スポンサーリンク

自作PCの組立に必要な工具

スポンサーリンク

パソコンを自作する際に必要な工具と便利なサプライ製品を紹介

パソコンを自作する際に不可欠なのは「 プラスドライバー 」のみで、100 円ショップ で販売している物でも 問題ないのだが、工具の良し悪しで作業効率が大きく変わるのも事実なので、他の工具はともかく 自作する際の プラスドライバー だけは それなりに良い工具の使用をオススメ。

home-built-pc-tools-004

PC ケースによっては「 ツールレス 」を謳っているものもあるが、その多くは HDD などのドライブや PCIe への増設ボード が ツールレス で接続できるだけで  マザーボード などの固定には ドライバーが必要。

必須の工具

一口に プラスドライバー と言っても 先端の細さや強度 , グリップの形状 , 素材 など種類は様々。

PC の自作でオススメは「 マグネット付き 」「 少々長め 」「 ボールグリップ 」のドライバー。
特に先端のマグネットは 作業効率に雲泥の差が出る。

プラスドライバー

マザーボード を固定する際など 短いドライバー では力が入りにくく 作業もしづらい。
また ケー スファン を増設するなら 力が入りやすいドライバーは必須。

ドライバー の長さは好みもあるが 個人的に 100 mm が使いやすい。
実際の制作では No1 か No2 のドライバー 1本で良いが 2 本揃っていると更に使い勝手が良くなる。

あると便利な工具

必須ではないが 揃えておくと重宝する工具。

通常なら下記の道具がなくても 自作パソコン は何の問題もなく組み立てられるが、配線などで指先が届かない場合など 行き詰まったときに活躍するケースが多いので揃えていても損はない。

ラジオペンチ・リードペンチ

ラジオペンチ と リードペンチ を両方揃えるのは贅沢だが 道具にこだわるなら両方欲しいところ。
ラジオペンチが一般的だが 自作PC では リードペンチ の方が使いやすい。

リードペンチ は ラジオペンチ の先に ギザ がないものなので、その名の通りリード線 などを挟むのに適している。
同じ作業を ラジオペンチ で行うと ギザ の跡が付いてしまうが リードペンチだと傷をつけることがない。
自作 PC で使用する際は ペンチ で挟む対象物が小さい場合が多いため 先端の細いペンチがオススメ。

エンジニアの ミニチュアラジオペンチ と リードペンチ は パソコンのパーツにとって天敵とも言える静電気を放電する ESD 工具。

ピンセット・ネジザウルス

ラジオペンチ や リードペンチ に比べると ピンセット は使用頻度が落ちるものの、あると何かと便利。

ネジザウルスは ネジ山が潰れた ネジ を外すことに 特化したツールなので ピンセットよりも使用頻度は低い。

マイナスドライバー・帯電防止手袋

パソコンの組立には プラスドライバー があれば事足りるが マイナスドライバー は ネジを回すだけでなく 色々な用途に使えて非常に便利。

home-built-pc-tools 018

パソコンを自作する際は 作業前に金属に触れて 身体に帯びている静電気を放電するのが慣例だが、静電気が気になる場合は 帯電防止手袋がお勧め。

パソコン内のパーツは鋭利なものが多く 擦り傷や切り傷を作ることが多いため 帯電防止手袋 は静電気対策と手の保護ができて 一挙両得。

精密ドライバー

精密ドライバー は デスクトップ PC の組み立てにはほとんど使用しないが、SSD を 3.5 インチ変換マウンタに固定する際など 2.5 インチドライブ や スリム BD / DVDドライブ などの固定 , ラップトップ PC の裏蓋を外したりする場合などに必要になる。

精密ドライバーは小型のものが多いが 図のタイプは柄の部分が長くて使いやすい。

ケース

Home built PC Tools 001

ケース に収めると結構立派なツールセットになるが、実際にパソコンを組み立てる際には プラスドライバー 1 本 と リードペンチ 程度 しか使用していない。

取り敢えず 道具が好きで 何事も形から入りたいなら 一通り揃えておくのもあり。

あると便利なサプライ製品

無くても全く問題はないが あると便利な サプライ製品。

結束バンド

ケーブルをまとめるためアイテムで 裏配線にしない場合は ケース内部のエアフローも考慮して ケーブルはきれいに束ねておく。

セロテープ や 輪ゴム では劣化が早く ケーブルを汚すので使用は避ける。
ネジ

インチネジは 3.5 インチ のドライブを固定のほか ケースの固定などに使用されている汎用性のあるネジ。

インチネジは PC ケースに付属しているが 潤沢に用意されているわけではないので 予備として持っていると安心だが、足の長さや細さが異なるので 使用目的が決まっている場合は サイズに要注意。

