Make an Earthenware – ヤコ オーブン陶土で土器を制作

スポンサーリンク
Reports-icon

オーブンで焼成が可能な ヤコのオーブン陶土を使ってオリジナルのウォーターディッシュを作成

以前からオカヤドカリ用に 海水と真水を同時に入れることができる 半分に区切った水入れを探しているのだが、なかなか市販で手頃なものがなく「自分で作れないものか」と Amazon を物色して見つけたのが 家庭のオーブンで焼成が可能な ヤコのオーブン陶土。

陶芸はもちろん粘土細工などの造形未経験でも オーブンさえあれば 不細工ながら それっぽい土器が作れてしまう。

用具

オーブン陶土の手引書には「 代用品でも可 」となっているが、陶芸や粘土細工の趣味でもなければ、代用品になるものを探すのが一苦労だったりするので「 たたら 」で使用する板や「 のし棒 」は購入したほうが良いかも。

オーブン陶土セットに付属している手引書には「たたら作り」のほかにも、たたら板やのし棒などを使用せず 手で整形していく「 玉作り 」や「 手ひねり 」などの作り方も掲載されているので、道具を揃えるのが面倒であれば 「 オーブン陶土セット 」だけでも可。

「 たたら 」とは日本古来の製鉄法である「 たたら製鉄 」に由来し、鉄を叩いて伸ばす製鉄作業のように 陶土を伸ばす製法を「 たたら作り 」というらしく、陶土の厚さを均一にするための「 たたら板 」と 陶土を伸ばす「 のし棒 」を使用をする。

たたら作りは陶土を板状にするのだが、単純に円形の器を制作する場合、器の円周は「 直径 x 3.14 」で 直径 10 cm の器は 長さ 31.4 cm の細長い状態に陶土を伸ばす必要があるため、伸ばす長さ取りも極端に短い「たたら板」は使いづらい。

ヤコの 「たたら板・のし棒セット」の「たたら板」は 長さ30 cmなので、素人が使う分にはちょうど良い長さだったりする。
のし棒は丸棒であれば代用が利くので、代用品があれば「 たたら板 」のみ 5 mm 厚の板を用意する。

ハケは「オーブン陶土セット」に1つ付属しているが、食器として使用する際にはコート剤を塗布する必要があるので、「ドベ用 」と「 コート剤用 」があると便利。

「 スパチュラ(ヘラ) 」はあれば便利な程度で無くてもなんとかなるが、ガーゼは陶土が下敷きや型に張り付くのを防止するために使用するので必須。

オーブン陶土セットBasic は 陶土 / コート剤 / ハケ と 手引書が含まれている ビギナー向けのセットで、 大きめのマグカップが1個作れる感じ。

たたら作りで制作

「たたら作り」が優れているのは ズブの素人でも手早く厚みを均一にすることができ、成形作業が比較的 簡単なため 陶土が乾燥する前に仕上げることができること。
実際に作業をすると分かるが、陶土は意外と早く乾燥するので 成形を短時間で済ませるのがポイントかも。

make-an-earthenware-001

ニスを塗ったベニヤ板を作業台にしてガーゼとたたら板をセット。
たたら板は  厚 0.5cm 幅 8cm  長さ60cm の バルサ材 を半分に切ったものを利用。

make-an-earthenware-002

オープン陶土は 5インチのスマホより1回り大きいくらいで 思ったよりも小さかった。

1袋で大きめのマグカップが作れる程度。

make-an-earthenware-003

オカヤドカリ用の「水入れ」を試作するため 型に器を用意。

make-an-earthenware-004

手引書の通りに型をガーゼに包んで輪ゴムで止めてみたものの、器を逆さにした感じで使用したいので、すでに この時点で手引書から微妙に脱線。

make-an-earthenware-005

型の準備ができたらクルミ大くらい大きさの陶土で「ドベ」を作る。
開封した陶土は ドベを作っている間に乾燥しないよう しっかりと密封しておく。

「ドベ」とは陶土に水を加えてマヨネーズほどの固さにしたもので、接着剤 や パテ のような使い方をする。
ちなみに 陶土と水はなかなか混ざらないので ベシャメルソースを作るような感じで、始めは土と少量の水を馴染ませ、馴染んできたら更に水を加えていくと良いかも。

make-an-earthenware-006

ドベ と 型 の用意が整ったら まず 器の底 になる部分を作るため 適量の陶土を たたら板の間において のし棒でしっかりと伸ばしていく。

当たり前だが 基本的に 縦方向 にしか伸びないので 必要な大きさになるよう 陶土の向きを変えながら 伸ばす。

make-an-earthenware-007

伸ばした陶土に 型を置いて 型よりも 数ミリ 外側をパレットナイフなどでカットしていく。

make-an-earthenware-008

手引書のように上手くカットできなくても気にしない。

make-an-earthenware-009

器の側面になる部分は 直径 x 3.14 の長さ+ 1cm を目安に 陶土を継ぎ足しながら 必要な長さにした後で、器 側面の高さに合わせてたたら板や定規などを使って 余分な部分をカットする。

make-an-earthenware-010

だいぶ長くなったので余った部分はカット。

make-an-earthenware-011

接着面にドベを塗って接合。

内側がしっかりと接着しているのか不安を残しながら、表面の切れ目を指でなぞって消していく。

make-an-earthenware-012

底面にも接着部分にドベをしっかり塗布。

make-an-earthenware-014

随分といびつな感じになっているが、ここで側面と底面をしっかりと馴染ませ、全体的に成形していく。

で、手引書では接着面をならした後、ガーゼを残したまま型を先に取り除くことになっているが、まず輪ゴムの位置が天地逆になっており、そもそも半円のような形なので型を取り除くには 器の口を広げる必要がある。

