スマートフォン 購入レポート

スポンサーリンク
android-icon

実際に使用したスマートフォンの実機レビュー

Android デバイス は セキュリティアップデートのサポート期間が デバイスのリリースから 3年、早ければ ZenFone のように 2 年ほどで終了するため、最新モデル を購入しても セキュリティ面を重視すると 3年後には 買い替えが必要になる。

目次




Google Pixel 4

Google Pixel 4 は 2019 年 10 月にリリースされた 基本スペックもカメラの性能も高い Google 謹製 の ハイエンドモデル。

Cell Phone report -007

指紋認証はないが顔認証で素早く ロック解除 が可能で、デバイスが画面を見ていることを認識する機能があり、有効にすると画面を見ている間は操作しなくてもスリープにならないのも地味に便利だったりする。

Cell Phone report-005

ホームボタン すらないデフォルトの ジャスチャーナビゲーション は操作に慣れるまで微妙だが、「 システム 」の「 ジェスチャー 」で 従来の 3ボタンナビゲーション にすることも可能。

img_20200222_172003

カメラの性能が非常に高く 多少 露出オーバー気味で 色味も彩度が高い気がするものの、奥行きのある 精細な写真が手軽に撮れる。

スペック

SoC は Qualcomm のハイエンドモデル Snapdragon 855 を搭載。
CPU は Kryo 485 で 2.84 GHz x 1  + 2.42 GHz x 3 +  1.78 GHz x 4  のオクタコア。

Cell Phone report-003

SoCSnapdragon 855
RAM6 GB
ストレージ64 GB
ディスプレイ2280 x 1080 QHD
バッテリー2800 mAh
大きさ147.1mm x 68.8mm( 5.79 inch )
重さ162g
SIMNanoSIM x 1
OSAndroid 7.1 ( 最終 10.0 )
リリース日2019年 10月 24日 ( 最終販売日 2020年 8月 6日 )

防水性能は「 ある程度継続して水没していても内部に浸水せず、使用することができる 」IPX8 に準拠しているが、多くのレビューで指摘されている通り バッテリーが 2800 mAh というのは 少なめ。

Cell Phone report-004

スペックが高いので レスポンスは非常によく 気持ちいいくらいに サクサク 動く。

5 インチでストレージが 64 GB のモデルでも 標準価格が 9万円ほどするので 決して安くはないものの、Essential のように3 年のしないうちに廃業したり、HTC の Android One のようにセキュリティパッチが2~3ヶ月に1回しか配信されなかったりすることを考えると、Google 謹製の Pixel は 最も安全で長く使えるデバイスだったりする。

HTC Android One X2

セキュリティアップデート は 2020年 1 0月 1日 ので終了。

HTC Android One X2 は Android One の ハイミドルレンジモデルで 指紋認証 や エッジセンス , ハイレゾ など実装し 機能面ではかなり充実している。

Cell Phone report-004

Android は バージョン 8.0 Oreo 。
デフォルトのホームランチャーは「 Launcher3 」で Google Nowランチャー は未対応。

Cell Phone report-001

エッジセンスは使用頻度の高い操作やアプリを登録できて便利なのだが、ハードケースを付けると、結構な力で握らないと反応せず、握りすぎて長押し状態になってしまったり、慣れるまでが微妙だったりする。

購入当初は 電波状態に関係なく 通話中に音声が聞こえなくなったり、相手に届いていない事があったものの 2018年 3月 5日 の更新で不具合は解消されている。

スペック

CPU は Cortex-A73ベースの 64ビット 8コア , クロック 2.6 GHzの「 Kryo 280」。

SoCSnapdragon 630
RAM4 GB
ストレージ64 GB
ディスプレイ1920  x 1080 FHD
バッテリー2600 mAh
大きさ149mm x 73mm ( 5.2 inch )
重さ142 g
SIMNanoSIM x 1
OSAndroid 8.0 ( 最終 10.0 )
リリース日2017年 12月

防水防塵は IP67 なので 完全な防塵と 一定時間 ( 30分 ) 水深 1m に水没しても浸水しない程度の防水。

Cell Phone report-006

良くも悪くも HTC のフラッグシップモデル「 U11 」の 廉価版的なモデル。

Cell Phone report-002

シングルコアのスコアは下位モデルの Snapdragon 617 と僅差だが マルチコアのスコアは Snapdragon 820 を上回っている。

Android ONE は Google がリリースしている Nexus / Pixel と同様 毎月 セキュリティパッチ が配信されるのが特徴だが HTC の Android ONE は 通常のデバイスと 同じ頻度でしか セキュリティパッチの配信がない。

 

