本革の特性と革製品の手入れ方法

leather-icon

本革と 人造皮革 の違い や ヌメ革のケア、皮革製品 の手入れ方法

革製品には 牛・馬・ 豚・鹿・羊・山羊・カンガルー・蛇・ダチョウ・ワニ などが使用され、最も一般的な 牛革は 食肉加工される際に剥がされた皮(原皮)を利用しており、牛の年齢 や 環境によっても異なるが 特徴としてはキメが細かく 肉厚で耐久性に優れている。

牛革は カーフスキン(生後 6ヶ月以内)や キップスキン(生後 1年以内)など年齢と飼育環境によって呼称が異なり、皮革として多く使用されているのは 生後 2年以上経過した ステアハイド と呼ばれる 去勢された雄牛。

国内で加工されている牛革は大半が輸入されており 自給率が100%なのは豚皮のみ。

INDEX

本革 ~ Genuine Leather

革製品についている Genuine Leather( ジェニュイン レザー ) のマークは 皮を剥いだ状態 ( Cow Hide ) がモチーフで 正真正銘の革 であることを表している。

( スキン )は生き物の原皮、革 ( レザー ) は 原皮を 鞣したものに用いられ、鞣しは 原皮を柔かく腐敗しないようにする技術で、鞣し加工は タンニン鞣しクロム鞣しに大別される。

タンニン鞣し
タンニン は 渋柿 や お茶 などに多く含まれている 渋み を感じることで知られる化合物で、タンパク質と強く結合する性質があり、皮の主成分であるコラーゲン(タンパク質)を変質させることで 皮が腐敗せず 柔らかくなって 革 になる。
クロム鞣し
鞣し加工に革新をもたらした技術で、タンニン鞣しよりはるかに効率的・低コストで運用できるため、世界で生産されている革の 8割以上がクロム鞣しで加工されている。
革への工程

1.水漬け
塩漬けなどの防腐加工で失われた水分を補い、同時に表面の洗浄を行う。
2.フレッシング(裏打ち)
皮に付着している肉や脂肪を取り除く。
3.石灰漬け
皮の脂肪除去、脱毛処理の他、コラーゲン繊維をほぐし柔軟性を与える。
4.スプリッティング(分割)
銀面(表面)と床皮(肉面)の2つに分割する。
5.再石灰漬け
分割後、再び石灰に漬け、柔軟性を与える。
6.脱灰
塩化アンモニウムなどで皮に残っている石灰を取り除く。
7.酵解
銀面を滑らかにする酵素処理が行われる。
8.鞣し
タンニン鞣しは タンニンの濃度が異なる ロッカー槽・レイヤー槽・ホットピット槽 と 3 種類のタンニン槽に漬け込んで鞣す。
クロム鞣しは 皮の状態が酸性でなければ溶けないため、ピックル(浸酸)という酸性の溶液に付ける工程を経て、クロム鞣し剤を使用して鞣した後、酸性になっている皮をアルカリによって中和、次に染色と皮に油分を与える加脂が行われ、革に含まれる余分な水分を絞って乾燥 させる。

クロム鞣しで鞣した革はブルーグレーのような色になるため染色が行われる。
人類は原始時代から皮を革に変える技術を発達させ、旧石器時代には 皮の脂肪 や 肉片 を骨 や 角を使用して削ぎ落とした後、湿気のある場所に放置して腐敗する前に 脱毛し、乾燥時に 揉んだり叩くなどして 皮が硬化するのを防いで 革にしていたと考え得られている。

 人工皮革・合成皮革 ~ Faux Leather

人工皮革は 化学繊維に合成樹脂を浸透させるのに対し、合成皮革 は 天然素材に合成樹脂を塗布したもので、総称して 人造皮革と呼ばれるが 一般的には 合皮 ということが多い。

人造皮革は 本革 の 10分の 1程度のコストで生産が可能で、製品の重量も非常に軽く、雨に濡れてもシミにもならず メンテナンスの必要もないが、人造皮革に使用されている樹脂は 経年劣化するため、早ければ 3 年程度で表面の樹脂にヒビ割れが生じて 剥離を起こす
劣化の速度は樹脂の成分などによって異なるが、樹脂の多くは 湿気高温に弱いため 悪条件下では使用していなくても劣化が進行するので、長期間使用しない場合は定期的な陰干しが必要

