IIJmio と PIXELA PIX-MT100 でネット回線を復旧

スポンサーリンク
Reports-icon

IIJmioのデータ通信セットアップ手順

先日直撃した台風21号の影響により、契約している「eo光サービス」に障害が発生して使用不能になった。
2018年9月4日の当日、生々しい惨状を目の当たりにしながら、20時頃から2時間歩いて帰宅したので障害の発生は納得できる。
ただ、発生から1週間経ってもeo光サービスは復旧の目処が立っていない。

IIJmio002

台風21号による障害専用の問い合わせフォームができたのは、障害発生から3日経った9月7日で、そのフォームには「対応について目処が立っていない」と記されており、送信内容の受付けがSMSで送られてきたのも4日後。
相当に混乱していることが推測される。

eo光では「ひかり電話」も契約しているため、eoの回線が復旧しないと固定電話も使用できない状態が続くことになり、何かと不都合が多いのだが、その状況下で対応の目処が立っていないと言われると復旧を待つ気にもなれない。

コストはかかるが、ひかり電話をNTTのアナログ回線へ戻した上で、つながりにくいサポートに電話をかけまくってeo光サービスを解約し、別のネット回線サービスを契約。
回線開通までには最短で2週間ほどかかるものの、いつ復旧するのか分からない状況下で待つよりも、期限がはっきりしているだけマシ。

ただ、すでにネット回線が切断されて5日。
スマホとタブレットで急場を凌いでいるもののPCが使えないと不便なので、使用してるYモバイルよりもデータ通信料が割安で、2年縛りなどもない「IIJmio」のSIMをAmazonで購入。
ついでにPIXELAのLTE対応USBドングルも試しに買ってみた。



IIJmioのデータ通信

IIJmio(アイアイジェイミオ)のSIMはAmazonで販売されているので、プライム会員であれば最短で翌日に届く。

データ通信専用のSIMには解約時に違約金などは発生しないが、音声通話付きの場合は1年以上使用しないと「音声通話機能解除調定金」が、残期間一ヶ月につき1000円必要になるため要注意

IIJmio003

SIMにはドコモバージョンの「D」とauバージョンの「A」があり、SIMの形状も「ナノ」「マイクロ」「標準」と揃っている。

スマホで利用する場合は、使用する機種のSIMに合ったサイズを選択。
PIXELAの「PIX-100MT」はMicro SIMなので、「D」のMicro SIMを購入。

