピング統合ソフト「DVDFab11オールインワン」に含まれているアプリで、UHD Friendly ドライブを使用することで、4K UHD BDの保護を回避することができる。

UHD Friendly ドライブとファームウェア ダウングレード方法

UHD Blu-ray ディスクをパソコンで視聴するには、UHD BDで採用されている保護技術AACS2.0によって、C … “UHD Friendly ドライブとファームウェア ダウングレード方法” の続きを読む

Caution
このアプリケーションはUHD Blu-rayに使用されているプロテクトの解除機能を有しており、その機能を使用すると著作権法に定める「技術的保護手段の回避」に抵触します。

著作権法と違法行為



システム要件

バージョン11.0.2.3

OS:Windows Vista / 7 / 8 / 8.1 /10(64ビットのみ)
RAM:4GB以上
HDD:200GB以上の空き容量

※サポートされているUHD Friendly ドライブ。
※HWアクセレーターを使用する場合はIntel Kaby Lake以上のCPU、NVIDIA GeForce GTX 1050以上のビデオカード。

ソフトの入手先

DVDFab 公式ダウンロードページ

DVDFab11 UHDコピーのインストール

DVDFab11 UHDコピーはDVDFab11の一機能になるため、DVDFab11をインストールして該当機能だけを使用することになる。

DVDFab11 オールインワンのインストールと使い方

「DVDFab オールインワン」は強力な保護技術解除機能を実装したDVD / Blu-rayのリッピング統合ソフトで、D … “DVDFab11 オールインワンのインストールと使い方” の続きを読む

※インストールの手順は「DVDFab11 オールインワンのインストールと使い方」を参照

使用方法

動作環境さえクリアしていれば、操作はそのものは「DVDFab DVDコピー」や「DVDFab Blu-rayコピー」と同じ。

「DVDコピー・Blu-rayコピー」と同じで、「UHDコピー」もメインウインドウの左端にある「コピー」を使用する。

「コピーモード」では「フルディスク」と「メインムービー」のみ選択可能で、「DVDコピー」や「Blu-rayコピー」で利用できる「カスタマイズ」「分割」「結合」は使用できない。

DVDFab11を起動した後、UHD BDをドライブに入れると自動的に分析が開始。

サポート対象外のドライブを使用するとエラーメッセージが出る。

UHD Blu-rayを正しく認識すると、読み込んだタイトルの横に「4K UHD」と表示される。

フルディスク

「UHDコピー」の最も一般的な処理で、UHD Blu-rayディスクの内容を全てコピーして、ISOイメージファイルやUHD Blu-rayフォルダとして出力する。

出力するサイズを設定するため「スパナ」アイコンをクリックして詳細設定を開く。

「出力」のリストからターゲットサイズを選択。

リストはUHD BDのディスクサイズになっているが、ブランクメディアに書き込みを行う場合は、BD-R(25GB)、BD-R DL(50GB)、BD-R XL(100GB)になるので、サイズ選びには注意が必要。

ソース(コピー元)よりも大きなサイズを選択すると、圧縮(トランスコード)を行わず、ロスレス(無劣化)出力ができる。

トランスコードはビデオビットレートを下げるため画質が犠牲になるが、コピーモードがフルディスクでも「優れたビデオ品質を出力するためにターゲットオーディオのみ選択」を有効にし、コンテンツに含める音声を絞り込むことで、空き容量を増やして画質の劣化を最小限に留めることができる。

