スマートウォッチ Withings Steel HRのレビュー

2018/11/26

以前から気にはなっていたものの、今ひとつ物欲が掻き立てられなかったのがスマートウォッチ。
日常的にスポーツをしているわけでもなく、電話の応答やメールの確認が時計でできることに、それほどのメリットを感じない。



スマートウォッチのモデルによっても異なってくるものの、総じて「今から健康管理をしたい人」「スポーツをしている人」「スマホを取り出して電話やメールの確認ができない人」「スマートウォッチに興味がある人」以外は必要ない、というのが購入後の率直な感想。

職場によってはスマホを携帯できないところがあったり、商談中や会議中にスマホを見ることができないなどのケースでは、Bluetoothの接続範囲内なら使えないこともない。
スマホが使えないような場面で、通知が来たからといって、時計を凝視することができるのか疑問は残るが、とにかくメールなりLINEなり、スマホに通知が来たことを瞬時に確認したい人には適しているかも。

個人的には2万円ほどの「歩数計付き腕時計」。

向上心の有無に関わりなく、数値化されると気にはなるので、現状の把握と改善には良いかと。

なぜ睡眠の深さまで分かるのか不思議だが、「中断」や「持続時間」は意外と正確だったりする。

Steel HRの特徴は最長25日間のバッテリー持続時間で、数日であればバッテリーはほとんど減らない。

主な機能

  • 歩数:距離・消費カロリー
  • スポーツのトラッキング:距離・消費カロリー
  • 睡眠のトラッキング:睡眠の分析や睡眠サイクルなど
  • アラームの設定:スマートウェイクアップによりスムーズに起床できるタイミングでアラームが起動する。
  • 心拍数のトラッキング:通常モードでは10分間隔で心拍数が計測される

仕様

Steel HR 36mm
ケース:ステンレススチール
風防:ミネラルガラス
直径:36.3mm
厚み:13mm
耐水深度:50m
重量:39g
センサー:モーションセンサー・加速度センサー
バンド幅:18mm

時計の性質上、トラッキングされた数値の正確性をどこまで追求するかで評価が変わってくると思うが、見た目のチープさもなく、「スマートウォッチです!」というコテコテ感もなく、薄くて軽いので睡眠時に付けていても気にならず、充電も月に1~2回で十分なので、使い勝手はとても良い感じだったりする。

スマートウォッチ Withings Steel HRの設定方法

2018/11/25 「Steel HR」は「Withings」が開発したスマートウォッチ。 Withings(ウィジングズ)はフランスに本社がある、いわゆる「IoT(Internet of Things)」のメーカーで … “スマートウォッチ Withings Steel HRの設定方法” の続きを読む





買い物ノート

スマートウォッチ Withings Steel HRのレビュー

2018/11/26 以前から気にはなっていたものの、今ひとつ物欲が掻き立てられなかったのがスマートウォッチ。 日常的にスポーツをしているわけでもなく、電話の応答やメールの確認が時計でできることに、それほどのメリットを感 … “スマートウォッチ Withings Steel HRのレビュー” の続きを読む

Essential Phoneを輸入

2017/10/17 2018/03/15更新 期待していたPixel2が日本未発売のため、良くも悪くも話題になったEssentialPhoneを入手することにした。 Pixel2の発表直前に顧客情報が漏洩し、ただでさえ … “Essential Phoneを輸入” の続きを読む

HTC Android One X2に機種変更

2018/03/01 Yモバイルで取り扱っているHTCのAndroid One「X2」。 Android Oneなのに6万円オーバーの価格で、スペックもハイミドルレンジなどと取り沙汰されたモデル。 指紋認証やエッジセンス … “HTC Android One X2に機種変更” の続きを読む

HP ENVY 13-ad000 (Core i3 7100U)のレビュー

2018/02/28 鞄の中に放り込んでおける薄型・軽量のモバイルPCが突然欲しくなったので、13インチ以下のモデルを物色したら、ASUSのZENBOOK、HPのENVY、EliteBook Folio、EPSONのEn … “HP ENVY 13-ad000 (Core i3 7100U)のレビュー” の続きを読む

Galaxy S8とGear VRを輸入

2018/01/16 Samsungのデバイスは個性が強すぎてあまり好きではないが、Gear VRを利用するためにはGalaxy S6・S7・S8のいずれかが必要なので、Gear VR欲しさにGalaxyを購入することに … “Galaxy S8とGear VRを輸入” の続きを読む





Essential Phoneを輸入

2017/10/17
2018/03/15更新

期待していたPixel2が日本未発売のため、良くも悪くも話題になったEssentialPhoneを入手することにした。
Pixel2の発表直前に顧客情報が漏洩し、ただでさえ微妙な評価が多いEssential Phoneは致命的とも言えるダメージを食らい、販売数も伸び悩んでいるらしい。
また、Essential Phoneは日本語のサイトが公開されているものの、2017年10月現在では未だ技適マーク(技術基準適合証明)を取得していない(※)ので、国内での使用は電波法により原則として違法になる。

※2018年3月のAndroid 8 Oreoへのアップグレードで技適マークが表示されるようになった。

電波法と技適マーク~海外スマホの利用

SIMフリースマホを購入する際、MVNOでSIMとセット販売されているようなモデルや、家電量販店で販売されているモデルは、ほぼ日本仕様になっており、国内での利用に問題はないが、AmazonなどのECサイトや一部の専門店で … “電波法と技適マーク~海外スマホの利用” の続きを読む

携帯電話の通信規格と周波数帯の基礎知識

SIMフリーのスマートフォンを購入する際、まず確認が必要なのが使用しているSIMに対応しているか否か。 3GとかLTEとか、それが回線を意味していることくらいは分かっても、普通に使用する際にそれほど意識することはないし、 … “携帯電話の通信規格と周波数帯の基礎知識” の続きを読む



Essential Phoneを開発しているのは、Androidの生みの親 Andy Rubin氏が立ち上げたベンチャー企業「Essential」で、本社は米国カリフォルニア州にあるが、Essential Phoneは当然のごとく中国製。

米国Amazonで販売されてるEssential Phoneは719.12ドルなので、1ドル112円換算で本体価格が80,541円。送料やら手数料やらを含めて合計金額は89,600円。
スペックと価格を比較すると、まあ妥当なところ。

公式サイトからは入手できないが、米国Amazonで販売されているので、配送方法によるが最短4日ほどで手元に届く。

セット内容は本体とUSB Type-Cのケーブル、充電器、ヘッドホンジャックというシンプルな構成。

スペック

SoC Snapdragon 835
RAM 4GB
ストレージ 128GB
ディスプレイ 2560 x 1312 QHD
バッテリー 3040mAh
大きさ 141.5mm x 71.1mm (5.71inch)
重さ 185g
SIM NanoSIM x 1
OS Android 7.1

本体がアルミではなくチタンのため、一般的なスマホに比べて重く感じるものの、「しっかりしている」という印象。
カメラは前面が8メガピクセル(F値2.20)、背面は13メガピクセル(F値1.85)。
防水防塵はIP54なので、有害な影響が発生しない程度の防塵と、はねた水くらいからの保護。

セットアップ

搭載しているOSはAndroidで、入手した時点のバージョンは7.1.1。
セットアップはメーカー独自の仕様がなく、NexusなどGoogle純正 Androidのセットアップとほぼ同じで至ってシンプル。

起動直後の画面。
言語を日本語に変更して「使ってみる」。

「新規としてセットアップ」。

Googleアカウントの設定。

便利な指紋認証の設定。

Essentialのプライバシーポリシー。
「サービス向上のためのデータ送信を行う」がオンになっているので、気になるようならオフに変更。

「Ok Google」のGoogleアシスタントの設定。

セットアップ完了。
ホームアプリはGoogle Nowランチャーのベースになっている「Launcher3」。
アプリの一覧は中央下にある小さな矢印をタップすると表示される。

デフォルトでインストールされているアプリも純正と同様、最小限になっているので、個人的には好印象。

後は各種アプリのインストールと、使い慣れたNowランチャーに変更して、ウィジェットを配置して完了。

Nexus6に10月5日のセキュリティパッチが適用されている現状で、Essentialのセキュリティパッチレベルは9月5日。
ちなみにAndroid OneもEssentialと同じ9月5日の状態。

音声通話

Essential Phoneは、3Gで「 1, 2, 4, 5 6, 8」のバンドに対応しており、Yモバイルの場合は「2.1Hz帯(B1)」と「900MHz帯(B8)」をサポート、LTEに関してはほぼ網羅している状態。

当然の如くSIMを挿入したら普通に通話ができると思っていた。
が、なぜか通話ができない。。。

VoLTEに対応していないSIMでは、LTEでのモバイル通信は可能だが、音声通話をすると、かけた瞬間に通話終了になり、電話をかけてきた相手には話中の状態になっている。
それでも3Gでの通話が可能なはずなのだが、再起動しても認識するのはLTEのみ。

使用する通信規格は「設定」→「もっとみる」→「モバイルネットワーク」→「Preferred network type」で変更可能。

試しに通信規格を「W-CDMA only」にしてみると見事に「通信サービスはありません」になる。
そこで「LTE」のみに切り替えると認識するので、VoLTE対応のSIMに変えると音声通話ができるようになった。
ただし、3Gが全く使えないので、使用環境にもよるが通話メインだと屋内などは結構きびしい。

ちなみにYモバイルではVoLTEがオプションになっており、無料で追加できるものの、使用しているデバイスがVoLTEに対応していなければ追加できない。
また、その場合はSIMのみを更新することもできないので、既存の電話番号を継続して利用するなら、他社へMNPで転出するか、YモバイルでVoLTEに対応したデバイスを購入する必要がある。

ベンチマーク

Essential Phoneは「個性が無い」という批判を受けているが、シンプルさも十分な個性かと思う。
最新のSoC Snapdragon 835を搭載したハイエンドモデルの中で、派手さのない質実剛健な感じは個人的に嫌いではない。

