ProtonMail の設定と使い方

エンドツーエンドで暗号化が可能な オープンソースの匿名 電子メール

ProtonMail は スイスの 電子メール / VPN プロバイダ Proton AG が提供している 無料で利用可能な 匿名電子メールサービスで、通信 や メッセージを暗号化することで Proton AG の従業員もメッセージを復元できない ゼロアクセス・アーキテクチャ を採用し、ログの保存 や トラッキングを行わないなど セキュリティ と プライバシー保護が強化されている。

ProtonMail は GDPRに準拠して改定されたスイス連邦独自の FADP ( 連邦データ保護法 ) によって 世界トップレベルで個人情報が保護されている スイス にサーバがあり、5 アイズ アライアンス ( アメリカ・イギリス・カナダ・オーストラリア・ニュージーランド ) や 9 アイズアライアンス ( 5アライアンス + フランス・デンマーク・ノルウェー ・オランダ ) など 政府によるシギント の影響を受けず、プライバシーが保護された環境で メールの送受信が可能。
無料プラン
・利用可能なストレージ容量 : 500MB
送信制限 : 1 時間 最大 50メッセージ , 1 日最大 150 メッセージ
・送信可能な最大サイズ : 25 MB
・1 通のメールで送信可能な 受信者数 : 最大 100 件
・1 通のメールで送信可能な 添付ファイル数 : 最大 100 個
・フォルダ作成数 : 最大 3
・フィルタ : アクティブにできるのは 1 アイテム
・短縮ドメイン : 受信のみ可能
・自動返信 : 利用不可
・ProtonDrive : 利用不可
・カスタムドメイン : 利用不可

システム要件

OS:対応ブラウザがサポートしているバージョン

ProtonMail が推奨する プライバシーを重視したブラウザ

Mozilla Firefox / Brave / Tor ブラウザ

ProtonMail の 動作テストが行われているブラウザ

Google Chrome / Microsoft Edge / Safari / Opera

ブラウザは 安定版の 最新バージョンの利用を推奨。

アカウントの登録

ProtonMail 公式サイト 

ProtonMail の 新規登録

ProtonVPNを利用していないか、ProtonVPN で利用している ユーザー名 を メールアカウントに使用したくない場合は、ProtonMail のアカウントを新規作成する。

バージョン 4. 0. 19 現在

ProtonMail-015

ProtonMail 公式サイト の 暗号化電子メールを取得 をクリック。

ProtonMail - encrypted secure email -003

無料 の詳細を展開して「 無料プランを選択 」をクリック。

ProtonMail-016

アカウント名を入力して protonmail.com ドメインのメールアドレスを作成し、パスワードを設定。

アカウントには アンダーバー ( _ ) 、ハイフン ( – ) 、 ドット ( . ) を利用でき、匿名性を優先させるのであれば、名前 など個人を特定できる情報の使用は避ける。

ProtonMail-017

パスワードを失念した場合に使用する リセット用の メールアドレスを入力。

ProtonMail - encrypted secure email -006

プラン選択画面になるので Free の「 プランを選択 」をクリック。

ProtonMail-018

ロボットでないことの確認で CAPTCHA が表示されるので、チェックを入れて 指示される画像を選択。

hCaptcha は Intuition Machines が 提供しているサービスで、IPアドレスなどの データが収集されているため、利用したくない場合は メールアドレス や  SMS で 認証コードを発行する。

ProtonMail-019

CAPTCHA で認証するか メール / SMS で受信した 認証コードを入力すると、アカウントが作成されて ウエルカム画面 が開くので「 始めましょう 」をクリック。

ProtonMail-020

送信先に表示する 表示名を設定。

デフォルトでは アカウント名になっている。

ProtonMail-021-1

使用するテーマを選択。

テーマは 設定 で変更可能。

ProtonMail-022-1

「 次へ 」で ProtonMail が利用可能になる。

バージョン 4.0 から追加された アプリ セレクターは、Proton VPNProton カレンダーProton Drive にアクセスでき、Proton Drive は現在 ベータ版がリリースされており、無料プランユーザーは 利用できない。

ProtonMail-023-1

アプリをインストールするため、アドレスバーの インストールアイコンをクリックしてインストールすると、デスクトップに ProtonMail の ショートカットアイコンが作成される。