IIJmio004

サクッと翌日に到着。
「ウェルカムパック」を開くと、セットアップの説明書きにSIMカードが張り付いている。

IIJmio005

はじめにIIJのサイトにアクセスして会員登録が必要。
PCが使用できないため、スマホでQRコードを読み取ってアクセス。

IIJmio006

「mio会員登録・お申し込み」をタップ。

IIJmio007

申し込みに当たっての注意事項などが表示されるので、内容確認後にチェックを入れて「次へ」。

IIJmio008

「パッケージを購入済み」「SIMカードあり」をタップ。

IIJmio0081

START PASSに記載されている電話番号とパスコードを入力。

IIJmio009

START PASSはSIMカードが添付されているカードのこと。
データ通信の場合、電話番号は020から始まっていたりする。

IIJmio010

紹介コードがあれば入力して「次へ」。

IIJmio011

購入したパッケージが表示される。

IIJmio012

端末は「SIMのみ購入」を選択して「次へ」。

IIJmio013

回線は「タイプD」、SIMカードの機能は「データ通信専用SIM」。

IIJmio014

プランと大容量オプションを任意で選択して「次へ」。

IIJmio016

氏名などの基本情報を入力。

IIJmio017

受信可能なメールアドレスを入力して「認証コードをメール送信」をタップ。

IIJmio018

IIJmioから「mail address confirmation」というタイトルで認証コードが届く。

IIJmio019

IIJmioの登録画面に戻ってメールに記載された認証コードを入力。

IIJmio020

mioパスワードを任意で設定。

IIJmio024

クレジットカード情報を入力。

IIJmio021

お知らせの受信設定を選択したら「次へ」。

IIJmio022

申し込む内容が表示されるので再度確認の上、間違いがなければ「この内容で申し込む」をタップ。

IIJmio023

mioIDが発行されて申し込み完了。

mioIDはIIJmioのログイン時に必要なので必ず控えておく。
IDはメールでも送信されるので要確認。

PIXELA PIX-MT100のセットアップ

PIXELAのPIX-MT100はLTE通信が可能なUSBドングル。
ドングルとは本来ソフトウェアの不正利用を阻止するための物理キーで、USBポートに差し込むことでソフトの利用が可能になるのだが、現在はUSBなどに接続する小型デバイス全般を表すようになった。

PIX-MT100はWiFi機能のないPCでも利用でき、同時に他のデバイスからWiFi接続も可能になるスグレモノ。

WiFi機能がない場合、WiFi子機を購入してスマホのテザリング機能を利用するのが最も手っ取り早いのだが、利用期間が長期に及ぶときは専用デバイスは使い勝手が良い。

IIJmio025

IIJmioのSIMを使用する場合は、APN(Access Point Name)の設定が必要になる。

IIJmio026

IIJmioのSTART PASSからSIMを取り外す。

IIJmio027

PIX-MT100にセット。

IIJmio028

パソコンのUSBコネクタに挿す。

IIJmio029

ChromeやFirefox、Edgeなどのブラウザを起動して、アドレスバーに「192.168.0.1」と入力。

IIJmio030

工場出荷時の設定は、ユーザー名「admin」、パスワード「admin」なので、入力してログイン。

IIJmio031

「設定」の「モデム設定」を開いて下記の情報を入力。
※ウエルカムパックの「Androidをご利用の方」に記載されている内容と同じ。

APN:iijmio.jp

認証タイプ:PAPまたはCHAP

ユーザー名:mio@iij

パスワード:iij

すべて入力したら「適用」をクリック。

IIJmio032

APNを設定すると自動的に再起動してモバイルネットワークが使用可能になる。

IIJmio034

PIX-MT100を直接パソコンに挿している場合、PC側がPIX-MT100を自動認識するので、APN設定後のPIX-MT100はWiFiを実装していないデスクトップなどでも、USBに接続するだけでインターネット接続が可能になる。

IIJmio035

デスクトップなどにPIX-MT100を接続して使用してる場合でも、他のデバイスからWiFi接続も可能。

IIJmio033

接続直後の通信速度。
通信速度は決して早くはないが、予想以上に重宝していたりする。





関連記事

protonmail-icon

ProtonMail custom domain – 独自ドメインの追加

ProtonMail で 独自ドメイン のメールを送受信する  ProtonMail は「 Prus 」以上の 有料プランで 独自ドメイン の追加が可能で、暗号化される ProtonMail のメールサーバ で 独自ドメ […]

nas-icon

Synology Diskstation での Resillo Sync 利用方法

P2P タイプのファイル同期ツール Resillo Sync を Synology Diskstation で利用  Resilio Sync は BitTorrent Inc の独立企業として設立された Resilio […]

nas-icon

Synology Diskstation の ダイナミックDNS導入

Synology Diskstation の ダイナミックDNS 導入 と HTTPS 接続 Synology の 独自OS「 DSM 」では DDNS や SSL 証明書 の取得 が非常に 簡略化 されており 小難しい […]

dvd-shrink0011

ビジネスメールの基本とマナー

仕事でメールを使用する際に知っておくべき基本 と ビジネスメールのエチケット マナーが「 社交上の礼儀 」を意味し エチケットは「 人間関係を円滑にする慣習 」を意味するので 日本の ビジネスマナーは 英語では ビジネス […]

gmail-icon

Gmail の 委任設定「代理機能」

Gmail へのアクセス権限を付与する代理機能 Gmail には 自身のメールアカウント への アクセス許可を付与する「 代理機能 」が実装されており、アクセス権限を付与された 代理人は  メールの 閲覧 / 送信 / […]