上図はEssential PhoneのGeek benchのCPUの測定値。

Snapdragon820を実装したZenfone DeluxeがSingle-Core 1465 Multi-Core 3957だったので、その差は歴然。

Geekbench のCOMPUTEの数値。
こちらもZenfone Deluxeが6932だったので115%ほど向上している。

解像度が高くベゼルレスのため表示できる情報量も多く、今のところ不具合らしいものも見当たらないので使い勝手は上々。
通話の部分がネックになるが、情報端末として使用する分にはいい感じ。

Essential PhoneにAndroid Pieが降ってきた。

2018/08/10 2018年8月6日に発表されたバージョン9のAndroid Pie。 Google謹製のPixelのほか、Essential Phoneにも配信されることが告知されていたのだが、8月9日の早朝にいき … “Essential PhoneにAndroid Pieが降ってきた。” の続きを読む

Essential Phoneに技適マーク付きでOreoが降ってきた。

2018/03/14 18時頃、なにげにEssential Phoneを見るとアップデートの通知。 セキュリティパッチレベルは2018-02なので、何のアップデートかと思いきや、ようやくAndroid Oreoがご降臨。 … “Essential Phoneに技適マーク付きでOreoが降ってきた。” の続きを読む





買い物ノート

スマートウォッチ Withings Steel HRのレビュー

2018/11/26 以前から気にはなっていたものの、今ひとつ物欲が掻き立てられなかったのがスマートウォッチ。 日常的にスポーツをしているわけでもなく、電話の応答やメールの確認が時計でできることに、それほどのメリットを感 … “スマートウォッチ Withings Steel HRのレビュー” の続きを読む

Essential Phoneを輸入

2017/10/17 2018/03/15更新 期待していたPixel2が日本未発売のため、良くも悪くも話題になったEssentialPhoneを入手することにした。 Pixel2の発表直前に顧客情報が漏洩し、ただでさえ … “Essential Phoneを輸入” の続きを読む

HTC Android One X2に機種変更

2018/03/01 Yモバイルで取り扱っているHTCのAndroid One「X2」。 Android Oneなのに6万円オーバーの価格で、スペックもハイミドルレンジなどと取り沙汰されたモデル。 指紋認証やエッジセンス … “HTC Android One X2に機種変更” の続きを読む

HP ENVY 13-ad000 (Core i3 7100U)のレビュー

2018/02/28 鞄の中に放り込んでおける薄型・軽量のモバイルPCが突然欲しくなったので、13インチ以下のモデルを物色したら、ASUSのZENBOOK、HPのENVY、EliteBook Folio、EPSONのEn … “HP ENVY 13-ad000 (Core i3 7100U)のレビュー” の続きを読む

Galaxy S8とGear VRを輸入

2018/01/16 Samsungのデバイスは個性が強すぎてあまり好きではないが、Gear VRを利用するためにはGalaxy S6・S7・S8のいずれかが必要なので、Gear VR欲しさにGalaxyを購入することに … “Galaxy S8とGear VRを輸入” の続きを読む





HTC Android One X2に機種変更

2018/03/01

Yモバイルで取り扱っているHTCのAndroid One「X2」。
Android Oneなのに6万円オーバーの価格で、スペックもハイミドルレンジなどと取り沙汰されたモデル。
指紋認証やエッジセンス、ハイレゾも実装していて、機能面ではかなり充実している。



スペック

SoC Snapdragon 630
RAM 4GB
ストレージ 64GB
ディスプレイ 1920 x 1080
バッテリー 2600mAh
大きさ 149mm x 73mm(5.2inch)
重さ 142g
SIM NanoSIM x 1
OS Android 8.0

防水防塵はIP67なので、完全な防塵と、一定時間(30分)水深1mのに水没しても浸水しない程度の防水。

良くも悪くもHTCのフラッグシップモデル「U11」の廉価版的なモデルだが、ハイミドルとは言え、上位機種でも対応しているモデルが少ないハイレゾをサポートしているのは特徴的。

主な用途が通話とミュージックプレイヤーなので必要十分かと思いきや、予想以上にサクサク動く。
購入当初は電波状態に関係なく、通話中に音声が聞こえなくなったり、相手に届いていない事があったものの、3月1日の更新で不具合は解消されている。

Androidのバージョンは8.0の「Oreo」。
デフォルトのランチャーは「Launcher3」で、Google Nowランチャーは未対応。

エッジセンスは使用頻度の高い操作やアプリを登録できて便利なのだが、ハードケースを付けると、結構な力で握らないと反応せず、握りすぎて長押し状態になってしまったり、慣れるまでが微妙だったりする。

ベンチマーク

Geekbenchでおもしろい結果がでた。

シングルコアのスコアは下位モデルのSnapdragon617と僅差なのに、マルチコアのスコアはSnapdragon820を上回っている。

Android Oneはもともと低価格で純粋なAndroidと同様なサポートを受けられるというコンセプトだったはずだが、Pixel2が国内未発売の中、「X3」や「X2」などのハイスペックなAndroid Oneは貴重なモデルだったりする。





買い物ノート

スマートウォッチ Withings Steel HRのレビュー

2018/11/26 以前から気にはなっていたものの、今ひとつ物欲が掻き立てられなかったのがスマートウォッチ。 日常的にスポーツをしているわけでもなく、電話の応答やメールの確認が時計でできることに、それほどのメリットを感 … “スマートウォッチ Withings Steel HRのレビュー” の続きを読む

Essential Phoneを輸入

2017/10/17 2018/03/15更新 期待していたPixel2が日本未発売のため、良くも悪くも話題になったEssentialPhoneを入手することにした。 Pixel2の発表直前に顧客情報が漏洩し、ただでさえ … “Essential Phoneを輸入” の続きを読む

HTC Android One X2に機種変更

2018/03/01 Yモバイルで取り扱っているHTCのAndroid One「X2」。 Android Oneなのに6万円オーバーの価格で、スペックもハイミドルレンジなどと取り沙汰されたモデル。 指紋認証やエッジセンス … “HTC Android One X2に機種変更” の続きを読む

HP ENVY 13-ad000 (Core i3 7100U)のレビュー

2018/02/28 鞄の中に放り込んでおける薄型・軽量のモバイルPCが突然欲しくなったので、13インチ以下のモデルを物色したら、ASUSのZENBOOK、HPのENVY、EliteBook Folio、EPSONのEn … “HP ENVY 13-ad000 (Core i3 7100U)のレビュー” の続きを読む

Galaxy S8とGear VRを輸入

2018/01/16 Samsungのデバイスは個性が強すぎてあまり好きではないが、Gear VRを利用するためにはGalaxy S6・S7・S8のいずれかが必要なので、Gear VR欲しさにGalaxyを購入することに … “Galaxy S8とGear VRを輸入” の続きを読む





HP ENVY 13-ad000 (Core i3 7100U)のレビュー

2018/02/28

鞄の中に放り込んでおける薄型・軽量のモバイルPCが突然欲しくなったので、13インチ以下のモデルを物色したら、ASUSのZENBOOK、HPのENVY、EliteBook Folio、EPSONのEndeavor NA512E、富士通のLIFEBOOK WU2/B3などが10万円前後。

同一スペックでもコンパクトになると高額になるのは分かっているものの、ガッツリ使い込むどころか、いつ使うかわからないようなPCに10万円以上出すのは、さすがに気が引ける。



で、検討した結果、価格重視で税込・送料込み73,678円になったHPのENVY 13を選択。

HP ENVY 13は、重量は1.24kg、サイズは305×215×14.0mm。
重量は1Kg以下に抑えたかったが、検討したモデルの中では最安。
300g軽くするために2万円は払えなかった。。。

スペック

CPU Intel Core i3-7100U(2.4GHz)
チップセット Intel Kaby Lake
メモリ DDR3-1866MHz Single Channel(4GB)
グラフィック Intel HD Graphics 620
ストレージ SSD 256GB(PCIe NVMe M.2)
電源 45W
OS Windows10 Pro 64Bit

「Intel Core i3-7100U」は2コア2スレッドで、ターボブースト機能はなく、定格2.4GHzで動作するKaby Lake世代のCPU。

個人的にはストレージ容量を半分にして、メモリを8GBにしてくれたほうが有り難いのだが、ENVY(エンヴィ)はメモリのカスタマイズができないので仕方ない。

HP Directplus オンラインストア

在庫があったので5営業日後に手元に届いた。
カラーはシャンパンゴールド。
見た目はオシャレというより少々イヤラシイ感じがしないでもないが、質感をはじめ大きさや厚みはいい感じ。

が、衝撃を受けたのが電源ケーブル。

本体に比べてケーブルが太く、アダプターもでかい!
HPのケーブルは全体的に太く、アダプタもごっついのが多いが、ENVYのように薄型モバイルPCの付属品としてはいかがなものかと。。。

そして分かっていたこととはいえ、さすがに心許ないのが4GBのメモリ。

デフォルトでインストールされ、常駐するHPのオリジナルアプリや不要なドライバを削除、Windowsアプリは尽く削除、常駐アプリは極力使用しないようにしても、Chromeを起動するだけで500MB以上のメモリリソースを消費するため、ブラウザ起動時に使用できるメモリ容量は1GB程度しかない。
当然、ブラウザのタブを追加すればメモリを消費するため、マルチタスクでガッツリ作業するのは厳しい感じ。

ただ、普通にブラウジングしたり文字入力程度なら、ストレージがSSDということもあって至って快適。
ファンクションキーがHPの独自仕様になっているので、BIOSで通常仕様に戻したら、キー操作も無問題。

ベンチマーク

CPUのスコア自体はCore i5 5200Uに近い数値を出していながら、バッテリーの持続時間も長く、メモリ容量さえ割り切ってしまえば、意外と使い勝手の良いモバイルPCだったりする。