アプリを使用しない場合は https://mail.protonmail.com/login をブラウザのブックマークに追加。
ProtonVPN ユーザー の ProtonMail 利用

ProtonVPN を使用している ユーザーは、ProtonMail 公式サイト から ProtonVPN の ユーザー名 と パスワード で  ProtonMail にログインすれば 利用できる。

Android-protonvpn-icon

ProtonVPN のインストールと使い方

無料プランでも最高レベルのセキュアな通信が可能な VPN サービス ProtonVPN は スイスの 電子メール / VPN プロバイダ Proton AG が提供している オープンソースの VPN アプリで、日本語は未 […]

 

ProtonMail の設定

設定 では 表示名署名書式ラベル の編集 や、バージョン 4.0 から追加された 送信遅延 などの設定を行う。

ProtonMail - encrypted secure email -017

右上にある ツールメニュー の 設定 から 設定を開く を選択。

回復

Proton アカウントの パスワードを失念した場合に備え、パスワードリセットとデータ復旧用の 回復回復フレーズ を登録する。

protonmail-icon

Proton アカウント の パスワードリセットとデータ復旧

ProtonMail や ProtonVPN で使用する パスワードのリセット と データ復旧の手順 Proton アカウントで設定したパスワードは、暗号化して保存されている メッセージ や 連絡先 などのデータを 復号 […]

Easy Switch

Gmail や Outlook.com のメッセージを ProtonMail にインポートする場合は Proton Easy Switch を使用する。

protonmail-icon

Proton Easy Switch の使い方

Gmail や Outlook など IMAPプロトコル が利用可能なプロバイダから ProtonMail  へ メールをインポート Proton Easy Switch は Gmail・Outlook など IMAPプ […]

Messages and composing

Messages and composing では 短縮ドメイン の有効化 や メッセージの書式 などを設定。

短縮ドメイン

短縮ドメイン@pm.me  の利用が可能になる機能で、有効にすると ProtonMail のアカウント名で  アカウント名@pm.me のメールアドレスが使用できる。

無料プランでは 短縮ドメインは 受信のみ可能で、短縮ドメインでの送信 は 有料プランへのアップグレードが必要。

protonmail-4.0-018

左サイドバー から Messages and composingを選択し、短縮ドメイン (@pm.me) の「 アカウント @pm.me を有効化 」をクリックして ログインパスワードを入力。

メッセージ

メッセージ では 画像の読み込み・リンクのスキャン・送信遅延 などの設定ができる。

Proton-Easy-Switch-025

埋め込み画像を自動で読み込む
メールに埋め込まれた画像の表示設定。
送信済み/下書きを保持
有効にすると「 送信済み 」「 下書き 」のメッセージを他のフォルダに移動しても 「 送信済み 」「 下書き 」に表示される。
Confirm link URLs ( リンクの確認 )
メールのリンクをクリックした際に アクセスの確認ダイアログが表示される フィッシング対策機能。
送信を取り消し
メール送信後 指定時間内で送信の取り消しができる。
会話のグループ化
メールヘッダー・件名・送受信者 のデータを使用し、メッセージをスレッド化する機能。
ステッキーラベル
メッセージにラベルを付けると、以降の同じ会話のメッセージに自動的にラベルが適用される機能。
Composing

Composing新規作成 メッセージ の体裁 を設定。
Proton-Easy-Switch-026

新規作成時の書式
HTML 形式 / プレーンテキスト形式 を選択。( 標準 は HTML形式 )
新規作成時のテキスト方向
文字入力の方向を指定。
作成画面の標準フォント/サイズ
日本語フォントは選択できないが、フォントサイズは反映される。
送信を取り消し
メール送信後 指定時間内で送信の取り消しができる。

メールのプライバシー

メールのプライバシーでは リモートコンテンツの読込確認トラッキングブロック の設定ができ、デフォルトで有効になっている。

リモートコンテンツは メッセージを表示する際に 送信者のサーバからダウンロードする 画像 や 動画で、ダウンロードが実行されるとメッセージの送信者は IPアドレス や メッセージを表示した時間、使用している環境 などの情報を取得できる。

