スーツの国内生産数の推移と価格

Suits-icon

スーツの国内生産数の推移 と 時代背景

アパレル業界は 景気が悪くなると真っ先にダメージを受け、景気が回復しても最後まで影響を受けないため 盛者必衰の理が目まぐるしく展開されており、見た目の華やかさとは裏腹に 非常にシビアで 、近年は慢性的な人材不足もあって厳しさを増している。

INDEX

スーツの国内生産数の推移

フランス で 高級既製服を意味する プレタポルテという言葉が誕生したのは 1945 年で、1960 年代には イブ・サンローラン や ピエール・カルダンなど オートクチュールのデザイナー ( クチュリエ ) も プレタポルテへ進出し 時代は注文服から既製服へ移行していく。

日本のスーツ生産数も世界的な流れに同調し、通商産業省 ( 経済産業省 ) の 1958 年の工業統計調査では 昭和25 ~ 29 年まで 既製服の年間生産量は 3000 着ほどだったものが、 昭和 30 年 ( 1955 年 ) から 年間 30 万着と 急激に生産数が伸びている。

1950 ~ 1958 年

経済産業省 工業統計調査 ( 男子少年用背広服 )
和暦西暦生産数金額(千円)
昭和25年1950年3,172112
昭和26年1951年3,1343(誤記?)
昭和27年1952年3,334183
昭和28年1953年3,766827
昭和29年1954年3,088239
昭和30年1955年357,5621,930,597
昭和31年1956年523,2852,707,719
昭和32年1957年529,5733,204,405
昭和33年1958年619,1113,531,585
簡易年表
和暦西暦摘要
昭和25年1950年朝鮮戦争勃発
昭和30年1955年ベトナム戦争勃発・はるやま創業
昭和32年1957年ダイエー創業
昭和33年1958年洋服の青木 創業
昭和39年1964年東京オリンピック開催 ・ 青山商事株式会社 創業

日本経済は 1950 年に勃発した朝鮮動乱の特需で ドッジ不況から回復し、企業の設備投資 や 1950 年代後半から普及した 三種の神器 ( 白黒テレビ・冷蔵庫・洗濯機 ) などの 個人消費 拡大により 高度成長期を迎え、日本は消費の時代へと突入する。

1955 年 米国が 行った 繊維製品の関税引き下げを期に 日本は綿製品の対米輸出が急増し、1957 年には 米国政府の提案によって 対米綿製品の輸出を 5 年間自主規制する 日米綿製品協定 を締結。

1971 ~ 1980 年

経済産業省 工業統計調査 ( 男子、少年用背広服上衣 )
和暦西暦生産数金額(百万円)
昭和46年1971年4,433,62637,997
昭和47年1972年7,073,24251,861
昭和48年1973年7,183,08064,639
昭和49年1974年9,691,97283,797
昭和50年1975年11,472,58196,712
昭和51年1976年11,082,405105,123
昭和52年1977年9,073,95993,042
昭和53年1978年12,976,915114,930
昭和54年1979年12,337,187111,840
昭和55年1980年12,520,429102,269
簡易年表
和暦西暦摘要
昭和45年1970年大阪万博 開催 ・ ジャスコ設立・日米繊維交渉
昭和46年1971年ニクソン・ショック・スミソニアン協定
昭和48年1973年変動相場制へ移行・第一次オイルショック
昭和50年1975年シップス創業
昭和51年1976年ビームス創業・ファイブフォックス設立
昭和54年1979年第二次オイルショック

1970 年以降も スーツの生産数は 増加傾向が続いているが、1968 年の 米国 大統領選挙で 毛・化学繊維 に対して輸入規制を行うことを公約した リチャード・ニクソン が大統領へ就任。
沖縄返還の密約もあり 1971 年 10 月に 米国の要求を飲む形で 日米繊維問題の政府間協定の了解覚書の調印が行われ 繊維製品の輸出が規制される。

1971 年には ドルの金への交換を一方的に停止したニクソン ・ショックを発端に、スミソニアン協定 で ドル・円の交換レートは 1ドル = 360円から 308円に切り下げられ、73 年には変動相場制へ移行。
73 年 10月に 第四次中東戦争が勃発して 原油価格が高騰、第一次オイルショックにより急激なインフレが起こる。

