自転車のカセットスプロケット交換とギア比

tool-kit-icon

クロスバイクのカセットスプロケット交換 と ギア比

スプロケットには ギア を一枚一枚 組み合わせていく ボスフリー と、組み合わせた状態になっているカセットスプロケット があり、リアスプロケット に対して フロントのクランクに付いているギアは チェーンリング と呼ばれている。

Amazon 自転車用品

ギア比

ギア比 は ペダル を1回転させた時の後輪の回転数 で、ギア比が 1 の場合は ペダルを 1回転して 後輪が 1 回転する。

Cross Bike Sprocket - 002

カセットスプロケット の 11 – 28 T11 – 32 T、クランクセットの 48 – 38 – 28 T などの表記にある「 T 」 は ギアの歯数 で、11 – 28 T48 – 38 – 28 Tなどは ギアの構成 を表しており、一般的に スプロケットは トップ と ローの 歯数、クランクは すべてのギアの歯数 が記載されている。

カセットスプロケット の 11 – 28 T11 – 32 T、クランクセットの 48 – 38 – 28 T などの表記にある「 T 」 は ギアの歯数 で、11 – 28 T48 – 38 – 28 Tなどは ギアの構成 を表しており、一般的に スプロケットは トップ と ローの 歯数、クランクは すべてのギアの歯数 が記載されている。

一般的なシティサイクル( ママチャリ )は フロントが 32 T、リアが 14 T なので、ギア比は  32 ÷ 14 = 2.285 になり、ペダルを 1 回転させると 後輪が 約 2 回転する。

ケイデンス と ギア比

自転車に乗る際は ケイデンス( 1 分間のクランク回転数 )を一定に保つことで 身体への負担が軽減されるため、ロー とトップ の歯数よりも 使用頻度が高いミドルギア の 歯数 をポイントになるが、坂道が多いなど走行するルートによっても ギア比の選定は異なってくる。

SHIMANO CS-HG51-8 の場合

8速 の カセットスプロケット SHIMANO CS-HG51-8 には 11 – 28 T11 – 30 T11 – 32 T の 3タイプがあり、歯数構成 と フロントをアウター(48T)にした場合の 3速 ~ 6速のギア比は 次のようになる。

11-28T
歯数 : 11-13-15-17-19-21-24-28
ギア比 : 2.28/ 2.52/ 2.82/  3.20

11-30T
歯数:11-13-15-17-20-23-26-30
ギア比 : 2.08/ 2.40/ 2.82/ 3.20

11-32T
歯数 :11-13-15-18-21-24-28-32
ギア比 : 2.00/ 2.28/ 2.66/ 3.20

11-28 T は滑らかに変速できる反面  1 速の変化が少なく、 11-32T は 1 速の変化が激しいため ロー側にシフトを落とすと急激に軽くなる。

工具とパーツ

スプロケット の交換には専用工具が必要。

画像が表示されていない場合は アドブロックを無効にしてください。

作業手順

専用工具が物々しいので難しそうだが、スプロケット の交換は意外と簡単。

Cross Bike Sprocket - 003

リアタイヤ を外して クイックレバー を外す。

Cross Bike Sprocket - 004

物々しい専用工具で外すのは ロックリング というギアを固定ているパーツ。

Cross Bike Sprocket - 005

スプロケットリムーバー( チェーン付きの工具 )は ロックリング を外す際に スプロケット が回転しないよう ローギア( 一番大きなギア ) にかけ、ロックリング 締め付け工具 を スプロケット中央に取り付け、スプロケットリムーバー を右回し、ロックリング締め付け工具を左回しにして ロックリング を外す。

Cross Bike Sprocket - 006

ロックリング が外れると スプロケット が引き抜ける。

Cross Bike Sprocket - 008

取り出した スプロケット(左)と交換する スプロケット(右)。

Cross Bike Sprocket - 014

ギア は はめる位置が決まっており、一箇所だけ 溝が広い 部分がある。

Cross Bike Sprocket - 009

スプロケット にも一箇所だけ大きさの異なる部分があるので、その部分を合わせてスプロケットをはめる。

Cross Bike Sprocket - 010

2 速 ~  8速 が組み合わさった部分をはめたら、トップギア (  11T  ) を 溝に合わせて入れる。

Cross Bike Sprocket - 011

最後にロックリングとかぶせて手で回す。

Cross Bike Sprocket - 012

最後に ロックリング 締付け工具 で締める。

Cross Bike Sprocket - 013

クイックレバー を通したら完成。

関連記事

tool-kit-icon

自転車の簡単カスタマイズ

初心者でも簡単にできる サドル や グリップ交換 と アヘッドステムへの交換手順  自転車のパーツは比較的 安価だが 取付作業時に 専用工具が必要なケースも多く、素人が カスタマイズをする際は 失敗を含めて作業を楽しむこ […]

tool-kit-icon

自転車のタイヤサイズとタイヤ交換

クロスバイクのタイヤサイズ と タイヤ交換 自転車のタイヤは 走行距離 3000 km か 使用期間 1 年 が 交換時期の目安で、ゴム は温度と湿度、日光などによって劣化していくため、見た目にキレイな状態でも 1 年以 […]

tool-kit-icon

自転車のチェーン交換

クロスバイクのチェーン交換 自転車の チェーン は使用していると ピン と ピン穴 が摩耗して隙間ができ、隙間の分だけ伸びて スプロケットの歯 と チェーン が噛み合わなくなって歯飛びするようになり、その状態が続くと最悪 […]

tool-kit-icon

自転車のリアディレイラーとシフターの換装と調整

クロスバイクのリアディレイラーとシフターの換装と調整 リアディレイラー は 頻繁に取り替えを行うようなパーツではないものの、 チェーン や ワイヤー の消耗 や 経年劣化が原因で ギアチェンジ に支障をきたすため 定期的 […]

tool-kit-icon

自転車のボトムブラケット(BB)とクランク交換

クロスバイクのボトムブラケット と クランク交換 ボトムブラケット ( BB ) は ペダル を漕いだ際に回転する部分で、使用しているフレームによってサイズが異なり、最も一般的な クランク の接合部分が四角い スクエア […]