ユーザー情報とアドレス

ユーザー情報とアドレス では メッセージの新規作成時に使用する メールアドレス や 表示名、署名の編集のほか、2022年 4月 から追加された @proton.me ドメインを有効化 できる。

Proton-Easy-Switch-029

@proton.me は 有料プランで利用可能な追加ドメインで、@protonmail.com と併用できる。

Proton-Easy-Switch-028

ProtonMail フッターProtonMail から送信されました。を 無効化するには 有料プランへのアップグレードが必要。

外観

外観 では テーマの変更 や 受信トレイ のレイアウトを 変更ができる。

フォルダー と ラベル

ProtonMail では フォルダ と ラベル でメールを管理でき、バージョン 4.0 から フォルダ のカラー設定が可能になった。

無料プランで作成できる フォルダ は 3 つまでに制限される。

ProtonMail-033-1

フォルダのカラー や フォルダ名 は 編集 で 修正でき、フォルダを上下にドラッグして並び順を変更できる。

フォルダ は サブフォルダの作成も可能。
メッセージの受信時に フィルターを使用して フォルダに仕分けした際、 デスクトップ や モバイルデバイスで 通知 を行う場合は 通知 を有効にする。 
ラベル

ラベルは ユーザーが任意で作成できる メッセージの管理タグで、フォルダと異なり 1つのメッセージに対して複数の ラベルを追加できる。

ProtonMail - encrypted secure email -027

ラベルを追加 から作成。

フィルター

フィルター では 条件を設定してフォルダへの移動 や ラベルの追加 を自動化できるほか、迷惑メール にマークしたアドレスの修正ができる。

無料プランでアクティブにできるフィルタは 1 つ。

ProtonMail-034-1

フィルターを作成する場合は 仕分けフィルター の「 フィルターを追加 」を選択。

Sieveフィルター は Sieveスクリプト を コマンドラインで編集するフィルタ。

ProtonMail-035-1

作成ウィザードが開くので 作成する フィルター名 を入力。

protonmail-4.0-033

フィルタの条件を 件名宛先差出人添付ファイル から選択して、抽出対象の テキスト を入力したら「 挿入 」。

ProtonMail-036-1

メッセージに追加する ラベル や メッセージの移動先 フォルダ を指定。

自動返信 は 有料プランのみ 利用可能。

暗号化と鍵

ProtonMail は PGPメール をサポートしており、簡単に 公開鍵 を添付して送信することができる。

PGP ( Pretty Good Privacy ) メールは 公開鍵 を 当事者間で 事前に交換して エンドツーエンド で 暗号化されたメールを やり取りする仕組み。

protonmail-4.0-047

外部 PGP は デフォルトで 無効 になっているため、 使用する場合は 外部 PGP 設定 で必要な項目を 有効にする。

外部宛のメッセージへの署名 を 有効にするとデジタル署名が追加され、メールの信頼性 を高めることができる。

自動返信・ドメイン名・IMAP/SMTP

自動返信・ドメイン名・IMAP/SMTP は 有料プランで 利用可能なオプション。

ドメイン名

独自ドメインを ProtonMail の セキュアなサーバを使用して 送受信が可能になる。

protonmail-icon

ProtonMail 独自ドメインの追加

ProtonMail で 独自ドメイン のメールを送受信する  ProtonMail は Plus 以上の 有料プランで 独自ドメインを追加でき、暗号化される ProtonMail のメールサーバ で 独自ドメインのメー […]

IMAP / SMTP

ProtonMail を Thunderbird など IMAP/SMTP をサポートするデスクトップ メールクライアント で利用可能にするオプション。

protonmail-icon

ProtonMail Bridge for Windows のインストールと設定

メールクライアントアプリ で ProtonMail の送受信を可能にする 機能拡張ツール ProtonMail Bridge for Windows は ProtonMail の 有料プランを契約しているユーザーに提供さ […]

ProtonMail の使い方

ProtonMail は ウェブメールなので ブラウザから 直接 ProtonMail のサーバにアクセスして 操作を行う。

1 メッセージ に 追加できる 受信者 は 最大 100 件 で、スマートスパム検出システムを実装しているため BCC を使用した 一括送信受信者の 迷惑メール判定が多いと 即座にアカウントが停止され、スパム行為と認定されると規約違反になりアカウントが削除される。

