DVDFabの最新セール情報と購入方法


DVDFabは中国のFengtao Software が開発した著名なリッピングソフトで、リッピングのほかエンコード、オーサリングなどの統合アプリの名称にもなっている。
DVDFabの特徴は、日本国内では違法になるDVDやBlu-rayの保護解除機能と、新しい保護技術への対応の速さにあり、それが15年以上も世界中のユーザーから支持されている最大の理由。

日本では著作権法で「技術的保護手段の回避」が禁じられており、国内でプロテクトを解除する機器やソフトの販売することはできない。
そのためAmazonやヨドバシオンラインで販売されている「Jungle」が販売元の「DVDFab」は保護解除機能が封じられており、封印を解くためにはひと手間かかる。

本家のDVDFabは日本語に対応しており、日本語サイトも開設されているため、ダウンロードや購入でつまずくことはないはず。
無論、本家サイトからの購入なのでフル機能が利用できる状態で入手できる。

本家サイトが提供しているDVDFabでは、ライセンスを購入した時点でアカウントが発行され、ライセンス認証の管理が可能なため、PCを買い換える際などは既存PCで認証を解除し、新規PCで再認証することでライセンスを継続使用できる。
ただし、ライセンス管理にはメンバー登録が必須なので、購入時には必ずメンバー登録してパスワードを設定しておく



現在の開催中のセール

タイトル:クリスマスセール
期間:2018年12月25日まで

既存ユーザーなら60%OFF DVDFabオールインワンの無期限版がお買い得。
新規ユーザーでも30%OFF + Amazonギフトなどの特典あり。

クリスマスセール特設ページ

DVDFab 公式 購入ページ

購入手順

DVDFabは必要な機能のみ単体で購入することも、オールインワンですべての機能を購入することもできる。
製品は「ライセンスの購入」という形になっており、ライセンスの有効期限には「1年」「2年」「無期限」があり、期間中は最新プロテクトへの対応などのアップデートが適用される。

現在利用できる支払い方法はクレジットカードとペイパル、Bitcoin。

購入方法はDVDFabの単機能ページの「すぐ購入」ボタンをクリックするか「ストア」ページから行う。

ストアページではトップに「オススメ」のバンドル製品が表示されるが、単品ページで「すぐ購入」をクリックしている場合は、すでに該当機能にチェックが入った状態になっている。

ページをスクロールして「DVDFab単品」のところで、購入する製品のWindows版にチェックが入っていることを確認し、「申し込み」の箇所で「1年・2年・無期限」からライセンスの有効期限を選択。

チェックを外すと取り消すことができる。

ストアページの単品一覧で複数の製品を同時購入することも可能だが、開催されているセールやストアページのトップに掲載されているバンドル、ストアページにある「ほかの特別オファー」などから選択したほうがお得だったりする。

単品一覧で購入する製品とライセンスの期限を選択した場合は、ページ最下部に合計金額が表示されているので、購入する場合は「安全購入」をというボタンをクリック。

セールやバンドルなどのセット製品の「すぐ購入」をクリックすると、すぐに「カート」へ移行するが、複数ライセンスや旧バージョンのダウンロード権など、購入目的以外の製品も含まれているので、不要であればゴミ箱アイコンをクリックして除外する。

セール品を購入するとクーポンコードが入力された状態になるが、未入力であればサイトに表示されているクーポンコードを探して入力後に「適用」をクリック。

支払いはクレジットカードかビットコインなので、VISA・MASTER・Bitcoinの三択から任意にチェックを入れる。

※裏技的だがペイパルも利用できる。(後述)

メールアドレスのほか氏名・住所・電話番号などを入力して「購入」をクリック。

メールアドレスは後からライセンス管理のためのURLが送信されてくるため、使い捨てのメアドではなく、必ず受信できるアドレスを使用する。

クレジットカード情報を入力して「今すぐ支払う」をクリック。

この決済画面でカード情報を入力せずに「今すぐ支払う」をクリックするとペイパルでの支払いが可能になる。(次項参照

うまく決済完了すると「お支払完了!」のページが表示される。

ページに記載がある通り、24時間以内に登録メールが届かない場合に備え、注文番号ほかの情報はスクリーンショットやメモなどで保管しておく

購入後の流れとメンバー登録・ライセンス認証

DVDFabのライセンス認証はレジストリキーを使用するのではなく、会員登録したメールアドレスとパスワードで「使用するPCの認証」を行い、PCの認証解除や再認証でも必須のため、製品購入時に登録したメールアドレスとパスワードは紛失しないよう保管しておく。

