Huawei 問題の舞台は米中貿易戦争 へ

スポンサーリンク
Apps-File-News-icon

セキュリティ懸念はスパイ容疑に拡大

昨年末に次世代通信規格「5G」や日本政府機関の調達先から排除されたHuawei。

Apps-File-News-icon

国内でも Huawei・ZTE の排除が本格化

国内のキャリア大手も中国製品の排除を発表 今年の夏に日本がオーストラリアとともに次世代通信規格「5G」からHuaweiとZTEを排除する方針を固めたという報道があり、その流れがようやく本格化してきた。 2018/11/2 […]

デバイスにバックドアが仕組まれているという報道に猛反発し、その後セールなどもあって2019年1月23日の「BCNランキング」日次集計データではアップルのiPhoneに続き3位、Androidデバイスでは実質1位という結果が出ている。

Huawei P20 liteがTOP3にランク入り! 今売れているスマートフォンは?link

その一方で1月12日にはポーランドでHuaweiの社員がスパイ容疑で逮捕。

ポーランド、ファーウェイ社員など逮捕 スパイ容疑でlink

Huaweiは無関係だと主張し、逮捕された社員は解雇。
ポーランド当局もスパイ行為は個人的な犯行と発表していたのだが。。。



2019/01/28
米国司法省は米企業からの技術のスパイ行為やイラン制裁への違反などの罪で最高財務責任者(CFO)の孟晩舟とHuaweiを起訴し、カナダへ孟晩舟の身柄引き渡しを要請。

米司法省、中国ファーウェイを起訴 制裁逃れと企業秘密窃取の疑いlink

他企業の機密情報を盗ませ、その情報の重要度に応じて社員にボーナスを払っていたとも報道されており、これらが事実であれば以前から噂されていたことが明るみに出たことになる。

米中貿易摩擦は悪化する一方で、Huaweiはその槍玉に挙げられている感がしないでもないが、これまでHuaweiやZTEなど中国製の機器が「セキュリティ面での懸念」から排斥されてきたことに対し、昨年末からの動きはHuaweiという企業そのものへの疑念と糾弾に変化してきている。

「バックドアが仕組まれている可能性があるスマホ」というより、「他社から技術を盗んで作ったスマホ」というほうがイメージは悪い気もするが、その企業の端末がAndroidデバイスで最も売れているというのは、なんとも皮肉な話。





関連記事

Apps-File-News-icon

トレンドマイクロから個人情報流出

ウイルスバスターを開発しているトレンドマイクロから流出した個人情報が詐欺犯罪に利用 国内のセキュリティソフトで大きなシェアを持っているウイルスバスターを開発しているトレンドマイクロが、2019年11月6日 元従業員の不正 […]

Apps-File-News-icon

Dropbox Plusが値上げ

Dropboxの有料プランが機能を強化して値上げ 1週間前ほど前にアナウンスされていた気もするが、Dropboxから有料プラン「Dropbox Plus」の値上げに関するメールが届いた。 これまで月払いで月額1,200円 […]

Apps-File-News-icon

ARMもHuaweiと取引停止を発表

アメリカの禁輸措置に従い 英国のARM もHuaweiと取引停止 2019/05/23 ソフトバンクグループが買収した英国「ARM」が、Googleに続きアメリカの禁輸措置に従い、Huaweiとの取引を停止したと報じられ […]

Apps-File-News-icon

GoogleがHuaweiへのアプリ提供を一部停止に

米国 Huawei関連企業69社に対して禁輸措置 2019/05/14 「安全保障上の懸念がある外国企業」としてエンティティー・リストにHuaweiなど中国企業6社が追加され、ファーウェイ・ジャパンを含むHuawei関連 […]

dvdfab-icon

DVDFab11 v11.0.2.6で無料版と枚数制限を実装

DVDFab の無料版に DVDリッピング・ Blu-rayコピー ・ Blu-rayリッピング を追加 DVDFab.cnは2019年4月20日に公開したDVDFab バージョン11.0.2.6で DVDFab DVD […]