ProtonMail へのアクセス と 受信

ブラウザ を開いて ProtonMail に ログインしていれば 新着メッセージは 自動的に 受信する。

受信が遅延している場合は ブラウザを更新する。
ProtonMail の障害発生状況

ProtonMail の 送受信 に不具合がある場合は 障害発生状況 のページで確認できる。

ProtonMail Status

メールの整理と管理

ProtonMail のメッセージは 受信トレイフォルダアーカイブ に保存し、ラベル で管理することができる。

アーカイブ

受信トレイ の メッセージ を アーカイブ すると 保管庫 フォルダ に移動するようなイメージになる。

ProtonMail - encrypted secure email -025

メッセージを アーカイブ に移動する場合は メッセージを選択後に ツールアイコンの アーカイブ を選択。

ProtonMail - encrypted secure email -028

フォルダへの移動は メッセージを選択後、ツールアイコンの フォルダ をクリックしてリストから移動先を選択。

ProtonMail - encrypted secure email -029

ラベル を追加する場合は メッセージを選択後、ツールアイコンの ラベル から追加するラベルを選択。

メールの送信

ProtonMail ユーザー間 での メール送受信は 常にエンドツーエンドで 暗号化 され、Gmail や Outlook など ProtonMail ユーザー 以外へ 送信する場合は 暗号化 の 有効 / 無効 を選択できる。

protonmail-4.0-035

メッセージを作成する場合は、サイドバーの上部に「 新規メッセージ 」をクリック。

protonmail-4.0-036

宛先 に メールを 送信する 相手のメールアドレス を入力。

メールを送信すると 送信先のアドレスは自動的に連絡先へ登録され、次回以降は オートコンプリート機能が有効になるので、一度メールを送信した相手であれば アドレス の 先頭文字 を入力すると 候補が表示される。

protonmail-4.0-037

複数のアドレスに同時送信する場合は 宛先 に続けて入力できる。

連絡先へ登録されていないアドレスは  サジェスト機能 が 主要ドメインのアドレスを表示する。

protonmail-4.0-038

CC や BCC は 送信先 の右にある CC, BCC をクリックすると 入力ボックス が展開する。

ProtonMail-for-Android-026

返信・全員に返信・転送 は メッセージの 右上に表示されるアイコンから選択。

protonmail-4.0-039

メールの書式変更 や 開封確認の要求 ( Request Read Receipt ) は ツールアイコンの 右にある その他 のメニューから選択。

protonmail-4.0-040

新規作成した メッセージを破棄する場合は「 送信 」ボタン横の ゴミ箱 アイコンをクリック。

メッセージの内容は 自動保存される。
暗号化

ProtonMail ユーザー 以外へ メッセージを送信する場合は、デフォルトで 暗号化が無効になっているので 非暗号化メール ( 通信は暗号化される ) として送信できる。

暗号化されるのは メッセージ本文 と 添付ファイル で、メッセージヘッダー や メタデータは暗号化されない。

protonmail-4.0-041

メールアドレスを入力した際に 南京錠アイコン が表示されている場合は エンドツーエンド で暗号化される。

青の南京錠
ProtonMailのメールアドレス間で送信されたメール。
緑の南京錠
ProtonMailのメールアドレス以外で PGPを設定したメールアドレス間で送信されたメール。

protonmail-4.0-042

ProtonMail ユーザー 以外へ 送信するメールを 暗号化 する場合は、左下にある 南京錠のアイコンをクリック。

ProtonMail-037-1

メールへアクセスする際に必要なパスワードを設定する。

非 ProtonMail ユーザー に メールを暗号化して送信すると、メールは 暗号化された ProtonMail サーバ に保存され、送信先へは 暗号化メール  へアクセスする リンクのみが送られる。
有効期限 を設定しない場合  非 ProtonMail ユーザー に送信した 暗号化メールの保存期限は 28日で、期限を過ぎると自動削除される。
有効期限

有効期限 は 設定した期限が切れると 受信者の 受信ボックスから自動的にメッセージが削除される機能で、ProtonMail ユーザー ・非 ProtonMail ユーザー いずれにも使用できる。

