DVDFab 11 UHDリッピング のインストールと使い方

スポンサーリンク
dvdfab-icon

保護解除機能を実装した DVDFab の UHD Blu-rayリッピングアプリ

DVDFab 11 UHD リッピング ( DVDFab UHD Ripper )は UHD Friendly ドライブを使用することで 4K UHD BDの保護を回避し 4K・HDRをサポートしているUHD Blu-rayを動画ファイルに変換することができるリッピングソフト。

※従来のBlu-rayをリッピングする場合は DVDFab Blu-rayリッピングが必要。

UHD Friendly ドライブ は特定の 「 BDXL 対応 ドライブ 」のファームウェアをダウングレードすることで、 DVDFab 11 UHD コピー が使用できるようになるもので、DVDFab から ファームウェアのダウングレードツール DVDFab UHD ドライブツールがリリースされている。

dvdfab-icon

DVDFab UHD Drive Tool のインストールと使い方

特定のUHD BD / BDXL再生ドライブのファームウェアをダウングレードするツール AACS 2.0 で保護されている 4K UHD Blu-ray をリッピングする際には、特定バージョンのファームウェアのドライブが […]

Reports-icon

UHD Friendly ドライブとファームウェア ダウングレード方法

UHD Blu-rayのリッピング時に必須のBDドライブ UHD Blu-ray ディスクをパソコンで視聴するには、UHD BDで採用されている保護技術AACS2.0によって、CPUやMBのオンボードグラフィックが「 I […]

出力できる動画ファイルは、MKV・M2TS・MP4の3種類で、いずれもエンコードされずにロスレス(無劣化)のパススルーで出力されるため、ファイル形式は異なっていても、解像度やHDRなど全てUHD BDの規格のままなので、ファイルの再生にはUHD BDをサポートしているMPC-BEVLCなどのプレーヤーが必要になる。
また、パススルーのためファイルサイズもソースと同じになるので、ディスクの空き容量に注意が必要。

圧縮(トランスコード)する場合は DVDFab UHDコピーで出力後に DVDFab UHDリッピング を利用するのがベターだが、汎用性のある動画ファイルに変換するなら DVDFab UHDリッピング で出力後、 DVDFab 11 動画変換でエンコードすることになる。

このアプリケーションはUHD Blu-rayに使用されているプロテクトの解除機能を有しており、その機能を使用すると著作権法に定める「技術的保護手段の回避」に抵触します。

著作権法と違法行為

システム要件

バージョン 11.0.8.9 現在

OS:Windows 7 / 8 / 8.1 /10(64ビットのみ)
RAM:4GB以上
HDD:200GB以上の空き容量

※サポートされているUHD Friendly ドライブ
※HWアクセレーターを使用する場合は Intel Kaby Lake以上のCPU , NVIDIA GeForce GTX 1050以上のビデオカード

ソフトの入手先

DVDFab 公式ダウンロードページlink



DVDFab 11 UHDリッピング のインストール

DVDFab UHDリッピング は DVDFab 11 の一機能になるため DVDFab 11 をインストールして該当機能だけを使用することになる。

dvdfab-icon

DVDFab オールインワン のインストールと使い方

DVD ・ Blu-ray の保護解除機能を実装した DVDFab の 最強 リッピング / コピー アプリ DVDFab オールインワン は強力な保護技術解除機能を実装した DVD / Blu-ray の リッピング […]

※インストールの手順は DVDFab 11  オールインワンのインストールと使い方を参照

DVDFab 11 UHDリッピング の使い方

変換するプロファイルがパススルーのみなので 出力するファイル形式を選択したら特に設定する項目はない。
ただし、バージョン11.0.5.0現在、MP4ファイルでの出力は字幕の表示位置にバグがあるため、実質的に使用できるファイル形式はMKVとM2TSになる。