輸出産業だった国内の繊維業界は 国内需要の減退と過剰な生産設備という産業構造の問題が露呈し、収益の大幅な悪化により 倒産や雇用縮小する企業が続出。
73 年には 93 万人だったアパレルを除く繊維工業の従業員数は 79 年には 70 万人にまで減少し、1965 年 ~  1981 年の間に4回の 不況カルテル が結成され、繊維工業設備等臨時措置法( 繊維新法 ) ・特定繊維工業構造改善臨時措置法 ( 特繊法 )・繊維工業構造改善臨時措置法 (繊維新法 ) など 旧設備の廃棄 と 新設備の導入を政府が支援し、海外との競争力向上を図るが 大きな成果は得られなかった。

1985 ~ 2000 年

経済産業省 工業統計調査 ( 男子、少年用背広服上衣 )
和暦西暦生産数金額(百万円)
昭和60年1985年15,330,223118,811
昭和61年1986年17,090,635127,719
昭和62年1987年16,779,223139,978
昭和63年1988年17,189,875156,334
平成1年1989年19,304,790173,180
平成2年1990年18,088,907173,437
平成3年1991年19,220,701197,730
平成4年1992年17,797,637188,445
平成5年1993年13,722,689144,919
平成6年1994年11,623,969115,384
平成7年1995年11,230,487111,792
平成 8年1996年9,838,766110,182
平成 9年1997年9,273,67398,861
平成10年1998年8,372,13794,059
平成11年1999年6,976,40572,549
平成12年2000年6,063,15960,302
簡易年表
和暦西暦摘要
昭和59年1984年ユニクロ1号店 出店
昭和60年1985年プラザ合意
昭和61年1986年バブル景気に突入
昭和62年1987年ブラックマンデー
平成元年1989年ユナイテッド・アローズ設立
平成3年1991年湾岸戦争勃発・バブル崩壊
平成9年1997年アジア通貨危機
平成9年1997年 ZARA 日本上陸
平成11年1999年ザ・スーパースーツストア オープン
平成16年2004年ZOZOTOWN 開設

ニクソン ・ショック以降、円高が進行して 増加傾向にあった輸入は 1985 年の プラザ合意 で一気に加速。
DCブランドの人気が高まり インポートブームでアパレル製品の輸入が急増し、87年には 輸出額が輸入額を上回り、国内のスーツ生産数は 1991 年のバブル崩壊を境に減少へ転じる。

国内のアパレル製造業は 裁断・縫製・プレス・仕上げ・検査などを専門で行う 分業形態の 家内工業 や 個人経営の零細企業などの 資金力のない下請企業が大部分を占めていたため、最新設備の導入や 新たな人材 ( 労働力 ) の確保が難しく、生産規模が小さいためにスケールメリットもないところに 国内の賃金コスト上昇が追い打ちをかけるような状況にあり、アパレルメーカーは中国 や 東南アジアに日本から技術指導者を派遣して 最新設備を備えた 低コストの生産拠点を作り、需給バランスが歪なまま 大量生産・大量販売を継続する。
参考資料

経済産業省 工業統計調査
ファッションビジネス学会 ファッション産業年表
ア パ レ ル 産 業 の 問 題 点 と そ の 将 来 に つ い て pdf
繊維産業 一 復興 ・発展 期か ら調整 ・改革期 へ pdf
最 近 の 繊 維 経 済 事 情 と 構 造 改 革 pdf

スーツの価格

1990 年以降 平成大不況でデフレが進行し、ツープライスショップ や 格安オーダースーツの出現もあって スーツの価格は 極端に値下がりしている。

貨幣価値の比較
2015年の 消費者物価指数 を基準にした場合 1970 年 ( 24. 4 ) に対して 2018 年 ( 101. 7 ) は  4. 2 倍。
大卒の初任給 をベースに比較すると 1970 年 ( 39,000円 ) に対して 2018 年 ( 206,000円 ) は  5. 2 倍。

小売物価統計調査 主要品目の東京都区部小売価格 によれば 1970 年の 冬物背広の平均価格は2万2千円なので、2018 年の 消費者物価指数 基準に換算すると 1 着 9 万 2 千円、大卒初任給ベースで換算すると 1 着 11 万 4 千円になる。

suits-001

2018 年の小売物価統計調査 では 男子背広は 春夏・秋冬だけでなく、百貨店・専門店 と 百貨店・専門店を除く 普通品 に分けられており、東京都区部 百貨店・専門店 秋冬物 の 平均価格は 73, 140 円百貨店・専門店を除く普通品 の平均価格は 32,380 円で、1970 年当時と比較すると 秋冬物のスーツは 商品価値が 20 ~ 70 % 低下している。