初めてDVDFabの製品を購入した場合は、購入時に「Registration information for DVDFab」という件名の登録案内メールと、「onlinetopay.com」から決済確認メール(2018年12月現在)が届き、メール本文に会員登録用のURLが記載されている。

DVDFabでは製品購入時に入力したメールアドレスが自動登録され、この時点でユーザーには公開されない初期設定のパスワードが生成されているため、実際には「パスワード」の再設定を行い、会員ページへログインできる状態にすることになる。

ライセンスを購入したら「Registration information for DVDFab(Registered to:ユーザー名)」というタイトルのメールが届く。

このメール一般的な「サンクスメール」や「セール情報を受け取るための会員登録」ではなく、購入した製品をアクティベートするために必要な登録案内なのでスルーしないよう要注意

メールに記載されているリンクには登録したメールアドレスが含まれており、リンク先の「ユーザー登録」ページではパスワードを設定するだけ。

任意のパスワードを設定したら「送信」をクリック。

メンバーログインページに切り替わるので「ログイン」。

「DVDFab 新規アカウントの作成」という確認メールも届くが、こちらのメールはスルーして問題ない。

会員ページにログイン完了。
このページはDVDFabのサイトの「メンバー」から閲覧可能。

会員ページでは購入した製品の確認や最新のセール情報、登録したメールアドレスの変更、パスワードの変更などが行える。

製品購入時に入力したメールアドレスで会員・非会員が識別され、会員(メールアドレスが過去に登録されている)場合は、製品は自動的に追加登録され、製品のアクティベーションには登録したアドレスとパスワードが必要になる。

DVDFabをインストール後、体験版の状態で起動すると体験版と製品版の違いが表示されるので、この時点で製品を購入している場合は「認証」をクリック。

すでに体験版を利用している場合は、ウインドウ右上のコントロールボックスのメニューから「認証」をクリック。

会員登録したメールアドレスとパスワードを入力して「認証」をクリック。

メールアドレスとパスワードが正しければPCが認証される。

「登録情報」が表示され、購入した製品に「アクティベーション済み」と表示される。

DVDFabで決済ができない場合

使用環境によって異なるのかもしれないが、個人的にDVDFabでの製品購入時に決済エラーが頻発して難儀したことがある。

クレジットカードの限度額オーバーや支払い滞納などによる利用停止なら理解もできるのだが、普通に利用できるクレジットカードを使用しても支払いに失敗する事がある。

決済エラー時に複数のクレジットカードで試してみたものの、全てエラーで弾かれたので、おそらくカード情報を処理するサーバ側の問題かと思われる。
無論、最も疑うべきは入力ミスなので、その点を再確認して間違いがないというのが大前提なのだが、決済エラー発生時の対処法にはいくつかある。

  • ブラウザを変更する

使用しているブラウザがChromeであれば、FirefoxやIE、Edgeなど他のブラウザで試してみる。

  • 別のカードを使用する

もしかしたら決済できるかも。

  • 時間を空けてみる

サーバの処理問題が原因であれば、タイミングさえ合えば決済できるはず。

上記いずれの方法でも決済ができない場合は、ペイパルを利用して送金することになる。

PayPal利用の薦め

PayPalは米国発祥の決済代行サービスで、国際部門はシンガポール法人が拠点になっている。 最近は様々な決済手段が横行していて、便利なのか不便なのか微妙な感じだが、PayPalを利用する目的は明確で、機能制限付きのフリー … 続きを読む