テーパーネジ は ケースファン の増設時に使用するもので、ファン購入時に付属していることもあるが ケース ファンを増設するなら同時購入を推奨。

グリス

グリスは CPU から ヒートシンク へ 熱伝導 を高めるために使用するが、リテール品の CPU クーラーには熱伝導シートが貼ってあり、別売りの CPU クーラー には グリス が付属していることが多いので、頻繁に CPU クーラー を換装したり CPU の冷却効果を見直すようなことがなければ 別途 購入する必要はない。

シルバーグリス は 一回で 米粒 1つ 程度しか使用しないため 1本あれば結構長持ちする。

グリスによって CPU の冷却効果は変わってくるが、その差が重要になるのは OC して CPU に高負荷をかけるような特殊ケースなので 普通に使用するならリテール品でも問題ない。

シリコングリス用の ヘラ も存在するが CPU にグリスを塗布して CPU クーラー に押しつけ「グリグリ」するか 代用品を使用すれば ヘラ は不要。

グリスクリーナー

グリスクリーナーは CPU の表面 や クーラーのヒートシンク部分 にこびりついている グリス を取り除くもので CPU や CPU クーラー の換装時に使用する。

自作をサポートするケーブル類

基本構成から卒業したら必要になってくるケーブル類。

二股ケーブルはマザーボードのコネクタに差して使用するタイプなので サイドフローの CPU ファンをツインにする場合など 後 1つという時に便利。

PWM ( パルス幅変調 ) 制御付きの分岐ケーブルは 接続するファンは全て同じ制御になるが UEFI / BIOS で ファンの回転数 を設定できるが、MB や 使用するファンが PWM に対応していることが前提。
延長ケーブル

裏配線をする際 ケースの大きさやケーブルの取り回し方などによっては必要になってくる。

24pin 主電力の延長ケーブルはほとんど使用しないが 12V 4pin ケーブルは 裏配線にすると長さが足りないことが多いので延長ケーブルは必須。
SATA分岐ケーブル

ドライブ増設時 など SATA が不足した際に 利用する。

分岐ケーブルは  1本 の電源ケーブルから多数の分岐を作るため、電源ユニットの 12V の出力 が低いと 電力の安定供給に支障が出る。
スリムラインSATAケーブル

Mini-ITX のマザーボードを使用して小型 PC を作成する場合など スリム光学ドライブを搭載する際に必要になるのがスリムライン SATA ケーブル。

長すぎるとケーブルのやり場に困り 短いと使い物にならないので、マザーボードから光学ドライブまでの距離をしっかりと見極める必要がある。

関連記事

Motherboard-icon

自作PCの組立に必要な工具

パソコンを自作する際に必要な工具と便利なサプライ製品を紹介 パソコンを自作する際に不可欠なのは「 プラスドライバー 」のみで、100 円ショップ で販売している物でも 問題ないのだが、工具の良し悪しで作業効率が大きく変わ […]

dvd-shrink0011

自作パソコンの基礎知識

パソコン を 自作する前に知っておきたい基礎知識 自作パソコンの醍醐味は 使用環境によって パソコン のスペックを自在に変更できるところで、性能 , ・省電力・静音性・見た目 など 市販の PC よりも 目的に特化した仕 […]

Motherboard-icon

自作パソコンの基本的な組立て方

デスクトップパソコンの組み立て方 と 注意点 自作パソコンは パーツの設置 と ケーブルの接続だけで 組み立てることができ、ノーマルな PC であれば 組み立てに専門知識 や 技術は必要なく、プラスドライバー 1 本 で […]

Motherboard-icon

メンテナンスの基本 – パソコン内部の掃除

パソコンの寿命に関わる 意外と重要なパソコンの物理的なメンテナンス パソコンは 発熱するパーツが多く パーツの冷却が正常に行われないと 異常発熱 や 異音、異臭 などが発生するだけでなく、場合によってはパーツが損傷して […]

Motherboard-icon

PC のトラブルシューティング

ハードウェアに起因するパソコンの不具合と対処法 パソコンを自作する際に発生する パソコンが起動しないなどの不具合は、パーツの相性 や 初期不良より 差し込みが甘いなどの初歩的ミスが原因の場合が多く、不具合発生時は 思い込 […]

スポンサーリンク
スポンサーリンク
自作パソコンの基本
Easy Innovation Zone
タイトルとURLをコピーしました