ソケットAM3+のMBを個人輸入

LINEで送る
Pocket

AMDはRyzenでソケットAM4へ移行し、すでに過去の製品になってしまったソケットAM3+。
未だにAMD FX-8350、FX-6200、PhenomⅡ x4などが可動しているので、そろそろ故障時に対応できるよう予備のパーツを確保しようかと思ったら、時すでに遅し。



AM3+のMB自体が販売されておらず、販売されていてもプレミア価格で、10,000円割れの商品は皆無。
Amazonでは中国製のソケットAM3が5,000円前後で販売されているものの、BIOSの情報がないためAM3+に対応しているのか分からない。

仕方がないので米国のAmazonを検索すると、60ドル前後という適正価格で販売されている。
送料が22.19ドルなので合計すると84.52ドル。

日本円での支払総額は9,739円になった。
送料を含めても課税標準価格(小売価格の60%)は1万円未満になるため関税もかからない。

同じ商品は日本のAmazonで10,517円+送料340円と、似たような価格になっているものの、販売元はオーストリアなので、配送期間などは大差がない。

最近、Amazonは海外からの出品者が増えており、発送元を確認せずに購入すると、いつの間にか個人輸入しているというケースが増えている。
国内版に比べて安価な北米版のBlu-rayなどは、大抵の場合が現地からの発送。
しかも、ご丁寧にAmazonでは登録している氏名や住所が自動的にローマ字へ変換されるので、国内で買い物をするのと何ら変わりはない。

ただ、注意が必要なのは不良品などの返品・返金対応。
Amazonの返品・返金対応は非常にスムーズなのだが、それは「Amazonが発送」の場合のみで、「出品者が発送」している場合、返品・返金のやり取りは、国内・国外問わず出品者と直接行うことになる。

結局、1000円ほどお安い米国Amazonを利用したが、発送はAmazonではなく出品者。
微妙に不安はあったが、Amazonを利用するメリットはクレジットカードの情報が出品者に渡らないこと。
出品者はAmazonの管理画面で出荷通知を受け取るだけなので、その点は安心。

4月2日に注文する時点で、商品の到着予定は4月23日~5月13日。
特に急いているわけではないので、そのまま注文を確定。
出荷通知が来たのは1週間以上経過した4月10日。

念のためにトラッキング情報を確認したところ、配送会社がFedExになっていた。
FedExであれば遅くても2週間ほどで届くはずなのだが、トラッキングIDをFedExの「追跡ID」で検索しても該当なしになる。

Amazonの注文履歴でも「出荷」から更新がない。

で、何の前触れもなしに4月20日に国際郵便がなぜかスウェーデンから届いた。
内容物は間違いなく注文したマザーボードで、出荷元もAmazonの出品者と同じ。

未だにAmazonのトラッキング情報は「出荷」から更新されていないが、商品は3週間ほどで問題なく到着したので結果オーライ。





買い物ノート

Oculus Go を個人輸入

スマホやPCが不要なスタンドアローンのヘッドマウントディスプレイ(HMD)「Oculus Go」。 Gear VR+Ga … “Oculus Go を個人輸入” の続きを読む

ソケットAM3+のMBを個人輸入

AMDはRyzenでソケットAM4へ移行し、すでに過去の製品になってしまったソケットAM3+。 未だにAMD FX-83 … “ソケットAM3+のMBを個人輸入” の続きを読む

Cooler Master Mastercaseのオプションを輸入

2019/02/16 Cooler MasterのPCケース「Mastercase 5」シリーズは、カスタマイズできるの … “Cooler Master Mastercaseのオプションを輸入” の続きを読む

低周波治療器 エレパルスと薬湯

2019/02/13 寄る年波には勝てないのか、「ぎっくり腰」の一歩手前といった感じで腰を痛めてしまった。 とりあえず前 … “低周波治療器 エレパルスと薬湯” の続きを読む

スマートウォッチ Withings Steel HRのレビュー

2018/11/26 以前から気にはなっていたものの、今ひとつ物欲が掻き立てられなかったのがスマートウォッチ。 日常的に … “スマートウォッチ Withings Steel HRのレビュー” の続きを読む





LINEで送る
Pocket