ペイパルでの送金

PayPalでの送金はPayPalのアカウントを取得してことが前提で、PayPalに登録しているクレジットカードで決済できる。

「お支払いが失敗しました!」ページに表示されている「PayPalで支払って」のリンクをクリック。

「注文情報」と「取引ID」の入力ページが開くので、このページを残したまま、別タブや別ウインドウでPayPalのサイトを開く。

PayPalにログイン後、上部メニューの「ツール」→「支払う」を選択。

「商品またはサービスの代金を支払う」をクリック。

メールアドレスの箇所に、DVDFabの注文情報ページに表示されている「payment@dvdfab.cn」というアドレスを入力して「次へ」。

支払額を入力して「続行」。

支払い方法と支払額が表示されるので確認して「今すぐ支払う」をクリック。

支払い完了。

支払い後、PayPalに登録しているアドレス宛に取引明細が届くので、メールに記載されている「取引ID」を、DVDFabの購入ページに戻り、「取引IDを入力」の箇所に入力して「送信」。

リアルタイムで取引情報の照会が実行され、確認が取れると登録メールが送信される。

PayPalの取引IDを送信した際にも「支払い状況の確認が失敗しました!」とエラーが発生することがある。

その場合、記載されている service-jp@dvdfab.cn まで、支払い状況の確認に失敗したことと下記項目を記載の上、メールを送信する必要がある。

  • 登録したメールアドレス
  • 氏名
  • 購入製品名
  • PayPalでの決済金額
  • PayPalの取引ID

メールは日本語で問題なく、DVDFabのサポートはしっかりしているので、その点は安心。

ライセンスの認証解除と再認証

DVDFabは製品を個別に購入できるが、使用できるのは製品購入時に登録したメールアドレスで認証したPCのみ。
そのため複数のPCで同時に処理を実行するためには、PCと同数のライセンスが必要で、現在は3ライセンスまでを格安で追加できるプランもある。

ただ、MicrosoftのOffice365と同様、PCに紐付けられたライセンスはユーザーで操作でき、DVDFabを使用するPCを変更する際などは、DVDFabのライセンス認証を解除した後、別のPCで再度認証すれば継続して利用できる。
特に無期限ライセンスを購入した場合は、PCの買い替えなどでライセンス移行作業が発生可能性が高いので留意しておく。

認証解除と再認証の手順は、初回のライセンス認証時とほぼ同じ。

ライセンスを取り消すPCでDVDFabを起動し、ウインドウ右上のコントロールボックスにあるメニューから「認証を取り消す」を選択。

メールアドレスとパスワードを入力して「Deauthorize」をクリック。

コンピュータの認証取り消しのメッセージがでるので「確認」。

「HD Decrypter」と「YouTube動画ダウンローダー」以外の機能がすべて「体験」に切り替わる。

この状態でDVDFabのライセンスはフリーになる。

新たにDVDFabを使用したいパソコンに通常通りDVDFabをインストール後、メニューから「認証」を選択。

メールアドレスとパスワードを入力。

再認証完了。

購入した製品がすべてアクティベーション済みになる。

DVDFab公式サイト





DVDFab関連アプリ

DVDFab DRM除去 for Appleのインストールと使い方

Appleが展開しているiTunesストアでコンテンツを購入したり、定額制のApple Musicを利用している場合、コンテンツにはDRM(Digital Rights Management)という保護がかかっているため … 続きを読む

DVDFabの最新セール情報と購入方法

DVDFabは中国のFengtao Software が開発した著名なリッピングソフトで、リッピングのほかエンコード、オーサリングなどの統合アプリの名称にもなっている。 DVDFabの特徴は、日本国内では違法になるDVD … 続きを読む

DVDFab11 DVDリッピングのインストールと使い方

「DVDFab DVDリッピング」は、強力な保護技術解除機能を実装したDVD / Blu-rayのリッピング統合ソフト「DVDFab11」の一機能で、価格は1年間有効なライセンスで49ドル。ただ、常に割引が実施されている … 続きを読む

Android版 DVDFab Remoteの使い方

DVDFabからは2つのAndroidアプリがリリースされており、1つはDVDFabから発売されているハードウェア「ムービーサーバー」用の「DVDFab MS Remote」と、PCで動作しているDVDFabの監視ができ … 続きを読む

DVDFab11 DVDコピーのインストールと使い方

「DVDFab DVDコピー」は、強力な保護技術解除機能を実装したDVD / Blu-rayのリッピング統合ソフト「DVDFab11」の一機能で、価格は1年間有効なライセンスで49ドル。ただ、常に割引が実施されているので … 続きを読む