これで電源ケーブルが携帯できるくらいコンパクトになれば更に良いのだが。。。





買い物ノート

スマートウォッチ Withings Steel HRのレビュー

2018/11/26 以前から気にはなっていたものの、今ひとつ物欲が掻き立てられなかったのがスマートウォッチ。 日常的にスポーツをしているわけでもなく、電話の応答やメールの確認が時計でできることに、それほどのメリットを感 … “スマートウォッチ Withings Steel HRのレビュー” の続きを読む

Essential Phoneを輸入

2017/10/17 2018/03/15更新 期待していたPixel2が日本未発売のため、良くも悪くも話題になったEssentialPhoneを入手することにした。 Pixel2の発表直前に顧客情報が漏洩し、ただでさえ … “Essential Phoneを輸入” の続きを読む

HTC Android One X2に機種変更

2018/03/01 Yモバイルで取り扱っているHTCのAndroid One「X2」。 Android Oneなのに6万円オーバーの価格で、スペックもハイミドルレンジなどと取り沙汰されたモデル。 指紋認証やエッジセンス … “HTC Android One X2に機種変更” の続きを読む

HP ENVY 13-ad000 (Core i3 7100U)のレビュー

2018/02/28 鞄の中に放り込んでおける薄型・軽量のモバイルPCが突然欲しくなったので、13インチ以下のモデルを物色したら、ASUSのZENBOOK、HPのENVY、EliteBook Folio、EPSONのEn … “HP ENVY 13-ad000 (Core i3 7100U)のレビュー” の続きを読む

Galaxy S8とGear VRを輸入

2018/01/16 Samsungのデバイスは個性が強すぎてあまり好きではないが、Gear VRを利用するためにはGalaxy S6・S7・S8のいずれかが必要なので、Gear VR欲しさにGalaxyを購入することに … “Galaxy S8とGear VRを輸入” の続きを読む





Galaxy S8とGear VRを輸入

2018/01/16

Samsungのデバイスは個性が強すぎてあまり好きではないが、Gear VRを利用するためにはGalaxy S6・S7・S8のいずれかが必要なので、Gear VR欲しさにGalaxyを購入することにした。



2月末にはS9のリリースがアナウンスされているので、後2~3ヶ月待てばS8が値崩れするのだが、やはり「欲しい時が買い時」。

Galaxy S8はSIMロックを解除したauの白ロム版が出回っており、価格はおよそ8万円前後。
Gear VRはコントローラーセットのものはAmazonで15,000円程度なので、合わせて95,000円くらい。

米国のB&HではGalaxy S8が624.99ドル。
購入した当日の実勢レートは110円だったため、クレジットカードの手数料などを含め1ドル=115円で換算すると約70,000円。

ただし、国内版とグローバル版ではスペックが異なっており、国内版のSoCはSnapdragon835を搭載しているのに対し、グローバル版は Exynos8895を搭載しており、更にグローバル版の「SM-G950F」は技適を取得していない。

電波法と技適マーク~海外スマホの利用

SIMフリースマホを購入する際、MVNOでSIMとセット販売されているようなモデルや、家電量販店で販売されているモデルは、ほぼ日本仕様になっており、国内での利用に問題はないが、AmazonなどのECサイトや一部の専門店で … “電波法と技適マーク~海外スマホの利用” の続きを読む

携帯電話の通信規格と周波数帯の基礎知識

SIMフリーのスマートフォンを購入する際、まず確認が必要なのが使用しているSIMに対応しているか否か。 3GとかLTEとか、それが回線を意味していることくらいは分かっても、普通に使用する際にそれほど意識することはないし、 … “携帯電話の通信規格と周波数帯の基礎知識” の続きを読む

Gear VRは69.99ドルなので115円換算で8,000円。
こちらは国内の半額ほどと圧倒的に安い。

輸入した場合、送料込みで724.57ドル。
115円換算にすると83,000円くらいで、別途で課税標準額に対して消費税が加算される。
デジタル機器は関税がかからないので、多めに見積もって総額90,000円くらいになる試算で購入。

で、実際に支払った金額は、商品代金と送料で82,689円(1ドル=114.122円)
消費税3,600円
立替手数料1,080円
合計:87,369円

1月12日に購入し、翌13日出荷通知メールが届いて、「スプリングフィールド」→「ニューヨーク」→「シンシナティ」→「成田」のルートで輸送され、15日に関空へ到着して翌16日に手元へ届いた。

早速、高いオモチャの動作チェック。

Gear VRを使ってみた

2018/01/18 ゲーム用にしていたNexus6のバッテリーがヘタレてきて、充電状態でないと電源が落ちるようになったので、以前から気になっていたGear VRを使用するため、SIMフリーのGalaxy S8とコントロ … “Gear VRを使ってみた” の続きを読む

スペック

SoC Samsung Exynos Octa 8895
RAM 4GB
ストレージ 64GB
ディスプレイ 2960 x 1440 QHD
バッテリー 3000mAh
大きさ 148.9mm x 68.1mm (5.8inch)
重さ 155g
SIM NanoSIM x 1
OS Android

防水防塵はIP68なので、水没しても浸水しない、いわゆる完全防水。

そしてグローバル版を選択した理由の1つがSnapdragon835と同等の性能と言われているSamsung製のオクタコア SoC「Exynos 8895」。

ベンチマーク

SoCに「Snapdragon835」を搭載しているEssential Phoneのベンチマークとの比較になるが、Geekbenchでは「CPU」のシングルコア・マルチコアと「COMPUTE」全てでEssential Phoneをわずかに上回る結果を出した。

Essential Phoneのシングルコアのスコアは1911、マルチコアは6585。

「COMPUTE」の数値はEssential Phoneが8022。

いずれも誤差の範囲に近いものだが「Exynos 8895」の実力は本物らしい。

ナビゲーションボタンとBixby

Galaxyが嫌いなのは、まずナビゲーションボタンが「履歴・ホーム・戻る」の順に並んでおり、履歴と戻るが逆になっているので非常に使いづらい。
使用しているデバイスが全てGalaxyなら良いのかもしれないが、他のデバイスと併用する場合にGalaxyだけ異なっているのは地味にストレスが溜まる。

これまではアプリを利用して「履歴」と「戻る」の位置を変更するしかなかったものが、S8はようやく設定で変更が可能になった。

「設定」→「ディスプレイ」→「ナビゲーションバー」→「ボタンのレイアウト」で、「戻る・ホーム・履歴」をタップすれば設定完了。

Galaxy S8でもう1つ厄介なのがボリュームボタンの下にある「Bixby」用のボタン。
Bixby自体が使い物にならない上、無効にすることもできないので、仕方なく「Bixby Remapper」というアプリで再設定。

カメラ起動など他の操作にハードボタンを割り当てることができるアプリで、単に無効化することも可能。

NexusやEssential Phone、Android Oneなどと比較すると、プリインストールされているアプリが多いのも難点だが、外部メモリも利用できるので、Gear VRとゲーム専用機としては、なかなか良いデバイスだと思う。





買い物ノート

スマートウォッチ Withings Steel HRのレビュー

2018/11/26 以前から気にはなっていたものの、今ひとつ物欲が掻き立てられなかったのがスマートウォッチ。 日常的にスポーツをしているわけでもなく、電話の応答やメールの確認が時計でできることに、それほどのメリットを感 … “スマートウォッチ Withings Steel HRのレビュー” の続きを読む

Essential Phoneを輸入

2017/10/17 2018/03/15更新 期待していたPixel2が日本未発売のため、良くも悪くも話題になったEssentialPhoneを入手することにした。 Pixel2の発表直前に顧客情報が漏洩し、ただでさえ … “Essential Phoneを輸入” の続きを読む

HTC Android One X2に機種変更

2018/03/01 Yモバイルで取り扱っているHTCのAndroid One「X2」。 Android Oneなのに6万円オーバーの価格で、スペックもハイミドルレンジなどと取り沙汰されたモデル。 指紋認証やエッジセンス … “HTC Android One X2に機種変更” の続きを読む

HP ENVY 13-ad000 (Core i3 7100U)のレビュー

2018/02/28 鞄の中に放り込んでおける薄型・軽量のモバイルPCが突然欲しくなったので、13インチ以下のモデルを物色したら、ASUSのZENBOOK、HPのENVY、EliteBook Folio、EPSONのEn … “HP ENVY 13-ad000 (Core i3 7100U)のレビュー” の続きを読む

Galaxy S8とGear VRを輸入

2018/01/16 Samsungのデバイスは個性が強すぎてあまり好きではないが、Gear VRを利用するためにはGalaxy S6・S7・S8のいずれかが必要なので、Gear VR欲しさにGalaxyを購入することに … “Galaxy S8とGear VRを輸入” の続きを読む





Amazon Fire HD 8のレビュー

2017/07/13

7月10日に実施されたAmazonのセール「プライムデー」で、Amaozn Fire HD 8が5,980円になっていたので衝動買いしてしまった。

プライム会員ならクーポンコードで4000円引きになるらしい。



2年前に購入したAmazon Fire 7と比較するのもおかしいが、OSはどちらもAndroid LollipopがベースのFire OS 5。
2年前のデバイスが第5世代で、今回のデバイスは第7世代になる。

シンプルなオレンジの箱には本体とUSB充電アダプタが入っている。

価格が価格なのでスペックは一般的なローエンドモデルと同等。
1280×800のIPSディスプレイ(189ppi)は、スマホで有機EL(AMOLED)を見慣れていると、どうしても精彩さに欠けた印象を受ける。

FireはAmazonを楽しむことに特化したエンターテイメント向けのデバイスのため、Amazonでの買い物をはじめKindleやAmazonビデオ、Amazonミュージックなどを利用する分には非常に便利。

ただ、普通にAndroidタブレットとして使用する場合は、いろいろと手を加えないと使い物にならない。

使用されているCPUはRaspberry Pi 3でも使用されている「Cortex-A53」。
主にミドルレンジからローエンドモデルで採用されており、ミドルレンジモデルでは「Cortex-A53」と「Cortex-A72」を使用して6コアや8コアの構成が多く、ローエンドモデルが「Cortex-A53」単体で4コアになっている。