メインムービー

UHD BDディスクに収録されているメニューや特典映像、宣伝などを除外し、本編のみをコピーするのが「メインムービー」。

「メインムービー」もトランスコードなどの設定はフルムービーと同じだが、コピーするタイトル、字幕、音声の個別選択が可能。

字幕と音声を選択したら再生ボタンをクリックしてプレビュー画面を開く。

プレビューで音声や字幕を確認。

再生されたタイトルが違う場合は「他のタイトルを選択」をクリック。

ディスクに収録されているタイトルが一覧表示されるので、プレビューで確認しながら、コピーするタイトルを選択する。

保存先の指定とタスク

ファイルの出力は、「保存先」の右横にある「フォルダ」または「ISOイメージファイル」アイコンで出力形式を選択し、保存先を指定する。

ドライブを2台以上搭載した状態で、直接ブランクメディアへ書き込みを行う場合は、「保存先」の▼をクリックしてブランクメディアが挿入されたドライブを選択。

「DVDFab MovieServer」はDVDFabが販売しているメディアサーバで、同一ネットワーク上に存在すれば選択が可能になる。

「保存先」を指定したら処理を実行する前に「タスクリスト」を開き、「現在のタスク」で実行する内容を確認してから「開始」をクリック。

「現在のタスク」に追加されているタスクは、チェックボックスにチェックが入っていなくても、「開始」をクリックすると全て実行されるので要注意。

不要なタスクが登録されている場合はチェックボックスをクリックし「削除」しておく。

削除したタスクは「ゴミ箱」をクリックすると下ペインにリストが表示され、タスクの右端にカーソルを合わせて出現する矢印をクリックすると復元できる。

タスクは削除だけでなく、「アーカイブ(保存)」することも可能で、後から同じタスクを実行する場合などには便利かも。

「アーカイブ」したタスクは「アーカイブタスク」で確認でき、タスクの右端にある矢印アイコンをクリックするか、チェックを入れてから下部にある「再読込み」をクリックすると、タスクの再読込みが実行され、該当のタスクが「現在のタスク」へ移動する。

「アーカイブタスク」のアクセス時に説明が表示されるとおり、「アーカイブタスク」にはユーザーがアーカイブしたタスクのほかに、コピー処理実行時にエラーやクラッシュになったタスクも追加されるので、必要に応じて「再読込み」もしくは「削除」しておく。
ちなみに「レポート」はバグ報告の送信ウインドウが開く

処理時間は環境によって異なってくるが、Blu-rayディスクはデータ量が多いため、コピーには相当に時間を要し、2時間のコンテンツを無圧縮で出力しても1時間ほどかかる。

出力したフォルダやISOファイルを再生して問題なければ完了。

購入手順

購入ページから「DVDFab UHD Copy」を選択し、クレジットカードまたはビットコインで支払い後、DVDFabの会員登録を行い、登録したメールアドレスとパスワードで製品をアクティブ化する。

詳細な購入方法とメンバー登録やライセンス認証など購入後の流れ、最新のセール情報は下記ページを参照。

DVDFabの最新セール情報と購入方法

DVDFabは中国のFengtao Software が開発した著名なリッピングソフトで、リッピングのほかエンコード、オ … “DVDFabの最新セール情報と購入方法” の続きを読む





DVDFab関連アプリ

DVDFab Passkey for DVD / Blu-rayのインストールと使い方

DVDFab Passkeyはタスクトレイに常駐し、ドライブに挿入されたDVDやBlu-ray、UHD Blu-rayデ … “DVDFab Passkey for DVD / Blu-rayのインストールと使い方” の続きを読む

DVDFab11 Video Converter(動画変換)のインストールと使い方

DVDFab11 動画変換(DVDFab Video Converter)は、動画ファイルを任意のファイル形式に変換でき … “DVDFab11 Video Converter(動画変換)のインストールと使い方” の続きを読む

DVDFab Virtual Driveのインストールと使い方

DVDFab Virtual Drive(仮想ドライブ)はISOイメージファイルを再生するエミュレーター。 DVDやBD … “DVDFab Virtual Driveのインストールと使い方” の続きを読む

DVDFab Blu-ray(DVD)Cinavia 除去のインストールと使い方

DVDFab Blu-ray(DVD)Cinavia 除去はスタンドアローン(単体)で動作するアプリではなく、DVDFa … “DVDFab Blu-ray(DVD)Cinavia 除去のインストールと使い方” の続きを読む




DVDFab11 DVD ブルーレイ変換のインストールと使い方

「DVDFab DVD ブルーレイ変換(DVDFab DVD to Blu-ray Converter)」は、DVDのコンテンツをBlu-rayに出力する一風変わったオーサリングソフト。

強力な保護解除機能を実装したDVD / Blu-ray/ 4K UHD BDのリッピング統合ソフト「DVDFab11オールインワン」に含まれているアプリで、DVDのアクセスコントロールやコピープロテクトの解除をサポートしているものの、複数枚のDVDを1枚のBlu-rayに格納する場合、1枚はディスクドライブから直接読み込めるが、残りはISOイメージファイルやDVDフォルダで保存されていないと読み込みが行えないため、複数の保護されたディスクを使用するのであれば、別途DVDFab コピーなどで複製の処理が必要。

また、Blu-rayに変換してもDVDのコンテンツがアップコンバートされるわけではなく、変換後も解像度は720 x 480のSD画質になる。

製品版の価格は1年間有効なライセンスで約5,200円だが、常に割引が実施されているので、実質的に4,000円以下で購入可能。

Caution
このアプリケーションはDVDに使用されているアクセスコントロールやプロテクトの解除機能を有しており、その機能を使用すると著作権法に定める「技術的保護手段の回避」に抵触するため、個人で作成したものなど、コピーガードのかかっていないDVD限定で使用してください。