dvdfab-11-uhd-ripper-003

DVDFab UHDリッピングは 「DVDリッピング」「Blu-rayリッピング」と同様 メインウィンドウの「リッピング」を使用する。

dvdfab-11-uhd-ripper-004

DVDFab 11を起動した後、UHD BDをドライブに入れると自動的に分析が開始。

プロファイルの設定

DVDFab バージョン 11.0.8.7 から DVD / BD / UHD それぞれ使用するデフォルトプロファイルを設定するように仕様が変更され、設定したプロファイルは保存され デフォルトで設定したプロファイルがセットされる。

dvdfab-11-uhd-ripper-006

プロファイルの設定画面には「 モバイル機器 」と「 ホームシアター 」があり、それぞれ使用するプロファイルの設定と デフォルトで使用するプロファイルを指定する。

プロファイルの設定画面は 初回起動時に表示されるが「 共通設定 」の「 プロファイル 」で変更可能。

dvdfab-11-uhd-ripper-016

「 モバイル機器 」のプロファイルはデフォルトで「 MP4 4K DolbyVision. H265. 10bit 」が設定されているが「 ホームシアター 」は使用する ファイルフォーマットのほか デバイスへの互換性やビデオ品質の選択が必要。

dvdfab-11-uhd-ripper-007

UHD Blu-ray では「 HDR 10 」が採用されており「 Dolby Vision 」はオプション扱いで、「 Dolby Vision 」をサポートしているのは LG電子など一部のメーカーのみなので、使用するデバイスが「 Dolby Vision 」をサポートしていなければ「 HDR10 のみに対応 」にチェックを入れる。

dvdfab-11-uhd-ripper-008

ビデオ品質は ロスレス ( 無劣化 ) と 高品質 ( 圧縮 ) の二択で、「 ロスレス 」を選択した場合は 選択したファイルフォーマットに合わせて MKV Passthrough か MP4 Passthrough が設定され、「 高品質 」は MKV.4K.HDR10.H265.10bit か MP4.4K.DolbyVison.H265.10bit が設定される。

現バージョン ( 11.0.8.9 ) では「 MP4.4K.DolbyVison.H265.10bit 」はパススルーになっており、エンコードされず 字幕が別ファイルで出力され、「 MP4.4K.HDR10.H265.10bit 」では Blu-rayの解像度 の位置で字幕が表示されるなど、MP4 のプロファイルは問題が多いので MKV の利用を推奨

パススルーは UHD BDに格納されている M2TSファイルを抽出し、指定したファイルへ格納するもので、エンコード ( 圧縮 ) されないため画質・音質の劣化がない反面 ファイルサイズはソースと同じになる。

出力フォーマットの変更

出力するファイル形式を MKV , MP4 以外のフォーマットに変更する場合は プロファイル設定画面の「 変更 」をクリックすると プロファイルの選択画面が開く。

dvdfab-11-uhd-ripper-009

読み込んだタイトルのみ 出力ファイル形式を変更した場合は タイトルのプロファイルリストから「 Choose Other Profile… 」を選択。

dvdfab-11-uhd-ripper-010

UHD BD では DVD や BD で選択可能な 通常の MP4 や AVI などは選択できず、UHD BD の品質に維持できるフォーマットのみ選択可能になる。

dvdfab-11-uhd-ripper-004-1

デバイス / Web最適化 / Enlarger AI

デバイスではメーカーの機種別に解像度に合わせたプロファイルで、「 Web最適化 」は YouTube へのアップロードに連動したプロファイルだが、いずれも UHD BDの品質を維持できるフォーマットではないため 使用できない。

Enlarger AI は DVD の解像度を BD へ、BDの解像度を UHD BD へ 人工知能を使用してアップスケーリングする機能なので UHD BD では使用不可。

dvdfab-11-uhd-ripper-011

デバイス / Web最適化 のプロファイルを選択すると「 未対応 」のダイアログがでる。

 

オーディオ・Hi-Fi音声

オーディオ・Hi-Fi音声ではソースから音声を抽出して 指定したファイル形式で出力する。

dvdfab-11-dvd-ripper-006-1

Blu-ray から音声のみを出力する場合は「 オーディオ 」から任意の音声コーデックを選択する。

「 オーディオ 」と「 Hi-Fi音声 」では設定項目が異なり、「 Hi-Fi音声 」は可逆圧縮の「 Flac 」と無圧縮の「 Wav 」が選択でき、ファイルサイズや汎用性を気にせず ソースの音源をそのまま出力したい場合に最適。

