Zippo コレクション

Zippoは言わずと知れたオイルライターで、製造年で希少価値が上がり、一時は高値がついていたコレクターズアイテムでもある。

1980年代後半から90年代はじめにかけてはベトナムジッポーが大流行。
市場には偽物が大量に出回った。
とは言うものの、ベトナムジッポーはベトナム戦争時、米兵が現地のベトナム人に彫らせたスタンダードジッポーなので、Zippoの製造年代がベトナム戦争と同じであれば見分けるのは不可能に近い。
戦争時に彫られた物が本物なのか、当時のZippoなら戦争終了後に彫られていても本物になるのか、このあたりはマニアの間でも意見が二分するところ。



ZippoはMade in USAの永久保証で、おじいちゃんだか、ひいおじいちゃんに貰ったジッポーを修理した話は有名。
壊れる箇所はヒンジ部分かフリントホイール(発火石と摩擦する部分)なのだが、国内で修理に出すと故障箇所がフリントホイールなどインサイドユニット(ケースの中に入っている部分)の場合、インサイドユニットごと交換されてしまう。
一般的には使い古して壊れたものが新品になるので問題ないのだが、インサイドユニットにも製造年が刻まれており、アンティークというマニアの観点からすると新品に交換した時点で一気に価値がなくなってしまう。

喫煙中は常に使用していたこともあって、一時的に集めていたZippo。
今となっては20年ほど前の製品が多く、ほとんどが未使用のまま。
そのまま収納しておくのも何なので、自己満足的にギャラリー化してみた。

ボトムコード

ジッポーの製造年はインサイドユニットとケースの底部に記号やローマ数字で刻印されており、これをボトムコードという。
興味のない人からすれば全く意味をなさない記号だが、ジッポーはアンティーク的な価値を有しているため、マニアにとって製造年代は非常に重要になる。

ボトムコードは当初「・・・」「//」などの記号を使用していたが、1986年からローマ数字へ変更され、製造月がA~Lで表されるようになり、2001年からは年代が西暦の下二桁になっている。

VARGA GIRL ~ Windy

Zippoといえば右図のキャラクターが有名。
彼女はZippoの数多いVARGA GIRL(バルガガール)の中でも、風が吹いても消えないジッポーの特徴を表している象徴的な存在で、通称「Windy」と呼ばれている。

ジッポーの歴史は1932年から始まるが、Windyが誕生したのは1937年。雑誌の広告でデビューしたのが始まりになる。
ただ、1937 年にデビューしているものの、ジッポー本体に描かれるようになったのは随分と後のことで、以前に読んだ資料では初登場は確か1973年だったと記憶してい る。

最も思い入れのあるのはサンタのコスプレバージョン。
ある店で展示してあったのが非売品で、同じジッポーを探しまくった挙句にようやく手に入れた代物。

Marlboro

マルボロの販売元であるフィリップモリス社が一時実施していた企画で、マルボロのボックストップを集めて応募すると貰えたり、ボックストップを集めた上で購入できたりするのだが、確か50だが60だか集めないとダメだった記憶があり、キャンペーン期間終了間近には無理やり吸っていた。
今思えばあれだけ吸っていたのによく禁煙できたものだと、我ながら感心する。

所有しているジッポーの中で唯一の80年代物があり、ボトムコードは\\ \\の1986年。
このジッポーは元キャンギャルをしていた友人から頂いたもので、街頭でマルボロの販促活動を行なっていた際にもらったらしい。