著作権法と違法行為

システム要件

バージョン11.0.2.1

OS:Windows  7 / 8 / 8.1 /10 (32bit & 64bit)
CPU:INTEL・AMD  1GHz以上
RAM:512MB(1GB以上推奨)
HDD:20GB以上の空き容量

※Blu-rayドライブ

ソフトの入手先

DVDFab 公式ダウンロードページ

※DVDFab10の既存ユーザーは「DVDFab11がリリース」を参照。



DVDFab11 DVD ブルーレイ変換のインストール

DVDFab DVD ブルーレイ変換はDVDFab11の一機能になるため、DVDFab11をインストールして該当機能だけを使用することになる。

DVDFab11 オールインワンのインストールと使い方

「DVDFab オールインワン」は強力な保護技術解除機能を実装したDVD / Blu-rayのリッピング統合ソフトで、D … “DVDFab11 オールインワンのインストールと使い方” の続きを読む

※インストールの手順は「DVDFab11 オールインワンのインストールと使い方」を参照

使用方法

Blu-rayに書き込むコンテンツは予めリッピングして、ISOイメージファイル、もしくはDVDフォルダとして保存しておく。
保護されていないディスクであればImgBurnBurnAwareなどのライティングソフトでリッピングできる。

DVDリッピングの基礎知識

リッピングとはDVDやCDに記録されているデータを、抽出・変換してパソコンに取り込むことで、バックアップやコピー、ダビン … “DVDリッピングの基礎知識” の続きを読む

「DVDFab DVD ブルーレイ変換」は圧縮機能も実装しているが、実行されるオーサリング処理はDVDのコンテンツをそのままBlu-rayに書き込むようなもので、ため、
オーサリング処理の所要時間は、PCのスペックに依存するが、保護されいない5枚のDVDを無圧縮で1枚のBlu-rayへ変換すると40分~60分かかる。

無圧縮の場合、DVDのコンテンツは再エンコードされず、ビデオコーデックはMPEG2のままBlu-rayのM2TSに格納されるので、画質はオリジナルを維持しているが、圧縮が必要になるとソースはすべてビットレートの調整が行われ、H.264/AVCで再エンコードされるため、圧縮率に比例して画質が劣化していく。
また、圧縮するとエラーの発生率が極端に高くなるため無圧縮での処理を推奨。

「DVDFab DVD ブルーレイ変換」を使用する際は、メインメニューの「コピー」から「DVDブルーレイ変換」を選択。

光学ドライブのDVDは自動で認識される。

書き込み先のBlu-ray ディスクは、オーサリング処理中にディスクを入れ替えるようメッセージ出るので、光学ドライブは1台で問題ない。

複数のタイトルを追加する場合は、ISOイメージファイルやDVDフォルダをドラッグ・アンド・ドロップする。

デフォルトで「My Blu-ray」となっているタイトル部分に追加したタイトルの合計サイズが表示される。

BD25は片面1層 25GBのBD-R、BD50は片面2層 50GBのBD-R DLのことで、BD25の場合は23GBまで、BD50は46.1GBまでは無圧縮で書き込みが可能なため、使用するメディアに応じて収録するタイトルを調整する。

追加したタイトルの合計サイズが、設定しているメディアのサイズをオーバーすると「My Blu-ray」の横に「ディスクに適応」という項目が表示され、チェックを入れることでオーサリング実行時に、指定メディアのサイズに圧縮処理が行われる。

「ディスクに適応」にチェックを入れると画質劣化のメッセージが出る。

圧縮はH.264/AVCでエンコード処理が行われ、ハードウェアアクセラレーションも使用できるのだが、途中で処理の進行が停止したり、処理の進捗が0%のまま進まなかったりと、エラーの発生率が格段に高くなり、強制終了することになるので、圧縮は避けたほうが無難。

使用するメディアの変更、メニューに設定は「My Blu-ray」のスパナアイコンをクリック。

使用するメディアは「出力」の項目にある「出力:」のリストから選択。

選択肢が4つあるものの、「BD9」「BD5」はそれぞれ「DVD9」「DVD5」の誤表記のため、「BD50」「BD25」のいずれかを選択。

「ボリュームラベル」は作成するBlu-rayディスクにつける名前。
通常のBlu-rayプレーヤーで表示されることはないが、パソコンでディスクを読み込んだ際に、光学ドライブに表示される。