喫茶店のコーヒー 1 杯の価格は 1970 年 が 95 円 で、消費者物価指数ベースで 2018 年の価値基準に換算すると 399 円、大卒初任給ベースで 494 円。
2018 年のコーヒー 1 杯の価格は 東京都区部が 479円なので、コーヒーの価格は 1970 年 当時と比較しても ほとんど変わりがない。

セールの常態化

平成大不況でデフレが進行するなか アパレルメーカー や 販売店は 大量に抱えた在庫をセールで売りさばいて 一時的に売上を確保するが、販売店は セールに味をしめて 定期的に実施し、利益率を確保するため 二重価格を前提とした セール商材 を販売するようになって セールが常態化する。

割引率が高いほど 商品が売れるため 当初は 販売実績のない架空の上代を設定していたが、消費者に対する 有利誤認 が問題視され 2000 年に 公正取引委員会が 不当な価格表示についての景品表示法上の考え方を公表し、二重価格の比較対象価格は セール開始前8週間で4週間以上、販売期間がそれ以下の場合は2週間以上 販売されていた価格に表記ルールが明確化される。
架空の上代設定ができなくなると、販売店は セールの2週間前から 販売価格を引き上げた状態で店頭に陳列し、セール開始時に二重価格で適正売価へ戻したり、割引率を考慮した価格設定にするなどの手法を用いるようになる。

アパレル小売の売上不振は 常にファストファッションの躍進が原因に挙げられているが、SPA ( 製造小売 ) の商品は価格相応か価格以上の品質があるのに比べ、従来のアパレル小売はプロパー価格の品質が低下しているため、消費者のファストファッションへの移行に歯止めを掛けられなかった。

ビジネススーツの市場縮小

全く普及しなかった省エネスーツと異なり クールビスは 2005 年の 開始から着実に浸透して 夏場のノーネクタイ・ノージャケットが定番化し、更に 個性の尊重働き方改革企業のグローバル化などで オフィスのカジュアル化が進んで スーツ離れが加速している。

スーツ市場の縮小は団塊の世代が定年を迎えたことも大きいが、ビジネススーツは社会にある既成概念の象徴でもあり、近年のやたらと慣習を否定する風潮の槍玉に上がっている感がある。

新型コロナ禍の影響

2019年 11月に 中国 武漢で初の感染者が確認されてから 急速に全世界へと広まった新型コロナウィルスの影響で 世界的に経済が停滞して消費が大幅に減少し、Brooks Brothers や J.Crew、Laura Ashley など海外の老舗ブランドの破綻、国内では レナウンの破産や シティーヒル などの民事再生申請、 オンワード三陽商会・青山商事の 大規模な店舗縮小、セシルマクビーの全店閉店 など 一世を風靡した アパレルブランド や メーカーの衰退が顕著に現れた。

suits-002-2

コロナ禍で 在宅勤務にシフトする企業も増え、会議 や 商談も オンラインで行うようになって 需要が更に減少する中、スーツ業界は大きな転換期を迎えている。

その他の記事

Reports-icon

パスワードの安全性とデジタルストレス

安全性に比例して煩雑化する認証方法とデジタルストレス スマートフォンの普及により生活のデジタル化が進み、コロナ禍によって働き方も大きく変化したが、同時にサイバーセキュリティのリスクも高くなり セキュリティ対策は複雑化して […]

Reports-icon

パスワードの管理

パスワードの管理方法 と 漏洩リスク ログインID と パスワードを使用した認証方法では アカウント情報が流出すると 第三者からアクセスされる可能性が高くなり、悪用されると アカウントの乗っ取り や ドコモ口座 不正預金 […]

dvdfab-icon

DVDFab の ライセンス認証解除と再認証の手順

パソコンの引越し時に必要な DVDFab・StreamFab の ライセンス 認証解除 と 再認証 の手順 DVDFab は 製品をアクティベートすると パソコンのハードウェア情報に紐付けられて ユーザー情報 として保存 […]

2checkout-icon

2Checkout Payment の決済方法と定期購読の停止

グローバル決済サービス 2Checkout での決済とサブスクリプション ( 定期購読 ) の停止方法 2Checkout は 海外アプリの決済サービスで多く使用されている eコマース 全般のシステムを提供しているグルー […]

dvd-shrink0011

ビジネスメールの基本とマナー

仕事でメールを使用する際に知っておくべき基本 と ビジネスメールのエチケット マナーは 社交上の礼儀 、エチケットは 人間関係を円滑にする慣習 を意味するので、日本の ビジネスマナーは 英語で ビジネスエチケット と表さ […]