雷神・オイル缶・角ジッポ・いただき物

個人的に雷神が好きなので何となく集めてしまった和柄物や少々マニアックにジッポーのオイル缶とオイル缶デザインジッポーの他、65周年記念モデルや頂きモノなど。

雷神

角Zippo レプリカ

65周年記念モデル

オイル缶 アッシュトレイ付

オイル缶

本物のオイル缶

いただき物

おまけ

ジッポーを整理していたら出てきたので、ついでに撮影したペプシマンのボトルキャップ。









滝野すずらん丘陵公園~渓流コース

2017/06/08

チャリ通から遠ざかること1年。
おデブまっしぐらな今日このごろに危機感をいだきつつ、リフレッシュを兼ねて向かった先は滝野すずらん公園。

滝野すずらん丘陵公園 公式サイト



現地へは車かバスでの移動になり、バスは札幌と福住、真駒内から出ている。
ただし、札幌発は平日・土日祝日も一日2本のみで、平日は福住駅発が運行しておらず(7/18~8/18は平日も運行)、真駒内駅発が最も利用しやすい。
それでも真駒内駅発のバスは1時間に1本しか出ていないので時間調整は必須。

この公園には滝巡りができる「渓流コース」というものがあり、舗装されたサイクリングコースになっていて、現地にレンタサイクルもある。

バスで向かうと、滝野すずらん丘陵公園内に「渓流口」「中央口」「東口」と3つの停留所があり、レンタサイクルを利用するなら公園内で初めに停車する「渓流口」で下車するのがベスト。
何も気にせず終点までいくと3kmほど歩くハメになる。
無論、3km歩いた。

山全体が公園になっているようなものなので、取り敢えず敷地が広く、「中央口」「東口」で下車すると「中心ゾーン」というメインの有料エリアに入場する感じになるのだが、「渓流ゾーン」は無料!。

レンタサイクルは普通のママチャリのほか、ファットバイクや二人乗りの変形自転車もあったりするが、クロスバイクは子供用しかない。

平日は時間制限がなく、ファットバイクは500円でママチャリは310円。
で、調子をこいてファットバイクを借りた。

最初に向かったのはレンタサイクルのあるパークステーションからすぐの「鱒見(マスミ)の滝」。
鱒が滝を見上げたという伝説?から名付けられたようで、高さ18m、幅20mの豪快というより美しい感じの滝。

滝を見るには、滝の少し手前にある駐輪スペースに自転車を止め、そこから徒歩でいくことになる。

次に向かったのは「白帆の滝」。
鱒見の滝からサイクリングコースを下り、平坦な道を少し行くと急勾配の坂道があり、そこを登りきったところに滝への小道がある。
ここの急勾配を登りきったのはよいのだが太ももが死にかけた。

小さい滝ながら、今回見た滝の中では一番のお気に入り。

最後の滝は「日本の滝百選」に選ばれている高さ26mの「アシリベツの滝」。
他の2つと比べれると豪快で、男性的と表現されているのが納得できる。

本来は「不老の滝」もあるのだが、2014年9月に札幌を襲った集中豪雨の影響で、2017年6月現在も封鎖されている。

滝への小道にには野花がちらほら。
おそらくクマバチだと思われが、腹が黒色ではなくフサフサの黄色い毛に覆われた蜂が、一心不乱に花の蜜に食らいついていた。

北海道のクマバチは防寒仕様?

渓流コースにもそれなりに花は咲いているのだが、花の鑑賞をメインにするなら中心ゾーンに行ったほうが良いのかも。
ただ、滝の近くはマイナスイオンでも出ているのか、いい感じで落ち着いてリフレッシュできたりする。

サイクリングコースそのものは全体コースを1周して6kmくらいらしい。
白帆の滝へいく心臓破りの坂が唯一の難所で、そこを外れると後は普通にお散歩程度のコースになる。

お弁当を持参して一日ゆっくり過ごすのがオススメ。





写真ギャラリー

Zippo コレクション

Zippoは言わずと知れたオイルライターで、製造年で希少価値が上がり、一時は高値がついていたコレクターズアイテムでもある。 1980年代後半から90年代はじめにかけてはベトナムジッポーが大流行。 市場には偽物が大量に出回 … “Zippo コレクション” の続きを読む