メモリは1.5GBで、CPU-Zが認識したのは1373MB。

Google Playストアを利用できるようにしたり、ホームアプリを変更したりして、メモリの使用率はアイドル状態で25%前後。

2年前に購入した第5世代のFire 7のCPUには「Cortex-A7」が使用されており、メモリは1GB。

単純にCPUの性能向上とメモリが増加しているので、おもちゃレベルだった第5世代 Fire 7と比べると、Fire HD8の処理速度は飛躍的と言えるレベルで改善している。

第7世代 Fire HD 8のGeekbench CPUスコア。

第5世代 Fire7のGeekbench CPUスコア。

COMPUTEのスコアはFire HD 8が「1051」で、Fire7が「793」。
順当に性能は向上しており、第7世代のFire HD 8はそれなりに使えるレベル。

ただ、2013年にリリースされたNexus5は、CPUスコアが「Single 978」「Multi 2277」、COMPUTEスコアは「2608」なので、4年前のハイエンドモデルよりも処理速度は劣っており、使えると言っても最低限度の話になるが、Googleストアを導入したりいろいろ遊べて6千円くらいならコストパフォーマンスは高いかも。

 

第7世代 Amazon Fire HD 8 でPlayストアを利用する

プライムデーで購入したAmazon Fire HD 8 は「第7世代」でFire OS 5.4.0.0。 Androidのバージョンでは「5.1.1」のLollipop。 Fire OSは相変わらず排他的で、Amazon … “第7世代 Amazon Fire HD 8 でPlayストアを利用する” の続きを読む





買い物ノート

スマートウォッチ Withings Steel HRのレビュー

2018/11/26 以前から気にはなっていたものの、今ひとつ物欲が掻き立てられなかったのがスマートウォッチ。 日常的にスポーツをしているわけでもなく、電話の応答やメールの確認が時計でできることに、それほどのメリットを感 … “スマートウォッチ Withings Steel HRのレビュー” の続きを読む

Essential Phoneを輸入

2017/10/17 2018/03/15更新 期待していたPixel2が日本未発売のため、良くも悪くも話題になったEssentialPhoneを入手することにした。 Pixel2の発表直前に顧客情報が漏洩し、ただでさえ … “Essential Phoneを輸入” の続きを読む

HTC Android One X2に機種変更

2018/03/01 Yモバイルで取り扱っているHTCのAndroid One「X2」。 Android Oneなのに6万円オーバーの価格で、スペックもハイミドルレンジなどと取り沙汰されたモデル。 指紋認証やエッジセンス … “HTC Android One X2に機種変更” の続きを読む

HP ENVY 13-ad000 (Core i3 7100U)のレビュー

2018/02/28 鞄の中に放り込んでおける薄型・軽量のモバイルPCが突然欲しくなったので、13インチ以下のモデルを物色したら、ASUSのZENBOOK、HPのENVY、EliteBook Folio、EPSONのEn … “HP ENVY 13-ad000 (Core i3 7100U)のレビュー” の続きを読む

Galaxy S8とGear VRを輸入

2018/01/16 Samsungのデバイスは個性が強すぎてあまり好きではないが、Gear VRを利用するためにはGalaxy S6・S7・S8のいずれかが必要なので、Gear VR欲しさにGalaxyを購入することに … “Galaxy S8とGear VRを輸入” の続きを読む





ZenFone 3 Deluxe のレビュー

2017/02/01
2017/04/01更新

Google謹製 ハイエンドスマホ「Pixel」の国内販売に淡い期待を持ちながら待っていたものの、有力視されていた年末商戦も見送られ。
海外からの入手も考えたが、品薄のためプレミアが付いているのか、海外向けなのか、販売価格は定価の3割増しな上に、未だ「技適マーク」を取得していないので断念。
2017年に販売されるという噂もあるが、すでにPixel2のリーク情報もあったりするので微妙な感じ。



で、Pixelのほかに気になっていたのが「ZenFone3」。
シリーズの中でも製品の供給が間に合わず受注が一時停止していた「ZenFone 3 Deluxe ZS570KL」が気になるものの、価格は最安値で94,800円!

この手のグルーバルモデルの国内販売価格は高めに設定されているので、アメリカのB&Hで確認したら。。。。

なんと500ドルを割っている。。。。
トランプ大統領に翻弄されている市場だが、115円で試算すると57,000円くらい。
送料入れても60,000円くらいで入手可能ということになる。

しかもB&HはDHLかFedExで発送されるため、注文から商品が届くまで1週間とかからない。
初期不良などがあった場合は厄介だが、引きさえ悪くなければ国内で買うよりも断然お得。
ただし、海外モデルの場合はいろいろと注意が必要。

電波法と技適マーク~海外スマホの利用

SIMフリースマホを購入する際、MVNOでSIMとセット販売されているようなモデルや、家電量販店で販売されているモデルは、ほぼ日本仕様になっており、国内での利用に問題はないが、AmazonなどのECサイトや一部の専門店で … “電波法と技適マーク~海外スマホの利用” の続きを読む

携帯電話の通信規格と周波数帯の基礎知識

SIMフリーのスマートフォンを購入する際、まず確認が必要なのが使用しているSIMに対応しているか否か。 3GとかLTEとか、それが回線を意味していることくらいは分かっても、普通に使用する際にそれほど意識することはないし、 … “携帯電話の通信規格と周波数帯の基礎知識” の続きを読む

モデルナンバーを調べて総務省の電波利用ホームページで確認。

総務省 技術基準適合証明書等を受けた機器の検索

ZenFone 3 Deluxe ZS570KLのモデルナンバーは「ASUS_Z016D」なので、「型式又は名称」の欄に入力して検索すると、しっかりと取得していた。

ちなみにPixelのモデルナンバーは「G-2PW2100」なのだが、検索してもヒットしない。

ためらうこと無くポチったら送料含めて536.21ドル。
今回はPayPalを使用せずVISAで直接購入、レートは「1ドル=116.921」で請求金額は62,694円。
パソコンやスマホのような電子機器は関税がかからないので、総額も62,694円。

1月23日に注文して翌日に出荷。
ブルックリン→ニューアーク→インディアナポリス→アンカレッジと旅をして、関空へ到着したのが26日で、翌27日には手元に届いた。

金属ボディにUSB-Type C。
付属品はUSB-Type CのケーブルとACアダプタ、それにイヤホン。

取り敢えず起動してみる。

Nexus6購入時にSimカッターでMicroSIMをNanoSIMにカットしたものを、そのままセットしてみたら見事に認識。
唯一の懸念だったSIMが使えて一安心。

SoCはSnapdragon820。
CPUは64ビット 4コア クロック2.15GHzの「Kryo」。

メモリは6GBで通常は40%程度の使用率。

Geekbench ScoreのCPUの測定値。

Nexus6のスコア。
SoCはSnapdragon805。
CPUは32ビット 4コア クロック2.65GHzの「Krait450」。

Geekbench ScoreのCOMPUTEの数値。

Nexus6と比較すると単純なCPUのスコアよりも、画像処理やカメラ機能などの処理能力が高い。
実際のレスポンスもNexus6と比較すると体感でもわずかに早いと感じるレベル。

ZenUI Launcherの評判は良いのだが、Nexus5から使っているGoogle Nowランチャーに変更。

指紋認証も便利で、使い勝手は予想以上に良い感じ。

そして2ヶ月後、Nexus6と比べて薄いせいか、持ったときのホールド感が不安定というか、手の中で滑る感じがしていたのだが、自宅のエレベーター前で手から滑り出て、液晶面が床に吸い付けられるように落下。

軽い破壊音とともに僅か2ヶ月で第一線を退くことになった。。。(´;ω;`)
しかも破損した直後にFedExから消費税と手数料、合わせて3,100円支払えと振込用紙は届くし、弱り目に祟り目状態。

仕方なくNexus6に戻したものの、慣れとは恐ろしいもので、ZenFone3 Deluxeに比べると、動作にもたつきを感じてしまう。

タイミングの良いことにKickstarterで、スマホと無線接続するタブレットサイズのタッチスクリーンが掲載されていたので即購入。
後は製品化されるのを祈るだけ。





個人輸入レポート

Essential Phoneを輸入

2017/10/17 2018/03/15更新 期待していたPixel2が日本未発売のため、良くも悪くも話題になったEssentialPhoneを入手することにした。 Pixel2の発表直前に顧客情報が漏洩し、ただでさえ … “Essential Phoneを輸入” の続きを読む

Galaxy S8とGear VRを輸入

2018/01/16 Samsungのデバイスは個性が強すぎてあまり好きではないが、Gear VRを利用するためにはGalaxy S6・S7・S8のいずれかが必要なので、Gear VR欲しさにGalaxyを購入することに … “Galaxy S8とGear VRを輸入” の続きを読む

ZenFone 3 Deluxe のレビュー

2017/02/01 2017/04/01更新 Google謹製 ハイエンドスマホ「Pixel」の国内販売に淡い期待を持ちながら待っていたものの、有力視されていた年末商戦も見送られ。 海外からの入手も考えたが、品薄のため … “ZenFone 3 Deluxe のレビュー” の続きを読む

KickstarterでRemix OS 搭載のHybrxを支援

2016/12/28 2016年7月初めにKickstarterでRemix OSを搭載した11.6インチのモバイルPC 「HYBRX」が話題になり、好奇心でポチってしまった。 中国の半導体メーカーAllwinnerの製 … “KickstarterでRemix OS 搭載のHybrxを支援” の続きを読む