作成するBlu-rayにメニューを作る場合は、「メニュー」の「メニューモード」から「カスタム」を、メニューが不要であれば「メニューなし」を選択。

メニューに応じて「再生モード」も指定する。

メニューを作成しても「最初のタイトルから開始し~」を選択すると、メニューを飛ばして再生されてしまう。

メニューの作成

設定での「メニューモード」で「カスタム」を選択すると、用意されているテンプレートが適用される。

メニューの確認や編集は「カスタムメニュー」をクリック。

デフォルトで用意されているテンプレートは1つ。
メニュー構成は「メイン」「シーン」「設定」の3ページで、追加することも削除することもできない。

設置されているオブジェクトは拡大縮小と移動のみ可能で、削除したり他のオブジェクトへの置き換えは不可。

「もっとダウンロード」をクリックすると他のテンプレートが表示されるので、に似のデザインをクリックするとダウンロードして使用可能になる。

各テンプレートによって編集できる範囲が異なっており、最も編集範囲が広いのはデフォルトの「無限の宇宙」。

背景画像の変更は左下にある「画像アイコン」をクリック。
ただし、「ふすき流星」など背景画像が変更できないテンプレートもある。

 

背景画像として使用できるのは画像ファイルのほか、動画ファイルのスナップショットも可能。
※動画として1シーンを取り込むことはできない。

動画ファイルはキーボードの矢印キーで1秒ずつ移動でき、「クロップ」アイコンをクリックすると16:9のアスペクト比で画像がクロップされるので、位置調整を行う。

取り込んだ動画や画像には、表示される範囲がガイドラインで示されているので、ガイドラインに合わせて画像を移動や拡大させて調整する。

「すべてに適用」にチェックを入れると、全てのページが同じ画像に変更されるのだが、背景の場合はチェックしても変更されないので個別に設定が必要。

サムネイルが表示されているオブジェクトを選択すると「サムネイルのカスタマイズ」アイコンが選択可能になり、背景画像の変更と同様の操作で表示する画像を任意に変更できる。

「ウィジェットを追加」アイコンは、メニューに画像を追加するもので、背景の上にオブジェクトとして配置できる。

厄介なのがテキスト入力。
「DVDFab DVD作成」でも同様の現象が起きているが、ダブルクリックで編集可能になるものの、すべてのテキストで日本語入力ができない。
厳密にはIMEの切り替えがオフになっているため、入力が英数字に限定されている。

対策としては、メモ帳など別のアプリで日本語テキストを入力したものをコピーして貼り付ければ、問題なく日本語表記になる。
フォントについては日本語フォントも使用可能。

ページの切り替えは矢印アイコンで実行。

サムネイルなど一部オブジェクトの拡大縮小は縦横比が固定されないので要注意。

音声や字幕の選択ページで編集できるのは「AUDIO」「SUBTITLES」のテキストのみ。
また、「AUDIO」「SUBTITLES」で表示されるのは、一番始めに読み込んだDVDのみなので、複数のDVDを収録する際にはあまり意味がない。

メニュー設定には「プレビュー」ボタンが設置されているが、環境によって違いはあると思うが、いまのところ100%の確率でプレビューをクリックすると強制終了するため、使用しないほうが無難かも。

出力(オーサリング)

設定ができたら直接ディスクへ書き込みすることもできるが、ディスクへ焼く前に作成したムービーの挙動や構成などを再確認するため、一旦DVDフォルダやISOイメージファイルでの出力を推奨。

「DVDフォルダ」または「ISOイメージファイル」で出力する場合は、「保存先」にある「フォルダ」アイコンか「ISOイメージファイル」アイコンのいずれかをクリックし、保存先を指定する。

直接DVD-Rに書き込みを行う場合は、「保存先」のリストから書込み可能な光学ドライブを指定し、コピー枚数を設定する。

すべての設定が完了したら「タスクリスト」に切り替えて、登録されているタスクを確認。

登録タスクに問題がなければ「開始」をクリック。

処理が完了したら再生して確認。
※出力後にPCでテスト再生する場合、VLCメディアプレーヤーやMPCなどではメニューが再生されないので、Leawo Blu-rayプレーヤーなどの使用を推奨。

不具合

使用している際の不具合で気になるのは前述の「メニュー作成でプレビュー実行時に強制終了」「テキスト入力で日本語が使用できない」「圧縮すると強制終了する」という3点のほか、オーサリング処理完了後は一旦DVDFabを終了させないと、「DVDFab DVDブルーレイ変換」だけではなく、DVDFabの全メニューが使用できない事象を確認している。