ProtonMail-038-1

有効期限を設定する場合は 3 点リーダーから 有効期限を設定 を選択。

ProtonMail-039-1

消滅するまでの 期限を設定して「 設定 」。

非 ProtonMail ユーザー 宛のメールは 暗号化 が必要で、有効期限を設定しなくても 28日後には消滅する。
PGP メール

設定外部 PGPを有効にしている場合は、公開鍵を添付して PGP メール を送信できる。

ProtonMail-038-1

公開鍵 の送付は 3 点リーダーから 公開鍵の添付 を選択。

protonmail-4.0-048

外部宛のメッセージへの署名 を 有効にすると 宛先 の前に PGP 署名 のアイコンが追加される。

protonmail-custom-domain4

PGP 電子署名 を追加すると Mozilla Thunderbird など PGP / MIME を認識する メールアプリでは デジタル署名を自動的に復号化して認証するので 添付ファイルは 表示されないが、個人用の Gmail や Outlook.com では signature.asc  というファイルが添付される。

ProtonMail のアップグレード

ProtonMail をアップグレードすると ストレージ容量の増加送信制限の解除独自ドメインの利用5つのアドレスの利用フィルターの利用 などが可能になるほか、Outlook  Thunderbird  など IMAP / SMTPプロトコル ( POP3 は未サポート ) をサポートする メールクライアントと送受信が可能になる Bridge が利用可能になる。

Plusプラン
・利用可能なストレージ容量 ( Plusプラン ) : 5 GB
・送信数 ( Plusプラン ) : 無制限

・送信可能な最大サイズ : 25 MB
・1 通のメールで送信可能な 受信者数 : 最大 100 件
・1 通のメールで送信可能な 添付ファイル数 : 最大 100 個
・フィルタ  : 制限なし
・フォルダ 作成数 : 最大 200
・短縮ドメイン : 送受信可能
・自動返信 : 利用可
・ProtonDrive : 利用可
・カスタムドメイン : 利用可
ProtonMail / ProtonVPN の 有料会員 は 毎年 アカウントの作成月に 1GB のボーナスストレージが加算される。

protonmail-4.0-049

上部メニューの アップグレード をクリックするとプラン選択画面になる。

protonmail-4.0-050

ストレージ や 利用可能なアドレス数、使用する独自ドメイン などは カスタマイズが可能。

protonmail-4.0-051

利用するサブスクリプション と 決済する通貨を選択して「 続行 」。

protonmail-4.0-052

支払い方法を選択して「 支払う 」で決済し、決済が完了すると 有料プランの機能が利用可能になる。

ProtonVPN ユーザー

すでに ProtonVPN の–サブスクリプションを購入しているユーザーは、購入金額を把握しやすいので ProtonVPN のダッシュボード からの購入を推奨。

ProtonMail-041-1

ダッシュボードの 現在のプラン にある ProtonMailPlus にアップグレード をクリック。

ProtonMail-042-1

サブスクリプションの選択ページでは ProtonVPN の 購読しているプランが選択され、ProtonVPN の下に ProtonMail のプランが表示される。

ProtonVPN のプランを変更すると 料金に反映する。

protonmail-046

ProtonMail を有料プランに切り替えると 支払金額 ( Amount due ) が表示される。

ProtonMail と ProtonVPN を双方とも有料プランで利用すると 月額料金が 20%引きになるので、ProtonMail と ProtonVPN の割引を適用した金額から すでに購入しているProtonVPN の未使用サブスクリプションを日割 ( Proration ) で差し引いた 料金が表示される。

関連記事

protonmail-icon

ProtonMail の設定と使い方

エンドツーエンドで暗号化が可能な オープンソースの匿名 電子メール ProtonMail は スイスの 電子メール / VPN プロバイダ Proton AG が提供している 無料で利用可能な 匿名電子メールサービスで、 […]

totanota-icon

Tutanota の設定と使い方

エンドツーエンドの自動暗号化機能で メールを保護する 無料メールサービス Tutanota ( トゥータノータ ) は ドイツの Tutao GmbH が提供している オープンソースの セキュアな匿名メールサービスで、エ […]

gmail-icon

Gmail の基本設定と使い方

ウイルス対策 や 迷惑メール対策 を実装した 無料の 多機能 メールサービス Gmail は Google が提供している 無料のウェブメールサービスで、ウイルス対策 や 迷惑メール対策 も実装しており 無料サービスなが […]