滝野すずらん丘陵公園~渓流コース

2017/06/08 チャリ通から遠ざかること1年。 おデブまっしぐらな今日このごろに危機感をいだきつつ、リフレッシュを兼ねて向かった先は滝野すずらん公園。 滝野すずらん丘陵公園 公式サイト 現地へは車かバスでの移動にな … “滝野すずらん丘陵公園~渓流コース” の続きを読む

初夏のラベンダー畑

2016/06/30 観光リーフレットに釣られて向かった先はファーム富田のラベンダー畑。 場所は「北の国」からで有名な富良野。 ファーム富田 オフィシャルサイト ファーム富田の最寄り駅はJR富良野線の期間限定でオープンす … “初夏のラベンダー畑” の続きを読む

秋の野幌森林公園

2015/10/22 紅葉狩りに出かけよう!と、向かったのは野幌森林公園。 Google Mapで確認すると、やたらと広い。 公園は自然林と人工林から形成されているものの、それなりに整備されており、博物館などもあったりす … “秋の野幌森林公園” の続きを読む

ノースサファリサッポロ

2015/08/25 「カピバラに触れる!」ということで向かったノースサファリサッポロは、以前、大通にある市場で勧められた触れる動物園。 場所は定山渓の少し手前で、南北線で真駒内まで行き、そこから定鉄バスで豊滝小学校前へ … “ノースサファリサッポロ” の続きを読む





初夏のラベンダー畑

2016/06/30

観光リーフレットに釣られて向かった先はファーム富田のラベンダー畑。
場所は「北の国」からで有名な富良野。

ファーム富田 オフィシャルサイトlink

ファーム富田の最寄り駅はJR富良野線の期間限定でオープンする「ラベンダー畑駅」。
この「お花畑」チックな駅には、これまた期間限定で運行しているノロッコ号という列車しか停車しない。
ノロッコは一日に3本しか運行しておらず、旭川からは9:56発の1本のみで、後は美瑛発になる。



ノロッコには1両だけ指定席の車両があるものの当日の指定席は完売。2両は自由席なのだが、平日だというのに出発15分前にはほぼ満席で、おそらく乗客の8割以上が大陸からやってきている訪日観光客。
旭川からラベンダー畑駅までの所要時間はほぼ1時間なので、ゆっくりしたければ事前に指定席を抑えておいたほうが賢明かも。

鉄道には全く興味はないが、子供の時から何故か気に入っているDE15型ディーゼル機関車が客車を牽引。
ただ、下りでは確かに客車を牽引していたものの、旭川からラベンダー畑駅までの上り線では最後尾にくっついており、不思議に思っていたのだが、上り線では先頭になる3号車の「オクハテ510-2」という客車から最後尾のDE15型ディーゼル機関車を制御しているらしい。(wikilink

ノロッコに揺られながら、飽きてしまうくらい長閑な景色が続いたりする。
ノロッコの椅子はクッションの無い木製なので、30分を過ぎたあたりから尻が痛い。。

上の写真はラベンダー畑側から撮影したものだが、ラベンダー畑駅を下車すると、すぐにラベンダー畑なのに「メロン」のアドバルーンが目に付く。
ラベンダー畑のあるファーム富田はラベンダーだけではなく、メロンも栽培しているらしく、ラベンダー以上にメロン推し(笑)

6月29日に行ったのだが、ラベンダーは早咲きのものが咲いているだけで、ちょっと残念な感じ。
それでもパンフレットのような写真を撮ってみようと頑張ってみた。

ラベンダー以外にも多くの花が育てられているものの、やはり見頃は7月中旬頃かも。





写真ギャラリー

Zippo コレクション

Zippoは言わずと知れたオイルライターで、製造年で希少価値が上がり、一時は高値がついていたコレクターズアイテムでもある。 1980年代後半から90年代はじめにかけてはベトナムジッポーが大流行。 市場には偽物が大量に出回 … “Zippo コレクション” の続きを読む

