米Amazonを利用した個人輸入の手引

Import-Stamp

個人輸入ビギナーも安心して購入できるのでオススメ

米国 Amazon は 国内の Amazon よりもグローバル化が進んでおり、Amazon 直営だけでなく 多くの店舗で輸出が可能になっているが、基本的に現地法人が存在する企業の商品 や 日本への輸入禁止商品については購入制限がかかっている。

購入手順は国内と同じで 購入金額も日本円で表示され、関税や手数料など輸入に必要な費用が事前徴収されるので概算の輸入総額も確認できるため、国内の Amazon で購入した経験があれば 最も購入しやすい海外サイトで 個人輸入ビギナーにはオススメ。



アカウントの作成

国内の Amazon アカウントは使用できないため 米国 Amazon で新たにアカウントを作成する必要がある。
購入するしないに関わらずアカウントを事前に作成しておくと、商品ページに輸出が可能か表示されるので 買い物の際に目安になる。

Amazon.com

private import Amazon US -002

右上にある  Account & List の▼からドロップダウンリストを出し「 New Customer?Start here 」をクリック。

private import Amazon US -003

「 Create your Amazon account 」をクリック。

private import Amazon US -004

「名前」「メールアドレス」と「パスワード」を2回入力して「 Create your Amazon account 」をクリック。

※パスワードは6文字以上。

private import Amazon US -005

登録したメールアドレス宛に「 Verify your new Amazon account 」というタイトルのメールが届くので、メール本文に記載されている6桁のワンタイムパスワード(OTP)を入力して「 Create your Amazon account 」。

private import Amazon US -006

作成したアカウントにログインした状態になるので、続いて住所の登録をするため Account & List から「 Your Account 」をクリック。

private import Amazon US -007

「 Ordering and shopping preferences 」の「Your addresses」をクリック。

private import Amazon US -008

「 Add Address 」をクリック。

private import Amazon US -009

Country/Region : Japan を選択
Full name : 自分の名前をローマ字で入力
Street address ( Street and number ) : 住所の◯◯市以降の部分を番地から入力
Street address ( Apartment ) : マンション名などを入力
City  : 「 市 」を入力
State/Province/Region : 「 県 」を入力
ZIP  : 郵便番号を入力
Phone Number :日本の国番号「 81 」を先頭に付け、固定電話の場合は市外局番の先頭の「 0 」を外した番号。携帯の場合も「 81 」を先頭に付け、携帯番号の先頭にある「 0 」を省いた番号を入力

すべて入力できたら「Add address」をクリックして登録。

private import Amazon US -010

続いて使用するクレジットカードの情報を入力するため、アカウントページから「 Ordering and shopping preferences 」の「Payment options」をクリック。

private import Amazon US -011

使用するクレジットカードの情報を「Credit or Debit Cards」の箇所で入力。

使用できるクレジットカードは VISA・MASTER・AMEX・JCB・DISCOVER・中国銀聯。

Name on Card  : クレジットカードに記載されている氏名をアルファベットで入力。
Card Number  : クレジットカード番号をハイフン無しで入力。
Expiration date : カードの有効期間を入力。

全て入力したら 「 Add your card 」をクリック。

private import Amazon US -012

登録した住所が選択された状態で表示されるので「 Use this address」でアカウントに住所とクレジットカード情報を紐付けして登録完了。

販売店と出荷元の確認

米国の Amazon も国内の Amazon と同様、 Amazon が直接販売している商品と出店している店舗が販売している商品が混在し、販売店と Amazon では配送料が違ってくるため、個人輸入の際は非常に重要なポイントになってくる。

アメリカのAmazonを利用した個人輸入の手引-015

商品ページは国内のAmazonと同じフォーマットで、Amazonの倉庫から発送される商品は、右側には配送料と「 import Fees Deposit 」として事前徴収される関税など輸入に必要な費用と、「日本の◯◯市に◯月◯日◯曜日に届けるには◯時間◯分以内に注文し、注文確定時にAmazonGlobal Priority Shipping を選択してください。」という内容が表示される。

Amazonの倉庫から出荷される商品は「Buy Now」の下に「Ships from and sold by Amazon.com.」表記される。

amazon.com-016

販売店が直接発送する商品で、複数の販売店が出品している場合は「See All Buyinhg Options」と表記され、クリックすると販売店がリスト表示される。

amazon.com-017

出品者が1店舗の場合は「Sold by ◯◯」と販売店が表示され、「Add to Cart」をクリックするとカートに追加できるが、すべての出品者が海外発送をサポートしているわけではない。

