ProtonMail – encrypted secure email の設定と使い方

スポンサーリンク
protonmail-icon

エンドツーエンドで暗号化されるオープンソースの匿名 電子メール

ProtonMail は スイス の VPN プロバイダ「 ProtonVPN AG 」が提供している エンドツーエンド ( E2E ) でメールを暗号化し、ログの保存や トラッキングを行わない プライバシー保護を重視した 匿名メールサービス。

無料プランが 用意されており 個人のライトユーザーであれば 無料プランの制限内でも十分に利用できる。

無料プランの制限
  • 利用可能なストレージ容量 : 500MB
  • 送信制限 : 1 時間 最大 50メッセージ , 1 日最大 150 メッセージ
  • ラベル : 最大 20
  • ドメイン :  protonmail.com のみ ( カスタムドメインは使用不可 )

PC で ProtonMail を利用する場合は ウェブブラウザ でアクセスすることになるが、有料プランにアップグレードすれば ProtonMail Bridge を利用でき、ProtonMail を Microsoft Outlook や Thunderbird などのメールクライアントに統合することも可能になる。

Gmail は 2017年 に メール内容をスキャンしての 広告表示を停止しているが、2018 年には Google が Gmail をサードパーティに Gmail の閲覧を許可していたことが発覚しており、中国 , ロシア , トルコ など インターネットが規制されいる国や、インターネットを監視しているアメリカ, イギリス など に設置されているサーバは 国家権力がアクセスできるため プライバシーの侵害が問題になっている。

Google は本当に外部の開発者に Gmail のスキャンを許可していたのか? link

ProtonMail は GDPRに準拠して改定されたスイス連邦独自の FADP(連邦データ保護法)によって 世界トップレベルで個人情報が保護されている スイス にサーバがあり、5 アイズ アライアンス ( アメリカ , イギリス , カナダ , オーストラリア , ニュージーランド ) や 9 アイズアライアンス ( フランス , デンマーク , ノルウェー , オランダ ) など 政府によるシギント の影響を受けず、プライバシーが保護された環境で メールの送受信が可能になっている。

アカウントの登録

ProtonMail 公式サイト link



ProtonMail の 新規登録

ProtonVPN を利用していないか ProtonVPN で利用している ユーザー名 を メールアカウントに使用したくない場合は ProtonMail のアカウントを新規作成する。

バージョン 3. 16. 34 現在

protonmail-encrypted-secure-email-001

ProtonMail 公式サイト の「 Get encrypted email 」をクリック。

protonmail-encrypted-secure-email-006

「 FREE 」の詳細を展開して「 SELECT PLAN 」をクリック。

protonmail-encrypted-secure-email-002

アカウント名を入力して protonmail ドメインのメールアドレスを作成し パスワードを設定。

匿名性を優先させるのであれば アカウントには 名前 など個人を特定できる情報の使用は避ける。

protonmail-encrypted-secure-email-003

パスワードを失念した場合に使用する リセット用の メールアドレスを入力。

リカバリーと表記されているが ログインパスワードを紛失すると リセットされるため ProtonMail のメールはすべて消失してしまう。 

「 ProtonMail’s Terms and Conditions 」のリンクをクリックして 使用許諾書を確認後、問題なければ「 CREATE ACCOUNT 」をクリック。

protonmail-encrypted-secure-email-004

認証コードの送信先を「 Email 」「 SMS 」から選択して「 Email 」はメールアドレス ,  「 SMS 」は国を選択後 携帯電話番号を入力して「 SEND 」。

タイミングによっては Email の選択肢がない場合があるので「 SMS 」で認証する。

protonmail-encrypted-secure-email-007

メール / SMS に送信される 6 桁の認証コードを「 Verification code 」に入力して「 COMPLETE SETUP 」をクリック。

protonmail-encrypted-secure-email-016

アカウントの登録が完了したら ProtonMail が開き「 メールの表示名 」の設定画面になるので、送信先に表示する 表示名を設定して「 完了 」。

デフォルトでは アカウント名になっている。

protonmail-encrypted-secure-email-011

ProtonMail を日本語表示にするため 上部の「 SETTINGS 」をクリック。

protonmail-encrypted-secure-email-009

左ナビゲートメニューの「 Account 」にある「 Language 」のリストから「 日本語 」を選択。

protonmail-encrypted-secure-email-010

ProtonMail が日本語化される。

https://mail.protonmail.com/login をブラウザのブックマークに追加して登録完了。

ProtonVPN ユーザー の ProtonMail 利用

ProtonVPN を使用している ユーザーは 使用している ユーザー名 と パスワード で ProtonMail にログインするだけで 利用できる。

ProtonVPN
Android-protonvpn-icon

ProtonVPN のインストールと使い方

無料プランでも最高レベルのセキュアな通信が可能な VPN サービス 「 ProtonVPN 」はスイスの VPN プロバイダ「 ProtonVPN AG 」が提供している VPN アプリ。 無料プランでも キルスイッチ […]