特に厄介なのは、オーサリング実行時に強制終了すると一時フォルダにデータが残った状態になり、タスクを再実行しても同じようなエラーが発生しやすいため、オーサリング実行時に強制終了した場合は一時フォルダのデータを手動で削除したほうが良いかも。

メイン画面の右上にあるメニューリストから「共通設定」を選択し、「一般」の「一時フォルダ」の項目で場所の確認や変更ができる。

「一時フォルダ」を開くとDVDFabの利用状況によっては大量のフォルダが表示されるが、「DVDFab DVDブルーレイ変換」の一時ファイルは「Blu-ray」フォルダの内の「My Blu-ray(ボリュームラベル名)」フォルダに格納されており、デフォルト設定では処理完了時に削除されるので、「My Blu-ray(ボリュームラベル名)」フォルダが残っているようなら削除する。

購入手順

購入ページから「DVDFab DVD to Blu-ray Converter」を選択し、クレジットカードまたはビットコインで支払い後、DVDFabの会員登録を行い、登録したメールアドレスとパスワードで製品をアクティブ化する。

購入方法とメンバー登録やライセンス認証など購入後の流れ、最新のセール情報は下記ページを参照。

DVDFabの最新セール情報と購入方法

DVDFabは中国のFengtao Software が開発した著名なリッピングソフトで、リッピングのほかエンコード、オ … “DVDFabの最新セール情報と購入方法” の続きを読む





DVDFab関連アプリ

DVDFab Passkey for DVD / Blu-rayのインストールと使い方

DVDFab Passkeyはタスクトレイに常駐し、ドライブに挿入されたDVDやBlu-ray、UHD Blu-rayデ … “DVDFab Passkey for DVD / Blu-rayのインストールと使い方” の続きを読む

DVDFab11 Blu-ray コピーのインストールと使い方

「DVDFab11 Blu-ray コピー(DVDFab Blu-ray Copy)」は、Blu-rayディスクの複製、 … “DVDFab11 Blu-ray コピーのインストールと使い方” の続きを読む

DVDFab11 DVDコピーのインストールと使い方

「DVDFab DVDコピー(DVDFab DVD Copy)」は、DVDディスクの複製、ISOイメージファイルやDVD … “DVDFab11 DVDコピーのインストールと使い方” の続きを読む

DVDFab Virtual Driveのインストールと使い方

DVDFab Virtual Drive(仮想ドライブ)はISOイメージファイルを再生するエミュレーター。 DVDやBD … “DVDFab Virtual Driveのインストールと使い方” の続きを読む





DVDFab11 DVD作成のインストールと使い方

「DVDFab DVD作成(DVDFab DVD Creator)」は、動画ファイルをDVDプレーヤーで再生できるようにする簡単操作のDVDオーサリングソフト。

強力な保護解除機能を実装したDVD / Blu-ray/ 4K UHD BDのリッピング統合ソフト「DVDFab11オールインワン」に含まれているアプリで、手軽に自作のDVD-Videoを作成できる。

製品版の価格は1年間有効なライセンスで約5,000円だが、常に割引が実施されているので、実質的に4,000円前後で購入可能。
試用版には作成したDVDにDVDFabのウォーターマークが入る。

システム要件

バージョン11.0.1.6

OS:Windows Vista / 7 / 8 / 8.1 /10
CPU:Pentium II 500 MHz(PC/AT互換 1GHz以上)
RAM:512MB(2GB以上)
HDD:20GB以上の空き容量

※公式記載のシステム要件は上記のとおりだが、OSのシステム要件を下回っているので、使用するOSの推奨最小要件(カッコ内のスペック)を満たしている必要がある。

ソフトの入手先

DVDFab 公式ダウンロードページ

※DVDFab10の既存ユーザーは「DVDFab11がリリース」を参照。



DVDFab11 DVD作成のインストール

DVDFab DVD作成はDVDFab11の一機能になるため、DVDFab11をインストールして該当機能だけを使用することになる。

DVDFab11 オールインワンのインストールと使い方

「DVDFab オールインワン」は強力な保護技術解除機能を実装したDVD / Blu-rayのリッピング統合ソフトで、D … “DVDFab11 オールインワンのインストールと使い方” の続きを読む

※インストールの手順は「DVDFab11 オールインワンのインストールと使い方」を参照

使用方法

DVDFab DVD作成は「動画を追加」→「メニューを作成」→「出力」という流れで、メニューにこだわらなければ、数クリックでDVD-Videoを作成できる。

事前準備

「DVDFab DVD作成」を使用する前に素材の準備が必要。

「DVDFab DVD作成」はDVDオーサリングソフトのため、タイトルの挿入、カットやトリム、字幕の追加など、使用する動画の編集はできないので、必要に応じて事前に動画編集ソフトで編集しておく。

