腕時計の電池交換と裏蓋閉め機の使い方


結構お気に入りのMONDAINEの腕時計が電池切れで止まってしまったので、いつものように自分で電池交換をしたのだが、裏蓋が閉まらなくなった。
いままで他の時計は普通に手で閉じていたので、結構 頑張ってみたのだが閉まる気配がなく断念。

で、新たな裏蓋を閉めるだけの専用器具「裏蓋閉め機」を購入。



工具類

電池交換の際、あったら便利な工具。
一般的に時計屋さんなどで電池交換した場合、だいたい1,000円前後が相場なので、全部の工具を揃えると4~5回くらいは交換できる換算になる。

抉じ開け機

裏蓋を外す専用工具。
ナイフなどでも代用できるので無くても開けることはできるものの、いろいろとリスキーなので使用したほうが無難。

シリコン塗布機

裏蓋についているOリングというパッキンにシリコンを塗布するもので、Oリングの劣化防止のために使用するもの。

裏蓋閉め機

裏蓋を閉めるだけの専用工具。手で閉まるなら必要ない。

作業手順

初めて電池を交換する時計は、使用しているボタン電池の型番が分からないので、裏蓋を開けて電池を確認し、同じ電池を入手しなくてはいけない。
時計用のボタン電池には「酸化銀電池」が使用されており、maxell、SONY、Panasonicなどが使用しているSRから始まる型番と、RENATAなどが使用している「3」から始まる3桁の型番があり、商品には併記されていることが多い。

スナップ式と呼ばれる腕時計は裏蓋を外すための隙間がある。

watchbattery020

拡大すると結構な隙間があるように見えるが、実際には探すのが大変なくらい分かりにくい。

時計によっては隙間がない場合もあり、その際は鋭利な抉じ開け機を使って、強引に裏蓋の境目へ差し込むことになる。

隙間に抉じ開け機の先端を差し、少し押し込むように力を入れ、抉じ開け機の厚みで裏蓋を外すのだが、これがなかなか上手くいかない。
抉じ開け機もナイフと同様、先端は鋭利なので、力を入れすぎて滑らせてしまうと、親指に直撃して大惨事になるため、十二分に注意が必要。
刺した抉じ開け機を上に向けて開けるのは、開いた際の衝撃が強く、文字盤が浮くなどのリスクが高いため禁止行為なのだが、実際のところ抉じ開け機を押し込んで開けるのは至難の業なので、個人的には極力衝撃を与えないよう、抉じ開け機を先端を細かく上下に動かして開けている。
無論、推奨される方法ではないので試す際は自己責任で。

ムーブメントには白いプラスチックの枠が付いていた。
上から載せてあるだけなので、ピンセットなどを使用して枠を外す。
この枠は時計によってあったりなかったりする。

ようやく電池が露出するので電池の型番を確認してから新しいものを調達。

watchbattery021

電池は上図のような金具で軽く押さえられているだけなので、ピンセットなどで金具を少しずらしてから電池を抜き取る。

電池を抜き取った逆の手順で新しい電池をセット。

動いていることを確認したら、ムーブメントに白い枠を取り付ける。

外した裏蓋にはOリングと呼ばれるパッキンがついており、このパッキンが劣化していると防水効果に影響が出る。

劣化防止のためシリコンを塗布したほうが良いので、ピンセットなどでOリングを裏蓋から外す。

シリコン塗布機は手を汚さずにOリングへシリコンを塗布するもので、塗布機の蓋を開けてOリングを載せ、蓋をかぶせて左右に動かし、Oリングの汚れを落としながらシリコンを塗布する。

Oリングは直接手で触らず、ピンセットなどを使用して裏蓋に取り付ける。

裏蓋には竜頭用の切込みがあるので、切り込みとリューズの位置を合わせて裏蓋を載せ、両手の親指でで裏蓋を押さえて閉める。
ガラス面に指を当てて力を加えると、ガラスが割れる可能性があるため要注意。

指で押しても閉まらない時は「裏蓋閉め機」が必要。
間違ってもペンチなどで挟んではいけない。
作りはお世辞にも良いとはいえず、中古品と言われても納得する価格相応の商品で、
辛うじて使用に耐えるレベル。

ハンドルを握った感じもスムーズではないので、ラスペネでオイルを注したら随分と動きが良くなった。

裏蓋閉め機に付属しているパーツは凹んでいる方が時計を載せる側。
裏表でサイズが異なる。

平面なパーツは上に取り付ける裏蓋を押し込む側で、こちらも裏表でサイズが異なっている。

台座になるパーツのサイズは、小さすぎると時計が安定しないために、プレスしても均一に力が加わらず蓋が閉まらない。また、大きすぎるとガラス面が台座に接してしまうため、プレス時にガラスが割れるおそれがある。
そのため時計のガラス面が台座に触れない、最大のサイズを選ぶのがベター。

裏蓋を押さえるパーツは、裏蓋よりも小さいと裏蓋の外周に力が加わらず蓋が閉まらないので、同サイズかわずかに大きめを選ぶのがベター。

使用するパーツが決まったら、裏蓋閉め機にパーツを固定し、時計を載せてハンドルを握ってプレス。

力を加えても裏蓋が閉じない時は、時計が水平で裏蓋へ均一に力が加わっているかチェック。
いたずらに力を入れても閉まらないので、時計の向きを変えたり、角度を調整すると良いかも。

裏蓋が手で閉まる時は「パチンッ」と軽い音がするのだが、今回のMONDAINEで裏蓋閉め機を使用した際には「バチッ」と、ちょっとヤバそうな音がした。
蓋を閉める際も結構、力を入れたので、もしかすると裏蓋が歪んでいるのかもしれないが、特に問題なく時を刻み続けている。






 レポート

NetDrive2がVer2.6.19でDropboxの接続問題を解消

2017/10/19 2017年9月末頃に発生したNetDrive2のDropbox接続問題は、10月12日にリリースされたバージョン2.6.19で解消した。 NetDrive2がインストールされた環境であれば、自動アッ … 続きを読む

Synergy2.0 Betaのスニークピーク

1組のキーボードとマウスを、複数台のOSの異なるパソコンで共有できる優れたユーティリティソフト「Synergy」が更なる進化を遂げようとしている。 と、言っても現在はテスト段階で、ベータ版の状態。 先日、Synergyの … 続きを読む

NetDrive2でDropboxが接続できない現象が発生中

2017/09/29 2017/10/02 2017年10月2日現在、NetDrive側のコメントではDropboxのAPIに関する問題らしく、解決には時間が掛かるとのことで、NetDrive3トライアルバージョンの試用 … 続きを読む

さくらインターネットからXServerへお引越し

2017/09/24 9月11日から「Service Temporarily Unavailable」が表示される503エラーが頻発するようになった。 11日は「Kaspersky Freeのインストールと使い方」をアッ … 続きを読む

Pixela PIX-DT460で地デジ受信できない時の対処法

2017/09/04 Windows7がリリースされた頃、世の中はPCのエンターテイメント化が進み、市販のパソコンはTVキャプチャが実装されているモデルが多かった。 それも今は昔の話で、PCのテレビ化ブームは呆気なく終焉 … 続きを読む