Essential Phone

セキュリティアップデート は Essential Products 廃業のため 2020年 2月 5日 で終了。

Essential Phone は Android の生みの親 とされる Andy Rubin 氏が 2017年 3月に立ち上げた ベンチャー企業「 Essential Products 」が「 モジュール式スマートフォン 」という新たなコンセプトで開発した ハイエンド Androidスマホ。

Essential Phone 002

日本未発売のため 米国 Amazon で購入。
1ドル 112円 換算で本体価格が 80,541円 で 送料やら手数料やらを含めて合計金額は 89,600円。

Cell Phone report 009

本体がアルミではなくチタンのため 一般的なスマホに比べて重く感じるものの「しっかりしている」という印象。

日本語サイトを公開されているものの 2017年 10月 現在   技適マーク( 技術基準適合証明 ) を取得しておらず 国内向けに販売されていないため、個人輸入しても 国内での使用は電波法により原則として違法になる。

Cell Phone report 004

Essential Phoneは 3G で「 1, 2, 4, 5 6, 8 」のバンドに対応しているのだが、VoLTE に対応していない SIM では通話ができないため 屋内での通話で厳しい場面がある。

スペック

Snapdragon 835 は CPU に Cortex-A73ベースの 64ビット 8コア , クロック 2.46 GHzの「 Kryo 280」を搭載。

SoCSnapdragon 835
RAM4 GB
ストレージ128 GB
ディスプレイ2560 x 1312 QHD
バッテリー3040 mAh
大きさ141.5mm x 71.1mm( 5.71 inch )
重さ185g
SIMNanoSIM x 1
OSAndroid 7.1 ( 最終 10.0 )
リリース日2017年 9月

防水防塵は IP54 なので「 有害な影響が発生しない程度の防塵 」「 はねた水くらいからの保護 」。

Cell Phone report

2018年 3月 14日 バージョン 8.1.0 の Android Oreo にアップグレードした際に 技適マークが 表示されるようになった。

2019年 9月 に3度目のメジャーバージョンアップ になる Andoroid 10 ( Andoroid Q ) を配信したが、Essential Products は 2020年2月12日 で廃業することを発表。

「Androidの父」ルービン氏が創設したEssentialが廃業へ

Essential Phone は 2017年 5月末に発表され 当初は 6月中には出荷される予定だったが 資金難で開発が遅れ、予約販売の状態が続く中 リリース直前の 8月には 70名の顧客のメーリングリストが漏洩し、リリース時は カラーバリエーションが ブラックのみという状態だった。
PH-1のリリース直後はカメラの不具合などがあり 注目されていた分だけ批判が集中。
米国で取り扱いがあるキャリアは Sprint のみで、 Amazon や Best Buy などで販売されるものの 米国の3大キャリア AT&T ,  Verizon , T-Mobil では取り扱いがないなど、ハードウェアの良し悪しの前に企業としての先行きが不安視されていたが、2018年 には Essential Phone ( PH-1 ) の後継機種「 PH-2 」の開発中止の発表、従業員の 30 % を解雇し、会社の売却を検討しているという報道までなされていた。

 

ZenFone 3 Deluxe

セキュリティアップデート は 2018年 1 0月 1日 で終了。

Google 謹製 の ハイエンドスマホ「 Pixel 」の国内販売に淡い期待を持ちながら待っていたが 有力視されていた年末商戦も見送られ、海外からの入手も考えたが 販売価格 が 定価の3割増しで 未だ「 技適マーク 」を取得していないので断念。

Cell Phones & Tablet-001

製品の供給が間に合わず受注が一時停止していた「ZenFone 3 Deluxe ZS570KL」も気になっていたが 国内では 最安値で 94,800円。
同モデルのグローバルモデルを アメリカのB&Hで確認したら 500ドルを割っており 送料を含めても60,000円くらいで入手可能。

モデルナンバー「ASUS_Z016D」を総務省の電波利用ホームページで確認すると「 技適マーク 」を取得済みだったので 即購入。

総務省 技術基準適合証明書等を受けた機器の検索

Cell Phones & Tablet-004

1月23日に注文して翌日に出荷後 ブルックリン → ニューアーク → インディアナポリス → アンカレッジ と旅をして 関空へ到着したのが26日、翌日には手元に届いた。

スペック

CPU は 64ビット 4コア , クロック 2.15 GHzの「 Kryo 」。

Cell Phones & Tablet-013

SoCSnapdragon 820
RAM6 GB
ストレージ256 GB
ディスプレイ1920 x 1080 FHD
バッテリー3000 mAh
大きさ156.4mm x 77.4mm( 5.69 inch )
重さ172 g
SIMNanoSIM x 1
OSAndroid 6.0 ( 最終 8.0 )
リリース日2016年 9月 28日

Nexus 6 と比較すると単純な CPU のスコアよりも 画像処理 や カメラ機能 などの処理能力が高く、実際のレスポンスもNexus6 より 体感でもわずかに早いと感じるレベル。