protonmail-encrypted-secure-email-012

ProtonMail 公式サイト link

ProtonMail 公式サイトから「 LOG IN 」。

protonmail-encrypted-secure-email-013

ProtonVPN で使用している ユーザー名 と パスワード でログイン。

protonmail-encrypted-secure-email-014

アカウントの設定画面になるので ProtonVPN で使用している「 パスワード 」を 再入力。

ProtonVPN では パスワードを失念しても リセットして再発行すれば良いのだが、ProtonMail を利用する場合は パスワードをリセットすると ProtonMail もリセットされるため パスワードはしっかりと管理しておく。

 

protonmail-encrypted-secure-email-016

ProtonMail が開いたら 表示名 を設定して「 SETTINGS 」から 日本語表示 に切り替える。

protonmail-encrypted-secure-email-010

ProtonMail が日本語化される。

https://mail.protonmail.com/login をブラウザのブックマークに追加して登録完了。

ProtonMail の設定

「 表示名 」「 署名 」「 書式 」「 ラベル 」などは すべて「 設定 」で編集する。

protonmail-encrypted-secure-email-017

上部 ツールメニュー から「 設定 」をクリック。

protonmail-encrypted-secure-email-018

「 アカウント 」では「 表示名 」や「 署名 」の編集ができる。

デフォルトで挿入される「 Sent with ProtonMail Secure Email. 」の署名を無効化するには 有料プランへのアップグレードが必要。

protonmail-encrypted-secure-email-019

「 外観 」では 新規メール作成時の表示 や 受信トレイの表示 などを変更できる。

protonmail-encrypted-secure-email-020

ProtonMail はデフォルトで「 HTML形式 」になっているので「 プレーンテキスト形式 」に変更する場合は「 外観 」の「 作成時の書式 」で「 プレーンテキスト 」を選択。

ProtonMail の使い方

ProtonMail は SSL で通信が暗号化され、ProtonMail ユーザー と ProtonMailサーバ 間 , ProtonMailサーバに保存されるメッセージは 常に暗号化されており、送受信されたメールから IPアドレスを取得せず ログも保存されないため、メールの内容はもとより送信者の匿名性も確保されている。

メールの 基本操作 は メール暗号化の選択が追加された程度で Gmail など一般的なウェブメール と大差ない。

protonmail-021

ProtonMail はレスポンシブデザイン になっており ウインドウの 横幅に応じて メニュー や 本文表示 の体裁が変化する。

ユーザーインターフェースは Gmail と Outlook の「 いいとこ取り 」したようなデザインと仕様になっているので シンプルで使いやすい。

メールの送信

ProtonMail は ProtonMail ユーザー間 は 意識しなくても メールは エンドツーエンドで 暗号化 されるが、Gmail や Outlook など ProtonMail ユーザー 以外へ 送信する場合は 暗号化 の 有効 / 無効 を選択できる。

protonmail-022

ブラウザ の 横幅 が 800 px 以上の場合は 左ナビゲートメニュー の上部に「 新規メール 」のボタンが表示される。

protonmail-023

横幅 が 800 px 未満の場合は 左上に 新規メール作成の アイコンが表示される。

protonmail-024

デフォルト設定だと「 新規メール作成 」画面は Gmail と同じ ポップアップで表示され、コントロールボックス で 最大化 ( 全画面表示 )もできるが、「 Ctrl 」キーを押しながら最大化してもGmail のように ウインドウは分離しない。

protonmail-025

新規メールの作成画面が開くので「 送信先 」に 相手のメールアドレス を入力。

メールを送信すると 送信先のアドレスは自動的に連絡先へ登録され、次回以降は オートコンプリート機能が有効になるので、一度メールを送信した相手であれば アドレス の 先頭文字 を入力すると 候補が表示される。

protonmail-027

複数のアドレスに同時送信する場合は「 宛先 」に続けて入力できる。

連絡先へ登録されていないアドレスは「 @ 」を入力した時点で サジェスト機能 が 主要ドメインのアドレスを表示する。

protonmail-026

CC や BCC は「 送信先 」の右にある「 表示 」をクリックすると 入力ボックス が展開する。

protonmail-028

新規作成したメールは自動保存が有効になっているので ウインドウを閉じても「 下書き 」から再編集できる。

新規作成したメールを破棄する場合は 右下の「 ゴミ箱 」をアイコンをクリック。
手動で 「 下書き 」に保存する場合は「 FD 」アイコンをクリック。

暗号化

ProtonMail ユーザー 以外へ 送信する場合 デフォルトで 暗号化 は無効になっているので、非暗号化メール ( 通信は暗号化される ) として送信できる。