メニューの背景などにオリジナルの画像を使用する場合は、解像度 720 x 480か、それを上回るサイズのファイルを用意する。

複数の動画ファイルを追加した場合、各動画ファイルが「チャプター」として登録されるが、1つ動画ファイルからチャプターを作成することはできないため、チャプターが必要な場合は、動画を分割しておく。

DVD-Videoの作成

使用できる動画ファイルは「MKV・MP4・AVI・ M2TS・ TS・MOV・WMV・WMA・3GP・FLV・M4V・VOB」などで、現在主流の動画フォーマットはカバーされている。

「DVDFab DVD作成」を使用する場合はメインメニューの「作成」をクリック。

「作成」には「DVD作成」「Blu-ray作成」「UHD作成」のモードがあるので「DVD作成」を選択。

使用する動画はドラッグ・アンド・ドロップで追加。

複数の動画が追加可能で、各動画の解像度やファイル形式は違っていても問題ない。

動画を追加したら、編集で使用するのは「詳細設定」「メニュー」「ソースの削除」の3つアイコンのみ。

詳細設定

スパナアイコンの「詳細設定」では、作成するディスクを仕様を設定する。

詳細設定には「出力」「メニュープロパティ」「再生モード」の3項目があり、「メニュー設定」で「メニューなし」を選択すると「メニュープロパティ」と「再生モード」は非表示になる。

ボリュームラベル

作成するDVDディスクにつける名前。
通常のDVDプレーヤーで表示されることはないが、パソコンでディスクを読み込んだ際に、光学ドライブに表示される。

出力

作成するDVDのディスク容量を指定する。
片面一層のDVD-Rであれば「DVD5」、片面2層のDVD-R  DLであれば「DVD9」を指定。

ビデオ画質

デフォルトでは「ディスクに適応」になっており、出力設定されたディスク容量に応じて自動設定されるので、基本的に変更する必要はない。
ディスク容量に空きがあれば、ビデオビットレートは9000kbpsで出力される。

DVD-Videoの最高画質は9800kbps(9.8Mbps)で、片面一層のDVD-R(4.7GB)に1時間程度の動画しか保存できないため、画質を優先させるならDVD-Rへの収録時間は1時間を目安にしたほうが良いかも。
また、「入力元と同じ」に設定するとソースで使用されているビットレートと同じ設定になるが、ソースで使用されているビデオコーデックがH.264/AVCなど、Mpeg2よりも圧縮率が高い場合は、同じビットレートで出力すると画質は劣化するので注意が必要。

メニュープロパティ

メニューを作成する場合に適用される項目。
日本の場合、テレビ画質はNTSCで、アスペクト比は任意で設定。

再生モード

再生モードには「メニューの再生」と「タイトルの再生」の二択があり、ディスク再生時にメニューをスキップしたい時は「タイトルの再生」を選択する。

メニュー設定で「メニューなし」にしても同じだが、複数の動画を追加してシーン(チャプター)が存在する場合などは、メニューを作成して

メニュー設定

「メニュー」アイコンをクリックすると、メニューのテンプレートが表示される。

メニュー編集で可能なのは、テキストの編集と配置、使用しているオブジェクトの変更くらいで、それほど自由度はない。

※「DVDFab Blu-ray作成」のメニューでは音声や字幕の設定も可能だが、「DVDFab DVD作成」では設定不可。

メニューを設定しない場合は、右端のテンプレートリストの一番上にある「メニューを選択しません」を選択。
最初のタイトルから順に再生され、再生終了後はそのまま停止状態になる。

メニューはメインとシーン(チャプター)の複数構成で、メインのみ、もしくはシーンのみといった編集は不可。
編集画面の切り替えは、メニュー下の矢印アイコンで操作する。

メインメニューの構成は「本編のカットムービー」「再生ボタン」「シーンボタン」で、タイトルは削除することが可能。
「本編のカットムービー」「再生ボタン」「シーンボタン」はサイズの変更ができる。

「再生」や「シーン」については「テキストが入力されていない」状態にすることで、見た目には削除と同じ効果が得られるが、オブジェクトは存在しているので、選択アイコンを移動させると空白部分を指し示し、当然ながら選択すると「シーン」ページに移動する。

メニューで再生される本編のムービーは範囲指定などはできず、メニュー設定画面で表示されるシーンに関係なく、最初のタイトルの冒頭部分が自動的に設定される。

テキストはオブジェクトをダブルクリックすると編集可能になるが、厄介なことに「再生」「シーン」「タイトル」すべてのテキストで日本語入力ができない
厳密にはIMEの切り替えがオフになっているため、入力が英数字に限定されている。