コマンドソールのTrickers Stowを輸入

2016/12/06 史上最低と言われた米国大統領選は、番狂わせでトランプ氏が勝利した。 市場は現金なもので、選挙中にトランプ氏が優勢になると下がっていたものが、選挙後の対応から期待感が高まり上昇に転じた。 と、いうわけ … “コマンドソールのTrickers Stowを輸入” の続きを読む





HPの福袋を買ってみた(Core i5 5200U)

2017/01/12

年末の12月28日。
HPのコールセンターに用事があって担当者と話している際、福袋販売のメールがきていたことを思い出し、Windows7でCore i5搭載のノートPC福袋の在庫があるのか興味本位で訊いてみたら、在庫があるというので、世代を訊いてみたら、さすがに教えてくれない。
で、メモリやHDDへアクセス可能なのか訊いたら、調べてくれて「可能」という答えが返ってきた。



15インチモデルは半月ほど前にCore i3のProBookを購入したばかりだったが、なんとなく同じProBookのCore i5版が届きそうな感じがしたので、思わず衝動買い。
福袋なのにBTOが可能で、メモリやHDDをSSDにしたりできるのだが、DVDドライブとWiFiを追加した程度で、後はデフォルトのまま。
購入価格は送料込みで53,784円。

年が明けて1月11日に届いた福袋は、案の定 ProBook 450G2のCore i5 モデルだった。

CPUBossでCore i3 5010U と比較してみると、総合スコアは互角になったものの、個々の項目をみるとCore i3 5010Uを凌駕しているのが分かる。
Core i3と大きな違いはやはりターボブースト。

ちなみに同じ構成でProBook450 G2を購入すると、送料込みなら74,520円。
これは結構お得かも。
メモリ(4GBx2)とSSD(525GB)を別途購入して20,000円ほどなので、通常価格で8GBのメモリと525GBのSSDを実装したCore i5 5200Uモデルをゲットできた感じ。

スペック

CPU Intel Core i5 5200U 2.2GHz / TB 2.7GHz
チップセット Intel Broadwell-U
メモリ DDR3L PC3-1600 Single Channel(4GB)
グラフィック Intel HD Graphics 5500
ストレージ HDD 500GB(7200rpm)
電源 45W
OS Windows7 Professional 64Bit

Core i5 5200Uは2コア4スレッドで、定格2.2GHz ターボブースト2.7GHz。
評判の良いミドルレンジモデル。

ベンチマーク

HDDもメモリも換装前の状態だが、ALU、FPUともに順当な数値を叩いている。

さすがにHDDは低調。

CrucialのSSD MX300 525GBに換装し、メモリも4GBの2枚差でデュアルチャンネルに。

HP ProBook 455G2 ~ SSDへの換装とメモリ増設

2014/11/12 AMDのKaveri(カヴェリ)アーキテクチャを採用したAPU A10-7300を搭載したHPの15.6インチA4ノートのストレージをHDDからSSDへ換装し、ついでにメモリも増設。 サブマシンとい … “HP ProBook 455G2 ~ SSDへの換装とメモリ増設” の続きを読む

CrucialのSSD MX300 525GBのスコア。

換装後のスコア。
非常に快適なマシンになった。





買い物ノート

スマートウォッチ Withings Steel HRのレビュー

2018/11/26 以前から気にはなっていたものの、今ひとつ物欲が掻き立てられなかったのがスマートウォッチ。 日常的にスポーツをしているわけでもなく、電話の応答やメールの確認が時計でできることに、それほどのメリットを感 … “スマートウォッチ Withings Steel HRのレビュー” の続きを読む

Essential Phoneを輸入

2017/10/17 2018/03/15更新 期待していたPixel2が日本未発売のため、良くも悪くも話題になったEssentialPhoneを入手することにした。 Pixel2の発表直前に顧客情報が漏洩し、ただでさえ … “Essential Phoneを輸入” の続きを読む

HTC Android One X2に機種変更

2018/03/01 Yモバイルで取り扱っているHTCのAndroid One「X2」。 Android Oneなのに6万円オーバーの価格で、スペックもハイミドルレンジなどと取り沙汰されたモデル。 指紋認証やエッジセンス … “HTC Android One X2に機種変更” の続きを読む

HP ENVY 13-ad000 (Core i3 7100U)のレビュー

2018/02/28 鞄の中に放り込んでおける薄型・軽量のモバイルPCが突然欲しくなったので、13インチ以下のモデルを物色したら、ASUSのZENBOOK、HPのENVY、EliteBook Folio、EPSONのEn … “HP ENVY 13-ad000 (Core i3 7100U)のレビュー” の続きを読む

Galaxy S8とGear VRを輸入

2018/01/16 Samsungのデバイスは個性が強すぎてあまり好きではないが、Gear VRを利用するためにはGalaxy S6・S7・S8のいずれかが必要なので、Gear VR欲しさにGalaxyを購入することに … “Galaxy S8とGear VRを輸入” の続きを読む





HP ProBook450 G2(Core i3 5010U)のレビュー

2017/1/8

第一線で活躍中の2014年11月に購入したAMDのA10を搭載したProBook455 G2の後継機として、同じくProBook450 G2を新規購入。
仕事用なのでOSはダウングレードしてWindows7をチョイス。

CPUはIntel Core i3 5010Uを搭載し、メモリは4GBx2 の8GBにして、ハードディスクは購入後にSSDへ換装するのでデフォルトのまま、後はWiFiを追加した程度。

Core i3 5010Uは第5世代(Broadwell)のモバイル向けCPUなので、現行のKaby Lakeよりも2世代前のモデルになるが、CPUBossのスコアは第6世代(Skylake)の同等モデルよりも処理能力は僅かながら上。



2016年12月1日 HPDirectのコールセンターへ電話して、構成を決めて口頭でクレジットカード番号を伝えて終了。納品は12月7日。
購入するときくらいしかコールセンターには電話しないが、以前HP Pavilion x2 10-j021TUで不具合が出た時の対応がよかったこともあり、しかもリーズナブルなので、いつの間にか所有しているWindows系のノートPCはHPだらけになってしまった。

コスパが良いのは個人向けのPCより、断然 法人向けのProBookシリーズで、法人向けのPCにはOSなどのインストールメディアも付属するメリットがあり、メモリやHDDの換装も簡単なので、個人的には結構オススメだったりする。

使用されているメモリはSAMSUNG製のDDR3 PC3-12800。

デフォルトのHDDはHGST製の500GB 7200rpm。

HDDをCrucialの525GBのSSDに換装。
525GBで13,000円程度だったので、SSDも随分と価格がこなれてきた。

HP ProBook 455G2 ~ SSDへの換装とメモリ増設

2014/11/12 AMDのKaveri(カヴェリ)アーキテクチャを採用したAPU A10-7300を搭載したHPの15.6インチA4ノートのストレージをHDDからSSDへ換装し、ついでにメモリも増設。 サブマシンとい … “HP ProBook 455G2 ~ SSDへの換装とメモリ増設” の続きを読む

Crucial MX300 525GB のベンチマークは、なかなかのスコア。

HPは起動時に「ESC」でBIOSやBootメニューが呼び出せるので、BIOSでHP独自のファンクションキーを通常に戻し、起動時にNumLockをON、AC電源接続時にはファンを常時回転などの設定を変更。

ProBook455G2の時はOSのインストール時にBIOSのBootオプションでSecureBootの解除が必要だったが、今回は普通にDVD-ROMから起動した。

OSのインストール後、ドライバ各種をインストールして完了。
ちなみに、付属のDVDメディアの一括インストールを使用すると、HPオリジナルの各アプリケーションも同時インストールされるため、ドライバのみをインストール。

Windows Updateで躓きながら、セットアップ完了。

Windows7のWindows Updateが終わらない時の対処法

HPの15インチのノートPC ProBook 450 G2を購入後、いそいそと別途購入した500GBのSSDへ換装し、Windows7 64 Proをインストールしたまでは良かったのだが、Windowsを更新するためにW … “Windows7のWindows Updateが終わらない時の対処法” の続きを読む

スペック

CPU Intel Core i3 5010U 2.1GHz
チップセット Intel Broadwell-U
メモリ DDR3L PC3-12800 Dual Channel(8GB)
グラフィック Intel HD Graphics 5500
ストレージ SSD 525GB SATA 6Gbps
電源 45W
OS Windows7 Professional 64Bit

Core i3 5010UはCore iシリーズの廉価モデルになるが、オフィス系のビジネスソフトをメインで使用する分には十分で、動画編集や3Dのゲームなどグラフィックに高負荷のかかる作業をしなければ性能的には全く問題がない。

ベンチマーク

SSDに換装したことで動作は軽快。

AMDの10コアAPU A10-7300(定格1.9GHz、Turbo Core時3.2GHz)より、ALUもFPUも数値が大きく上回っているところは、優等生のIntelらしい。





買い物ノート

スマートウォッチ Withings Steel HRのレビュー

2018/11/26 以前から気にはなっていたものの、今ひとつ物欲が掻き立てられなかったのがスマートウォッチ。 日常的にスポーツをしているわけでもなく、電話の応答やメールの確認が時計でできることに、それほどのメリットを感 … “スマートウォッチ Withings Steel HRのレビュー” の続きを読む

Essential Phoneを輸入

2017/10/17 2018/03/15更新 期待していたPixel2が日本未発売のため、良くも悪くも話題になったEssentialPhoneを入手することにした。 Pixel2の発表直前に顧客情報が漏洩し、ただでさえ … “Essential Phoneを輸入” の続きを読む

HTC Android One X2に機種変更

2018/03/01 Yモバイルで取り扱っているHTCのAndroid One「X2」。 Android Oneなのに6万円オーバーの価格で、スペックもハイミドルレンジなどと取り沙汰されたモデル。 指紋認証やエッジセンス … “HTC Android One X2に機種変更” の続きを読む

HP ENVY 13-ad000 (Core i3 7100U)のレビュー

2018/02/28 鞄の中に放り込んでおける薄型・軽量のモバイルPCが突然欲しくなったので、13インチ以下のモデルを物色したら、ASUSのZENBOOK、HPのENVY、EliteBook Folio、EPSONのEn … “HP ENVY 13-ad000 (Core i3 7100U)のレビュー” の続きを読む

