スポンサーリンク

Sync – Secure Cloud Storage のインストールと使い方

エンドツーエンドで暗号化された セキュア な オンラインストレージサービス

Sync は エンドツーエンド でデータを暗号化し 保存するデータも 暗号化される プライバシーを重視した オンラインストレージサービスで、運営しているのはカナダのオンラインストレージプロバイダ「 Sync.com Inc. 」。

Dropbox や Googleドライブ のように サードパーティからのアクセスを許可して 多機能な ワークスペースにするのではなく「 ユーザーのプライバシーを保護してデータを安全に保存する 」ことを重視しており、オンラインストレージに保存されるデータも暗号化されるため、他のオンラインストレージプロバイダ と異なり Sync.com の従業員も サーバに保存されているファイルを閲覧することができない。

サードパーティとの連携は 保存されたデータへの完全なアクセスを許可するため、Gmail のようにサードパーティアプリの開発者が ユーザーのメール 数千通 を読むことも可能で、外部への漏洩リスクが高くなる。
Sync の仕様
ストレージ容量 : 無料プラン 5GB
アップロードサイズ上限 :
ファイル同期 :
バックアップ機能 :

オンデマンド同期 :
バージョン管理とリストア機能 : 30日
アカウント放棄時の自動削除 :
プランに関係なく Sync に接続可能 な アクティブデバイスは 最大 5 台。

システム要件

バージョン 2. 0. 14 現在

OS :  Windows 7 / 8 / 10 ( 32bit & 64bit )
ブラウザ :  Chrome / Firefox / Edge / IE / Safari の最新バージョン。

ソフトの入手先

Sync.com  公式サイトページ



Sync のインストール

Sync はアカウント作成 から インストーラーの ダウンロードまで シームレスに行え

sync-com-secure-cloud-storage-005

アカウントを作成するため メールアドレス を パスワード を設定し Terms ( 利用規約 ) と Privacy Policy を確認し 問題なければ「 Sing up free 」をクリック。

パスワードを失念した際にメールからリセットできるようにする場合は「 Enable email-based forgotten password reset.」にチェック。

sync-com-secure-cloud-storage-006

アカウントを作成したら「 Download for Windows 」をクリックして インストーラーをダウンロード。

sync-com-secure-cloud-storage-007

ダウンロードしたインストーラーを起動するとセットアップウィザードが開始するので「 Use an existing Sync account on this computer. 」にチェックを入れて「 Next 」。

sync-com-secure-cloud-storage-008

アカウント情報を入力して「 Next 」。

sync-com-secure-cloud-storage-009

インストール先 と デバイス名に こだわりがなければ デフォルトのまま「 Next 」。

sync-com-secure-cloud-storage-010

「 Finish 」でセットアップ完了。

エラー と デバッグ メッセージを送信したくない場合は「 Send error and debug message to Sync 」のチェックを外す。

sync-com-secure-cloud-storage-011

ユーザーアカウント制御のダイアログが表示されたら「 はい 」で許可。

sync-com-secure-cloud-storage-012

Sync が 起動するして タスクトレイに Sync アイコンが表示される。

メールアドレスの確認

アカウントを作成すると Sync から メールアドレス確認用の メールが送信されているので 登録したメールを確認。

sync-030

「 Verify Email 」をクリック。

sync-031

ログイン情報を入力して「 Sign in 」をクリックすると ウェブ版 Sync 「 Web Panel 」が開く。

同期フォルダの移動

Sync は デフォルト で Cドライブの ユーザーフォルダ 内の「 ユーザー名フォルダ 」に オンラインストレージと同期する「 Sync 」フォルダを作成する。

sync-com-secure-cloud-storage-013

同期フォルダを移動する場合は タスクトレイの Sync アイコンをクリックして「 設定 」のメニューから「 Pause Sync 」で Sync の同期を一時停止する。

sync-com-secure-cloud-storage-014

Sync のアイコンに 一時停止マーク が表示されていることを確認。

sync-com-secure-cloud-storage-015

「 ユーザー名 」フォルダ にある「 Sync 」フォルダを デスクトップ など任意の場所に移動。

sync-com-secure-cloud-storage-016

Sync フォルダを移動後に タスクトレイの Sync アイコン をクリックして「 設定 」から「 Resume Sync 」で 同期を再開。

sync-com-secure-cloud-storage-017

同期フォルダを見失っている ダイアログが表示されるので「 Next 」。

sync-com-secure-cloud-storage-019

ファイルエクスプローラが開くので 移動した Sync フォルダ を選択。

sync-com-secure-cloud-storage-020

「 Next 」をクリックすると 新しい場所で 同期設定が更新される。

Syncフォルダ は ネットワークドライブへの移動は不可。

Sync の使い方

Sync は 機能は シンプルに ファイルの同期 と 共有 で「 Syncフォルダ 」に保存した ファイル や フォルダは 自動的に オンラインストレージアップロードされ、ファイル / フォルダ が更新されると Sync がインストールされている オンラインのデバイスは 最新の状態に同期される。

sync-com-secure-cloud-storage-021

タスクトレイの Syncアイコン には 状況によって表示が変化する。

sync-024

sync-023

フォルダにオーバーレイ表示されるアイコンも状況によって変換する。

sync-025

Syncフォルダ の移動などで フォルダのオーバレイ表示がされない場合は「 設定 」の「 Show Icon Overlay 」の ( reset ) をクリック。