字幕

本編の字幕を OCR で検出して SRT ( SubRipText ) で出力するプロファイル。

dvdfab-11-dvd-ripper-007-1

プロファイルを「 SRT 」にして出力すると OCR 処理が開始する。

dvdfab-11-dvd-ripper-008-1

日本語 OCR の精度は 悪くないものの 誤認識 もそれなりにあるので、字幕ファイルとして利用する場合は再チェックが必要。

タイトルの確認

UHD BD には複数のタイトルが収録されているので 選択されているタイトルを確認する。

dvdfab-11-uhd-ripper-012

認識したタイトルの「 他のタイトルを選択 」をクリック。

DVDFab 11 UHD Ripper 008

ディスクに収録されているタイトルが一覧表示されるので、選択されているタイトルにマウスオーバーで表示される再生ボタンをクリック。

DVDFab 11 UHD Ripper 016

プレビュー画面が開き選択したタイトルが再生される。
再生されたタイトルが違う場合は、再生時間などを目安に別のタイトルを確認して任意に選択して「OK」をクリック。

画質の設定

画質はドロップダウンリストからサイズを指定するだけで、ビットレートなどが自動的に設定される「 高品質 」で HandBrake の matroska H.265 2160P 相当のビットレートになる。

dvdfab-11-uhd-ripper-019

画質はタイトル部分のドロップダウンリストから選択する。

dvdfab-11-uhd-ripper-020

 

ビットレートを調整する場合は スパナアイコンをクリックして詳細設定で変更する。

ビットレートをダイレクトに指定しても良いのだが、ソースによってターゲットビットレートは変化するため ビギナーには「 ビットピクセル 」での調整を推奨。

「 高品質 」で「 ビットピクセル 」は「 0.1 」で 数値を上げるとビットレートも増加するが、ファイルサイズも大きくなるので要注意。

音声と字幕の設定

音声や字幕はドロップダウンリストから選択する。

dvdfab-11-uhd-ripper-013

音声はドロップダウンリストを展開して、収録する音声にチェックを入れる。

チェックボックスの前にある「 ▶ 」はデフォルトの音声になるため、字幕との組み合わせを考慮して指定する。
変更する場合は デフォルトに指定する音声の先頭部分をクリック。

DVDFab 11 Blu-ray Ripper 028

UHD BD は 複数の 音声 , 字幕 をファイルに格納できるが、音声は特にファイルサイズが膨れるので要注意。

チャプターの指定

チャプター番号を指定することで、任意のチャプターのみファイルに出力することも可能。

dvdfab-11-uhd-ripper-014

チャプターのドロップダウンリストから出力するチャプターの範囲を指定。

1つのチャプターのみ出力する場合は、開始・終了に同じチャプターを指定する。

開始チャプターは終了チャプターよりも大きな数値が選択できないので、チャプター「 5 」を指定後に「 7 」へ変更するなら、終了チャプターを 7 にしてからでないと開始チャプターを7には変更できない。

保存先の指定とタスク

通常はメインウインドウ下の「 保存先 」の右にある「 フォルダアイコン 」をクリックして、ファイルの保存先を指定する。

DVDfab11_DVDripper033

「 フォルダアイコン 」ではなく「 保存先 」のテキストボックスをクリックすると、ローカルの保存先のほかに「 携帯機器 」「 DVDFab MovieServer(見つかりません) 」が表示される。