滝野すずらん丘陵公園~渓流コース

2017/06/08 チャリ通から遠ざかること1年。 おデブまっしぐらな今日このごろに危機感をいだきつつ、リフレッシュを兼ねて向かった先は滝野すずらん公園。 滝野すずらん丘陵公園 公式サイト 現地へは車かバスでの移動にな … “滝野すずらん丘陵公園~渓流コース” の続きを読む

初夏のラベンダー畑

2016/06/30 観光リーフレットに釣られて向かった先はファーム富田のラベンダー畑。 場所は「北の国」からで有名な富良野。 ファーム富田 オフィシャルサイト ファーム富田の最寄り駅はJR富良野線の期間限定でオープンす … “初夏のラベンダー畑” の続きを読む

秋の野幌森林公園

2015/10/22 紅葉狩りに出かけよう!と、向かったのは野幌森林公園。 Google Mapで確認すると、やたらと広い。 公園は自然林と人工林から形成されているものの、それなりに整備されており、博物館などもあったりす … “秋の野幌森林公園” の続きを読む

ノースサファリサッポロ

2015/08/25 「カピバラに触れる!」ということで向かったノースサファリサッポロは、以前、大通にある市場で勧められた触れる動物園。 場所は定山渓の少し手前で、南北線で真駒内まで行き、そこから定鉄バスで豊滝小学校前へ … “ノースサファリサッポロ” の続きを読む





秋の野幌森林公園

2015/10/22

紅葉狩りに出かけよう!と、向かったのは野幌森林公園。
Google Mapで確認すると、やたらと広い。

公園は自然林と人工林から形成されているものの、それなりに整備されており、博物館などもあったりする。

野幌森林公園 公式ページlink



場所が場所だけに電車で行く人は少ないだろうが、メインゲート的なところへはJR函館線の「森林公園駅」から道なりに5分も歩けば国道12号に面した入り口にたどり着く。
そこから緩やかな坂道をしばらく登ると「百年記念塔」が見えてくる。
以前は塔に登れたらしいが、現在は老朽化のために封鎖されている。

整備された道から少し入ると、いい感じの落ち葉道になり、森林浴が満喫できる。

モミジコースというものが存在しているのだが、百年記念塔の入り口からは結構な距離があり、時間的に無理っぽかったので今回は行かずじまい。

キツツキなんかもいたりする。正式名称は「アカゲラ」。

普通に緑が多い公園と異なり、ちゃんとした「森林」なので自然がいっぱい。
平日だったこともあってか、すれ違う人が登山のマナーをわきまえた人ばかりだったのも印象的だった。





写真ギャラリー

Zippo コレクション

Zippoは言わずと知れたオイルライターで、製造年で希少価値が上がり、一時は高値がついていたコレクターズアイテムでもある。 1980年代後半から90年代はじめにかけてはベトナムジッポーが大流行。 市場には偽物が大量に出回 … “Zippo コレクション” の続きを読む

滝野すずらん丘陵公園~渓流コース

2017/06/08 チャリ通から遠ざかること1年。 おデブまっしぐらな今日このごろに危機感をいだきつつ、リフレッシュを兼ねて向かった先は滝野すずらん公園。 滝野すずらん丘陵公園 公式サイト 現地へは車かバスでの移動にな … “滝野すずらん丘陵公園~渓流コース” の続きを読む

初夏のラベンダー畑

2016/06/30 観光リーフレットに釣られて向かった先はファーム富田のラベンダー畑。 場所は「北の国」からで有名な富良野。 ファーム富田 オフィシャルサイト ファーム富田の最寄り駅はJR富良野線の期間限定でオープンす … “初夏のラベンダー畑” の続きを読む

秋の野幌森林公園

2015/10/22 紅葉狩りに出かけよう!と、向かったのは野幌森林公園。 Google Mapで確認すると、やたらと広い。 公園は自然林と人工林から形成されているものの、それなりに整備されており、博物館などもあったりす … “秋の野幌森林公園” の続きを読む