protonmail-032

ProtonMail ユーザー 間 は 普通にメールを作成して 送信するだけで 自動的にメールが暗号化される。

protonmail-029

ProtonMail ユーザー 以外へ 送信するメールを 暗号化 する場合は 左下にある 南京錠のアイコンをクリック。

protonmail-030

メールへアクセスする際に必要なパスワードを設定する。

非 ProtonMail ユーザー に メールを暗号化して送信すると メールは 暗号化された ProtonMail サーバ に保存され、送信先へは 暗号化メール  へアクセスする リンクのみが送られる。
「 有効期限 」を設定しない場合  非 ProtonMail ユーザー に送信した 暗号化メールの保存期限は 28日で 期限を過ぎると自動削除される。

protonmail-031

暗号化されたメールを ProtonMail を以外で受信すると「 パスワードのヒント 」が表示されるので パスワード のみ 別途 送信する必要はないのだが、ProtonMail を知らないユーザーに いきなり暗号化したメールを送信しても意味がわからないので 通常の非暗号化メールで 事前通知は必須。

有効期限

有効期限 は 設定した期限が切れると 受信者の 受信ボックスから自動的にメッセージが削除される機能で、ProtonMail ユーザー , 非 ProtonMail ユーザー いずれにも使用できる。

protonmail-036

有効期限を設定する場合は 左下にある 砂時計 のアイコンをクリック。

protonmail-033

消滅するまでの 期限を設定して「 設定 」。

非 ProtonMail ユーザー 宛のメールは「 暗号化 」が必要で 有効期限を設定しなくても 28日後には消滅する。

受信メール

受信メールは Gmail のような ラベル と Outlook のような フォルダ 分けで 管理できる。

protonmail-037

フォルダ や ラベル の 新規作成は 左ナビゲートメニューの「 フォルダー / ラベル 」をクリック。

protonmail-038

任意の フォルダ や ラベルを追加。

フォルダ や ラベル へメールを仕分ける フィルターは 有料版 のみ利用可能。

ProtonMail のアップグレード

ProtonMail をアップグレードすると  ストレージ容量の増加 , 独自ドメインの利用 , 5つのアドレスの利用 , フィルターの利用 などが可能になるほか、Outlook  Thunderbird  など IMAP / SMTPプロトコル ( POP3 は未サポート ) をサポートする メールクライアントと送受信が可能になる Bridge が利用可能になる。

ProtonMail / ProtonVPN の 有料会員 は 毎年 アカウントの作成月に 1GB のボーナスストレージが加算される。

protonmail-041

上部メニューの「 アップグレード 」をクリックするとプラン選択画面になる。

protonmail-042

ストレージ や 利用可能なアドレス数 , 使用する独自ドメイン などは カスタマイズが可能。

protonmail-043

利用するサブスクリプションを選択して「 xxxプランにアップグレード 」をクリック。

protonmail-047

クレジットカードは カード情報を入力 ,  PayPal は選択した状態で 支払金額を 確認して「 Pay 」をクリック。

protonmail-048

決済が完了すると 有料プランの機能が利用可能になる。

ProtonVPN ユーザー

すでに ProtonVPN のサブスクリプションを購入しているユーザーは 購入金額を把握しやすいので ProtonVPN のダッシュボードからの購入を推奨。

protonmail-044

ダッシュボードの「 Subscription 」にある「 ProtonMail Plan 」の「 Manage subscription 」をクリック。

protonmail-045

サブスクリプションの選択ページでは ProtonVPN の 購読しているプランが選択され、ProtonVPN の下に ProtonMail のプランが表示されている。

ProtonVPN のプランを変更すると 料金に反映するので要注意。

protonmail-046

ProtonMail を有料プランに切り替えると 支払金額 ( Amount due ) が表示される。

ProtonMail と ProtonVPN を双方とも有料プランで利用すると 月額料金が 20%引きになるので、ProtonMail と ProtonVPN の割引を適用した金額から すでに購入しているProtonVPN の未使用サブスクリプションを日割 ( Proration ) で差し引いた 料金が表示される。

独自ドメインの追加

独自ドメイン で 追加可能なメールアドレスはデフォルトの「 Plus 」プランで最大 5つ。

protonmail-055

「 設定 」の左ナビゲートメニューから「 ドメイン 」を選択して「 独自ドメインを追加 」。

protonmail-056

追加するドメインを入力して「 次へ 」。

protonmail-058

ProtonMail のログインパスワードを入力。

protonmail-059

パスワードが認証されると ドメインが作成される。

protonmail-050

ドメイン所有者 の確認に使用する  TXTレコードが表示されるので、ProtonMail のドメイン追加 ウインドウは閉じずに 使用しているサーバの管理画面にアクセスする。