ハイブランドの製品でも内張りには人造皮革を使用している事が多く、箱に入れて大事に保管しておいたのに、久しぶりに 取り出したら内側がベタついている事例が多いのは 樹脂の経年劣化が原因。

ヌメ革の特性とケア

ナチュラルレザーとも呼ばれる ヌメ革 は 原皮を タンニン鞣し で仕上げて ほとんど加工していない 革で、染色されていないため 紫外線によって色が濃くなる タンニンの性質 を活かした エイジング が楽しめる。

nume001

薄いベージュ色をした 新品の ヌメ革は非常にデリケートで 水・汚れ に弱く、製品によっては パラフィン加工(蝋引き)されているが 革本来の 防水・防汚効果を引き出し、きれいなエイジングを行うため 使用する前に 日光浴 をさせる

日光浴をさせることで 鞣し剤として使用されているタンニンが紫外線に反応して濃くなり、革に含まれている油分が表面ににじみ出てくる。

nume003

日光浴の期間は日照時間 や 日差しにもよるが およそ 1 ヶ月程度で、付属のパーツも含め 焼き残しがないよう 日光が当たる面を変えながら 全体的に日焼けさせると、ベージュから茶褐色へと変色する。

日焼けすることで 皮にある血管の跡 や 生前の傷、関節部のシワなどが目立つようになり、タンニンの発色も均一ではないため 多少の濃淡(色ムラ)など 革の個性が目立ってしまうが、日光浴をせずに使用すると部分的に 変色して 均一感はなくなるため、まだら模様 や 色ムラなどが気になるなら 染色されていないナチュラルレザーは避けたほうが良い。

nume006

日光浴で良い色に焼けたら 濡れタオルで 軽く水分を含ませる感じで全体を手早く拭き、完全に乾くまで半日ほど陰干し、乾燥したら デリケートクリーム を全体的に薄く伸ばして馴染ませてから 表面を乾拭きする。

水拭きもデリケートクリームを馴染ませる際も ヌメ革にシミができたようになるが、一箇所に大量の水やクリームを付けない限り 乾燥すれば自然に消える。
日光浴 と 水拭き・栄養補給 で ヌメ革に自然な光沢が出るだけでなく、皮脂膜と同じように製品自体に水や汚れに対する抵抗力が向上する。

ヌメ革の手入れ

ヌメ革は 革の油分に注意して定期的に デリケートクリームなどでオイル入れをしていないと、防水・防汚効果が低下して わずかな水滴でもシミになるだけでなく、表面がひび割れを起こす可能性もある。

馬毛ブラシ
ホコリや 汚れ等を取る際に使用する基本用具。
コロニルレザーソープ
界面活性剤を主成分としたムースタイプのクリーナー。
デリケートクリーム
浸透性が高く シミになりにくい 銀付き革製品 向けのケア用品。
コロニルウォーターストップ
ヌメ革にも使用できる万能タイプの防水スプレー。

nume005

ヌメ革の手入れは ヌメ革に使用できる デリケートクリームを使用する以外は 通常のスムースレザーと同じで、はじめに全体をブラッシングして革の表面に付着しているホコリを払う。

leather-care-knowledge015

エイジングには手垢も一役買っているが、手垢の薄黒い汚れが気になる場合は ヌメ革に使用できる界面活性剤を主成分にしたクリーナーを使用する。

ムース状のクリーナーは クロスにとったムースを直接つけると シミの原因になりかねないので、クロスにムースをしっかり馴染ませてから拭いていく。

care003

クリーナーを使用した場合は クリーナーが完全に乾いてから デリケートクリーム でオイル入れをしら後、布で浸透しなかったクリームを取り除きながら全体を磨き、磨き終えたら形を整えて 乾燥するまで陰干しして終了。

クリームは 塗りすぎないようクロスに少量つけて 円を描くように薄く伸ばしながら 万遍無く均等に馴染ませていく。

ヌメ革も油分が不足している状態では スポンジのようにオイルを吸収していくが、同じ箇所で重ね塗りせず 全体に薄く塗ってから、油分が足りないようなら再度 全体的にオイルを入れていく。

