闇サイト(ダークウェブ)とは


2018/06/07

COINCHECKで発生した仮想通貨NEMの流出問題で、その流出NEMがダークウェブのサイトで全て他の仮想通貨に交換され、ダークウェブが注目されたと思ったら、今度はダークウェブ上に児童ポルノ画像を公開していたとして、青森県在住のサイト管理人が逮捕されたことがニュースになった。

この手の報道でいつも疑問に思うのが、使用された道具や技術がやたらと取り上げられ、あたかも道具や技術が悪の根源のようなニュアンスで伝わること。
確かに悪用されやすい技術も多いが、WinMXやWinny、BitTorrentやTorにしても、悪いのは技術ではなく悪用する人間だと思うのだが。。。

流出NEM全て交換か 580億円、別の仮想通貨に

匿名化ソフト「Tor」使い児童ポルノ公開疑い 京都府警が初摘発



ダークウェブは文字通り「闇ウェブ」で、ディープウェブ(深層ウェブ)の中に存在する。
一般的にGoogleなどで検索して表示される当サイトのような類はディープウェブに対して、「サーフェスウェブ(表層ウェブ)」と呼称されている。
深層ウェブは実際に検索できないため、正確な規模は捉えられず、あくまで推計だが、サーフェスウェブのシェアは全ウェブサイトの1%にも満たないとか。。。

深層ウェブ 隠されている宝を浮かび上がらせる

ディープウェブ(深層ウェブ)はIDとパスワードでログインしないと閲覧できない会員サイトや、医療や学術、企業の専門サイトなど、一般公開する必要のないサイトで構成され、その多くはURLとID、パスワードがあれば通常ブラウザからアクセスできる。

一方、ディープウェブの中に存在するダークウェブは、URLを入手できても通常ブラウザからはアクセスできない。

ページが古くリンク切れが多いものの、サーフェスウェブにもダークウェブの入り口は存在する。
ただし、ChromeやFirefox、IEなど一般ブラウザでリンクをクリックしても表示されないので、偶然ページを開いても「.onion」のドメインがダークウェブだと知らなければ、単に「リンクの切れた変なサイト」でスルーしてしまう。

ダークウェブにアクセスできるブラウザは、IPアドレスを匿名化できるTorブラウザ。

Torブラウザのインストールと使い方

セキュリティと利便性や効率性は相反する関係にあり、情報は保護すればするほど扱いにくく不便になる。 現在は個人情報を切り売りして利便性を手に入れているようなもので、それを否定すれば世捨て人のような生活を余儀なくされてしまう … 続きを読む

闇サイト

ダークウェブはマルウェアの感染リスクも高く、「違法」なものが「違法」に取引されており、取引には主にビットコインが通貨として使用されている。

銃やマシンガン。

ヘロインなどのドラッグ。

偽札も売っている。

どこかで見たことのある日本語掲示板も存在しているが、もちろん全くの別物。

児童ポルノの他にも嗜虐性の強い動画など、会員制の違法な動画サイト。

ハッキングされたアカウントや複製されたクレジットカード。

他にもマルウェアやマルウェア開発キット、個人情報なども販売されており、それこそ悪の見本市のような感じ。
もちろん販売元が真っ当なはずもなく、摘発されてサイトが閉鎖されることも多い。

君子危うきに近寄らず。

一般的な倫理観や常識があれば、ダークウェブがアクセスすべき場所ではないことくらい分かるはず。
ただ、個人的には、漠然とネットでは違法な取引が行われているらしいと、全くの他人事として捉えるより、実際にアクセスすることで闇がすぐ隣にあることの恐怖を実感することも大切かと思う。





トピックス&コラム

Coinhiveの問題

2018/06/15 いま話題のCoinhive。 16人が摘発、3人が逮捕されている。 他人PCで仮想通貨「採掘」=サイト閲覧者に無断で-16人を初摘発・警察当局 すでに賛否両輪、様々な意見が噴出しているが、家宅捜索を … 続きを読む

闇サイト(ダークウェブ)とは

2018/06/07 COINCHECKで発生した仮想通貨NEMの流出問題で、その流出NEMがダークウェブのサイトで全て他の仮想通貨に交換され、ダークウェブが注目されたと思ったら、今度はダークウェブ上に児童ポルノ画像を公 … 続きを読む

Synergy2がBeta版に引き戻し

2018/05/24 2018/06/01更新 Synergy1から大きく進化したSynergy2は、インストールするだけで複数のPCを1組のマウスとキーボードで操作が可能になる。 ただ、使い込むと少々難があり、日本語環 … 続きを読む

GDPR(EU一般データ保護規制)対策

2018/05/18 EUで2018年5月25日にGDPR(General Data Protection Regulation)が施行される。 GDPR(一般データ保護規制)は日本で言うところの個人情報保護法。 欧州に … 続きを読む

ZTEが窮地に立たされている

2018/04/28 中国の通信機器メーカー大手のZTEが米国の輸出規制を受けて、結構たいへんな事態に陥っている。 日本では数年前にXiaomi(シャオミ)、最近はHuawei(ファーウェイ)がメディアに取り上げられるこ … 続きを読む