「 DVDFab MovieServer 」は DVDFab が販売しているメディアサーバlinkで 同一ネットワーク上に存在すれば選択が可能になる。

「 モバイル機器 」は 後述の DVDリモート の設定が完了しているとモバイルデバイスへのファイル転送がシームレスで実行できる。

DVDfab11_DVDRipper035-1

「 保存先 」を指定したら処理を実行する前に「 タスクリスト 」を開き、「 現在のタスク 」で実行する内容を確認してから「 開始 」をクリック。

DVDFab-uhd-Drive022

ファイルの出力は環境に依存するが2時間のタイトルで1時間ほど。

出力が完了したらUHD BDをサポートしているメディアプレーヤーで再生して、問題なければ完了。

タスクの削除

タスクは自動的に追加されるため エラーが発生して中断したものなどが登録されている場合があり「 現在のタスク 」に追加されているタスクは チェックボックスにチェックが入っていなくても全て実行されるので、「 開始 」をクリックする前に確認して 不要なタスクは削除する。

dvdfab11.dvdcopy029

不要なタスクが登録されている場合はチェックボックスを有効にして「 削除 」をクリック。

dvdfab11.dvdcopy030

削除したタスクは「 ゴミ箱 」をクリックすると下ペインにリストが表示され、タスクの右端にカーソルを合わせて出現する矢印をクリックすると復元できる。

dvdfab11.dvdcopy032

タスクは削除だけでなく「 アーカイブ(保存) 」することも可能で、後から同じタスクを実行する場合などには便利かも。

dvdfab11.dvdcopy033

「 アーカイブ 」したタスクは「 アーカイブタスク 」で確認でき、タスクの右端にある矢印アイコンをクリックするか、チェックを入れてから下部にある「 再読込み 」をクリックすると、タスクの再読込みが実行され、該当のタスクが「 現在のタスク 」へ移動する。ちなみに「 レポート 」はバグ報告の送信ウインドウが開く。

メタ情報

UHD BD には デフォルトで メタ情報が 埋め込まれているので 自動的に処理される。

 

出力前に取得しているメタ情報を確認する場合は「 映画 / テレビ番組を検索 」をクリック。

dvdfab-11-blu-ray-copy-009

サーバに登録されているメタ情報に該当するタイトルがあれば メタ情報が表示される。

DVDFab 11 UHDリッピング の購入手順

購入ページlinkから「DVDFab UHD Ripper」を選択し、クレジットカードまたはビットコインで支払い後、DVDFabの会員登録を行い、登録したメールアドレスとパスワードで製品をアクティブ化する。

詳細な購入方法とメンバー登録やライセンス認証など購入後の流れ、最新のセール情報は下記ページを参照。

dvdfab-icon

DVDFab Sale Info 最新セール情報 と 購入方法

DVDFab の セール 情報 と 購入手順 ・ ライセンス 登録方法を紹介 DVDFab は中国の Fengtao Software が開発した著名な リッピングソフト で リッピング のほか エンコード , オーサリ […]





関連記事

dvdfab-icon

DVDFab 11 UHD コピー のインストールと使い方

保護解除機能を実装した DVDFab の UHD BD コピーアプリ DVDFab 11 UHD コピー  ( DVDFab UHD Copy ) は UHD Friendly ドライブを使用することで 4K UHD B […]

dvdfabpasskey-icon

DVDFab Passkey Lite のインストールと使い方

無料で利用できる 機能制限された DVDFab PassKey   DVDFab PassKey は DVD や Blu-ray  , UHD Blu-ray ディスクを自動で認識して プロテクト を解除する 強力な保護 […]

dvdfab-icon

DVDFab 11 Video Converter – 動画変換のインストールと使い方

主要なビデオファイル形式をサポートした簡単操作のエンコーダー DVDFab 11 動画変換( DVDFab Video Converter )は、動画ファイルを任意のファイル形式に変換できるエンコーダー。 強力な保護解除 […]

dvdfab-icon

DVDFab Enlarger AI のインストールと使い方

ディープラーニングによってアップスケーリングを実現するモジュール DVDFab Enlarger AI は Google がオープンソースとして公開した ディープラーニングをサポートしたソフトウェア「 TensorFlo […]

dvdfab-icon

DVDFab UHD Drive Tool のインストールと使い方

特定のUHD BD / BDXL再生ドライブのファームウェアをダウングレードするツール AACS 2.0 で保護されている 4K UHD Blu-ray をリッピングする際には、特定バージョンのファームウェアのドライブが […]