ノースサファリサッポロ

2015/08/25 「カピバラに触れる!」ということで向かったノースサファリサッポロは、以前、大通にある市場で勧められた触れる動物園。 場所は定山渓の少し手前で、南北線で真駒内まで行き、そこから定鉄バスで豊滝小学校前へ … “ノースサファリサッポロ” の続きを読む





ノースサファリサッポロ

2015/08/25

「カピバラに触れる!」ということで向かったノースサファリサッポロは、以前、大通にある市場で勧められた触れる動物園。
場所は定山渓の少し手前で、南北線で真駒内まで行き、そこから定鉄バスで豊滝小学校前へ。
平日はバス停から電話をするとシャトルバスで迎えに来てくれるらしいが、ノースサファリサッポロまでバス停から1.5kmくらいなので、電話をせずに歩いて向かっていると、途中でシャトルバスに横付けされ、半ば強引にバスへ乗せられて目的地へ到着。

園内はさほど広くなく、動物に触れるエリアとデンジャラスの森、アスレチックエリアと3つのエリアがあり、動物に触れるエリアとデンジャラスの森は、2時間もあれば十分回れる。

ノースサファリサッポロ公式サイト

「〇〇釣り」と題して、有料で餌を垂らして小屋の中の動物を「釣る」ゲーム感覚の餌やりがあった。

釣られるのはミーアキャットとワニ。
動物の生態は詳しくないのでなんとも言えないが、素人目にはどちらもあまり良い環境とは言えない状態だった。

今回の目的、カピバラさん。
デカくて剛毛で温厚。ネズミと同じ齧歯目らしいが、どちらかと言うと馬っぽい。
さすが癒し系。。見てると眠くなる。
この動物園では販売もしているようで、カピバラは一頭65万円らしい。

釣りの対象になっていたミーアキャットが、テーブルの上に一匹だけ繋がれて、触れるようになっていた。



ニシキヘビを首に巻くサービスや、トカゲなんかも触れるようになっている。
インコなんかも触れる位置にはいるものの、触るなオーラが全開。
注意書きにも「触らないで」と書いてあった。

デンジャラスの森にはフクロウがいっぱい。

危険動物のため入場後はすべて自己責任という直筆の署名を記入させられ、中に入ってみると、でっかいトカゲやワニ、ピラニア、ワーム、ヤマアラシなどがいた。

触れる動物園とデンジャラスの森は徒歩5分くらいの距離で、あぜ道を歩いて行く。

ある意味、カピバラさんよりもインパクトがあるのはゲテモノフード。
バッタにハチ、ワーム、サソリにヤモリ、ワニ、ヘビなどが販売されている。
食べてみたのはバッタとワニバーガー、トナカイドッグ。

バッタはイナゴみたいなものが出てくるのかと思いきや、キリギリスの素揚げのようなものが出てきた。
食べてみると腹の部分がシシャモの卵っぽい感じで、決して不味くはない。
ワニは以前にも食べたことはあるが、バーガーのワニ肉は硬い鶏の胸肉、トナカイ肉のソーセージは普通のソーセージと同じで、言われなければ全く分からないレベル。

ヤシの実とパイナップルの丸ごとジュースもあり、ヤシの実は相変わらず生臭いポカリスエットだったが、パインジュースは甘さも酸味もちょうどよく、とても美味しかった。

ノースサファリサッポロは動物に直接触れるので楽しめるが、一日中触られる動物は相当なストレスだと思う。
それぞれの小屋も決して大きくはなく、旭山動物園などと比べると、飼育されている動物にあまり元気がないような気もしたので、動物愛護精神が旺盛だと意外と微妙かも。