ヌメ革のトラブル

ヌメ革は しっかりメンテされた状態で 2 年程 使い込めば 表面に油膜が形成されて 水滴を弾くようになるが、使い始めから1年くらいは 水分が革の内部に浸透して輪染みになる。

nume007

一度 できてしまった輪染みは消すことが難しいため、雨などの水滴が革についたら できるだけ早く水滴を拭き取り、濡れタオルなどで水滴が付いた付近を中心に水拭きする。

輪染みは 革に浸透した水分によって油分が移動してできるため、水拭きで水分を均等に与えて油分を分散させることで輪染みを防止できる。
水拭きした後は 革が硬化するので、完全に乾燥してから デリケートクリームでオイル入れをする。

leather-care-knowledge015

普段の使用によって付く 小さな傷などは 革が変色する過程で目立たなくなるが、ヌメ革は補色ができないため 引っ掻き傷などの大きな傷は補修できない。

nume008

過度のオイル入れ や 湿度の高い場所で保管していると 表面に 黒カビ が発生し、一度発生すると除去するのは難しいため、保管場所 や メンテナンスの頻度には注意し、使用頻度の低い製品は 定期的に陰干しする。

革製品の基本的なケア

革製品の手入れで 毎日行って良いのは ブラッシング乾拭きで、表面に付着したホコリ や 汚れ取り を取り、皮革に含まれている 脂分 や 水分 を利用して 自然な光沢を出す作業になる。

care006

皮革の表面に ホコリ が付着すると 脂分 や 水分 を吸収して乾燥させるだけでなく、毛穴に詰まると革が呼吸できなくなるため、ブラッシングでホコリを取り除いた後に 乾拭き をする。

クリーナー や クリームを使用した手入れの頻度はケース・バイ・ケースで、使用頻度皮革のコンディション によって変わるため、◯日に1回というルーチン化では 革を傷めることにもなりかねない。

革靴の手入れ

革靴も 使用頻度 や 革の状態に応じたケアが必要で、牛革のスムースレザーを使用した革靴に栄養を補給して コンディションを整える場合は ブラッシング ( 汚れ落とし )・クリーナー・靴クリーム の順で作業する。

馬毛ブラシ
靴についているホコリや 汚れ等を取る際に使用する基本用具。
アプライブラシ
靴クリームを塗るときに使用するブラシ。
ポリッシャーブラシ
手入れの仕上げに使用するほか、アプライブラシで伸ばした靴クリームを馴染ませるのにも適している。
クリーナー
M・モウブレイのステインリムーバー は 保革・ツヤ出しの成分を含まない純粋なクリーナーで クリーナー効果も高い。
靴クリーム
乳化性の靴クリームは 革に栄養を与えるだけでなく ワックス成分も入っており、色付きのものには補色効果もある。
シューキーパー
型崩れを防ぎ、形を整える。
ハイポリッシュ ( 油性靴クリーム )
油性で ワックス効果が高いあため ツヤ出しと保革を目的として使用する。

shoecare001

紐靴の場合は紐を外してから 型を整えるために シューキーパーをセットする。

shoecare004

ブラシでホコリ や 汚れを落としていく。

コバの部分 や 革底の場合は 底の汚れも取り除く。

shoecare006

左右のブラッシングが完了したら、クリーナーを使用して表面の古い靴墨 や ワックスを落とす。

モウブレイ ステインリムーバーは 布に取ると吸収してしまうが、少量でも十分なクリーナー効果があるので、靴の表面からクリームを落とす感じで 全体に拭いていく。

shoecare008

クリーナーで古い靴墨を落としたら、表面を乾かす間にコバを同色の靴クリーム や ハイポリッシュで補色する。

shoecare009

クリーナーが乾いたら アプライブラシ や 布を使用して 靴全体にクリームを 薄く伸ばす。

クリームを塗り過ぎないように注意する。

shoecare010

伸ばした靴クリームを ポリッシュブラシを使用して 靴に擦り込む感じでブラッシングしていく。

タン(ベロ)の部分なども しっかりとブラッシングする。

shoecare012

最後に布で浸透しなかった靴クリームを取り除きながら 靴全体を磨きあげる。

shoecare014

余ったクリームを完全に取り除き、乾拭きをするほどツヤがでる。

更にツヤを出したい場合は ハイポリッシュ ( 油性ワックス ) で磨く。
手入れした靴を 履かずに 収納する場合は 2 ~ 3日 陰干して 完全に乾燥させ、木製のシューキーパーの使用を推奨。