この時点で 結構 グダグダな感じになってしまった。

make-an-earthenware-016

海水と真水を入れるため器の中央に区切りを作り、ドベを塗りたくって接合部分にある微妙な隙間を埋めていく。

一応 これで成形は終了。
室外か室内かで悩んだが、冬場で室内も乾燥気味なので そのまま室内で乾燥。

earthenware-017

一晩 乾かすと底と側面の接着部分の一部にヒビが入っていたので 再びドベで穴埋め。

手引書には記載がないので、やって良いのか微妙だが、この時に再びドベを全体に塗りたくっている。

earthenware-018

3日目ほど乾燥させると 陶土の色が白っぽくなってくる。

底をしっかりと乾燥させるために天地を逆にしたりしながら 何となく6日間 自然乾燥。

earthenware-020

オーブンで焼成する際、温度は 170 度 に設定したものの、ここで新たな疑問が湧いた。
「予熱」は必要なのか。。。。

手引書には 170℃ 設定のオーブンで 40 ~ 50 分 と記載があるだけで 予熱については触れられていない。
で、お菓子やパンではないため 予熱は不要だという結論に至って、予熱なしで 170℃ 設定のオーブンで 45分 焼成 したものが上図。

ヒビが入ることもなく 意外にも いい感じに焼き上がってしまった。

earthenware-021

2時間ほど放置して しっかりと冷ましてから 食器用のコート剤「Yu~」を全体に塗布。

特に内側は念入りに塗ったりした。

earthenware-022

数十分でコート剤が乾燥してベタつきがなくなるので 再びオーブンへ。

earthenware-024

今度はアルミホイルを敷いてから 110℃ 設定で 20 分 焼く。

earthenware-023

器が完全に冷めてから、水漏れしていないかチェックするため、ティッシュを敷いた上に半分づつ水を入れて様子見。

earthenware-026

水漏れもなく、いびつなのも 水槽内で良い感じに溶け込んでいるので 取り敢えず試作は成功。

ただ、器が若干 大きかったので サイズを変更して再チャレンジ。

2度目の制作

earthenware-001

型に PPテープの芯を使用。

earthenware-002

陶土は 紅陶 link 。

前回よりも二回りくらい小さく 高さも抑えたので 紅陶 1袋で 2個 作成することができた。

earthenware-003

同じ色では芸がないので 前回使用した陶土のドベを塗ってみた。

earthenware-004

乾燥させること4日。

earthenware-005

前回同様 170℃ で 45分間 焼成し、 コート剤「Yu~」を塗布して 110℃ で 20分。

なかなか 味のある ? 餌入れ&水入れ が完成。

earthenware-006

earthenware-007

今回は2つとも良い感じに収まった。





関連記事

2checkout-icon

2Checkout Payment service の決済方法と定期購読の停止

グローバル決済サービス 2Checkout での決済とサブスクリプション ( 定期購読 ) の停止方法 2Checkout は 海外アプリの決済サービスで多く使用されている eコマース 全般のシステムを提供しているグルー […]

googlecalendar-icon

Telework Mgt with Google Calendar – Googleカレンダーでテレワーク管理

即席テレワークに活用できる Googleカレンダーの共有機能 テレワークは 特定の仕事場にとらわれない働き方を指す造語で、在宅勤務とほぼ同義になっている。 通勤で疲弊しているサラリーマンにとって「 在宅勤務 」は 憧れの […]

Reports-icon

Make an Earthenware – ヤコ オーブン陶土で土器を制作

オーブンで焼成が可能な ヤコのオーブン陶土を使ってオリジナルのウォーターディッシュを作成 以前からオカヤドカリ用に 海水と真水を同時に入れることができる 半分に区切った水入れを探しているのだが、なかなか市販で手頃なものが […]

Reports-icon

Essential Phone – ハイエンドモデル Essential Phoneの沿革

流星のごとく現れて 消えていった ハイエンド Androidスマホ Essential Phone のまとめ Essential Phone は Android の生みの親 とされる Andy Rubin 氏が 2017 […]

Reports-icon

Synology Diskstation DS218J – 多機能NASの活用法

メディアサーバやクラウドストレージ一元管理の設定方法 Synology Diskstation は 分かりやすい Synology 独自の OS 「 Synology DiskStation Manager (DSM)  […]