写真ギャラリー

Zippo コレクション

Zippoは言わずと知れたオイルライターで、製造年で希少価値が上がり、一時は高値がついていたコレクターズアイテムでもある。 1980年代後半から90年代はじめにかけてはベトナムジッポーが大流行。 市場には偽物が大量に出回 … “Zippo コレクション” の続きを読む

滝野すずらん丘陵公園~渓流コース

2017/06/08 チャリ通から遠ざかること1年。 おデブまっしぐらな今日このごろに危機感をいだきつつ、リフレッシュを兼ねて向かった先は滝野すずらん公園。 滝野すずらん丘陵公園 公式サイト 現地へは車かバスでの移動にな … “滝野すずらん丘陵公園~渓流コース” の続きを読む

初夏のラベンダー畑

2016/06/30 観光リーフレットに釣られて向かった先はファーム富田のラベンダー畑。 場所は「北の国」からで有名な富良野。 ファーム富田 オフィシャルサイト ファーム富田の最寄り駅はJR富良野線の期間限定でオープンす … “初夏のラベンダー畑” の続きを読む

秋の野幌森林公園

2015/10/22 紅葉狩りに出かけよう!と、向かったのは野幌森林公園。 Google Mapで確認すると、やたらと広い。 公園は自然林と人工林から形成されているものの、それなりに整備されており、博物館などもあったりす … “秋の野幌森林公園” の続きを読む

ノースサファリサッポロ

2015/08/25 「カピバラに触れる!」ということで向かったノースサファリサッポロは、以前、大通にある市場で勧められた触れる動物園。 場所は定山渓の少し手前で、南北線で真駒内まで行き、そこから定鉄バスで豊滝小学校前へ … “ノースサファリサッポロ” の続きを読む





早春の定山渓

2015/04/14

札幌から1時間弱で行ける温泉街。
温泉に興味がないので知らなかったのだが結構有名で、明治時代に美泉定山(みいずみじょうざん)という僧侶が湯治場を作ったことに由来して定山渓という名が付いたらしいらしい。
ちなみに恥ずかしながら初めは「じょうざいけい」ではなく「ていざんけい」と読んでいた。

まだ所々に雪が残っているが、雪解けの後に春の足音を見つけてきた。







写真ギャラリー

Zippo コレクション

Zippoは言わずと知れたオイルライターで、製造年で希少価値が上がり、一時は高値がついていたコレクターズアイテムでもある。 1980年代後半から90年代はじめにかけてはベトナムジッポーが大流行。 市場には偽物が大量に出回 … “Zippo コレクション” の続きを読む

滝野すずらん丘陵公園~渓流コース

2017/06/08 チャリ通から遠ざかること1年。 おデブまっしぐらな今日このごろに危機感をいだきつつ、リフレッシュを兼ねて向かった先は滝野すずらん公園。 滝野すずらん丘陵公園 公式サイト 現地へは車かバスでの移動にな … “滝野すずらん丘陵公園~渓流コース” の続きを読む

初夏のラベンダー畑

2016/06/30 観光リーフレットに釣られて向かった先はファーム富田のラベンダー畑。 場所は「北の国」からで有名な富良野。 ファーム富田 オフィシャルサイト ファーム富田の最寄り駅はJR富良野線の期間限定でオープンす … “初夏のラベンダー畑” の続きを読む

秋の野幌森林公園

2015/10/22 紅葉狩りに出かけよう!と、向かったのは野幌森林公園。 Google Mapで確認すると、やたらと広い。 公園は自然林と人工林から形成されているものの、それなりに整備されており、博物館などもあったりす … “秋の野幌森林公園” の続きを読む

ノースサファリサッポロ

2015/08/25 「カピバラに触れる!」ということで向かったノースサファリサッポロは、以前、大通にある市場で勧められた触れる動物園。 場所は定山渓の少し手前で、南北線で真駒内まで行き、そこから定鉄バスで豊滝小学校前へ … “ノースサファリサッポロ” の続きを読む