Galaxy S8とGear VRを輸入

2018/01/16 Samsungのデバイスは個性が強すぎてあまり好きではないが、Gear VRを利用するためにはGalaxy S6・S7・S8のいずれかが必要なので、Gear VR欲しさにGalaxyを購入することに … “Galaxy S8とGear VRを輸入” の続きを読む





KickstarterでRemix OS 搭載のHybrxを支援

2016/12/28

2016年7月初めにKickstarterでRemix OSを搭載した11.6インチのモバイルPC 「HYBRX」が話題になり、好奇心でポチってしまった。

中国の半導体メーカーAllwinnerの製品で、ARMのCortex A53を4基搭載したクアッドコアプロセッサ 「A64」を使用。
メモリは選択可能だったが、購入したのは2GBのタイプで、32GBのフラッシュを搭載。

価格は89ドル+送料25ドルの合計114ドル。
クレジット決済のレートは103.386円だったので、日本円で11,786円。

Remix OSは「x86系」のPCで動作する「Android-x86」をベースに改良されており、見た目はAndroidというよりChrome OSに近い。
7月27日にAndroid6.0(Marshmallow)ベースの「Remix OS 3.0」が公開されたものの、Hybrxの支援募集開始時はAndroid 5.1(Lolipop)をベースにした「2.0」だったため、Hybrxに搭載されているバージョンはRemix OS 2.0。



この格安Ultrabookは難産で、予定よりも3ヶ月遅れての出荷になった。
購入したのはHybrxの支援募集開始から1週間ほどたった7月初旬で、当初は2016年9月の出荷予定だった。

購入時に送信されるメールにも「Estimated(推定)」にはなっているが、2016年9月と明記されている。

初めのうちは数日おきに様々な内容のメールが届き、8月12日には配送先の情報入力を促すメールが届いた。

で、8月24日には「出荷先の情報が集まったよーー」という内容のメールが届いたものの、それから「出荷」の連絡もアップデートメールも来なくなった。

連絡が来たのは9月が終わろうとしている22日。

LCDディスプレイのコンポーネント不足による生産が遅延しているらしく、この時点で11月中の出荷へ予定が変更。

9月以降、アップデートのメールがほとんど来なくなり、11月4日のメールでは11月下旬には出荷が開始されるという内容だったが、11月24日には来週から出荷開始へ修正され、12月10日のメールでは週明けに追跡番号を送信できるとなっていたが、12月15日には更に来週出荷へ変更。。。。

ようやく追跡番号が送られてきたのがクリスマスイブの12月24日。
出荷元は中国で、追跡番号を調べるURLを開くと、中華らしい妙な日本語のページが開き、配送は佐川急便が展開している国際宅配便が使用されている模様。

結局、24日の18時30分に関空へ着荷して、25日は日曜日なので動かず、税関を抜けたのが27日で、商品が手元に届いたのは年の瀬が迫る28日。

PCなどの「機械類及び電気機器」の関税は「無税」なので安心。

ノートPCが届いたというより、タブレットやスマホが届いた感じ。

同梱されていたのは本体とACアダプタのみ。

プラスチックの筐体で高級感などは一切なく、キー配列は101っぽい感じの英語キーボード。
重さは2.4ポンド(1.08kg)だが、持った感じは結構 軽い。

1万円ならコストパフォーマンスは良いかも。

Hybrxを製造したAzpenという会社は米国テキサス州に本社があるらしく、自社サイトで今回のHybrxのほかにタブレットなども販売している。

Azpen Shop 





個人輸入の手引き

米国Amazonで購入

国内のAmazonと同様で、米国のAmazonもAmazonが直接販売している商品と、Amazonに出店している店舗がある。 Amazonで個人輸入する際にネックなのが現地法人の存在。基本的に現地法人が存在する企業の商品 … “米国Amazonで購入” の続きを読む

英国製の高級靴を直輸入

チャーチ(Church’s)、チーニー(Cheney)、トリッカーズ(Trickers)など、クラシカルで頑強な英国靴は日本でもかなり人気。 個人的にはデザインを優先させたものより、作りがしっかりしているもの … “英国製の高級靴を直輸入” の続きを読む

Rockyのワークブーツを直輸入

以前、米AmazonでRockyのタクティカルブーツを購入した際、Rockyの公式サイトでも海外発送を行っていることを知ったので、今回は直輸入してみた。 Rocky 公式サイト 実際の商品を取り上げて、機能性や実用性など … “Rockyのワークブーツを直輸入” の続きを読む

KICKSTARTERで製品開発を支援

Kickstarterは近頃よく耳にするようになったクラウドファンディングサイトで、開発者が資金調達するための手段で、「投資型」「寄付型」「購入型」の3タイプが存在する。 「投資型」は出資に対して金銭によるリターンを目的 … “KICKSTARTERで製品開発を支援” の続きを読む

個人輸入の基礎知識

個人輸入に抵抗がある人にその理由を聞くと、「注文した商品が届かなかったら」「注文した商品が破損していたら」などの回答が多い。 当然と言えば当然の回答で、同様に国内外を問わずクレジットカードの使用にも躊躇する傾向があり、言 … “個人輸入の基礎知識” の続きを読む





コマンドソールのTrickers Stowを輸入

2016/12/06

史上最低と言われた米国大統領選は、番狂わせでトランプ氏が勝利した。
市場は現金なもので、選挙中にトランプ氏が優勢になると下がっていたものが、選挙後の対応から期待感が高まり上昇に転じた。



と、いうわけで、2016年11月8日から円安ドル高が続き、わずか1ヶ月で10円も円が値下がりした。
一方、英ポンドはドルに牽引されるように1ポンド140円まで回復している。
欧米各国は難民の問題もあり、グローバル化に食傷気味で、トランプ氏の台頭によって脱グローバルが活性化している感じ。

さすがに1ドル110円を超えてくると、個人輸入の妙味はだいぶ薄くなる。
対ポンドも上値が重いとは言え、150円くらいまでは戻しそう。

trickers-comand003

個人輸入するのは微妙な環境の中、いつものようにHERRING SHOESからセールの案内メールが届いた。
顧客はプレセールになるので、掘り出し物でも在庫が揃っていたりする。

trickers-comand004

そして見つけてしまったTrickers Stowのコマンドソールバージョン。

メールが届いたのが0時前で、即アクセスしたのに、自分のサイズはすでに「Last One」の表示が。。。
他のサイズを見てみると、UK6はすでに完売、その他のサイズは普通に表示されているので、2足以上の在庫があるらしい。

セール価格は229.17ポンドで、通常価格が390ポンド。。。。2ヶ月前にプロパーで購入した
Trickers Stowは325ポンド。
プロパー価格が円換算で9000円も値上がりしている!!
値上げしているのはTrickersだけでなく、全体的に実施されている感じ。
ポンド安でインフレが起こっているのは理解できるが、一気に1万円近くも値上げしてくるとは、なかなか強気。

セール品なので20ポンドの送料が加算されて総額は249.17ポンドになるが、2ヶ月前のプロパー価格と比較しても十分にメリットがある。
為替が微妙な値なのでプロパーだと躊躇するが、セール品だし、残り1足だし、今後ポンドが高くなる可能性もあるし、何より欲しいものは欲しいので、またもやポチってしまった。

trickers-comand005

ちなみにセールが一般公開されてから半日後には9.5F以外は全てSOLD OUT。

今回はプレセールでポチったのが案内メールを受信して数十分後だったためか、セール期間だと言うのに翌日には出荷完了のメールが届いた。

今回もVISAで購入。
当日のVISAの取引レートは、1 GBP = 148.417969 JPY。
商品代金229.17ポンド 送料20ポンド 合計金額は249.17ポンドなので、円換算すると36,981円。

12月8日に税関を通る予定なので「財務省貿易統計 外国為替相場」の「課税価格の換算」を調べると1ポンド139.26円。

課税標準価格は(229.17 * 0.6 * 139.26)≒ 19,000円。
関税は30%なので19000 * 0.3 = 5,700円。
消費税が(19,000+5700)≒24,700 * 0.08 ≒ 1,900円。
配送はDHLなので通関手数料が1,080円。

関税と消費税、通関手数料を合わせて8,680円が商品到着時に支払う金額。

結局、総額は45,661円。
2ヶ月前にプロパー価格325ポンドで購入した際は、総額で53,281円だったので、10円以上ポンドが高くなっているものの、なかなか良い買い物ができた。





個人輸入の手引き

米国Amazonで購入

国内のAmazonと同様で、米国のAmazonもAmazonが直接販売している商品と、Amazonに出店している店舗がある。 Amazonで個人輸入する際にネックなのが現地法人の存在。基本的に現地法人が存在する企業の商品 … “米国Amazonで購入” の続きを読む

英国製の高級靴を直輸入

チャーチ(Church’s)、チーニー(Cheney)、トリッカーズ(Trickers)など、クラシカルで頑強な英国靴は日本でもかなり人気。 個人的にはデザインを優先させたものより、作りがしっかりしているもの … “英国製の高級靴を直輸入” の続きを読む

Rockyのワークブーツを直輸入

以前、米AmazonでRockyのタクティカルブーツを購入した際、Rockyの公式サイトでも海外発送を行っていることを知ったので、今回は直輸入してみた。 Rocky 公式サイト 実際の商品を取り上げて、機能性や実用性など … “Rockyのワークブーツを直輸入” の続きを読む

KICKSTARTERで製品開発を支援

Kickstarterは近頃よく耳にするようになったクラウドファンディングサイトで、開発者が資金調達するための手段で、「投資型」「寄付型」「購入型」の3タイプが存在する。 「投資型」は出資に対して金銭によるリターンを目的 … “KICKSTARTERで製品開発を支援” の続きを読む