対策としては、メモ帳など別のアプリで日本語テキストを入力したものをコピーして貼り付ければ、問題なく日本語表記になる。
フォントについては日本語フォントも使用可能。

テンプレートのデザインは背景とクリップアートで作成されており、クリップアートは選択して「Delete」で削除できるが、任意のクリップアートを追加することはできない。
削除したクリップアートを元に戻す場合は、再度テンプレートを選択して編集内容を初期化することになる。

ホームアイコンやカットムービーに使用されている枠などは、別のデザインに変更することができる。
変更するオブジェクトを選択すると右端にリストが表示されるので、任意のデザインを選択するだけ。

背景を替えたい場合は左下にある画像アイコンをクリック。

右端のリストから他のテンプレートで使用されている背景に差し替えることができる。
また、オリジナルの画像を使用する場合は、一番上の「+」を選択。

使用する画像を任意に選択すると、表示範囲の設定画面になるので、ズームなどを利用して設定後、チェックボタンで確定する。

メニューができたら「OK」で確定。

出力

設定ができたら直接ディスクへ書き込みすることもできるが、ディスクへ焼く前に作成したムービーの挙動や構成などを再確認するため、一旦DVDフォルダやISOイメージファイルでの出力を推奨。

「DVDフォルダ」または「ISOイメージファイル」で出力する場合は、「保存先」にある「フォルダ」アイコンか「ISOイメージファイル」アイコンのいずれかをクリックし、保存先を指定する。

直接DVD-Rに書き込みを行う場合は、「保存先」のリストから書込み可能な光学ドライブを指定し、コピー枚数を設定する。

すべての設定が完了したら「タスクリスト」に切り替えて、登録されているタスクを確認。

登録タスクに問題がなければ「開始」をクリック。

出力したISOイメージファイルはDVDFab Virtual DriveVirtual CloneDriveなどの仮想ドライブでマウントしてから再生テストを行う。

VLC MediaPlayerSM PlayerなどはISOファイルを直接再生することも可能だが、直接再生とマウントしてからの再生では挙動が異なることが多く、DVDプレーヤーでの動作を確認する場合は仮想ドライブの使用を推奨。

購入手順

購入ページから「DVDFab DVD Creator」を選択し、クレジットカードまたはビットコインで支払い後、DVDFabの会員登録を行い、登録したメールアドレスとパスワードで製品をアクティブ化する。

購入方法とメンバー登録やライセンス認証など購入後の流れ、最新のセール情報は下記ページを参照。

DVDFabの最新セール情報と購入方法

DVDFabは中国のFengtao Software が開発した著名なリッピングソフトで、リッピングのほかエンコード、オ … “DVDFabの最新セール情報と購入方法” の続きを読む





DVDFab関連アプリ

DVDFab Passkey for DVD / Blu-rayのインストールと使い方

DVDFab Passkeyはタスクトレイに常駐し、ドライブに挿入されたDVDやBlu-ray、UHD Blu-rayデ … “DVDFab Passkey for DVD / Blu-rayのインストールと使い方” の続きを読む

DVDFab11 Blu-ray コピーのインストールと使い方

「DVDFab11 Blu-ray コピー(DVDFab Blu-ray Copy)」は、Blu-rayディスクの複製、 … “DVDFab11 Blu-ray コピーのインストールと使い方” の続きを読む

DVDFab11 DVDコピーのインストールと使い方

「DVDFab DVDコピー(DVDFab DVD Copy)」は、DVDディスクの複製、ISOイメージファイルやDVD … “DVDFab11 DVDコピーのインストールと使い方” の続きを読む

DVDFab Virtual Driveのインストールと使い方

DVDFab Virtual Drive(仮想ドライブ)はISOイメージファイルを再生するエミュレーター。 DVDやBD … “DVDFab Virtual Driveのインストールと使い方” の続きを読む





DVDFabのライセンス認証解除と再認証

DVDFabは製品を個別に購入できるが、使用できるのは製品購入時に登録したメールアドレスで認証したPCのみ。
そのため複数のPCで同時に処理を実行するためには、PCと同数のライセンスが必要で、現在は3ライセンスまでを格安で追加できるプランもある。