バージョン管理からのリストア

Sync は 無料プランでも 30日間の バージョン履歴を保存しており 任意のバージョンにロールバックすることができる。

sync-026

バージョン履歴からのリストアは 「 Web Panel 」で操作するため タスクトレイの Syncアイコンから クラウドアイコン をクリック。

sync-027

復元するファイルの「 … 」から「 Version history 」を選択。

sync-028

復元するバージョンの「 Restore 」をクリックすると ファイルがロールバックして 既存のファイルが上書きされ、Sync がインストールされている オンラインのデバイスのデータが更新される。

共有

Sync の共有には「 共有リンク 」と「 フォルダの共有 」があり リンクのみの取得であれば デスクトップアプリから操作でき、Syncアカウントを取得していないユーザーにも共有できる。

ファイルの共有

「 共有リンク 」には 通常リンク と プライバシー強化リンク があり 無料プランでは パスワードの設定のみ可能。

有料プランでは リンクの有効期限 や ダウンロード回数制限 , アップロード可能なリンクの作成などができる。

sync-032

Syncフォルダ内に保存され 共有するファイルを選択し コンテキストメニュー ( 右クリックメニュー ) から 通常の共有リンクは「 Create a Link 」, プライバシー強化リンクは「 Create an Enhanced privacy Link 」を選択すると 共有リンクが クリップボードにコピーされるので、メールなどに貼り付けて 共有相手に送信する。

プライバシー強化リンク は SSL で暗号化され エンドツーエンドで暗号化されるが、Safari モバイル や 古いブラウザでは未サポートで、500MB を超えるファイルの送信も 環境によってファイルをダウンロードできない場合がある。

sync-033

「 Create a Link 」「 Create an Enhanced privacy Link 」を取得して 共有したファイルを選択して コンテキストメニューを展開すると Sync のメニューが「 Share Sync Link 」と「 Manage Sync Link 」に切り替わるので、共有リンクに パスワードを設定する場合は「 Manage Sync Link 」を選択。

共有リンクを再取得する場合は「 Share Sync Link 」。

sync-035

共有リンクに パスワードを設定する場合は「 Link settings 」をクリック。

sync-036

「 Set password 」にパスワードを設定。

sync-037

パスワードを設定した共有リンクは開く際に パスワードの入力が必要になる。

共有リンクの削除

共有リンクを取得した ファイルの 共有削除は 「 Web Panel 」で操作する。

sync-038

「 Sharing 」から「 Links 」を選択。

sync-039

共有を削除するファイルの「 … 」から「 Delete link 」で 共有が解除される。

フォルダの共有

フォルダの共有は 招待したメンバーが 共有フォルダ内のデータにアクセスして編集 や 追加 を可能にするもので、アクセス権限により閲覧のみにすることも可能。

招待されたメンバーも フォルダへのアクセスには Sync アカウントが必要。

sync-040

共有設定は「 Web Panel 」の「 Files 」から 共有するフォルダの「 Share 」をクリックして「 Invite users to collaborate 」を選択。

sync-041

「 Users to Invite 」に招待するユーザーの メールアドレスを入力して「 Create Share 」。

sync-043

招待者には 共有フォルダへのアクセスリンクがメールで送信され、アクセスすると 自分の Sync フォルダ に 共有フォルダが追加される。

共有フォルダの削除

共有の解除は 「 Web Panel 」の「 Sharing 」から行う。

sync-044

「 Sharing 」の「 Team Shares 」を選択。

sync-045

共有を解除するフォルダの「 … 」から「 Disable share 」で 共有が解除される。

共有を解除すると 招待者 の Syncフォルダ から削除される。

Vault ( ボールト )

Vault ( 金庫 ) は Syncフォルダ外 にある ファイル や フォルダ を Sync のオンラインストレージに 保存する機能で、 Syncフォルダのように同期されないため バックアップ などに利用できる。

sync-046

Vault にアップロードする場合は Syncフォルダ 外の ファイル や フォルダ を選択し コンテキストメニューから「 Copy to Sync Vault 」をクリックすると オブジェクトがアップロードされる。

sync-047

Vault にアップロードされた オブジェクトは デバイス別にフォルダ分けされて保存される。


関連記事

cyberduck-icon

Cyberduck のインストールと使い方

主要なクラウドストレージにアクセスできる オープンソース の無料 クラウドストレージブラウザ Cyberduck は オープンソースの暗号化プログラム Cryptomator ( クリプトマター ) の機能を使用して サ […]

aomei-multcloud-icon

AOMEI MultCloud の使い方

30 以上の オンラインストレージサービス を横断して ファイルの移動 や 同期 が可能な クラウドストレージ 一元管理サービス AOMEI MultCloud は 複数のオンラインストレージを 一元管理する クラウドア […]

sync-icon

Sync – Secure Cloud Storage のインストールと使い方

エンドツーエンドで暗号化された セキュア な オンラインストレージサービス Sync は エンドツーエンド でデータを暗号化し 保存するデータも 暗号化される プライバシーを重視した オンラインストレージサービスで、運営 […]

Microsoft-OneDrive-icon

OneDrive の設定と使い方

ファイルオンデマンドでローカルストレージの消費を軽減する Windows の標準オンラインストレージサービス OneDrive は マルチデバイス をサポートした Microsoft 謹製の オンラインストレージサービス […]

dropbox_icon

Dropbox のインストールと使い方

連携しているサービスが豊富なオンラインストレージ Dropbox は オンラインストレージの先駆的なサービスで、現在は オンラインストレージ機能だけでなく サードパーティ製アプリと連携して ビジネスシーンでの利用に適した […]





タイトルとURLをコピーしました