以前は販売店の配送ポリシーで海外発送の確認ができたのだが、現在はチェックアウトして配送先を選択するまで確認できない。

米国 Amazon での購入の流れ

購入方法は国内の Amazon と同様、対象商品をカートに入れるだけ。

米国の Amazon にアクセス

amazon.com-018

購入する商品を表示して ” Add Cart ” をクリックしてカートに追加。

amazon.com-019

カートに追加すると「 Added to Cart」と表示され「 Cart 」をクリックするとカートの中を確認でき、数量の変更や削除が可能。
「 Proceed Checkout 」は「 レジに進む 」。

amazon.com-020

Proceed Checkout をクリックすると、登録している住所が表示されるので「Deliver to this address」をクリック。

amazon.com-021

住所選択後「 Important Message 」と表示され 下部に「 Sorry, this item can’t be shipped to your selected address 」と表示されている場合は、販売店が海外配送に対応していないか 海外配送が禁止されている商品なので Amazonから直接購入することはできない。

回避策としては 同一商品 の マーケットプレイスから 海外発送をサポートしている販売店を探すか Planet Express のような代理購入や輸入代行サービスを使用することになる。

amazon.com-022

海外発送が可能な場合は配送オプションの選択画面が表示され、Amazonの倉庫から出荷される商品は「 AmazonGlobal Standard Shipping 」「 AmazonGlobal Expedited Shipping 」「 AmazonGlobal Priority Shipping 」の3択で 配送料の高い「 AmazonGlobal Priority Shipping 」が最速。

出品者から出荷される商品も配送予定日が表示されるので任意で選択する。

amazon.com-023

使用するクレジットカードが日本国内で発行したものなら 日本円で決済が可能になるので、デフォルトの「 My Card is in Japanese Yen (JPN) 」にチェックが入った状態で「 Continue 」をクリック。

国外で発行したクレジットカードの場合は「 My card is in a different currency 」にチェックを入れて発行した国を選択。

amazon.com-024

Amazon 直販の商品で 関税がかかる商品は「 import Fees Deposit 」として関税や手数料など輸入に必要な費用が事前徴収される。

このデポジット(預託金)は概算で輸入時に経費が確定した時点で差分の払い戻し、もしくは請求が発生する可能性がある。

支払いはデフォルトでクレジットカードの現地通貨が選択されており チェックアウトするとデポジット以外は後から価格が変動することはない。

amazon.com-025

支払いを日本円からUSドルに切り替えるとドル建てで決済が可能で、場合によっては円建てよりも安くなるが、実際の金額はクレジットカード会社から請求されるまで分からない。

金額を確認して問題がなければ、「 Place your order 」をクリックして完了。

amazon.com-026

出品者から出荷される場合も決済は「 円建て 」と「ドル建て 」の選択が可能だが「 import Fees Deposit 」はないため、関税や通関手数料 , 地方消費税などが必要な場合は 商品到着時か銀行振込で支払う必要が出てくる。

購入後の流れ

購入後も国内の Amazon と同様で「 注文確認メール 」「 商品出荷メール 」が送信される。

Amazon-shopping6

注文確認メールは購入直後に自動送信される。
上図は2015年3月3日に購入したもので 配送予定日は3月16日~3月26日。

Amazon-shopping7

商品出荷メールの「 Track your package 」をクリックすると Amazon の注文詳細ページが開き 商品の配送状況が確認できる。

円安の進行で個人輸入のメリットはだいぶ薄れているので、購入の際は送料や関税などの費用を含めた金額を算出しないと 高い買い物をすることになり兼ねないが、Amazon 直販では import Fees Deposit が徴収されるので、国内の販売価格と比較しやすく 信用もあるので取引も安心。





関連記事

Import-Stamp

英国製の高級靴を個人輸入

チャーチ や チーニー , トリッカーズ , バーカー など 本場イギリスの高級靴を個人輸入 チャーチ ( Church’s ) , チーニー ( Cheney ) , トリッカーズ ( Trickers ) […]

Import-Stamp

KICKSTARTER で製品開発を支援

世界的に有名なクラウドファンディングサイト Kickstarter Kickstarter は 開発者が インターネット上で不特定多数の人から 資金調達するための「 クラウドファンディングサイト 」の先駆的なサイトで、出 […]

PlanetEx-icon

PLANET EXPRESS -転送・代理購入サービス の利用方法

アメリカの転送・代理購入サービス PLANET EXPRESS はアメリカ国内の荷物を国外へ配送する、いわゆる転送サービス。 同類のサービスは多いが、 PLANET EXPRESS は手数料が安いのが最大の魅力で、使い方 […]

dvd-shrink0011

海外通販・個人輸入の基礎知識

海外通販・個人輸入に必要な関税や為替交換レートなどの基礎知識 国内・国外を問わず、ネット通販には「 クレジットカードの不正利用 」「 決済後に商品が届かない 」「 粗悪品が送られてくる 」というリスクがあり、個人輸入はこ […]

Import-Stamp

米Amazonを利用した個人輸入の手引

個人輸入ビギナーも安心して購入できるのでオススメ 米国 Amazon は 国内の Amazon よりもグローバル化が進んでおり、Amazon 直営だけでなく 多くの店舗で輸出が可能になっているが、基本的に現地法人が存在す […]





タイトルとURLをコピーしました