個人輸入の基礎知識

個人輸入に抵抗がある人にその理由を聞くと、「注文した商品が届かなかったら」「注文した商品が破損していたら」などの回答が多い。 当然と言えば当然の回答で、同様に国内外を問わずクレジットカードの使用にも躊躇する傾向があり、言 … “個人輸入の基礎知識” の続きを読む





トリッカーズのカントリーブーツを輸入

2016/10/18

ポンドが安値で安定し始めているかと思ったら、10月7日に瞬間暴落(フラッシュ・クラッシュ)が起きた。
結局、当日は1ポンド129.798円で始まり、一時117.821円の安値を付け、終値は少し戻して127.925円。それでも前日より3円ほど値下がりした。
国民投票でEUからの離脱が決まった6月24日は151.956円で始まり、終値は139.775円。

7月にヘリンシューズからポンド暴落のタイミングでセール案内が届き、欲しかったアルフレッド・サージェントのHowardとトリッカーズのStowが特価になっていたので、思わずポチってしまったが、今回のフラッシュ・クラッシュにも食指が動いてしまった。



前回購入時は7月4日で、VISAからの請求はレートが1ポンド=134.773円。
今回はフラッシュ・クラッシュの翌日に購入して、VISAからの請求はレートが1ポンド129.850円だったので、三ヶ月で5円ほど値下がりしている。

stow001

購入したのはトリッカーズのStowで、カラーがエイコーンアンティークのダイナイトソールのタイプ。
国内のショッピングモールではサイズが品切れしているところで6万円前後、サイズが揃っているところでは9万円くらいの価格表示。

Herring Shoesでの販売価格は325ポンド。
今回はセール品ではなくプロパーのため海外配送なのに送料無料!

で、実際の商品代金はVISAで支払ったので42,201円。
日本に到着したのが10月15日なので、関税でのレートは131.09円。
課税標準価格は(325 * 0.6 * 131.09)≒ 25,000円。
関税は30%なので25000 * 0.3 = 7,500円。
消費税が(25,000+7500)≒32,000 * 0.08 ≒ 2,500円。
配送はDHLなので通関手数料が1,080円。

総額は53,281円。

今回は珍しく通関手続きの際にDHLから電話連絡が入り、内容物を確認され関税の金額を伝えられた。その際、配達予定を訊いたところ、DHLは土・日曜日は配達していないらしく、金曜日に通関手続きをすると、月曜日の配達になるということだった。

注文してからおよそ1週間で商品到着。

フラッシュ・クラッシュの後、少しは反発するかと思っていたが、下値リスクは高いようで現在も127円前後で推移しているため、英国からの輸入は好機かも。





個人輸入の手引き

米国Amazonで購入

国内のAmazonと同様で、米国のAmazonもAmazonが直接販売している商品と、Amazonに出店している店舗がある。 Amazonで個人輸入する際にネックなのが現地法人の存在。基本的に現地法人が存在する企業の商品 … “米国Amazonで購入” の続きを読む

英国製の高級靴を直輸入

チャーチ(Church’s)、チーニー(Cheney)、トリッカーズ(Trickers)など、クラシカルで頑強な英国靴は日本でもかなり人気。 個人的にはデザインを優先させたものより、作りがしっかりしているもの … “英国製の高級靴を直輸入” の続きを読む

Rockyのワークブーツを直輸入

以前、米AmazonでRockyのタクティカルブーツを購入した際、Rockyの公式サイトでも海外発送を行っていることを知ったので、今回は直輸入してみた。 Rocky 公式サイト 実際の商品を取り上げて、機能性や実用性など … “Rockyのワークブーツを直輸入” の続きを読む

KICKSTARTERで製品開発を支援

Kickstarterは近頃よく耳にするようになったクラウドファンディングサイトで、開発者が資金調達するための手段で、「投資型」「寄付型」「購入型」の3タイプが存在する。 「投資型」は出資に対して金銭によるリターンを目的 … “KICKSTARTERで製品開発を支援” の続きを読む

個人輸入の基礎知識

個人輸入に抵抗がある人にその理由を聞くと、「注文した商品が届かなかったら」「注文した商品が破損していたら」などの回答が多い。 当然と言えば当然の回答で、同様に国内外を問わずクレジットカードの使用にも躊躇する傾向があり、言 … “個人輸入の基礎知識” の続きを読む





TrickersとAlfred Sargentのカントリーブーツを輸入

2016/07/09(更新)
2016/07/05

絶妙なタイミングでHerring Shoesからサマーセールの案内が届いた。

import1607-002

6月23日に実施された国民投票の結果を受け、6月24日はポンドが暴落。
前日まで1ポンド150~160円で推移していたものが、1日で130円台にまで値下がりした。

import1607-001

Yahooファイナンスの長期チャートを見ると、1年前から50円ほど下落している。
EU離脱の是非や国内企業への影響などは置いておき、個人輸入には絶好のチャンス。



TrickersのSTOWは325ポンド。1年前と比較すると16,250円も安く購入できることになる。
ただし、関税での為替相場は2週間前の相場の平均値なので、130円台になるのは7月10日以降。

財務省貿易統計 外国為替相場link(課税価格の換算)

今のところポンドが急に反発するような強材料が見当たらず、当面は130円台でのモミ合いが続くと予想、輸入するにしても後1週間ほどしてから。。。と思っていた矢先のセール案内。

import1607-004

で、何気にHerring Shoesのセール商品を見ていると、TrickersのStow Blackと、Alfred SargentのHowardが特価になっているのを発見。
しかもLast Oneの表示が。。。

価格と輸入コスト

TrickersとAlfred Sargentを合わせた値引きは80ポンドほどで、日本円にして約1万円。
関税の換算レートが150円台から130円台に下がった場合、差益は1000円程度なので、比べるまでもなく即買い、というか、衝動買い。

import1607-003

VISA  Exchange Rates link

Stowは225ポンド、Howardが183.33ポンドなので、当日のVISAの換算レートを確認すると1ポンド139.032268円。
25ポンドの送料が加算され、合計は433.33ポンドなので、2足で送料込み60,246円。
即日配達されてしまうと税関での相場は152.18円、配送が少し遅れて輸入申告日が7月10日以降になると137.25円。

即日配達の場合はStowの課税標準価格が20,000円で関税は6,000円。同様にHowardの課税標準価格が16,000円で関税は4,800円なのだが、同時に配送されていると合算金額で算出されるので、課税標準価格は£244.99 x 152.18 ≒ 37,000円 関税は11,100円になる。

これに消費税が(37,000円 + 11,100円) x 8%(6.3%+1.7%) ≒ 3,800円 が加算されるので、関税と消費税の合計 14,900円+立替手数料(1,080円)の合計 15,980円を、荷物の受け取り時に支払うことになる。

関税や消費税など全て含めると、Stowは41,500円 Howardが34,100円くらいの価格になる。Stowの国内での相場は7~8万円なので、これは随分とお買い得。

英国のEU離脱の余波で、衝動買いをする羽目になってしまったが、個人輸入するなら今が好機かも。

商品到着

セールによる出荷遅延に淡い期待を寄せていたものの、ヘリンシューズもDHLも仕事が早い。
おかげで関税で使用される相場は下落前の152.18円。

import1607-005

7月5日に注文して7月6日には出荷。
7月7日にドイツ、7月8日に中国を経由して同日日本へ到着し、その日の夕方には商品が手元に届いた。

円高に振れたと思って今年の2月に輸入したAlfred SargentのHannoverの購入代金は総額 62,174円 orz
ちなみにHannoverのお値段は£287.50。

今回の買い物はTrickersとAlfred Sargentの2足で総額 76,226円!
個人輸入の醍醐味を味わえた良いお買い物でした。





個人輸入の手引き

米国Amazonで購入

国内のAmazonと同様で、米国のAmazonもAmazonが直接販売している商品と、Amazonに出店している店舗がある。 Amazonで個人輸入する際にネックなのが現地法人の存在。基本的に現地法人が存在する企業の商品 … “米国Amazonで購入” の続きを読む

英国製の高級靴を直輸入

チャーチ(Church’s)、チーニー(Cheney)、トリッカーズ(Trickers)など、クラシカルで頑強な英国靴は日本でもかなり人気。 個人的にはデザインを優先させたものより、作りがしっかりしているもの … “英国製の高級靴を直輸入” の続きを読む

Rockyのワークブーツを直輸入

以前、米AmazonでRockyのタクティカルブーツを購入した際、Rockyの公式サイトでも海外発送を行っていることを知ったので、今回は直輸入してみた。 Rocky 公式サイト 実際の商品を取り上げて、機能性や実用性など … “Rockyのワークブーツを直輸入” の続きを読む

KICKSTARTERで製品開発を支援

Kickstarterは近頃よく耳にするようになったクラウドファンディングサイトで、開発者が資金調達するための手段で、「投資型」「寄付型」「購入型」の3タイプが存在する。 「投資型」は出資に対して金銭によるリターンを目的 … “KICKSTARTERで製品開発を支援” の続きを読む

個人輸入の基礎知識

個人輸入に抵抗がある人にその理由を聞くと、「注文した商品が届かなかったら」「注文した商品が破損していたら」などの回答が多い。 当然と言えば当然の回答で、同様に国内外を問わずクレジットカードの使用にも躊躇する傾向があり、言 … “個人輸入の基礎知識” の続きを読む





ASUS Chromebook Flipを輸入

2016/06/17

5月20日、GoogleはChrome OSでPlay Storeを導入すると発表。今後はChrome OSでAndroidアプリが使えるようになるらしい。
ただし、当初は対応している機種が限定されており、Googleのハイエンドモデルpixel、ASUSのChromebook Flip、AcerのR11の3モデル。
もともとChromebookはクラウドメインのマシンで、使用できるアプリケーションが少なく、用途が限定的になるため、興味はあるものの今まで購入を見送っていたのだが、Androidのアプリが使用できるとなると話は別。