Cell Phones & Tablet-015

2ヶ月後 Nexus 6と比べて薄いためか 持ったときのホールド感が不安定で 手の中で滑る感じがしていたのだが、自宅のエレベーター前で手から滑り出て 液晶面が床に吸い付けられるように落下し、軽い破壊音とともに 第一線を退くことになった。

Zenfon3-016

タイミング 良く Kickstarter で スマホと無線接続するタブレットサイズのタッチスクリーンが掲載されていたので 即 バックしたのだが、これが詐欺プロジェクトだったため 更に被害が拡大することになった。

Reports-icon

SuperScreen – Kickstarterで詐欺にあった

Kickstarter の 詐欺プロジェクト で 118ドル の損害 購入してから 2ヶ月しか経っていない ASUS ZenFone3 Deluxe を保護ケースなしの状態で落としたとき、タイミング良く  Kicksta […]

Google Nexus 6

セキュリティアップデート は 2017年 1 0月 5日 で終了。

2014年末に発売された Google 謹製 Nexus 6 は 5.96インチの「 ファブレット 」で Google が レノボ に売却したモトローラ製。
日本では Yモバイル が 販売しており 端末だけなら Googleストア で購入できる。

nexus6

HTC ONEに質感が似ている Nexus 6 は 従来の Nexusシリーズ と違って高級感があり、解像度 2560 x 1440 QHD AMOLED ディスプレイは 非常に鮮明。

Nano SIM なので Nexus 5 の Micro SIM を 差すことはできなかったので 自力でカットした。

スペック

CPU は 32ビット 4コア , クロック 2.65 GHz の「Krait450」。

SoCSnapdragon 805
RAM3 GB
ストレージ32 GB
ディスプレイ2560 x 1440 FHD
バッテリー3220 mAh
大きさ159.3mm x 83mm( 6.27 inch )
重さ172 g
SIMNanoSIM x 1
OSAndroid 5.0 ( 最終 7.1 )
リリース日2014年 12月 11日

製品に付いている保護シートを付けたまま 使用していると 通話を感知するセンサーが 保護シートに反応して 通話が終了しても 画面が真っ黒のままで 通話終了のボタンがタップができない トラブルが発生。

spigenshreet

製品に初めから付いているシートは 剥がして使用するものなので Nuxus 6 に問題があるわけではないが、Spigen の保護シートを 貼った後に 再び通話が終了できない事態に陥った。

IMGP0221

センサーが過敏に反応しているようで センサーにかかる部分をカットすると 正常に動作する。
初期不良のような気もするが 他に支障はないので そのまま 使用することにした。

Android 6.0 でWiFiの不具合が改善

Nexus 6 を使い始めて しばらくは 問題なく動作していたが 突然 Wi-Fi への接続に不具合が出始めた。
登録済み Wi-Fi への自動接続が不安定で 接続していても 切断されて モバイル通信に切り替わっていたりする。
リカバリしても症状は改善しなかったが Android 6.0 Marshmallow への アップグレードで 不具合が見事に解消。

Marshmallow の特徴としては「 アプリ単位で権限の変更 」や「 バッテリー効率の改善 」「 Now on Tap 」「 指紋認証機能 」など メジャーバージョンアップにしては 地味目な感じだが「 通知の非表示設定 」や「 音量設定 」なども改善され ユーザビリティは着実に進化している。





関連記事

HP_logo

HP Chromebook x360 14c のレビュー

Core i3 を実装した HP の ハイスペック Chromebook x360 14c のレビュー 2016 年 6 月に個人輸入した ASUS の Chromebook  Flip C100PA のサポートが期限切 […]

amazom_icon

Amazon Echo Show 5 のレビュー

5インチ ディスプレイ 付きの スマート スピーカー Amazon Echo Show 5 先月くらいから何となく気になっていた「 Amazon Echo Show 5 」。 2019年7月のプライムデーで安くなったら買 […]

Import-Stamp

ソケットAM3+のMBを個人輸入

国内での入手が厳しくなったマザーボードを 米国Amazon で購入 未だに AMD FX-8350 , FX-6200 , PhenomⅡ x4 などが可動しているので 故障時に対応できるよう 予備パーツ を確保しようか […]

Import-Stamp

Mastercase5 の HDD ケージ を個人輸入

Cooler Master Mastercase の HDDケージを個人輸入 Cooler Master の PCケース「 Mastercase 5 」シリーズは カスタマイズ できるのが大きな特徴で、Cooler Ma […]

Reports-icon

Withings Steel HR の設定方法 と レビュー

心拍数 & アクティビティ・モニター を実装した Withings Steel HR のセットアップ 「 Steel HR 」は「 Withings 」が開発したスマートウォッチ。 Withings ( ウィジン […]





タイトルとURLをコピーしました