protonmail-049

サーバの ドメイン設定にある DNS 設定の「 DNSレコード設定 」で 表示された内容を追加。

ホスト名に @ が使用できない ( ホスト名の項目がない ) 場合は 空白 にしておく。

protonmail-052

サーバ で DNSレコード を追加したら数分待ってから ProtonMail の「 検証 」をクリック。

protonmail-054

ドメインが確認されたら「 アドレスを追加 」で 送信時 に使用する メールアドレスを追加する。

protonmail-060

追加するメールアドレス と 表示名、任意で 署名 を入力して「 保存 」。

protonmail-058

ProtonMail のログインパスワードを入力。

protonmail-061

暗号化キーの選択。

ProtonMail のデフォルト設定は「 RSA 2048 ビット 」で後から変更することも可能。

protonmail-062

メール送信時に「 差出人 」として 追加したメールアドレスの使用が可能になる。

protonmail-063

追加した独自ドメインのメールアドレスで メールを受信するためは  MX ( Mail eXchanger ) の設定が必要なので メールアドレスを追加した STEP3 の「 次へ 」か 「 設定 」の「 ドメイン 」の表示されている「 現在の状況 」の「 MX 」をクリック。

protonmail-encrypted-secure-email-064

ドメイン所有者 の確認 と同じ要領で 使用しているサーバの ドメイン設定にある DNS 設定の「 DNSレコード設定 」で 表示された内容を追加。

protonmail-065

DNS レコードの一覧に 追加した MX よりも優先度の高い MX が登録されている場合は 削除する。
MX の設定が サーバに反映されるまで 最大 24時間 かかる。
protonmail-066
MX の「 ホスト名 」は「 @ 」もしくは「 ドメイン名 」なので ドメイン名が 強制的に付く 場合は 空白にしておく。
MX の設定がサーバに反映するまでに 数時間 ~ 最大 24時間 かかる。

protonmail-encrypted-secure-email-066

SPF ( Sender Policy Framework ) は「 送信ドメイン認証 」で 設定は 必須ではないが「 なりすまし 」を 防止 できるため 設定を「 強く推奨 」されている。

サーバの ドメイン設定にある DNS 設定の「 DNSレコード設定 」で 表示された内容を追加。

ホスト名に @ が使用できない ( ホスト名の項目がない ) 場合は 空白 にしておく。

protonmail-encrypted-secure-email-067

DKIM ( Domain Keys Identified Mail ) は 電子署名を使用した 送信ドメイン認証技術で 設定 は必須ではないが「 推奨 」されている。

protonmail-encrypted-secure-email-068

サーバの ドメイン設定にある DNS 設定の「 DNSレコード設定 」で 表示された内容を追加。

「 内容 」の値を貼り付けて 追加する際に エラーが出る場合は 値の最後にある「 proton.ch. 」のピリオドを削除して「 proton.ch 」で登録。

protonmail-encrypted-secure-email-069

「 DMARC 」もなりすまし防止の 送信ドメイン認証 で 設定 は必須ではないが「 推奨 」されている。

「 DMARC 」は 「 SPF 」「DKIM 」で認証に失敗したメールに対して「 なにもしない ( none ) 」「 迷惑メールフォルダへ隔離 ( quarantine ) 」「 受信拒否 ( reject ) 」のから 指定し、レポートを受け取るメールアドレスを設定する。

protonmail-encrypted-secure-email-070

デフォルトで「 p = none 」「 rua= address@yourdomain.com 」になっている 部分を書き換えて DNS レコードに追加。

protonmail-071

「 設定 」の「 ドメイン 」に表示されている 追加したドメインの「 現在の状況 」が すべて緑色になったら 設定完了。





関連記事

protonmail-icon

ProtonMail – encrypted secure email の設定と使い方

エンドツーエンドで暗号化されるオープンソースの匿名 電子メール ProtonMail は スイス の VPN プロバイダ「 ProtonVPN AG 」が提供している エンドツーエンド ( E2E ) でメールを暗号化し […]

totanota-icon

Tutanota – secure email service の 設定と使い方

エンドツーエンドの自動暗号化機能で メールを保護する 無料メールサービス Tutanota ( トゥータノータ ) は ドイツを拠点にした企業で エンドツーエンド ( E2E ) でメールを暗号化するだけでなく、ログの保 […]

gmail-icon

Gmailの設定と使い方(基本操作編)

世界で最も利用されているメールアプリ GmailはGoogleが提供している大容量ウェブメールで、HotmailやYahoo mail、goo mailなどフリーのウェブメールの中でも操作性と機能性は群を抜いている。 G […]

gmail-icon

Gmailの設定と使い方(設定編)

署名や転送、POP3メールの受信、Gmailの移行などの設定方法 デフォルトのままでもそれなりに使い勝手の良いGmailだが、「設定」でカスタマイズすることで更に使いやすくなる。 また、Gmailはメールの転送や複数アカ […]