ただ、MicrosoftのOffice365と同様、PCに紐付けられたライセンスはユーザーで操作できるため、DVDFabを使用するPCを変更する際などは、DVDFabのライセンス認証を解除した後、別のPCで再度認証すれば継続して利用できる。
特に無期限ライセンスを購入した場合は、PCの買い替えなどでライセンス移行作業が発生する可能性が高いので留意しておいたほうが良いかも。



DVDFabの認証解除と再認証方法

認証解除と再認証の手順は、初回のライセンス認証時とほぼ同じ。

ライセンスを取り消すPCでDVDFabを起動し、ウインドウ右上のコントロールボックスにあるメニューから「認証を取り消す」を選択。

メールアドレスとパスワードを入力して「Deauthorize」をクリック。

コンピュータの認証取り消しのメッセージがでるので「確認」。

「HD Decrypter」と「YouTube動画ダウンローダー」以外の機能がすべて「体験」に切り替わる。

この状態でDVDFabのライセンスはフリーになる。

新たにDVDFabを使用したいパソコンに通常通りDVDFabをインストール後、メニューから「認証」を選択。

メールアドレスとパスワードを入力。

再認証完了。

購入した製品がすべてアクティベーション済みになる。

メンバーページからの認証解除

ライセンス認証解除ができる環境であれば良いのだが、PCを交換する必要に迫られている場合、既存PCが正常に起動できないケースも多々ある。
新しいPCを用意してDVDFabをインストールしても、以前のPCにライセンスが紐付けられていると、新規PCでは「試用版」になってしまうため、DVDFabではメンバーページからライセンスの解除が可能になっている。

DVDFabメンバーページ

DVDFab.cnの公式サイトにあるメンバーページにログイン。

ログイン情報はアプリ購入時に設定したメールアドレスと、ユーザー登録した際のパスワードになる。
※詳細は下記参照

DVDFabの最新セール情報と購入方法

DVDFabは中国のFengtao Software が開発した著名なリッピングソフトで、リッピングのほかエンコード、オ … “DVDFabの最新セール情報と購入方法” の続きを読む

メンバーページの左ナビゲートメニューから「ライセンス認証」をクリック。

「私の認証」の項目にある「すべての認証を解除」をクリックするとPCに紐付けられた認証が解除される。

ただし、注意書きがあるように、この操作は年に1回しか行えないため、あくまでPCが起動しないなどのトラブル時に使用する最終手段。

複数ライセンス追加購入時の注意点

DVDFabでは複数のPCでDVDFabを利用できるようマルチライセンスが低価格で提供されている。

注意が必要なのは、マルチライセンスは1つの製品に対して使用できるデバイスを増やすのであって、複数の製品を購入するわけではないということ。
そのためライセンス認証のページに「シングルユーザーライセンスの認証の条件」で記載されている通り、購入した製品が1年もしくは2年の期限付きであれば、マルチライセンスを追加購入しても、それらの有効期限は製品の有効期限に準じてしまう。

PCでのライセンス認証解除ができない状態で、メンバーページから認証解除するのではなく、マルチライセンスを追加購入する際は、メンバーページにある「私の製品」で必ず現在使用している製品の有効期限を確認。

有効期限が1ヶ月後で切れる状態でマルチライセンスを追加購入しても、ライセンスの有効期限は1ヶ月後になるため、ライセンスの追加購入前に製品の有効期限を更新する必要がある。

DVDFab公式サイト





DVDFab関連アプリ

DVDFabの最新セール情報と購入方法

DVDFabは中国のFengtao Software が開発した著名なリッピングソフトで、リッピングのほかエンコード、オ … “DVDFabの最新セール情報と購入方法” の続きを読む

DVDFab11 Blu-ray コピーのインストールと使い方

「DVDFab11 Blu-ray コピー(DVDFab Blu-ray Copy)」は、Blu-rayディスクの複製、 … “DVDFab11 Blu-ray コピーのインストールと使い方” の続きを読む

DVDFab11 DVDコピーのインストールと使い方

「DVDFab DVDコピー(DVDFab DVD Copy)」は、DVDディスクの複製、ISOイメージファイルやDVD … “DVDFab11 DVDコピーのインストールと使い方” の続きを読む

DVDFab DVDコピー 無料版のインストールと使い方

DVDFab DVDコピー 無料版は、無料で利用できる「DVDFab HD Decrypter」に含まれ、「DVDFab … “DVDFab DVDコピー 無料版のインストールと使い方” の続きを読む

DVDFab11 Blu-rayリッピングのインストールと使い方

「DVDFab11 Blu-rayリッピング(DVDFab Blu-ray Ripper)」は、Blu-rayディスクの … “DVDFab11 Blu-rayリッピングのインストールと使い方” の続きを読む