靴の湿気とシューキーパー

1日に足から出る汗の量は 両足でコップ 1 杯分 ( およそ200ml ) と言われ、半日履きっぱなしの靴は 片足でコップ半分に近い水分を吸収していることになるが、水分の多くは水蒸気なので 短靴の場合は大部分が履き口から外に出ており、靴が吸収するのは 1 ~ 2割程度 ( 大さじ2杯 ) になる。

数足の靴をローテーションで履いたほうが長持ちする というフレーズは靴屋の常套句だが、靴の湿気を飛ばして形を安定させるためにも非常に有効で、1日履いた靴は一晩で乾燥しないため 続けて使用すると 半乾きの状態で履くことになり、靴の中は常に湿った状態で雑菌の温床になる。
季節にも左右されるが 1日履いた靴は 2 ~ 3日は陰干ししないと乾燥せず、靴箱の中は湿度が高いため 履いた靴を 靴箱に入れるのも厳禁。

care001

靴を休ませる ( 乾燥させる ) 際には シューキーパーを使用することで 型崩れを防ぐことができるほか、木製のシューキーパーは 木が靴の中の湿気を吸収するので効果的。

木製のシューキーパーは水分を含むためにカビが発生することがあるので 時々は陰干しが必要。

木製のシューキーパーで使用されている レッドシダーアロマティックシダーなど エンピツビャクシンは ヒノキ科 に属する針葉樹 で 独特の香り と  防虫・消臭効果がある

レザージャケットのオイル入れ

本革ジャケットの日常的な手入れは ブラッシング乾拭き で、オイル入れは 表面が乾燥し始めてからでも遅くはない。

過度なオイル入れは カビが発生する原因になるため、ツヤ出し程度であれば 保革効果のある レザーソープ を使用する。 
馬毛ブラシ
ホコリや 汚れ等を取る際に使用する基本用具。
コロニル レザーソープ

界面活性剤を主成分としたムースタイプのクリーナー。
ラナパー

鉱物油のワセリンを主原料にしているのが特徴で、ワセリンのほかには 蜜蝋・ラノリン ( 羊毛脂 )・ホホバオイルなどを含んでおり、保革・撥水・抗菌・艶だし が行える。

ラナパーにクリーナー効果はないので 汚れ落としは レザーソープを使用する。

レザージャケットの保管

オイル入れをしたレザージャケットは しっかりと乾拭きをし、保管する場合は 数日 風通しの良いところで陰干しをして乾燥させ、着用せずに長期間 保管する場合は 定期的に陰干しをする。

ホコリ防止でビニール袋をかぶせたり、オイル入れした直後にクローゼットに入れると カビが発生する原因になる。

コート など 冬用のアウターは 湿気を多く含んでいるため、レザージャケットをアウターに密着させた状態での保管も避ける。 

Puレザーなどの人造皮革で使用されている樹脂も 湿気を吸収して劣化するため、湿度の高い場所での保管を避ける。

 関連記事

Reports-icon

パスワードの安全性とデジタルストレス

安全性に比例して煩雑化する認証方法とデジタルストレス スマートフォンの普及により生活のデジタル化が進み、コロナ禍によって働き方も大きく変化したが、同時にサイバーセキュリティのリスクも高くなり セキュリティ対策は複雑化して […]

Reports-icon

パスワードの管理

パスワードの管理方法 と 漏洩リスク ログインID と パスワードを使用した認証方法では アカウント情報が流出すると 第三者からアクセスされる可能性が高くなり、悪用されると アカウントの乗っ取り や ドコモ口座 不正預金 […]

dvdfab-icon

DVDFab の ライセンス認証解除と再認証の手順

パソコンの引越し時に必要な DVDFab・StreamFab の ライセンス 認証解除 と 再認証 の手順 DVDFab は 製品をアクティベートすると パソコンのハードウェア情報に紐付けられて ユーザー情報 として保存 […]

2checkout-icon

2Checkout Payment の決済方法と定期購読の停止

グローバル決済サービス 2Checkout での決済とサブスクリプション ( 定期購読 ) の停止方法 2Checkout は 海外アプリの決済サービスで多く使用されている eコマース 全般のシステムを提供しているグルー […]

dvd-shrink0011

ビジネスメールの基本とマナー

仕事でメールを使用する際に知っておくべき基本 と ビジネスメールのエチケット マナーは 社交上の礼儀 、エチケットは 人間関係を円滑にする慣習 を意味するので、日本の ビジネスマナーは 英語で ビジネスエチケット と表さ […]