気軽に持ち歩けるノートブックを求めて、2in1タイプのWindows PCをいくつか購入してみたものの、Windowsマシンでは圧倒的にWindowsストアで提供されているアプリが少なく、アプリがあっても使い勝手が悪い。もっと言えば、Windowsの場合はあえてアプリを使用しなくても、普通にPC用のアプリをインストールしたり、ブラウザからアクセスしたほうが使いやすかったりする。
結局のところハードは2in1でもソフトがPC寄りなので、タブレットの手軽さが全く活かせておらず、タブレット&PCというより、モニタが分離するPCといった感じ。

個人的にはAndroidタブレットの手軽さと、ノートPCの作業環境が一体化したものを求めていたので、Androidアプリが使用できるChromebookに食指が動いてしまった。



国内と海外での価格差

選択肢が少ないので、携帯性を重視して重量890gのASUS Flipに決めたのは良いのだが、スペックと価格が見合っていない気がする。。。

flip-3

ASUS Flip C100PAにはメモリが2GBと4GBがあり、日本ではなぜかコンシューマ用が2GBで、ビジネス(法人)用が4GBで販売されている。
価格も2GBがAmazonで34,596円、4GBは並行輸入品で77,685円。
ASUSのダイレクトショップだと2GBが42,984円、4GBは50,544円。

SoCはRockchip Quad-Core RK3288C。
CPUにARM Cortex-A17、GPUにMali T-764を搭載したミドルレンジモデルで、CPUの動作クロックは1.8GHz。
そして問題なのはメモリ。いかにOSが軽いといっても2GBは微妙。
しかもキーボードは英字モデル。

どうやら国内モデルではないようなので、アメリカのB&Hで同モデルを検索。
すると4GBのモデルで249ドル。1ドル110円で換算すると27,390円!
送料と関税含めても3万円くらいでゲットできる。
ただ、B&Hは3連休中だったので、Amazon.comで249.99ドルで購入。

flip-1
1週間で届く最短の配送手段 AmazonGlobal Prionity Shippingを利用して送料22.77ドル、関税と手数料のImport Fees Depositが21.82ドルが加算されて、合計294,58ドル。

flip-2

円決済に変更してみると32,668円になった。
最近の為替が円高傾向にあるので、敢えてドル決済で購入したところ、カード会社からの請求金額は32,028円。
メモリ2GBモデルよりも安くてに入ってしまった。。。

いろいろと事情はあると思うが、それにしても価格差が大きすぎる。

flip-5

到着予定日の前日に届いた。

flip-6

さすがに890gは軽い。
操作には慣れが必要だが、日本語キーボードも選択できるので、特に問題はない。

今はまだPlay Storeに未対応なので、ネットサーフィンくらいしかできないが、起動も早く操作感も悪くはない。

後はPlay Storeに対応する日を待つだけ。。。





個人輸入の手引き

米国Amazonで購入

国内のAmazonと同様で、米国のAmazonもAmazonが直接販売している商品と、Amazonに出店している店舗がある。 Amazonで個人輸入する際にネックなのが現地法人の存在。基本的に現地法人が存在する企業の商品 … “米国Amazonで購入” の続きを読む

英国製の高級靴を直輸入

チャーチ(Church’s)、チーニー(Cheney)、トリッカーズ(Trickers)など、クラシカルで頑強な英国靴は日本でもかなり人気。 個人的にはデザインを優先させたものより、作りがしっかりしているもの … “英国製の高級靴を直輸入” の続きを読む

Rockyのワークブーツを直輸入

以前、米AmazonでRockyのタクティカルブーツを購入した際、Rockyの公式サイトでも海外発送を行っていることを知ったので、今回は直輸入してみた。 Rocky 公式サイト 実際の商品を取り上げて、機能性や実用性など … “Rockyのワークブーツを直輸入” の続きを読む

KICKSTARTERで製品開発を支援

Kickstarterは近頃よく耳にするようになったクラウドファンディングサイトで、開発者が資金調達するための手段で、「投資型」「寄付型」「購入型」の3タイプが存在する。 「投資型」は出資に対して金銭によるリターンを目的 … “KICKSTARTERで製品開発を支援” の続きを読む

個人輸入の基礎知識

個人輸入に抵抗がある人にその理由を聞くと、「注文した商品が届かなかったら」「注文した商品が破損していたら」などの回答が多い。 当然と言えば当然の回答で、同様に国内外を問わずクレジットカードの使用にも躊躇する傾向があり、言 … “個人輸入の基礎知識” の続きを読む





Sound PEATS QY7のレビュー

2016/04/01

去年の6月に購入したゼンハイザーのイヤホンが、微妙に接触不良を起こすようになった。
原因は使い方。
有線なのでケーブルをミュージックプレイヤー本体に巻き付けることが多く、その状態でポケットに入れるので、ジャックの付け根に負荷がかかりやすく、断線してしまうらしい。
で、ワイヤレスなら断線することも無く、本体を鞄に入れてもケーブルが引っ張られることもないかと思い、早速Amazonで検索。



ヒットした商品は平均で3,000円前後なので意外と安いものの、SoundPEATSやQCYなど初めて見るメーカーのものが多く、調べてみるとSoundPEATSは「SHENZHEN SOUNDSOUL INFORMATION TECHNOLOGY CO. LTD」という中国企業の商標で、ヘッドフォンやイヤホンなどを販売しているグローバル企業っぽい感じ。
中華製品には「安かろう悪かろう」のイメージがつきまとうのだが、最近はXiaomiのような台湾や韓国メーカーと渡り合えるメーカーも出てきたり、IBMやNECのPC部門を吸収したlenovo、三洋電機を買収したハイアール、東芝ブランドを継承するミデア・グループといったグローバル企業の躍進が目立つ。
現状としては玉石混交の中華メーカーだが、メーカー以上に大きな問題なのがイヤホンの形。
これまでカナル型のイヤホンは耳に合わないのか、どうしても馴染めなかったのだが、ワイヤレスイヤホンはカナル型ばかり。

で、悩んだ末、ネタにもなるし安いし、失敗覚悟でカナル型のSoundPEATS QY7を購入してみた。

qy7001

値段のほかにQY7を選んだ理由は、イヤーキャップやイヤーフックなどの多さ。
カナル型なのでサイズが多ければどれかフィットするだろうという安易な考えだったが、耳に合わなかった原因はイヤーキャップのサイズではなく、単に付け方が間違っていただけということが判明した。

このQY7はイヤーキャップを付ける部分というか、耳に差し込む部分が、斜めに傾いている。
傾いているので、初めはどの向きで差し込めばいいのか分からず、何気にカナル型の付け方をググったら、カナル型のイヤホンは「耳にねじ込むように付ける」と書かれてある。

「押し込む」のではなく「ねじ込む」ように付けるのと、R(右)とL(左)を正しく付けるのがポイント。
いままですぐに外れていたのが、たったこれだけでしっかりと固定する。もちろんイヤーフックも三角窩あたりに固定しての話だが、初めてカナル型が密閉型と呼ばれる所以を実感した。
また、今まではイヤーキャップの大きさに違和感があったが、小さいものに変えるとフィット感が悪くなり、意外にも普通サイズのものがフィットすることも分かった。
試しに全く使っていなかったカナル型の有線イヤホンを付けてみたが、ちゃんと使えるレベルでフィットした。
個人的にはカナル型を攻略する切欠になったので、QY7を買った甲斐はあるのだが、使用感ははっきり言って微妙。
まず致命的なのがバッテリーの持続時間。
取説などでは音楽の連続再生時間は最大5時間となっているが、実際のところフル充電の状態でも3時間半くらいで「ローバッテリー」の音声案内が出て、その5~10分後にはパワーオフ。

音質については論評するほど高尚な耳を持ち合わせていないのだが、特別に良いとも思わなければ悪いとも感じない。
Bluetooth接続の状態は比較的良好だが、交通量の多いところなどでは車載のレーダー探知機に干渉するのか音飛びがする。

購入後、1週間ほど使用しているが、今のところ不具合はなし。
バッテリーに懸念が残るものの、今のところはケーブルの取り回しから開放されたので結構快適。





買い物ノート

スマートウォッチ Withings Steel HRのレビュー

2018/11/26 以前から気にはなっていたものの、今ひとつ物欲が掻き立てられなかったのがスマートウォッチ。 日常的にスポーツをしているわけでもなく、電話の応答やメールの確認が時計でできることに、それほどのメリットを感 … “スマートウォッチ Withings Steel HRのレビュー” の続きを読む

Essential Phoneを輸入

2017/10/17 2018/03/15更新 期待していたPixel2が日本未発売のため、良くも悪くも話題になったEssentialPhoneを入手することにした。 Pixel2の発表直前に顧客情報が漏洩し、ただでさえ … “Essential Phoneを輸入” の続きを読む

HTC Android One X2に機種変更

2018/03/01 Yモバイルで取り扱っているHTCのAndroid One「X2」。 Android Oneなのに6万円オーバーの価格で、スペックもハイミドルレンジなどと取り沙汰されたモデル。 指紋認証やエッジセンス … “HTC Android One X2に機種変更” の続きを読む

HP ENVY 13-ad000 (Core i3 7100U)のレビュー

2018/02/28 鞄の中に放り込んでおける薄型・軽量のモバイルPCが突然欲しくなったので、13インチ以下のモデルを物色したら、ASUSのZENBOOK、HPのENVY、EliteBook Folio、EPSONのEn … “HP ENVY 13-ad000 (Core i3 7100U)のレビュー” の続きを読む

Galaxy S8とGear VRを輸入

2018/01/16 Samsungのデバイスは個性が強すぎてあまり好きではないが、Gear VRを利用するためにはGalaxy S6・S7・S8のいずれかが必要なので、Gear VR欲しさにGalaxyを購入することに … “Galaxy S8とGear VRを輸入” の続きを読む