CoolerMaster MasterAir Maker8をAM4に実装

tournevis-icon
LINEで送る
Pocket

CoolerMaster MasterAir Maker8をAM4に実装

久しぶりに盛り上がっているAMDの最新CPU「Ryzen」シリーズはソケットが従来のAM3+ではなくAM4になった。



AM4はAM3+やAM3とソケットの大きさが異なるため、バックプレートを取り替えるタイプのCPUクーラーで、AM3対応のものは使用できない。

ryzen1700x-028

CoolerMasterの「Hyper TX3 EVO」のようにAM3にもAM4にも対応しているタイプは、マザーボード付属の固定具をそのまま使用する。
ただし、AM3では設置するとサイドフローの場合、フロントからリアに向かうエアフローになるが。AM4だと固定具の一が異なるため、ボトムからトップに向かうエアフローになってしまう。

ただ、Ryzenリリースから三ヶ月たった今でも、ソケットAM4に対応したCPUクーラーは選択肢が少ないのが現状。

MasterAir003

CoolerMaster 3D Vapor Chamber AM4 Upgrade kit 購入ページlink

いろいろ見ていると、CoolerMasterの「MasterAir Maker8」にAM4アップグレードキットが無料で提供されているのを発見。

ただし、サイトはCooler Masterの欧州向けサイトで送料は別。
海外発送もやっているようだったので、取り敢えず必要事項を入力して送料を確認してみると、トラッキングナンバー(送り状番号)がついていると約3000円、トラッキングナンバー無しだと7.5ユーロで1000円くらい。

1000円なら仮に届かなくても被害が少ないのでダメ元で注文。
支払いはクレジットカードとPayPalが可能だったので、安全のためにPayPalを使用。

MasterAir004

注文確定で自動返信メールが届いたと思ったら、その直後に「Awaiting Fulfillment(履行待ち)」という内容のメールを受信。

その3時間後にはオーダーステータスが「 Awaiting Shipment(出荷待ち)」になったという内容のメールが届き、更にその6時間後には「オーダーステータスが「Shipped(出荷済)」のメールが来た。

MasterAir005

Amazon並みに出荷作業が早い。。。
ただ、トラッキングナンバーのない国際郵便扱いなので、通常はヨーロッパから2週間くらいかかる。

MasterAir006

手元に届いたのは7月12日なので、届くまで約1週間。
意外と早かった。

使用されていた「Swiss post」は、スイスの郵政事業を行っている国営企業なので、CoolerMasterの欧州サイトは、スイスに出荷拠点があるらしい。

MasterAir007

小さな箱に入っていたのは上図のパーツと簡単な説明書。

MasterAir008

MasterAir Maker8の箇所ではオプションパーツをボルトで固定するような図になっているのだが、このボルトが同封されていない。

MasterAir009

仕方ないので手持ちのインチネジ(6mm)を使用。

MasterAir010

本体にパーツを固定。

MasterAir011

6mmで先端が少しでる程度なので、6mm以下だとキツイかも。

MasterAir012

バックプレートはマザーボードの付属品をそのまま使用し、CPUクーラーの固定具のみを取り外す。

MasterAir013

ボルトにハカマを取り付け。

MasterAir014

バックプレートにボルトを取り付け、グリスを塗ったCPUを設置。

MasterAir015

後はナットで固定するだけ。

MasterAir016

さすがにデカイ。
メモリへの干渉はなかったが、Corsairなどのヒートシンク付きメモリだとCPUクラー側の2枚は干渉が避けられない。

MasterAir017

本体以外で唯一使用した本体付属のパーツは、三叉のケーブル。

MasterAir018

CPU Fanに接続したら、後は通電テスト。

ryzen1700x-047

完成。

SPEC

CPU:AMD RYZEN 1700X 3.4GHz
チップセット:AMD Promontory B350
メモリ:DDR4 PC4-19200 32GB Dual Channels
グラフィック:RADEON RX 560
ストレージ:SSD SATA 6Gb/s  SATA3Gb/s 1.5TB(RAID0)
電源:850W

制作日:2017年7月19日

MasterAir019

Ryzen1700Xと1800XはCPUの温度センサーが20度オフセットされているので、HW Monitorの温度はマイナス20度するのだが、温度が微妙に安定しない。。。

室温27度くらいの状態で、CPUの温度はアイドル時でも30度を境に下は25度から上が45度くらいまで行ったり来たり。
アイドル時でも通常作業時でもほぼ変化がなく、マザーボード側のセンサーでは30℃~35℃になっているので、冷却効果は換装前の「Hyper TX3 EVO」と対して変わらないという結果になった。

価格は4倍ほど違うのに、冷却効果が変わらないというもの微妙だが、やはりオプションパーツを使用して取り付けているのが影響しているのか、単に取り付け方が悪いのか。。。取り敢えず、冷えていないわけではないので、見た目優先で使用することにした。





パソコンのパーツ交換

tournevis-icon

Cooler Master MasterCase MC500 ~ PCケース交換

Obsidian800DからCooler Master MasterCase MC500にケース交換 愛用してきたCorsairのフルタワーPCケース「Obsi … “Cooler Master MasterCase MC500 ~ PCケース交換” の続きを読む

tournevis-icon

Sharkoon SHA-BW9000W-B ~ PCケース交換

Sharkoon SHA-BW9000W-Bにケース交換 メモリに不具合が出始めたAMD FX-6200を搭載したPC。 CPUは6年以上使っているものの、20 … “Sharkoon SHA-BW9000W-B ~ PCケース交換” の続きを読む

tournevis-icon

CoolerMaster MasterAir Maker8をAM4に実装

CoolerMaster MasterAir Maker8をAM4に実装 久しぶりに盛り上がっているAMDの最新CPU「Ryzen」シリーズはソケットが従来のA … “CoolerMaster MasterAir Maker8をAM4に実装” の続きを読む

tournevis-icon

Corsair Obsidian 650D ~ PCケース交換

Obsidian 800DからCorsair Obsidian 650Dにケース交換 Ryzen7 1700Xの制作に伴い、4年間稼働してきたFX-8350を、 … “Corsair Obsidian 650D ~ PCケース交換” の続きを読む

tournevis-icon

ASRock 970 Pro3 R2.0 ~ MBの換装

マザーボードをASRock 970 Pro3 R2.0に換装 サブマシンとして稼働していたFX-6200を、テスト用のPCとして別のケースに移植する際、電源ユニ … “ASRock 970 Pro3 R2.0 ~ MBの換装” の続きを読む





LINEで送る
Pocket